近藤です。

ここ最近、関与先様とのお話しの中でInstagram(インスタグラム)、Facebook(フェイスブック)、LINE(ライン)公式アカウントといったSNSを活用した集客・ネット販促の話を聞きます。
正直この方面は疎いのですが、社長様が活き活きと話す姿をみて、実際どんな風に活用していくのか、また、他にはどんな方法があるのか知りたくなり、先日ふたつのセミナーに参加してきました。

ひとつめは、”Instagram(インスタグラム)ビジネス活用・集客セミナー”です。
ソーシャルメディアの特徴を一言でいうと次のとおりです。
   Facebook(フェイスブック)・・・人との繋がり
   Twitter(ツイッター)・・・文字
   Instagram(インスタグラム)
・・・写真
   YouTube(ユーチューブ)
・・・動画
その中でもInstagram(インスタグラム)は言語の壁を越え写真一枚で共感できるところが流行っている理由のひとつで、向いている業種や効果、活用事例などの紹介がありました。
最近では若者が検索エンジンとして利用しているので、ヒットしやすいプロフィール設定のコツやハッシュタグ、スポットからお店に来てもらえるような仕掛けの話などがありました。

ふたつめは、”「LINE@(ラインアット)×YouTube(ユーチューブ)動画」最新ネット販促術”です。
ソーシャルメディアの利用率は次のとおりです。
   YouTube(ユーチューブ)・・・1位  ←日本人の3人に1人が利用
   LINE(ライン)・・・2位
LINE(ライン)
はビジネス活用することを禁止している為、ビジネスで活用したいのならばLINE公式アカウントか、LINE@(ラインアット)を始めることが必要です。
ホームページやFacebook、Twitterなどは自分から入っていかないと見てもらえないですが、LINE@は友達になっている方に送り届けるものです。また、すぐに開封してもらいやすい為リアルタイムでいろんな案内ができます。
もちろんLINE@だけでもいろんな仕掛けができます。
ただ、そこにYouTube動画配信することで言葉や写真だけではみえてこない商品の形や特徴であったり、店員さんの人柄などがあらわれるので、お客様とお店側がぐっと近くなることができます。
LINE@(ラインアット)×YouTube(ユーチューブ)動画を組み合わせた販促術はこれから注目されていくものなので今はまだライバルが少ないそうです。

かなり濃い内容のセミナーでした。

Instagram(インスタグラム)はまずは見つけてもらわないと始まらないので見つけてもらう仕掛けや見つけてもらったときに共感されないと選んでもらえないので、共感を生み出すコツが必要だと思いました。
LINE@はまずはお友達になってもらわないと案内を送れないので、店頭の既存のお客様にお友達になってもらうところからのスタートです。いろんな仕掛けをしていくことでお友達がお友達を呼ぶような関係性が生まれるのだろうなと感じました。

最後に、SNSなどネット活用で成功している人は実はアナログな方だそうです。
人柄・マメさ・継続が大切です。

結局人の心を動かすのは人なのだなぁと思いました。