<step1> 活用カルテ

simintaiiku5 「3つの視点」から診断チェックシートで検証しました該当施設(長岡市市民体育館、平成元年3月竣工、築24年)についてご提案いたします。

視点1)動線に重点を置いた見直し
 →利用者出入り口を一本化
  • 出入り口に風除室を設置。
  • 受付カウンターをエントランス出入り口脇に移動。
  • 自販機コーナー、掲示板、展示コーナーの設置。

視点2)有効利用に重点を置いた見直し
 →医務室、会議室の用途変更
  • 会議室A…多目的室へ。
  • 会議室B(和室)…用具をしまう器具庫に。
  • 医務室…北側選手控え室に移動し、ホスピタルカーテン及びベッドを設置。
    会議室で使用する机、椅子等の用具室を兼用しました。

視点3)利用者ニーズへの対応
 →レディースルーム新設に伴い指導員室、応接室の見直し
  • 指導員室はレディースルームとし、ニーズに対応しました。
  • 応接室を指導員室に変更。応接が必要な場合は、会議室A(多目的室)を利用します。

その他
  • スタジオ隣接の倉庫を更衣室に。
  • 屋根付き自転車置き場の設置。
  • 防犯カメラの設置。

<step2> 構造カルテ


simintaiiku1 「技術者の目」と「機械の目」
熟練技術者の目と赤外線サーモグラフィを使い、見えない損傷まで丁寧にチェック・診断。

simintaiiku2
▲三角窓の角のひびわれから、内部への雨漏りを赤外線サーモグラフィで確認

simintaiiku3
▲大アリーナ天窓廻りからの雨漏りを確認

simintaiiku4
▲丸窓のシーリングから雨漏りを確認