栃木SC応援に週末は宇都宮へ

栃木SCのJ3優勝を希望。 勝っても負けても、また次も見たくなる試合を期待。

運も味方に

J3第14節
栃木SC 1−0 FC琉球

5連勝、9試合負けなし、しっかり結果を出しています。それにしても、嬉しいことに勝負強くなりましたね。

とは言え、多分すべての試合が紙一重の勝利なのかと思います。得点も失点も、運次第の場合があるのもまたサッカーの面白さ(怖さ)ですが、その運を呼び込んだチームが強いのです。超団子状態はしばらく続きそうですので、今のこの状態をしっかり引き留めて、さらに勝ち点を積み重ねよう。


貪欲に勝点を稼ごう

J3第13節
栃木SC 3−2 ガンバ大阪U23

こういう勝ち方ができるようになったのですね。

前半2点先行しながらも、前半に追いつかれてしまった。しかもアウェーですから、後半は一気に流れが相手にいってもおかしくない試合。よくぞ、勝利を手繰り寄せたものです。

1年でJ2に戻ることが至上命令ともいうべき栃木SCにとって、かなり大きな勝利だったような気がします。

シーズンもあと2試合で早くも折り返しです。負け試合を引き分けに、引き分け試合を勝利に、そして勝てる試合はしっかり勝ち切ること。とにかく勝点を貪欲に稼ぐしかありません。

やっと上位争いへ

J3第12節
栃木SC 1−0 Y.S.C.C.横浜

よっしゃあ、しっかり勝ち点3を勝ち取りました。
まあ、課題も多いのでしょうが、J2に戻るためには、とにかく勝ち切ることが重要です。

遅まきながら、やっと、上位争いに絡める順位まで来ましたが、J3は超団子状態です。
この過酷なリーグ戦を何としても勝ち抜かねばJ2には戻れないということです。
勝ち点を積み重ねるしかありません。

ともあれ、3連勝は率直に喜びましょう。なんせ、昨年は連勝すらなかったのですから。






試合がない週はラーメンでも

サッカーファンにとって、週末に贔屓チームの試合がないというのは、なんとも緊張感がないのっぺらな感覚ですね(笑)。
我らが栃木SC、ようやく上昇気流をつかみかけていますので、何としてもこの流れを本物としたいものだ。


そんなわけで、さいたま新都心で開催中の「第2回ラーメンフェスティバル」に、仕事帰りに寄り道してきました。
目的であった喜多方「あじ庵食堂」の潮ラーメン、期待どおりの奥深いスープでした。喜多方では一度も訪問したことがなかったのですが、次に行く時の楽しみができました。

ラーメンフェスティバルあじ庵食堂

ラーメンフェスティバルあじ庵食堂の一杯

さらに勝利を続けよう

J3第11節
栃木SC 1−0 セレッソ大阪U-23

87分、ジャーンモーゼルが決めたようです。スタジアムの様子が目に浮かびますね。
一昨年11月以来の連勝です(ちなみに当時は3連勝、3−0岐阜、2−1水戸、1−0長崎)。

これで6試合負けなし。まだまだ課題は多いようですが、とにかく結果を出していることには間違いありません。ようやく暫定5位までに徐々に上がってきました。首位争いに食い込むまで今一歩です。

勝利を続けよう!!!



とにかく勝利を続けよう

J3第10節
栃木SC 1−0 カターレ富山

早くもシーズンの3分の1が経過。我らが栃木SC、本日の勝利で上位進出に向けてかろうじて踏みとどまった。試合内容は分かりませんが、今はとにかく勝てばいいんです。

順位は暫定7位、幸運にもというか、首位とは勝ち点差がまだ5しかないのですね。ちょっと意外な気もしてますが、今年のJ3は突出しそうなチームがないのでしょう。今後は、何としても連勝がほしいものです。早く首位争いに絡んでいってもらいたい。



調子を上げよう

J3第8節
栃木SC 2−1 大分トリニータ

昨日の鈴木氏の「栃木フットボールマガジン」での苦肉のポジティブ思考には、思わず笑わされましたが、栃木SCの現状の危機感からでしょう。

「シーズン8試合目のターニングポイント」にまさしく勝利しました。もう、いい加減そろそろ調子を上げてきてくださいよ。頼みますよ横山監督。

勝利の週は心も軽く

J3第3節
栃木SC 2−0 藤枝MYFC

やはり、勝利が与える影響は大きいですね。本当に久しぶりに、心軽い週というものです。まあ、昨年からずっとその逆でしたがね。
開幕後、1分1敗、なんとなくスッキリしなく、どうしてもずっと何か重たいものを引きずっているような感じでした。そりゃそうでしょうよ、なんせ前回勝利したのが昨年8月ですから。
この勝利をもって、勝ち運が栃木SCに向いてくればよいのですがね。


