December 31, 2008

ほんとに久しぶりで、なつかしくて、ちょっと笑ってしまった。


「もう荒らされまくってるだろうな」と思いながらログインしてみたら全然健在で逆にびっくりした。
最後の投稿から1年強経ってた。
それまで一度も見ようとは思わなかったんですが、実家が暇すぎてつい魔が差してしまった。。


いろいろあって(ほんとうにいろいろあった)、今でも同じ研究室で、同じように実験してます。
大学院生になり、上司も変わり、教授からのプレッシャーも増してます…


でも、これまでの人生を振り返ってみても、
「こんなに前向きな気持ちで何かに打ち込んでる自分っていただろうか」
って感じ。なんという青春。


あいかわらず研究室ではバカにされてるけど、
コミュニケーション能力は上がったんじゃないかな!


なにかをここでアウトプットするほどのインプットもないんですが…
まぁ適当に書き散らそうかと思っております。


研究に打ち込めるようになれたのも、元気になれたのも、みんなのおかげです。
みんなありがとう。
自分はほんとうに幸せ者です。

(02:32)

September 04, 2007

こんな媒体でしかまともに主張できない自分が情けないですが、昔のようになにげない会話がしたい一心でこれを書きます。
リアルに、胃が痛いです。


たしかに院試1日目行って、2日目休むということが意味するのは、普通に考えれば「理解に苦しむ」、「ウケ狙いでやってるとしか思えない」「院に進学するということを何だと思ってる」→「調子に乗るな」ということになるかと思います。


また、直前ならまだしも2日目休んでからノコノコ研究室に現れて事後報告というのは、あまりにも失礼なのも承知しております。非礼をお赦しください。


しかし、最後の最後まで悩んだことを、ここに記しておきます。
また、精神状態が悪く、実家にいたこともあって、とても相談できる状況ではありませんでした。


研究をおろそかにするつもりはありません。
研究を第一に考え、粛々と取り組む所存です。




ただしそうなるとリアルにフリーの学生、否フリーの「人」になってしまう…
なので薬剤師の資格は確実にとらせていただければと思っております。
具体的には、1ヶ月以上の勉強のための休暇をいただこうと思っています。
それ以外の、普段の研究に支障をきたすことは致しません。





書いていくうちにアタマの中がキレイになりました。
あした、genotypingの結果もキレイに出ないかな…

(19:47)

September 02, 2007

くぬくぬとヱヴァを観ました。ネタバレしません。


1.前は理解できないくらい鬱な展開でしたが、今回は元気になる感じ。


2.描写は相変わらず新しいです。
とくに電線の描写には思い入れがあるらしく、劇中よく出てきました。

送電線や電話線が方々に伸び、無造作に束ねられたり、配電盤で合流したり、枝分かれしている。
まるで人の無意識下のつながりを具象化したもののようで、見ていて飽きない。

電線はまた、日本の高度経済成長を支えてきたシンボルだと、個人的には思っています。
ようは景観なんか気にせずに、バンバン建て替えたり増築したりしたからこうなった。
自己の欲望の上にまた別の人の欲望が育っていくというか。
もちろんそれが良いか悪いかということは言えないし興味ないし。
でも、とても暴力的なエネルギーを感じることができます。


3.そして予告編に衝撃。


4.最後に、館内に拍手が起きました。観に来てよかった。


5.そういえば、今まで見えなかったものが見えるようになりました。わーい。

(23:42)

September 01, 2007

ぱにぽにだっしゅが止まりません。
世界観変わりました。
まさにneurological glitchです。



さいきん、作業中のBGM→http://www.ixno.com/
なんかこれ聴くと安心するんですが、なんでだろう…



Twenty years from now you will be more disappointed by the things that you didn't do than by the ones you did do.
So throw off the bowlines.
Sail away from the safe harbour.
Catch the trade winds in your sails.
Explore.
Dream.
Discover.

Mark Twain



もっとエゴを持ってもよいなと思いました。


(09:49)

August 31, 2007

878ea9a8.JPGきのう。ひろおと飲み、ニコニコ動画とDSで次の日へ。
友達の家に行くとゲームだった。
そのあとyoutubeだった。
いまはニコニコ動画。
むかしの人は、友達の家に行ったとき何してたんだろう。
ダイビングの経験積んで、沈船とか行こう

ワイヤレス&テンキーなし&パンタグラフ方式というすばらしいキーボードがあったので衝動買。
なんか●●●いなと思い、横を見たら…いらっしゃいました。
マウスをお求めのようでした。
いろいろ質問したかったけど、ぐっと我慢して帰りました。

今日。けんけんに発生学の教科書をかりました。ほんといい人。
デスクに戻って教科書を読んでいたはずが眠。
起きるとものすごく身体がだるくなっていたので海洋研飲みを辞退して帰宅。


(22:10)

August 28, 2007

朝日新聞の求人欄に、いつも『仕事力』というコラムがでてて、読むたびに「ふーん」て思う。

とくに8月26日のコラムは、心に響くものがありました。


(前略)

