131228225618661
用してくる影響力を意識するようになった。わたしは精神を集中して、思考が深淵なものになるよう、目をつぶったが、久し口服 避孕 藥く求めていた精神的な思考伝達がついにおこなわれていることをはっきり知って、その報いは十分すぎるほどあった。それぞれが、わたしの精神のなかで速《すみ》やかに形をとり、言語をまったく介していないというのに、概念や表現の習慣性の連想作用がはなはだしいものだったため、普通の英語でうけとっているのではないかと思えるほどだった。   [#ここから1字下げ]  ジョー・スレイターは死んだ。 [#ここで字下げ終わり]    眠りの壁の彼方から、魂も均衡飲食すくみあがる媒体の声がした。わたしは妙な恐怖に襲われ、スレイターが苦しんでいるのではないかと思って、目を開けたが、青い目はあいかわらず穏やかに輝いていて、顔つきにも知性が宿っていた。   [#ここから2字下げ] 死んだほうがいいのだ。宇宙的な実体の活発な知性をうけいれるに、ふさわしいものではなかったから。この男の体全体が、霊妙な生と惑星の生のあいだで必要な調整に、耐えられなかったのだ。あまりにも動物の要素が強く、あまりにも人間の要素がすくなすぎた。しかしこの男の欠陥によってこそ、きみはわたしを見いだすことになったのだ。宇宙の魂と惑星の魂とは、普通なら出会うはずのないものだから。この男はきみの地球の歳月にして四十二年間、わたしに苦しみ、日毎《ひごと》かわらぬ牢獄のなかにあったのだ。   きみ自身が夢のない眠りの自由のうちになるような実体、それがわたしなのだ。わたしがきみの光の兄弟で、きみとともに光輝く谷間を漂った。きみの真の自己のうち、目覚めているときの地球=自己には教えることが許されていないが、わたしたちはす抗衰老護膚品べて、長い歳月にわたり、広大な宇宙をさすらい旅をしているものなのだ。わたしは来年、きみが古代と呼ぶエジプトか、あるいはいまから三千年先のツァン・チャンの無情な帝国に住んでいるかもしれない。きみとわたしは赤いアルクトゥルス