本当の事はとても怖いかもしれない

普段なにげなく使っていたアレとかコレとか
CMの良いイメージに隠されてる真実。
まるで、それがあたりまえのように
コントロールされてることには気がつかない日常。
そんな作られたイメージの闇に真実の光をあててみるブログ化粧品,コスメ,クチコミ,口コミ,評価,比較,人気,おすすめ,うるおい,保湿,低刺激,敏感肌,アトピー,無添加,乾燥肌,化粧品,ビタミンC誘導体,美白,植物性,モイスチュアライザー,基礎化粧品,タイパク,VIVIEN,女優,自然,ビューティコスメ,コスメナチュラルズ,医薬部外品,美容,コスメ,ビューティー,スキンケア,ヘアケア,メーキャップ,ボディケア,化粧水,ローション,乳液,美容液,クレンジング,クリーム,マスク,アイ,口紅,リップファンデーション,ネール,フレグランス,香り,美白,シミ,ソバカス,たるみ,しわ,こじわ,毛穴,くすみ,脂性,ニキビ,肌荒れ,OEM,化粧品製造

安全性のテスト内容

化粧品,コスメ,クチコミ,口コミ,評価,比較,人気,おすすめ,うるおい,保湿,低刺激,敏感肌,アトピー,無添加,乾燥肌,化粧品,ビタミンC誘導体,美白,植物性,モイスチュアライザー,基礎化粧品,タイパク,VIVIEN,女優,自然,ビューティコスメ,コスメナチュラルズ,医薬部外品,美容,コスメ,ビューティー,スキンケア,ヘアケア,メーキャップ,ボディケア,化粧水,ローション,乳液,美容液,クレンジング,クリーム,マスク,アイ,口紅,リップファンデーション,ネール,フレグランス,香り,美白,シミ,ソバカス,たるみ,しわ,こじわ,毛穴,くすみ,脂性,ニキビ,肌荒れ,OEM,化粧品製造
化粧品の界面活性剤の安全性についての検討の対象は、
経口によって体内に入った場合の毒性と、
皮膚に塗布した場合の刺激性だけのようです。

バリアを破壊するだのどうだのの検討はないみたいです。

歯磨粉や口紅を除き、
経口による体内への侵入による毒性については問題がない、
と判断されとおりますが、
大まかにいうと、毒性については
アニオン界面活性剤は軽度、
ノニオン界面活性剤は無害、
カオチン界面活性剤は軽度〜中度
の経口毒性が報告されています。

塗布による皮膚への刺激性、感作性については、
感作性についてはほとんど否定されており、
刺激性は「一時刺激性」の報告は多く見られるようです。
特に配合濃度が高くなるほどに炎症が多いようです。

新しい界面活性剤や気になる界面活性剤について書き出しましたが、
これまた、一番知りたい事についてのオチ(結論)はないです。
お粗末ですみません。
ただ、やはり一時であれ刺激になる可能性は高いし、
モノによっては 脱脂力が強いので注意して欲しいという願いをこめて書きました。

まとめ
1、使い心地のよさと大量生産に合成界面活性剤は欠かせなくなっている。

2、問題点その1 ・ 
        角質表面の必要な皮脂や角質層の細胞間脂質から脂分を奪い、
        肌の主要成分であるたんぱく質を溶かす
                ↓         
           ・ バリアゾーンが壊れる         
                ↓     
           ・ 毒性を持つ化学成分が皮フ内に侵入する         
                ↓
           ・ 体液に混じって体内にも侵入する

3、問題点その2 ・ 流される事による自然破壊

4、問題点その3 ・ 安全性は??ホントのところ、どうなのさ?!

最新の活性剤

化粧品,コスメ,クチコミ,口コミ,評価,比較,人気,おすすめ,うるおい,保湿,低刺激,敏感肌,アトピー,無添加,乾燥肌,化粧品,ビタミンC誘導体,美白,植物性,モイスチュアライザー,基礎化粧品,タイパク,VIVIEN,女優,自然,ビューティコスメ,コスメナチュラルズ,医薬部外品,美容,コスメ,ビューティー,スキンケア,ヘアケア,メーキャップ,ボディケア,化粧水,ローション,乳液,美容液,クレンジング,クリーム,マスク,アイ,口紅,リップファンデーション,ネール,フレグランス,香り,美白,シミ,ソバカス,たるみ,しわ,こじわ,毛穴,くすみ,脂性,ニキビ,肌荒れ,OEM,化粧品製造
「バイオサーファクタント(生物系界面活性剤)」が開発されています。
生物が生成する界面活性物質は全てがバイオサーファクタントに含まれますが、
通常は特に「微生物がつくる界面活性物質」を指します。
微生物によって分解されるのでエコ界面活性剤として注目されています。

●新しく開発しれたものとしては、
腕を2本持っているアミノ酸系界面活性剤である「ジェミニ型界面活性剤」というのもあります。
化粧品には「ジラウロイルグルタミン酸リシンNa」と書かれているそうです。
開発した旭化成ケミカルズではこれを「ペリセア」と呼びます。

「ペリセア」は脂肪酸と複数のアミノ酸(ペプチド)を、
世界で初めてジェミニ型 両親媒性物質として結合させた新素材との事。
ジェミニ型両親媒性物質とは、
複数の疎水基と親水基を双子型の構造に結合させたもので、
一般的な両親媒性物質よりもはるかに優れた機能を有するそうです。

毛髪への浸透が強くヘアケア品にも向いていますが、
スキンケア品としては、
少量を乳化剤として使うとすごく細かい粒子径を作れるそうで、
「セラミドよりもバリア改善機能に優れ、角層の水分量も健康な状態に回復させ、
角層への高い浸透性を有し、水溶性なので容易に化粧品に配合でき、
 傷んだ肌を健康な肌へ整える。」
と良い事ずくめな宣伝です。
本当だったら、どんどん使用して欲しいです。
  • ライブドアブログ