もちろん本業をきちんと務めるのは当たり前だけれど、就業後に夜間の大学院に通い、週末はビジネスセミナーに出かけ、通勤電車では語学を学び続けるといった、ただキャリア一筋の生き方を本当に望んでいるのだろうか。厳しい言い方をすれば、それは周囲から「できる男」と見られたい見えかもしれない。
そんな甘えたことを考えるべきではない、というなら信じる道を進めばいい。価値観はいろいろあり、もうそれを誰に遠慮することもなく進んでいい時代になったということです。ネットワークの普及によって、週末にサイドビジネスをすることも可能になりました。軸は会社に置く。でも自分らしい人生のために「勝ち組」などという言葉を笑い飛ばしてもいいのではないですか。

(後略)
森永卓郎『人は、かわいげ』



もちろん「自分らしさ」を追い求めるあまり職を転々とするのはどうかと思いますが、企業戦士となって馬車馬のように走ってお金を使う暇もないというのは、自分の価値観には合わない。


一方、村上龍は『13歳のハローワーク』のなかでこんなことを書いています。

趣味でサッカーをやっていても絶対に中田英寿にはなれないし、趣味で音楽をやっていても絶対に坂本龍一にはなれない。盛田昭夫は趣味でトランジスタラジオやテープレコーダを作ったわけではないし、本田宗一郎は趣味でオートバイを作ったわけではない。盛田昭夫や本田宗一郎が趣味の世界に生きていたら、SONYやHONDAという世界企業は存在しなかっただろう。生き抜くための知識とスキルの習得を目指す若者にとって、趣味と、趣味を歓迎する社会風潮には弊害がある。(中略)テンションの高い訓練や勉強を続ける中で息抜きは必要だろうが、それは洗練された趣味とは別のものである。




明日は院試。

(17:54)

August 26, 2007




脳がゆとり仕様。

久しぶりに本郷に行って、マウスのお世話をしました。
薬学部のいろんな人たちに会いました。
教授(パパ)や、助教の人にも会いました。


くにみちくんが蒼井優が表紙のダヴィンチという雑誌を貸してくれました。
添えられたメモに

蒼井優の本名はどれでしょう
\岼耆
夏井優
山井優
(順番ちがったかも)


山井なんて聞いたことないし、「病」に通じる気がして、そもそも苗字として無さそうだなと思いました。
いや、だからこそ名前を変えたのか?



答えは調べればわかることですが、…
…くにみちくんに直接聞こう。
本名はどうであれ、絶対に「蒼井」に改名すべきだとつよく思いました。


(01:07)

August 22, 2007

生きてます。
汗ダラダラです。
カラハリ砂漠に行きたい。


さいきんのマイブーム。


すべてはパターン、つまり、見るもの触れるものって、「模様」にすぎないのかな。
小さいレベルならデジタルとか。
大きいレベルだと色の並べ方とか。

単に、人間はそういうのを感じたりつくったりするのに向いてるだけなのかな。


もうひとつは、「きりがない」ということ。
メビウスの輪みたいに、気がつくと裏返っていて、「そういえばどこから裏返っていたんだろう…」
階層構造の崩壊というわけではなくて、下層だったものがグリっとめりこんで4次元の世界につながってる感じ。
ってことはむしろクラインの壷なのかな。

脳を研究してたはずなのに、いつのまにか宇宙の研究をしてたりして。
inner universe.




(20:25)

August 16, 2007

トランスフォーマーはサークルの先輩後輩で見に行きました。
マイケル・ベイ。良い名前。

そのあとTSUTAYA TOKYO ROPPONGI。
土地柄、外国人が多。
地元のツタヤと比べることがすでに失礼。非常にオシャレでした。
書籍、とくにアート系の本が充実していて、「一日中居られる」というウワサは本当でした。

その後の飲みでベロンベロンしました。
杉山に助けられつつなんとか杉山邸へ。彼は友達です。

次の日、サーフィン。
杉山、つっち、つっちーの彼女と自分。
楽しい予感。

波はたいてい腰くらいでした。やっぱり太東海岸の波はキレイ。
でもショートボードを克服できず…もちっと

次の日、実家に帰って緊急家族会議。
親「院試まであと10日だろ…?もちょっと早く…」
俺「ですよねー」

自分の考えに少しでも疑いを持つと前に進めなくなる。
そういえばサーフィンも一緒。
自然を相手にしてるだけに、学ぶことが多。

世界を知りたい、人間を知りたい、自分を知りたい。

今日はきっと節目の日。

(23:53)

August 12, 2007

高校の友達とひさしぶりに遊びました。
とはいえ、うち2人は2日前にサーフィンしてるんですけど…

うちゅうもサッカー観戦以来でした。

以前は「そういえばあいつ今何してんの?」みたいな、いかにも同窓会的な会話が多かったけど、最近はほとんど出なかったなぁ。

ラウンドワンで3時間遊び倒しました。

いちばんハマったのは2人ずつチームを組んでロボット同士で戦うアーケードゲームです。
むかしからあるゲームらしいのですが、めちゃくちゃ面白かった。
負けまくってましたが。

エヴァのぱちんこも、そのあとのビアガーデンも楽しかった。




でも帰りの杉山がまぢで面倒くさかった件。
思い出すだけでイライラしてくる。


そして、多少、刹那的に生きている件。

beer

(14:33)