2005年10月24日

「GOTH 夜の章」「GOTH 僕の章」  乙一

今回は闘う女達ではありませんが、本を紹介します。

「GOTH 夜の章」「GOTH 僕の章」  乙一 角川文庫

「GOTH 夜の章」
「出版社 / 著者からの内容紹介
連続殺人犯の日記帳を拾った森野夜は、次の休日に未発見の死体を見物に行こうと「僕」を誘う…。人間の残酷な面を覗きたがる者〈GOTH〉を描き本格ミステリ大賞に輝いた乙一の出世作。「夜」を巡る短篇3作を収録。」

「GOTH 僕の章」
「出版社 / 著者からの内容紹介
世界に殺す者と殺される者がいるとしたら、自分は殺す側だと自覚する少年「僕」。もっとも孤独な存在だった彼は、森野夜に出会い、変化していく。彼は夜をどこに連れて行くのか? 「僕」に焦点をあてた3篇を収録。」

とあらすじの書かれた二冊です。

どこか正常の感覚とずれており、そのずれを実行に移せる殺人犯人達と主人公の少年。そういうのに興味のある主人公の少女。その二人の周りで起きる猟奇的な六つの殺人事件の短編集です。「薬屋探偵妖綺談」のように「実は妖怪なんです・・」という感じで、キャラが人間臭くないんです。まあ、作者も、イメージは妖怪とあとがきに書いてあったので、意図していると思うんですが。
好き嫌いが分かれるかと思いますが、全編殺人がらみの重い話を、ひょうひょうと書いており、さらりと読めます。ただ、猟奇殺人とスプラッタ描写がいくつか出てくるので、それらが苦手な人は読まないほうが無難です。
ミステリとしては、錯誤トリックがよく出てきますが、短編集なのでコンパクトに仕上がっており、さっと読め、トリック的には面白いです

乙一ファン、又は、ミステリ好きでスプラッタが嫌いではない人向けです

余談ですが、この文庫バージョンは、夜の章、僕の章と分けてあるのですが、中身は僕の一人称で、時事系列もばらばらだし、二冊に分かれている理由が良く分からない??二冊組よりは、一冊に収録されている物の方がいいと思います。二冊組を買うメリットは、作者のあとがきが、夜の章、僕の章、両方で読めることくらい??

闘女キャラ ----------(不在) 物語の内容 ★★★☆☆
闘女活躍度 ----------(不在)  物語タッチ --★------(ヘビー ←★→ ライト)

人気blogランキングはこちらから!!
4044253048GOTH 夜の章
乙一

角川書店 2005-06-25
売り上げランキング : 1,880
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

4044253056GOTH 僕の章
乙一

角川書店 2005-06-25
売り上げランキング : 1,357
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/tatakau2005/50139233
この記事へのトラックバック
「夜のピクニック」の次がこれというのもすごいけどね。 GOTH―リストカット事件 バランス感覚ってやつですか(笑
GOTH / 乙一【夏庵`s nest】at 2005年10月24日 14:08
『GOTH 夜の章・僕の章』乙一 ミステリーの部類の小説。 中には、描写が生々しいものがあり少しグロイかも。。 特に「夜の章」はそうかもしれない。 人の血で卒倒してしまう人は本を閉じる可能性有かも。 一話完結ものと言えばそうだけど、少しずつリンクはして...
GOTH/乙一【I’m...アイム】at 2005年10月24日 15:06
最近読んでる本の話。 乙一をこよなく愛するまいこですが、最近「GOTH」読みました。 角川文庫からね、上下巻で出てるのです。 主人公が高校生で、短篇なのだけれどもね。 やられたです。 どれも最後のどんでん返し(?)がスゴイの また乙一にやら...
GOTH【ぷりんましゅまろ日記】at 2005年10月24日 20:50
おすすめ度:☆☆☆☆ この世には殺す人間と殺される人間がいる。自分は前者だ・・・そう自覚する少年、「僕」。殺人鬼の足跡を辿り、その心に想像を巡らせる<GOTH>の本性を隠し、教室に潜んでいた「僕」だったが、あるとき級友の森野夜に見抜かれる。「その笑顔の作....
『GOTH 僕の章』 乙一【vivi書店】at 2005年10月24日 22:01
GOTH 夜の章 乙一 個人的評価:★★★☆☆ ストーリーは、人とはちょっと変わった趣味(殺人事件とか?)に 興味を持つ、高校生の男の子と、女の子の物語。 3つの短編で構成されてるんですが、 1話目が、連続少女殺人事件、2話目が連続ペット誘拐事件、 3話...
小説「GOTH夜の章」の感想【チェック!エンタテイメント】at 2005年10月24日 22:12
今日、本屋さんをプラプラしてたら、大好きな乙一さんの「GOTH」が文庫になってるのを発見! 購入しました〜[:嬉しい:] 大好きな本の1つなんですが、実は持ってなかったんです。 友達に借りて読んで、すっごく気に入ったんですが、「1回読んだし・・・[:汗:]」と...
乙一の・・・【暗いところで待ち合わせ】at 2005年10月24日 22:46
     全部乙一です。 グロイの苦手なくせにはまってます。
最近読んだ本【BAUMKUCHEN】at 2005年10月25日 22:32
GOTH 読んだー【とんカツの・・・】at 2005年10月26日 23:33
GOTH 夜の章 角川文庫 乙一 (著) 死体が見たい、猟奇犯の気持ちを知りたい・・・ そんな後ろ暗い好奇心は 多かれ少なかれ誰もが持っているものだと思う。 この本の主人公“僕”や“森野 夜”のように。  現実では、ここまで身の回りで猟奇殺人事件が起...
GOTH 夜の章/僕の章【はな家の毎日】at 2005年10月30日 04:06
乙一 GOTH 夜の章 森野夜が拾った一冊の手帳。そこには女性がさらわれ、山奥で切り刻まれていく過程が克明に記されていた。 これは最近騒がれている連続殺人犯の日記ではないのか。 もしも本物だとすれば、最新の犠牲者はまだ警察に発見されぬまま、犯行現場に立
GOTH【徒然読書@だらだら漫画】at 2005年10月31日 23:09
 
