茅野、蓼科、八ヶ岳の田舎暮らし・移住・別荘情報。蓼科企画 朝比奈ブログ

信州・蓼科・茅野・原村を中心に、移住、田舎暮らし、別荘生活のお手伝いしています。 八ヶ岳と南アルプスを望む自然豊かな場所での楽しい話を連載中。

2011年12月

今年もありがとうございました。

皆様はどんな風に年越しを迎えていますか?

私の実家は上諏訪ですが、近所の温泉旅館は、
年越しを温泉旅館で過ごそうと観光客の皆様が
たくさんいらっしゃっていました。

 我が家の年越しは、毎年決まったメニューを食べ、
紅白をみながらだらだら過ごし、家族で麻雀をするのが
もう何年もの習慣となっています。


昨日は餅つきをしました。
ちゃんと杵と臼とで餅をぺったんぺったんつくんです。

私を含めると3姉妹。
必ずこの日は実家に帰ります。

しかし、肝心な力仕事をしてくれる貴重な男手が、
今年は残念ながら長女の旦那様しかいない。。

仕方ないので、私と、姉二人、私の父と、
長女の旦那様と5人でつきました。(母は台所仕事)

5人いれば大丈夫とお思いでしょうが、
ご飯を炊いて、ついて、また炊いたご飯をついて、

餅をひっくり返す役も馬鹿にできいほど大変なんです。


そして次の日、
なんということでしょう。。

全身の筋肉痛、、、

来年まで持ち越しそうな筋肉痛に今はひいひい言っております。


我々3姉妹は、自分たちの子供たちが
餅つきに大いに役立つまでは、
けっして離婚はやめようと固く誓いました。


でもやっぱり手でつくお餅、最高でしたよ。
ことしはイチゴを入れてイチゴ大福を作りましたが、
絶品でした。


これからも変わらない習慣。。。
なんかいいなー。と思いました。





私はこれからも不動産や茅野市の紹介はもとより、
長野県ならではの田舎暮らしの様子、
そして、私の等身大の暮らしを
紹介していきたいと思います。



今年一年ありがとうございました。

来年もよろしくお願いいたします。
皆様、、良いお年をーー。








○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○


蓼科・八ヶ岳エリアの中古別荘・田舎暮らし情報は
蓼科別荘ライフサポートのホームページ


茅野・原村の不動産情報  蓼科企画のホームページ

 

本日は仕事納め

本日は、今年一年最後の出勤です。

皆様はどんな一年でしたか?

私は大きな飛躍の年となりました。

年末年始は実家に戻り、
横浜と奈良から帰省する姉たちと大勢の従兄弟たちと
わいわい年を越すつもりです。

餅つきをしたり、雑煮を食べたり、
これぞ田舎の年越し。をいたしますので、
パソコンを実家に持ち帰って田舎っぽいブログをお届けします。



○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○


蓼科・八ヶ岳エリアの中古別荘・田舎暮らし情報は
蓼科別荘ライフサポートのホームページ


茅野・原村の不動産情報  蓼科企画のホームページ

 


茅野・蓼科田舎日記 晴れた日の散歩と地名の由来

皆様クリスマスはいかがお過ごしでしたか?
私は、だんな様が仕事の都合上、何もしませんでした。(T_T)

今日は散歩途中で見つけた小さな史跡と、地名の由来の紹介です。

その日はとても晴れているのですが、風が冷たく、
散歩日和というより、競歩日よりでした。

SN3J0033

頂が雪で覆われた八ヶ岳がくっきりはっきりと見えます。
空気が澄んでいるんですね~。


すると、道の途中にこんな史跡を見つけました。
SN3J0032


「史跡 御射宮司宮跡」と書かれています。

何か神社でもあったんでしょうか、、

思えば、茅野市のこのあたりは、神様っぽい地名がいくつか残っています。
「神之原(かみのはら)」「子之神(ねのかみ)」「小堂見(こどみ)」

御柱の大好きなおじさんの話によると、
このあたりは諏訪大社にお供えする供物を作る場所だったそうです。
神にお供えするものをつくる原っぱみたいな感じなんでしょうか。。

