tataminokokoro

畳のココロ。

熊本で畳表を生産するい草農家が全国直販しています。
畳おもて・・・MADE IN JAPAN 日本のみならず行くぜ! 世界へ!!

13 9月

ポット苗作りスタート

ポット苗作りをスタートしました。
苗は新しい試みを施していましたが新芽はたくさん出ており良好です。
いつもより雑草も少ないので苗の掘り取りも幾分か楽。
問題は昨年から老眼で苗を挿し辛いなぁと(笑)

い草の栽培に一番重要な苗作り。
しっかり頑張ります。
IMG_6641
FullSizeRender
IMG_6648
12 9月

川掃除

日曜日ですが美しい北出隊で川掃除を行ないました。
泥が溜まって水の流れが悪くなっているのでユンボですくいあげてしまいます。
いつも2トン車で泥を運び出しますが、なぜか今回用意されたのは4トン車。
誰も運転したがりません(笑)
私は大学生の時に4トン車を運転してぶつけた事があるので敬遠していましたが、幼なじみの海苔が運転するというので助手席に。
時々交代して少しだけ運転。
無事故で無事済みました。
次回からは2トン車に戻してもらいましょ(笑)
IMG_6637
10 9月

勉強会

北出親畳会の勉強会でした。
苗の確認と今後の管理を指導いただいたり、今年の7月1日に掘り取った根付きい草の確認。
苗はみんな良好な状態です。
我が家も良好なんですが、例年より根が茶色だったのは疑問が残りました。
もう少し酸素を含んだ水を仕掛ければ良かったかなあ。
掘り取った根付きい草は今年の傾向がわかるんですが先刈りしたい草があまり伸びてきてないですね。
不作の年はそんなものなのですが、質は若干良さそう。
IMG_6628
IMG_6630
最後に普及所で依頼されていた涼風の展示圃場のい草を織りあげたサンプルを見せてもらいました。
早刈り、晩刈りに分かれています。
同じ涼風でも染土、い草そのものの色味なんかで全く色合いが違いますね。
早刈り晩刈りでももちろん違いがあります。
涼風は品質にまだまだ課題が多いうえに作付けも多いのでこうして取り組んでいただいています。
最近はもっとい草と向き合おうと思っています。
もっと己を磨かなくては。

勉強になりました。
IMG_6631



4 9月

ポット準備

9月に入るとポット苗作りの準備に入ります。
今日は先日山の中からもらってきていた土をふるいにかけました。
以前はJAを通してメーカーからポット用の土を購入していましたが、近年は自作しています。
経費が70%ほど削減できるうえに良質な土の状態を作れます。
そのため手間はかかりますけど。
ポット苗用の土を作る前準備として土をふるいにかけ石などを取り除きます。
後日資材を投入して混ぜていきます。
FullSizeRender
2 9月

ドローンで防除

水稲に関しては北出ファーマーズという農事組合を作り法人化しています。
そのファーマーズで今年ドローンを購入しました。
今年から水稲の防除はドローンで行います。
ドローンに関しては個人的には不安があります。
風の影響を受けやすいこと、風圧が弱くて稲の根元まで薬剤が届かないのではないかということ、ファーマーズからオペレーターを4人募り散布していくにしても黒字化するには面積が足りないこと。
などなど。
中古の動墳を購入したのでコレを使って散布したい時に安くたっぷり満遍なく防除したいというのがあったんですが、ムラ社会に生きる者として、また黒字化できるよう努力もしなきゃなということで取り組んでいくことにしました。
散布してもらうのは楽だしですね。
さてさて今年は長雨に悩まされてますがどんな稲が収穫できるでしょうか。
IMG_6617
23 8月

先刈り

9月から始めるポット苗用の6月苗がお盆の長雨で伸びてきました。
涼風は分割型ではなく伸張型のため今後も天候不順で新芽を出すよりは伸びる方にいきそうです。
そのため先刈りを。
伸張を止め新芽を促します。
あまりこの時期に先刈りはしないんですけどね。
それだけ勢いがあると思っています。
IMG_6604
19 8月