GOTH【Straight, no chaser を高らかに】at 2005年11月02日 21:08
乙一著『GOTH』。 当時、すごくすごぉぉぉく気になっていたけど、文庫本が出るまで粘っていたわたし。 それというのも彼の作品を一作『夏と花火とわたしの死体』かな?を読んでイマイチピンと来なかったからなのです。 文庫本になった時は嬉しかったけど、えええ...
乙一『GOTH』【alice in ambivalence world】at 2005年11月18日 17:54
GOTH 夜の章 角川書店 乙一 このアイテムの詳細を見る  僕は奇妙な殺人事件のニュースが流れると必ず乙一のことを思い出す。そして、彼ならこの事件をどう解釈し、どのような形で次の作品の肥やしにするだろうかと考える。  このサイトでも何度か紹介しているか...
乙一 著『GOTH』【□■ Not Found ■□】at 2005年11月20日 22:54
この記事へのコメント
お願いが一つ…
「ラブログバトン」と「夢バトン」というものを受け取って頂けないでしょうか
質問に答える遊びみたいな感じでblueblueのところへ届いたのです
いかがでしょうか?
Posted by blueblue at 2005年10月24日 14:19
blueblue様、コメントありがとうございます。
おおっバトンですか。これは初めてだな〜。二つはきつそうなので「ラブログバトン」だけ受けさせていただきます。頑張りまっす〜。
Posted by 北里☆管理人 at 2005年10月24日 16:22
ありがとうございます
お好みの方だけでも大丈夫なんじゃないかな〜なんて
ルールよく知らないんです ごめんなさい
★ラブログバトン
1 リンクはいくつ貼ってますか?(「ブログ限定」)
2 リンク先以外でよく見るブログはいくつ位ですか?  
3 どんなジャンルのブログが好きですか?
4 こっそり読んでるオススメブログを説明付きで3つ以上挙げてください。  
5 次に回す人は?(何人でも可。最低1人。)
★夢バトン
1 小さい頃、何になりたかった?   
2 その夢は叶いましたか?
3 現在の夢は?
4 宝くじ3億円当たったら?
5 あなたにとって夢の様な世界とは?
6 昨晩見た夢は?
7 この人の夢の話をきいてみたいと思う5人は?
Posted by blueblue at 2005年10月24日 16:22
こんばんは。初めまして。
トラックバックしていただき、ありがとうございました。
GOTH、相当ハマったんですよ!乙一大好きなのでw

色々な本読まれているんですね☆
またお邪魔します!
では(^^)
Posted by まいこ at 2005年10月24日 20:54
夏庵`s nest様、トラバありがとうございます。
トリックは基本的には同じですか〜。そうですね、似たようなものは多いと思います。
Posted by 北里☆管理人 at 2005年10月24日 21:15
I’m...アイム様、トラバありがとうございます。
犬の話、私も同じように、また読み返してしまいました。フェイントがうまいですよね。
Posted by 北里☆管理人 at 2005年10月24日 21:34
トラックバックありがとうございます。
こちらからもさせていただきました☆
乙一氏の作品を読んで思ったことは、若者向けのミステリーだなぁと。
読みやすいってところがポイントですよね。
ライトノベルあがりだからなのかな?

