たるの70年代のハードロック周辺レビュー

60年代後半から70年代に発売されたハードロックでCD再発されたアルバムレビューをしていきます。

PINK FLOYD/Wish You Were Here

炎〜あなたがここにいてほしい〜炎〜あなたがここにいてほしい〜
アーティスト:ピンク・フロイド
EMIミュージック・ジャパン(2000-07-12)
おすすめ度:5.0
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


ピンク・フロイドというと私はこのアルバムということになる。中学生のときハード・ロック少年だった私は、従姉妹の旦那さんが持っていたレコードを借りていろいろ聞かせてもらった中にピンク・フロイドの「ウマグマ」があって当時、音楽雑誌やレコードの解説に書いてある“プログレッシブ・ロック”なるものに興味が湧いていた頃だったので、早速聞いてみたが・・・全然判らんかった。

しかし、聞き続ければ理解できるかも知れないという思いから当時新譜だった「炎(Wish You Were Here)」をエア・チェックして聞きまくった。

1曲目「狂ったダイアモンド」の長いイントロ?を過ぎると聞こえてくるデイブ・ギルモアのブルージーでエモーショナルなギターそしてボーカル・パートへと・・・当時はこのじれったい曲構成にすっかり嵌ってしまい、テープを擦り切れるまで聴いてしまった。

当時は頭の中でアルバムの最初から最後まで再生できたんだけど・・・

それからは中学生でありながらキング・クリムゾン、コロシアム、イエス、ELPなど聞きまくった。

余談だけどこのアルバムは当時よくテレビのBGMに使われていた。






ハード・ロックとしてはこのアルバムに入っている「ナイル・ソング」がお勧め!

新しくBLOGを立ち上げました。

なんと今年初めての記事作成ですが、現在は下記のブログを中心に運営しています。こちらのブログももちろん継続予定ですが・・・

70年代の世界中のロックに興味がある方なら一度立ち寄って見てください。まだまだコンテンツは少ないですが、今後もどんどん更新予定です。

真・たる’Sわ〜るど
   ↑クリックしてください。

KING CRIMSON/Red

Red
Red
クチコミを見る


KING CRIMSONとの出会いは、今から34年前1975年のこと、ロックと名がつけば何でもラジオからエアチェックしてテープを聴きまくっていた。

そんな時発表されたばっかりのKING CRIMSONのライブアルバム「USA」をFMで聞く機会を得た。

聞いてみようという気になったのは、当時平凡・明星というアイドル雑誌の付録のソングブックに「Red」がハードロックと紹介されていたからだったのだけど、ラジオから聞こえてきたのはハードだけどハードロックとは違う音楽。
それまでストレートなハードロックを聴いていた耳にはとても新鮮で、特にジョンウェットンのベースとボーカルに惹かれ録音(当時はライン録音なんて出来ないカセットプレーヤーのマイクをステレオのスピーカーに押し当てて録音した)したテープを本当に擦り切れるまで聞きまくった。

その後、「USA」はテープで聞きまくってたので、少ない小遣いはこの「Red」を購入することにしたのだが、これまたハードで不思議な音楽が詰まっていた。

その後私はKING CRIMSONのカバーバンドでRedを演奏することになるのだけどそれはまた別の話。

実はこの年CRIMSON関係のアルバムが大量のボーナストラックや映像とともに再発されることとなった。当然、私は「Red」を迷わず購入したのはいうまでもない。

曲目
1. Red
2. Fallen Angel
3. One More Red Nightmare
4. Providence
5. Starless

メンバー
Robert Flip(g)
John Wetton(b,vo)
William Bruford(ds,per)

上記3人が正規メンバーとしてクレジットされているが実際の録音はDavid CrossやMell Collinsなどといった元メンバーがサポートしている。特にIan Mcdnaldの参加は実は奇跡のようなものだということが今になって理解できる。

「In the Court of the Crimson King」40周年記念それぞれ特徴のあるセットになってます。


「Lizard」


「Red」


すべて日本盤とUS盤を紹介しました。価格的にはUS盤ですが特典等はやはり日本盤か・・・迷いますね。

JERUSALEM/Same Title

JerusalemJerusalem
アーティスト:Jerusalem
販売元:Rockadrome
発売日:2009-03-24
おすすめ度:4.0
クチコミを見る


JERUSALEMというバンドは世界中にいくつか存在するためにまったくの別バンドと思っていたのだが、今年70年代ブリティッシュハードロックバンドのあのJERUSALEMの28年ぶりの新譜が発売されたことに驚いた。

EscalatorEscalator
アーティスト:Jerusalem
販売元:Music Avenue
発売日:2009-08-10
クチコミを見る


この新譜1stの再録が半数を占めているが、すべて現在に通じるメロディラインを持っていたことに驚かされる。

デビュー当時、ハードロックはブルースからの発展系という認識が大きく、あまりブルースくささを感じない演奏はとかくやいのやいの言われたものだったが、実は恐ろしく先見の明に富んだ作品だったと改めて感服した。

