お世話になっております。
ターポリンネットです。

この記事はテント用洗剤についてUPしていく投稿になります。
現状伝えたいことをUPしますが、随時内容をレベルアップさせていきます。

皆様、会社や町内会でパイプテントを持たれていると思います。
(ここでのテントは、ミスタークイックやかんたんテントではありません)

長年使っていると、白色のエステル帆布は黒ずんできます。

空中を舞っている排気ガスがからんだ埃や、
長年落とされずこびりついた雨による汚れによるものです。

これは水洗いや中性洗剤ではなかなか落とせません。

そこで「ジェイスペック」

プレゼンテーション11
ターポリンネットの管理人の西川も実際に使ってみました。

物凄い落ちます。効果はこちら!

yogore
撮影の腕前がないことをお許し頂きたいです・・・

が、凄く汚れが落ちます(2回目)

この画像は、パワーパイプテントの天幕に使いました。
レンタル用のテントで5年程たっています。

パイプテント・庇テントを張られているお客様の大半が、汚れを放置しています。

これでは、テントの見た目がわるくなってしまい、使っていても良いイメージが保てません。

やはり定期的、もしくは汚れが目立った時にお手入れをされることを推奨します。

前置きは長くなりましたが、使い方・効果・価格を以下に記載します。

<商品名>

 膜材洗浄剤 J-Spex 2リットル

<価格>

 2800円(税別+送料別)

<特徴>

 ・業務用洗剤の無公害化を目標として作られた製品
 ・トール油脂肪酸の特殊処方により、
  幅広い汚れを安全に除去しつつ、溶剤も含まないことから手荒れが起こりにくい(個人差による
 ・洗浄力抜群
 ・生地だけでなく、車やキッチン等様々なものに使える。
 ・色のある帆布に使用しても色落ちしない(緑色のトラック用生地にて確認)

<使い方>

 ・洗う対象物に十分に水をかけ濡らします。
 ・3倍~5倍に薄めた洗剤にて、スポンジで洗う。(5倍以上になると、洗浄力が薄まります。)
  スポンジは車を洗うような大きいスポンジが良いかと思います。
 ・洗い終えたら、水で洗い流し乾燥させます。
  洗い流しは十分に流して下さい。汚れが残留する可能性があります。
  また、乾燥が不十分ですとカビが発生します。

<注意点>

 以下注意点を御確認の上、使用下さい。

 ・インクジェットされたターポリンには使用しないでください。(色が落ちます。)
 ・カッティングシートがついた箇所を強く洗わないでください。剥がれる可能性があります。
 ・劣化が激しい白以外の生地に使いますと、場合によっては色落ちする可能性があります。
 ・汚れによっては落ちにくい、完全に落ちない場合もあります。

<お問い合わせ>
 MAIL : taishi.nishikawa1128@gmail.com
 FAX  : 076-292-0809
 TEL  : 076-291-2730


なお、2リットル以上のサイズ違いも販売できますので、
気になる方は上記問い合わせ先まで御連絡下さい。

価格は以下になります。
 
 20リットル QBテナー      23,000円(税別+送料別)
 208リットル ドラム       173,400円(税別+送料別)

Copyright (C) 2017 tarpaulinnet.