確かになんで2冊に分かれているんでしょう?(笑)
Posted by vivi at 2005年10月24日 22:16
こんばんは〜、初めまして。
暗いところで待ち合わせのまりこです。

トラックバック、ありがとうございました。
こちらもトラバさせていただきました!

GOTHはハードカバーで読んで好きだったので文庫になった機会に購入したんですが・・・夜の章とかすっごい薄いし、なんで分けたのかイマイチ分からず・・・。
でも、読み返してみたらやはり好きな本でした☆
Posted by まりこ at 2005年10月24日 22:50
こんばんは

TB頂いてたんでお邪魔しました

この2冊ですっかり気に入った“乙一”作品
「暗いところで待ち合わせ」も読みましたが、これまた違う感じだったのですがお薦めです

いま「死にぞこないの青」を気ままに、他の本と並行して読んでます

「暗黒童話」読まれてるんですね
おもしろそうなんで今度読んでみます

それでは
Posted by am2a at 2005年10月24日 23:27
TBありがとうございました。

「GOTH」のような暗く重い猟奇殺人的なお話もお薦めですが、
「きみしか聞こえない」などの切ない系物語もお薦めです。
Posted by おかめ at 2005年10月25日 09:24
ぷりんましゅまろ日記のまいこ様、コメント・トラバありがとうございます。
GOTH嵌まりましたか〜。私はGOTHと暗黒童話しか読んだことがないので、まだプチファンですが、乙一シリーズ、もっと読んでみたいですね!
Posted by 北里☆管理人 at 2005年10月25日 14:15
vivi書店のvivi様、コメント・トラバありがとうございます。
読みやすい・・、そうですね、あのどろどろスプラッタな内容もさらりと読めてしまえるのが、乙一人気の秘密かもしれません。
Posted by 北里☆管理人 at 2005年10月25日 14:17
チェック!エンタテイメント様、トラバありがとうございます。
そうですね〜、グロがOKかどうかで、この本の評価、変わりますね〜。
私はグロ・スプラッタは耐性ありですが、今回、なぜか「テキサスチェーンソー」(死霊のはらわたのリメイク版)を観たあとにコレを読んでしまったので、リアルなグロさにちょっとげんなりしました(笑)。
Posted by 北里☆管理人 at 2005年10月25日 14:25
暗いところで待ち合わせのまりこ様、コメント・トラバありがとうございました。
やはりハードカバーより文庫版のほうが持ちやすくて読みやすいですが、二冊ではやっぱり薄くて分けた理由が謎ですね〜。まあ作者も謎らしいので、やっぱり謎ってことで(笑)。
そちらのブログをみて、はじめてあれがナイフというのに気付きました〜。
Posted by 北里☆管理人 at 2005年10月25日 14:28
am2a様、コメントありがとうございました。
「暗いところで待ち合わせ」面白そうですね。こんど読んでみます〜。
暗黒童話、お勧めです。ラストがさわやかです。個人的にはGOTHより暗黒童話のほうが好みです。
Posted by 北里☆管理人 at 2005年10月25日 14:31
おかめ様、コメントありがとうございます。
乙一の切ない系・・。読んでみたい・・。きみしか聞こえない、ちょっと探してみます〜。
Posted by 北里☆管理人 at 2005年10月25日 14:34
トラバしていただきありがとうございました!
こちらからもさせていただきますね〜。
乙さんの作品は最近読み始めたのですが、確かにさっと読めるし
それでいて、トリックも凝ってるのでおもしろいですよね。
まだまだ読んでないのがたくさんあるので、しばらくはまりそうです。
また遊びにまいりますので読んだら紹介してくださいね!
Posted by カオリ at 2005年10月25日 22:27
トラバありがとうございました。
正常な感覚とずれているというというところに
惹かれました。『きみにしか聞こえない』も良かったです。
では。
Posted by ukyou at 2005年10月25日 23:23
トラックバックありがとうございました!
乙一さんの作品は、一番最後に凄い予想を裏切る展開なので先が読めなくて面白いですよね。
他の、『zoo』もとても面白いと思いました。
それでは!
Posted by 麻山 at 2005年10月26日 00:16
BAUMKUCHENのカオリ様、コメント・トラバありがとうございました。
トリックに、いい意味で、いつも裏切られるので、乙一本、面白いですね。錯誤トリック、わかってるはずなのに・・・。
こちらからも、また、遊びに行きます〜。
Posted by 北里☆管理人 at 2005年10月26日 12:07
ukyou様、コメントありがとうございました。
ブログにある、双子が出たら疑え、という言葉、名言です。ミステリでは王道ですね。
君しか聞こえないも、面白そうなので、探してみます〜。
Posted by 北里☆管理人 at 2005年10月26日 12:11
麻山様、コメント、ありがとうございました。
そうですね〜、最後のどんでん返し、いつもの乙一ならではのパターン。でも毎回だまされます。
「ZOO」お勧めですか〜。ちょっと探してみます〜。
Posted by 北里☆管理人 at 2005年10月26日 12:15
トラックバックありがとうございます。