メンバー
Lynden Williams: Vocals
Bob Cooke: Guitar
Bill Hinde: Guitar
Paul Dean: Bass
Ray Sparrow: Drums

再結成メンバー
Lynden Williams: Vocals
Bob Cooke: Guitar
Geoff Downes: Keyboards
Dave Meros: Bass
Nick D'Virgilio: Drums

このバンド以前も以後も名前を耳にしないメンバーばかりだが、バンド名はロックの歴史にしっかりと名を残している。

曲目
JERUSALEM
1. Frustration
2. Hooded Eagle
3. I See the Light
4. Murderer's Lament
5. When the Wolf Sits
6. Midnight Steamer
7. Primitive Man
8. Beyond the Grave
9. She Came Like a Bat from Hell

Escalator
1 Hooded Eagle
2 Midnight Steamer
3 Stone Free
4 Over the Chasm
5 Kamikaze Moth
6 The Void
7 Banging All Night Long
8 Spiders' Rendezvous
9 Faith Healer
10 When The Wolf Sits



デビューアルバムはDEEP PURPLEのIan Gillanのプロデュースで有名!再結成アルバムにはキーボードで元Buggles、ASIAのGeoff Downesが参加している。

SUCK/Time To Suck

8830678_135
Time to Suck
アーティスト:Suck
販売元:Shadoks Music
発売日:2009-07-07
クチコミを見る


南アフリカである。昔はアパルトヘイト政策で白人至上主義の国として批判を多く浴びていた。ミュージシャンは白人社会マーケットに対してレコードを販売していたためプレス枚数もごく少数で200枚程度だったと聞く。

さて、このSUCKというバンド唯一のアルバムは、1曲を除いて同時代のハードロックやプログレバンドのカバーとなっている。しかし、その破天荒で攻撃的な演奏はオリジナルを軽く凌駕しておりハードロックコレクターのマストアイテムとなっている。

メンバー
Steohen Gilroy(g)
Saverio Grande(ds)
Louis Joseph Forer(b)
Andrew Ionnides(fl,vo)

メンバーは、bとvoが南アフリカ、gはイギリス、dsはイタリア出身のミュージシャンである。

南アフリカの白人社会でデビューしたバンドは、実はブリティッシュよりもブリティッシュロックらしい雰囲気というか、変な田舎臭さがなく洗練されているという印象を受ける。それは、先のアパルトヘイト政策のひとつの功績なのかもしれないと思うと有色人種である私たちにとって気分は複雑になるね。


曲目
1. Aimless Lady
2. 21st Century Schizoid Man
3. Season of the Witch
4. Sin's a Good Man's Brother
5. I'll Be Creeping
6. Whip
7. Into the Fire
8. Elegy

曲目を見てもらえば分かってもらえるが、GFR,King Crimson,Free,Deep Purple,Colosseumなどのカバーが中心で、オリジナル曲は1曲しか入っていない。このオリジナル曲が結構いい出来だったりするので、オリジナル曲中心のアルバムをぜひ聞きたかったなぁという気分になってしまう。

音源としては、当時のオムニバスアルバム「Rock Today」にWar Pigsがアルバム未収曲として収められていたが、CDにはボーナストラックとして収録されている。



マイナーなバンドのレコードなのだけど結構CD再発されていて、欧米での人気のほどが伺えます。

CHICKEN SHACK/Imagination Lady

Imagination LadyImagination Lady
アーティスト:Chicken Shack
販売元:Ras
発売日:2003-03-04
おすすめ度:5.0
クチコミを見る


ブルースロック数ある中で私が最高と押すアルバム。元々ブルースのコピーから入ったバンドだったが、この頃にはとにかくハードでアグレッシブでプログレッシブなサウンドになっている。とにかくカッコイイ!!(手元にレコードがないので確かではないので間違ってたらあとで訂正しますね)B.B.キングの楽曲をここまですさまじくアレンジしてまったく別物のようにしてしまうあたり並みのブルースロックバンドではないことが分かってもらえると思う。このアルバムは全体的にこのような感じのアレンジになっていてブルースファンよりもハードロックファンはもちろんヘビーメタルファンまでも引き込んでしまうのではないかと思う。

メンバー
Stan Webb (g,vo)
John Glascock (b)
Paul Hancox (ds)

創始者のStan Webb、CARMENやJETHRO TULLなどを渡り歩くJohn Glascockのベースとこのバンド後名前を見かけなくなるPaul Hancoxという布陣での再結成のようなイメージのアルバムだが、個人的にはStanのギターはもちろんリズムセクションの凄まじさはあのBogart&Apice以来の名リズムセクションだと思う。確かに荒さは目立つけどその破天荒なパワーはハードロックをやっていこうとしたStanも満足のいくものだったんじゃないかな。