仕事再開

こんな大雨続きのお盆休みは初めてでした。
梅雨なみかそれ以上の降水量の多い日が長く続くなんて。
被害は熊本地震かもしくは台風でやられていたのか我が家の雨漏りが酷かったくらいです。
今日から仕事再開したんですがやっと晴れてくれました。
今日しか晴れ間がないかもとの事で出荷に。
しかし除湿機をかけていたとは言え、心配なので水分計で計りちょっと気になる畳表は軽く天日干しし直して出荷してきました。 
IMG_6591
畳表のカビの原因が生産者にあってはならないし品質管理は常に気をつけています。
出荷先では先輩とばったり。
同じポット栽培農家なので話に華が咲きました。

昼からは保管していた畳表は全部軽く干し直して保管。
これで安心です。

12 8月

8月苗のお手伝い

親畳会メンバー4人の植え付け方法は大きく2つに分かれます。
2人がイ植機植えで2人がポット植え。
イ植機組は今の時期8月苗を手で植えるんですが、今年から2人とも手植えではなくポットで植えるように挑戦。
近年ポットの方がいい8月苗ができているようですし、何より真夏に手植えをするのも大変だからです。

6月の頭にポット苗を用意し、2ヶ月育苗した後の8月2日と4日に植えました。
2人ともポット栽培は初めてだったのでポット用の土の作り方、育て方など全部知っていることは伝えました。
植え付けは共同で機械を購入している吉田さんとウチから提供し、オペレーターは吉田さんの息子に。
5時半から9時半までの涼しい合間にトラブルなく無事植え付けることができました。
これからが本番なのでうまく育ってくれるといいです。
IMG_6516
IMG_6517
IMG_6514

2 8月

除草アイテム

10日ほど前の話になりますが、い草刈りが終わり2日休息したら6月苗の草取りから仕事再開です。
今年は例年とは違った取り組みをしており、実験結果が出ました。
実験その1
IMG_6499

実験その2
IMG_6500
実験その2は大失敗ですが、面積的にはほとんどが実験その1だったのでセーフです。
叔父にもお願いして5人での草取り開始。

そこへ今年は新アイテムを導入してみました。
中干しの達人くんです。
稲の中干し時に稲を傷つけずに刈り払うアイテムです。
FullSizeRender
この後刈り払った草は左側に詰まるので左側のオレンジカバーを外して使用。

使用前
IMG_6501
使用後
IMG_6502
残った草はみんなで草取り。
IMG_6503
IMG_6505
例年3日もしくは4日かかりますが、今年は2日半で完了しました。
ただし手で取った草は根こそぎ取るからいいですが、刈り払った分はまた後日定期的に刈り払わなければなりません。
楽なのでいいんですが、この後さらにもう一つアイテムを購入しました。
その報告はまた後日。

草を取っている数日間は涼しい日が続いており、幸いでした。
暑かったのは先週1週間くらいで今週はまたちょっと涼しく感じます。
 
続けて良い苗ができるよう管理していきます。



19 7月

打ち上げ

片付けを終え、水稲にやっておきたい作業を日が暮れるまで無事にやってしまい納得して帰宅すると家族が料理を囲んで待ってくれていました。
い草刈りの打ち上げです。
IMG_6492
い草刈り前に奥さんと伺ったお店に電話して配達してもらいました。
皆さんお疲れ様でした。
母親の離脱するほどの腰痛はありましたが、他は事故もなく、怪我も病気もなく、無事完了してホッとしています。
暑くなかったからか個人的にはあまり疲れなかったかな。
毎朝4時起きでも昼寝もほとんどしませんでしたし。
ずっと元気で24時間のうち25時間しゃべり続けていたのですが笑いながらよく話を聞いてくれる奥さんが偉いなと感心しました(笑)
ラーメン、ラジオ、ロードバイクと奥さんとの会話が元気の源なのかもしれません。

明日と明後日しっかり休みます。

最新コメント
Archives
Profile

せい

畳表のラインナップ
熊本天一表

他にも研究会メンバーで
織っている種類があります!!
直販のお申し込み
書籍紹介










  • ライブドアブログ