きょうは初夏のような陽気でした。ここ三郷市では、まだ満開の桜が楽しめます。と言っても、明日は雨風が強そうですので、ほとんど散ってしまうのかも知れません。

三郷放水路沿いの桜並木
三郷放水路の桜


対岸も満開三郷放水路の桜


三郷放水路の桜

何かと期待です

J3開幕まで3週間余りとなりました。楽しみですね。
ただ今年は、昨年までのこの時期のワクワク感とはちょっと違っている気がします。

やはり何といっても、一年で必ずJ2に戻って欲しいと思いますので、ワクワク感と同時にまあ例年にも増して心配もしてしまいます。今から心配しても始まりませんので、横山監督を信じていきましょう。そういえば、「栃木フットボールマガジン」で、鈴木氏も危機感・緊張感に触れていたように思う。
 ちょっと違ってきていると言えば、クラブのオフィシャルも変化しつつありますね。こちらも今後に期待です。


今年の梅の開花は例年より早いようで、昨日(17日)大宮第二公園にいってきましたが、6〜7分咲きくらいにはなっていたようです。
CA3H006370%

CA3H006270%



謹賀新年

やや風があるものの、見事な快晴、気持ちの良い2016年元旦です。
明けましておめでとうございます。

気になっておりました移籍状況ですが、現在更新が12名、加入が6名、まずまず戦えるチームに向けて順調ではないでしょうか。あと7・8名、どんな選手が来るのでしょうか、期待ですね。

そしてもう一つの期待は、栃木SCにとって、何としても変革の年にしてもらいたいものです。試合結果にこだわることは当然ですが、より多くのサポーター・ファンを増やすには何をすべきか、栃木SCをどういうクラブにしたいのか。今年は、いろいろと注目していきたいと思います。

ステージは変われど、逆にこう言ってはなんですが、J3で戦うことになったほうが、より身近に感じられるようになったのですが(笑)。

個人的には、土・日の観戦はほぼ難しいので、相変わらずネット・TVとなりそうですが、例年以上に見所が多くありそうで、楽しみ、期待です。

栃木SC応援に変わりなく

29節(8月15日)横浜FCに勝った時、特に理由はなかったのですが、次勝利したらブログを更新しようかな、などと漠然と思っていました。が、なんてことはない、その後13試合すべて勝てずに結局シーズンが終わってしまった。これでは降格もやむなしか。
 今後は、当然ですがこんな結果に陥ってしまった総括を厳しくやってもらいたい。そして、来季のビジョンを明確にして欲しい。栃木SCがどういう方向へいくのか、はっきりさせて欲しいものです。

どのステージで戦うことになっても、どんなにいばらの道でも、栃木SCを応援することに変わりはないわけですが、こう言ってはなんですが、これを機会に、まずはより幅広く、より深く地域に愛されるクラブづくりを目指すことも必要な気がします。きょうの下野新聞SOONによると、社長・会長が辞任、そしておそらく監督も退任のもようです。本気でクラブを変えてくれる後任であることを願う。





上昇機運へ

J2第29節
栃木SC 2−1 横浜FC
   (前半2−1)
   (後半0−0)
 得点 荒堀 河本

よっしゃ!!!
讃岐戦以来の勝利ですが、倉田監督が就任してからの5試合、2勝2敗1分、まずまずの結果でしょうが、順位的にはまだまだ厳しい位置にいることには変わりません。

ただし、内容的には阪倉前監督時代の閉塞感はなくなったと思います。今後への期待感を抱かせる試合ができていると思います。前節、久しぶりに栃木SCの試合をNACK5で観戦しましたが、今の順位にいるチームでは決してありません。これから必ず順位を上げていくに違いありません。着実に勝ち点を積み重ねていこう。



倉田新監督初陣飾る

J2第25節
栃木SC 1−0 カマタマーレ讃岐
    (前半0−0)
    (後半1−0)
  得点 中美


よっしゃあ!!
6月21日京都に勝利して以来、およそ1か月振りの勝点3ですよ。倉田新監督、初陣勝利とは何か持っているかも知れません。

とにかく、取れる試合では勝点をしっかり取ること。厳しい降格レースから早く脱出したいものだ。

早目のカンフル剤を

J2第24節
栃木SC 0−1 ザスパクサツ群馬
 (前半0−1)
 (後半0−0)


いったいどうしたのだろうか、なかなか勝てないですね。この結果20位までに転落しました。J3降格が現実味を帯びてきています。

勝てないのであれば、もはや何らかのカンフル剤が必要な状態なのではないかと思いますが。まだ、シーズン後半が始まったばかりですので、早めにこの停滞感を払しょくして、流れを呼び込む手だてを期待したいものです。






逆転勝ち

J2第19節
栃木SC 2−1 京都サンガF.C.
    (前半0−0)
    (後半2−1)
 得点 中美2

よっしゃあ、アウェーでの逆転勝ちです。大宮に完敗したあとの試合でしたからね、何としても勝利がほしかった。先制されながらも、中美選手が2得点、うれしいですね。今年の中美選手には何かを持ってる雰囲気を感じます。

次節セレッソ大阪戦もぜひとも勝利を!!

