「バイオサーファクタント(生物系界面活性剤)」が開発されています。
生物が生成する界面活性物質は全てがバイオサーファクタントに含まれますが、
通常は特に「微生物がつくる界面活性物質」を指します。
微生物によって分解されるのでエコ界面活性剤として注目されています。

●新しく開発しれたものとしては、
腕を2本持っているアミノ酸系界面活性剤である「ジェミニ型界面活性剤」というのもあります。
化粧品には「ジラウロイルグルタミン酸リシンNa」と書かれているそうです。
開発した旭化成ケミカルズではこれを「ペリセア」と呼びます。

「ペリセア」は脂肪酸と複数のアミノ酸(ペプチド)を、
世界で初めてジェミニ型 両親媒性物質として結合させた新素材との事。
ジェミニ型両親媒性物質とは、
複数の疎水基と親水基を双子型の構造に結合させたもので、
一般的な両親媒性物質よりもはるかに優れた機能を有するそうです。

毛髪への浸透が強くヘアケア品にも向いていますが、
スキンケア品としては、
少量を乳化剤として使うとすごく細かい粒子径を作れるそうで、
「セラミドよりもバリア改善機能に優れ、角層の水分量も健康な状態に回復させ、
角層への高い浸透性を有し、水溶性なので容易に化粧品に配合でき、
 傷んだ肌を健康な肌へ整える。」
と良い事ずくめな宣伝です。
本当だったら、どんどん使用して欲しいです。
化粧品,コスメ,クチコミ,口コミ,評価,比較,人気,おすすめ,うるおい,保湿,低刺激,敏感肌,アトピー,無添加,乾燥肌,化粧品,ビタミンC誘導体,美白,植物性,モイスチュアライザー,基礎化粧品,タイパク,VIVIEN,女優,自然,ビューティコスメ,コスメナチュラルズ,医薬部外品,美容,コスメ,ビューティー,スキンケア,ヘアケア,メーキャップ,ボディケア,化粧水,ローション,乳液,美容液,クレンジング,クリーム,マスク,アイ,口紅,リップファンデーション,ネール,フレグランス,香り,美白,シミ,ソバカス,たるみ,しわ,こじわ,毛穴,くすみ,脂性,ニキビ,肌荒れ,OEM,化粧品製造