曲目
1. Crying Won't Help You Now
2. Daughter of the Hillside
3. If I Were a Carpenter
4. Going Down
5. Poor Boy
6. Telling Your Fortune
7. Loser

なんといっても1.の破壊力は凄まじくブルースの認識を変えてしまうほどの勢いだ。ほかの曲もヘビーな感覚に包まれていてとてもすばらしい。



CHICKEN SHACKが一番ヘビーな時代のものを集めてみました。ライブアルバムは当時ドイツと日本でしか出ていなかったアルバムです。

生存報告

かなり掘りっ放しになっていましたが、そろそろ再開します。

体調もかなりよくなってきましたが、
まだまだ、万全とは行きませんので徐々にね。

今後ともお付き合いよろしくお願いします。

ご連絡

来月入院します。入院中はブログの更新が出来ませんので、ご了承願います。復帰は多分一ヶ月くらいかかると思います。

WARHORSE

ウォーホース
ウォーホース

レッド・シー
レッド・シー


70年代に青春を過ごしたハードロック少年はDEEP PURPLEを必ず通過してきたはず、そこで必ず出会うバンドにCAPTAIN BEYONDとこのWARHORSEがあります。私が興味を持ち聞きたいと思ったときは両方とも日本盤は廃盤でラジオで時々放送されるCAPTAIN BEYONDはなんとなく音は知っていてもほとんど放送される事のないWARHORSEはまさに幻でした。

WARHORSEはDEEP PURPLEの初代ベーシストNICK SIMPERが結成したハードロックバンド。1stはレーベル色が出たひねくれた感じのヘビーサウンド。やけに軽いギターの音がヘビーな曲調に必ずしもマッチしているとは言えずバンドとしてもややまとまりに欠ける感じがします。しかしながらこのアルバムを愛聴盤にしているのはANo Chanceの存在ですね。このバラードはフェイバリットソングのひとつです。

さて、2ndはサウンドプロダクションが向上したからか、ギタリストの交代が候をなしたのか、サウンドにまとまりが出て迫力もかなり増しています。でもスタイルがよく言われるように第一期DEEP PURPLE的というか部分部分でパクっているというか・・・

2ndの聞き物はラストのI(Who Have Nothing)ですね。Ben E Kingのカバーで当時野口五郎(だったかな)もカバーしていたバラード調の名曲です。

ただ、出来がよくなったにもかかわらず日本では発売されていないのは残念です。


WARHORSEは2枚のアルバムを発表後70年にNICK SIMPERS FANDANGOとして79年と80年にアルバムを発表する。


COLOSSEUM

ストレンジ・ニュー・フレッシュ~エクスパンデッド・ヴァージョン(紙ジャケット仕様)
ストレンジ・ニュー・フレッシュ~エクスパンデッド・ヴァージョン(紙ジャケット仕様)


中学生のときCOLOSSEUMにはまり高校生のときこの兇デビューした。メンバーにあのGARY MOORE,NEIL MURRAY,DON AIREYなど、後のヘビーメタル、ハードロック界で大活躍するアーティストが在籍していた。当然リーダーはJOHN HISEMANというオリジナルドラマーで、音楽性のイニシアティブを握っているのも彼なのだが、私が個人的に気に入っているのは上記メンバーではなく、このアルバムのみに参加しているMIKE STARRSという後にLUCIFER'S FRIENDに参加するボーカリストである。

専任ボーカリストがいるにもかかわらずインスト曲でオープニングを飾ってしまうバンドのあり方は後の彼の脱退につながったようで兇魯ぅ鵐好肇丱鵐匹箸靴討瞭擦鯤發鵑任い(後のアルバムには必ず1曲GARY MOOREのボーカルをフィーチャーした曲が含まれる。これについては後述します)のである。

個人的には歌ものが好きなので、彼らのアルバムの中で一番好きなアルバムなのだが、なんと言っても2曲目のDown To Youに私はやられてしまいました。この曲は今も聴き続けているマイフェイバリットソングです。

この天才ボーカリストMIKEはしっとりとハイトーンを聞かせてくれる実に味わい深い声の持ち主ですが、時にはファンキーにシャウトしたり緩急のつけ方もなかなかです。

実はGARYもボーカリストとしてこのアルバムでも貢献しているのですが、彼の凄さが証明されるのは次の2枚のアルバムで披露される2曲なのです。その2枚については近いうちに紹介します。



これは未発表LIVEも含まれるお得な2枚組みです。
バナー
ヤフオク出品中


ランキングサイトに参加しています1日1回バナーをクリックしてね。
にほんブログ村 音楽ブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ


楽天市場
訪問者数

おすすめ
たるのおすすめ70年代ロック




livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