乙一作品では私は「失踪HOLIDAY」の中に入っている短編の
「幸せは子猫のかたち」が一番好きですねぇ。
これが一番切ない。
Posted by 失踪宣告 at 2005年10月26日 22:19
トラバありがとうございました。
乙一さん、感情の描写が無機質なかんじなのでグロさのわりにさらりと読めました。
他の方のコメントを拝見すると、まだまだオススメ作品も多いようなので
読んでみたいです。

Posted by はなすけ at 2005年10月27日 02:05
とんカツの・・・様、トラバありがとうございました。
この本、やばいですか〜。やばいですね〜。
Posted by 北里☆管理人 at 2005年10月27日 14:37
失踪宣告様、コメントありがとうございます。
幸せは子猫のかたちが一番切ないですか〜。君しか聞こえないも切ない系らしいですので、読み比べてみますね〜。
Posted by 北里☆管理人 at 2005年10月27日 14:39
はなすけ様、トラバ・コメントありがとうございます。
リアリイティのなさが、この小説の持ち味ですか〜。
そうですね〜、周りで異常な事件多すぎだし、巻き込まれすぎ(笑)
Posted by 北里☆管理人 at 2005年10月30日 11:43
徒然読書@だらだら漫画様、トラバありがとうございました。
漫画版とは微妙に違うみたいですね。小説のほうがよかつたですか〜。
うむむ。漫画版を読んでいないので違いが、よくわからない・・・。
Posted by 北里☆管理人 at 2005年11月01日 12:55
Straight, no chaser を高らかに様、トラバありがとうございました。
錯誤トリックの絶妙な演出・・・・、うーん、と思わずうなってしまいますね〜。
Posted by 北里☆管理人 at 2005年11月02日 22:21
無断TBにもかかわらずコメントまで頂いてしまい恐縮です^^
乙一作品はどれも本当に面白いものばかりですね。今後も遊びにきます〜
Posted by benelli at 2005年11月03日 20:11
トラックバックありがとうございます!遅れてしまってすみません。

乙一さんの作品ですが、「暗黒童話」も良いですよね。
私は今「zoo」を読んでいるところです。
これも面白いのでお勧めですよ。
では失礼しました。
Posted by at 2005年11月07日 19:31
朔様、コメント、ありがとうございます。
暗黒童話読後感がすっきりでよかったですよ。「zoo」ですか〜。まだ読んでいないので、探してみますね〜。情報ありがとうございます〜。
Posted by 北里☆管理人 at 2005年11月07日 21:55
TBしていただき、ありがとうございました(=・ω・=)
わたしもこの本はスイスイ読めてある程度楽しめるし良かったと思います。

そうそう、わたしも2冊になっていることにビックリしました。
何せ『文庫になったら安いから、そうなってから買おう』って思ってたクチなので『2冊じゃ割高じゃないの!ずるいわ!』って思ったのです。
だって、ねぇ、薄いのに。。
Posted by ナヲ at 2005年11月18日 17:49
alice in ambivalence worldのナヲ様、コメント・トラバありがとうございました。
そうですね〜、なにゆえに二冊組??でしたね。
作者もなぜかは知らないらしいですから、出版社の商魂たくましい戦略の一環でしょうか。
Posted by 北里☆管理人 at 2005年11月18日 18:28
□■ Not Found ■□様、トラバありがとうございます。
少年の衝動的な犯罪など明確な理由がないことがある、と、少年院ドキュメンタリーでありましたが、そういう意味ではこの小説、奇妙なリアルさがありますね。もっとも近所に、これだけ猟奇な人達がいても困りますが・・・。
Posted by 北里☆管理人 at 2005年11月21日 19:16
”声”はとても面白かったのですが、私はどっちの少年が、樹なのかわかりませんでした。みなさんはどっちだと思いますか。教えてください。
Posted by saki at 2006年03月02日 23:30
saki様、コメントありがとうございます。
どっちが樹だったか私も忘れたのですが、主人公はオレといっていた人だったと思います。
Posted by 北里☆管理人 at 2006年03月03日 21:37