御射宮司もネットで調べてみたのですが、なんか昔の神様みたいなようです。



何がいいたいかと申しますと、それだけ伝説が伝わるほど、
古くからこの地には人が住み、神様を敬い、文化が形成されていたということです。

選び放題に沢山あった数ある土地の中から、
古の人々はこの地を選んだということは、
きっとこの地はよい場所なのだろうということが言えます。

縄文土器もいっぱい出てきますしね。


また勉強してお伝えします。




○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○


蓼科・八ヶ岳エリアの中古別荘・田舎暮らし情報は
蓼科別荘ライフサポートのホームページ


茅野・原村の不動産情報  蓼科企画のホームページ

 



寒冷地の宅急便事情

先日事務所で作業をしていたところ、
宅急便屋さんの車が駐車場に見えました。

クール宅急便と荷箱に書かれたトラックに、
私は「クール便なんて注文したか?」と思いました。


届いたのは、我が蓼科企画ののぼり旗
(弊社西村の似顔絵入り!)で、この荷物をずっと待ってた私は

思わず、
「これ、まさかクール便? もしかしてほどよく冷えてる?」
と聞きました。

「まさかまさか、、。」
笑いながら答えてくれた宅急便屋さん

ちょっと空気がなごんで、軽い立ち話が始まりました。

よく巷で見かける冷蔵庫を積んだようなクール便の車、
中で仕切られていてクール便じゃないものも積んでいるそうです。


そして、茅野市のような寒冷地では、冬になると通常便の荷物は
クール便より寒い環境にさらされるそうです。

だって、外で荷物を種分けしていたり、荷台に荷物積んでるとき、
クール便の冷蔵庫の中の方があったかいですもん。
と宅急便のお兄さん。


だから、食べ物や生花など、どうしても凍らせたくない荷物は
あえて、クール便で発送する方が多いそうです。


冷たいまま送りたいからクール便ではなく、
冷たすぎると困るからクール便。という発想は
いままで私にはありませんでした。


宅急便屋さんにもいろいろあるんですねー。

寒い中ご苦労様です。







○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○


蓼科・八ヶ岳エリアの中古別荘・田舎暮らし情報は
蓼科別荘ライフサポートのホームページ


茅野・原村の不動産情報  蓼科企画のホームページ

 




茅野市運動公園とお弁当

日曜日の昼、子供たちが勝手にお弁当を作り始めました。

面倒くさがりやの私は何も手伝わなかったのですが、
子供たちはおばあちゃんと立派なお弁当を作りました。

お弁当を作ったまではよかったのですが、
「ママ、お外で食べたいからどこかつれてってー。」
と、予想通りの展開になりました。

この、極寒の寒空のどこでお弁当を食べればよいのやら、、、
とりあえず現在住んでいる地点より少しでも標高を下げれば
あたたかいだろうと、茅野市の運動公園に行ってきました。


SN3J0015


ここは桜並木が続く大きな運動公園で、
きれいに整備されたトラック、野球場、体育館、テニスコート、
プールにスケート場、相撲の土俵だってあるんです。

夏の土日は結構お弁当を広げる家族連れが多いのですが、、、


SN3J0019


今回はわれわれだけだったようです。


気の利かない子供たちは自分たちのお弁当しか作っておらず、
親はコンビ二弁当。

SN3J0017



焼きビーフンや、3種のクリームチーズのペンネ。
親子丼です。


いまやコンビ二弁当は安さより味の時代ですね。
安い弁当はもはやスーパーにかないませんが
コンビニ弁当、激うま~~~なんです。


ただし、冬の冷たい北風に、みるみるお弁当が冷める冷める。

時間との戦いで、ガツガツ食べてしまいました。


SN3J0022



池には氷が張って、つついて遊んだり、
誰もいない芝生で転がったり、、

SN3J0025

寒いねって手をつないだり、、肩を寄せ合ったり(だんだん妄想)

恋人と歩くなら断然寒い季節ですよ。

ちょっと小春日和に誰もいない公園でお弁当、お勧めだと思います。






○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○


蓼科・八ヶ岳エリアの中古別荘・田舎暮らし情報は
蓼科別荘ライフサポートのホームページ


茅野・原村の不動産情報  蓼科企画のホームページ

 




プロフィール

田舎暮らしのお手伝...

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ

ハウスコは建築家と出会い、注文住宅をつくるためのコミュニティサイト。
建築家に家づくりの質問をしたり、住宅設計コンペを開催したり、ハウスコにはさまざまな出会いのカタチがあります。相性のよい建築家を見つけましょう。建築家登録も受付中!
Powered by 面白法人カヤック