久しぶりの大勝

J2第17節
栃木SC 5−1 ザスパクサツ群馬
    (前半2−0)
    (後半3−1)
  得点 中美 小野寺 阪野2 ハン ヒフン


おおっ、なんじゃこれは、北関東ダービー群馬相手に5得点の勝利とは。きょうのグリスタ観戦SCファンにはたまらない結果になったようです。久しぶりのホーム大勝です。まあサッカーに限らず勝負事では、一方的になる試合がままありますがね、よりによって、今回は相手が群馬でした。

なかなか勝利できなかった栃木SCにとって、今節が大きなきっかけになればよいのですがね。次節からは、大宮・京都・セレッソと難しい相手が続きます。この勢いで、ぜひ勝ち越して欲しいものです。

いやあ、それにしても結果を見たときは、久しぶりに思わず一人で微笑んでしまいました。

会津ぐるめ

所用でカミさんの実家がある会津に行って来ました。何とか都合をつけて、会津B級グルメとの再開の旅でした。


鶴ヶ城に立ち寄った後、まづは会津若松名物の「ソースかつ丼」です。今回は、中町の「くいしん坊」でした。「ロース丼」を美味しくいただきましたが、まあ、決め手となるソースにもう少し特徴が欲しいところ。
CA3H057450%

CA3H057850%



そして、喜多方ラーメンです。久しぶりに「はせ川」に入りました。いつも、行列を見てはあきらめていたのですが、今回はあまり待たないですみました。相変わらず高いレベルを維持していると思いますが、久しぶりに注文した味噌ラーメンの野菜が、かなり少なくなっているのですね(いつ変わったのだろう、それを期待していったのですが)。

CA3H057950%

怒涛の5連戦終了

J2第13節
栃木SC 0−0 アビスパ福岡


結局1勝1敗3分でした。4戦負けなしといえば聞こえは良いのですがね(3試合連続引き分け)。試合を見ていませんので詳細は分かりませんが、岡山及び福岡戦はもったいなかった引き分けのようです。残念!

5試合で、得点3失点3。シーズン当初よりは守備が安定してきたのでしょう、失点がかなり少なくなってきてますので、課題はやはり得点力。まあ、こればかりは栃木だけの問題ではなく、代表でもそうですし、特効薬があればよいのですがね。

とにかく、あのシーンは良かったと印象に残るようなプレーが増えれば、そして結果的に勝ち点3を獲得できれば最高です。



大関ヶ原展

先日、江戸東京博物館で開催中の「大関ヶ原展」を見てきました。なるほど、最大規模の関ヶ原展という触れ込みだけあって、歴史好きにはたまらなかったですね。

信長、秀吉、家康と続く一連の中で、「関ヶ原」はやはり特別な出来事のような気がします。日本史上最大の戦い、まさしく「運命を変えた1日」でしょう。武将たちの息づかいが聞こえてくるような展示品の数々、大変興味深く見てきました。最前列でゆっくり進みながら、およそ2時間、時空を超えたひとときでした。

「関ヶ原合戦画屏風」や「関ヶ原合戦絵巻」などの屏風・絵巻類、檄文や誓約書などの古文書、家康はじめ多数の具足、名将の刀や槍、戦場にひるがえった家康の「金扇馬標」が意外に大きかったことなど、見どころ満載です。「大関ヶ原展」は5月17日まで開催してますよ。


当日、たまたま、特別企画展として「広重名所江戸百景展」も開催してました。平日でしたので、あまり混雑してなくじっくり見ることができました。

江戸東京博物館

関ヶ原展_0569

CA3H0565

連戦を勝ち越そう

J2第10節
栃木SC 1−0 大分トリニータ
    (前半1−0)
    (後半0−0)
  得点 阪野

よっしゃぁ!!
お互いあまり調子が上がって来ないチーム同士の対戦は栃木SCが勝利しました。きょうはネット観戦でしたが、見えないだけに、余計にハラハラさせられます。

怒涛のハード5連戦、まずは1勝1敗に戻しました。あとの3試合、総力を挙げて何とか勝ち越したいものです。
中位グループに定着していくためにも、とにかく勝利が欲しい。阪倉監督たのみますよ。



livedoor プロフィール
にほんブログ村 サッカーブログ 栃木SCへ
にほんブログ村
Archives
Twitter
livedoor 天気
  • ライブドアブログ