茅野、蓼科、八ヶ岳の田舎暮らし・移住・別荘情報。蓼科企画 朝比奈ブログ

信州・蓼科・茅野・原村を中心に、移住、田舎暮らし、別荘生活のお手伝いしています。 八ヶ岳と南アルプスを望む自然豊かな場所での楽しい話を連載中。

2017年08月

若い子ナンパしちゃいました。

なんて意味深なタイトルつけたら皆さん驚きますよね。。


安心して下さい。

大丈夫です。
悪い事はしていません。(笑)




事の発端は、昨夜の夜10時位の話です。

私は趣味で音楽活動をしています。


茅野駅からほど近い茅野市公民館の前で、 
バンドメンバーと練習終わりの雑談をしていたところ、


携帯片手にスーツケース転がし若者がウロウロ
あっちへ行ってウロウロ、、、


仲間と気になって見ていたら、その彼が言いました。





「諏訪中央病院はどこですか?」




どうやら、ここから歩いて諏訪中央病院まで
行こうとしてしているらしい。




ええ!?こっから!??
いやいや2キロ、3キロはあるでしょう!!

私が乗っけてってあげるよ。帰り道だし。


いや、でも、、、、
躊躇する若者をよそに、強引に決める私。




という訳で、
見ず知らずの若い青年を車に乗せてあげました。





話を聞くと、彼は東京の某有名大学の医学生で
大学卒業後、研修する病院の下見の関係で
諏訪中央病院に行く事になってたそうです。


大学の授業があったために、
やむなくこの時間(夜分)に到着。




新宿発の高速バスに乗って、
茅野バス停で降り、彼は驚愕するのです。


タクシー無し。
人通り無し。
街頭無し。
暗いし。
…。



で、
とりあえず、携帯の地図たよりに
明るい方に歩いて来たのだそうです。。



おいおい、ヾ('д` ;)
携帯持ってるんだから、
タクシー検索して呼べば良かったじゃん。

と、私が言うと。


「あ、思いつきませんでした。」




えええええ!!!Σヾ( ̄0 ̄;ノ



さすが、若いですね〜〜。


きっと、街を歩いて手を上げれば
すぐタクシーが捕まるような場所に住んでるんでしょ?
もしかして、生まれも東京?

と聞くと、そのようでした。




若者よ、夜の田舎
甘く見ちゃいけないよ〜〜(笑)。





医学を学びに来た彼は、
まず、田舎の洗礼を浴びましたね。(←上手い事言った)



という訳で、ナンパ成功で
無事に病院まで送ってあげて、別れました。


 
名前も聞いていないので、もう会わないかもしれませんが,
いつか彼が立派なお医者さんになって
地域の皆さんのために頑張ってくれたらいいな。
って思います。

(できれば、ぜひ諏訪中央病院へ。)














■■☆☆☆———☆☆☆■■☆☆☆———☆☆☆■■



●蓼科・茅野・原村の
  土地、建物、中古別荘、田舎暮らし情報は、、、

蓼科企画の 不動産情報



●楽しい、別荘・田舎暮らし生活と
  茅野、蓼科、原村、富士見、諏訪エリアローカル地元情報

たてしなの時間




●ペンション、店舗など個人事業向け不動産情報は

ペンション店舗売買情報.com




■■☆☆☆———☆☆☆■■☆☆☆———☆☆☆■■




 

お盆の行事

皆様は夏休み、お盆、いかがお過ごしでしたか?

今年は雨が多く、なんだかパッとしない天気でしたね。

私の実家は諏訪市にあります。

毎年お盆は親戚が集まり、
お墓参りして、お盆をご先祖と共に過ごします。


ここで、お盆に必ず行う、
我が家の風習をご紹介。


1、精霊馬、精霊牛を作る。

55

(写真はイメージです。自分の家のは取り忘れた。。)



キュウリを馬、ナスを牛に見立てて、
ご先祖様がこれに乗ってやって来るんだそう。

尻尾にはトウモロコシの毛をつけてフサフサさせてあげます。



今、精霊馬で検索すると、
乗り物好きだったジーちゃんのために。と
スポーツカー仕様だったり バイク型してたり、
面白い乗り物写真が出てくるので、是非ご覧下さい!!(笑)


うちも来年作ろう。。







2. 昼はソーメンを食べる。


我が家ではその日の昼ご飯は必ずソーメンを食べ
牛と馬の背中にソーメンを乗せます。
(鞍になるんですって。)

 







3. 墓参りに行く。


13日の日は、近所にあるお墓に行って、お墓をお掃除。
蚊に刺されながらも墓掃除に奮闘。





4.「迎え火」を炊く

13日の夕方玄関の前で、白樺の木の皮を燃やします。

この炎を目印に、馬に乗ってご先祖様が来るのだとか。


他の地区では提灯を持ってお墓まで行き、
直接お迎えに行く家もあるそうです。(本当に背中について来そう。。)



そして、お盆をご先祖様と一緒に過ごすのですが,

その間、我が家では、
不思議な事に、怪奇現象が起きる年があるのです。。 


誰もいないのに、玄関のチャイムが鳴ったり
何か音がしたり、、、




ひぃ〜〜〜〜〜。




な〜んて、きっと親戚だから怖がらず
楽しく過ごしましょう(´∀`*)


5.ほぼ毎日、朝から晩まで呑んだくれる




6.送り火を焚く。

 16日の夕方、再び白樺の木の皮を燃やして
「送り火」を炊きます。
ご先祖様、お気をつけてお帰り下さい。



そんな感じで,ご先祖様の
3泊4日の実家帰りが終了します。






子供達にとっても、夏に田舎に行って
久々の親戚達と遊び,田舎らしい風習を体験するのは
なんか良い思い出になるのかな?と思います。 



皆様の地域のお盆の風習はありますか? 

























■■☆☆☆———☆☆☆■■☆☆☆———☆☆☆■■



●蓼科・茅野・原村の
  土地、建物、中古別荘、田舎暮らし情報は、、、

蓼科企画の 不動産情報



●楽しい、別荘・田舎暮らし生活と
  茅野、蓼科、原村、富士見、諏訪エリアローカル地元情報

たてしなの時間




●ペンション、店舗など個人事業向け不動産情報は

ペンション店舗売買情報.com




■■☆☆☆———☆☆☆■■☆☆☆———☆☆☆■■




 
プロフィール

田舎暮らしのお手伝...

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ

ハウスコは建築家と出会い、注文住宅をつくるためのコミュニティサイト。
建築家に家づくりの質問をしたり、住宅設計コンペを開催したり、ハウスコにはさまざまな出会いのカタチがあります。相性のよい建築家を見つけましょう。建築家登録も受付中!
Powered by 面白法人カヤック