ちょっと古い話になりますが、

中学生になる息子が部活(男子バレー部)の大会があるという事で
2017年1月8日、子供達を車に乗せて飯田まで行きました。


飯田の試合会場に朝7時20分集合。

茅野を出発したのは、まだあたりが真っ暗な 6時前。


ほとんど車が走っていない中央自動車道をひた走り、
あたりが薄明るくなる7時過ぎに飯田手前の松川インターを降りました。

自動車道沿いに飯田市街地方面に南下しながら
飯田の平を左手に見下すと、そこここで煙が上がっています。。


何だろう。と脇見に気を取られていると(←あぶない)
それは、どんど焼きの火だと分かりました。


ええ!?
早朝7時にどんど焼きやってんの!?
しかも結構燃え尽きています。。


私が住む茅野市を含む諏訪地方では、どんど焼きは、だいたい夕方点火。
火を囲みお酒飲んで、消えるころ就寝。

朝から燃やすって、一日中呑むんでしょうか?(基準がお酒)
 

。。。。。


車中悶々とした気持ちで試合会場に到着。

試合が始まり,子供達はバレーボールに熱中していますが,
私は外の天気が気になります。

そう、その日は、
午後から大雪の予報が出ていたのです。

大切な他人様の子供を乗せて
飯田から帰宅中に事故ったらどうしよう。。。


案の定、昼過ぎから雪がガンガン降り始め、予定を繰り上げて、
子供達を乗せて急いで飯田を後にする事になりました。

 

雪に「土砂降り」という表現があるのか分かりませんが,
あっという間に周囲はみるみる真っ白となり
ハンドル握る手も自然に力が入ります。



視界が悪く、周りを注意深く警戒する私の目に、
突然飛び込む、驚きの光景2度目!!




それは




猛吹雪の中、燃え尽きたどんど焼きの隣に
また、新たにどんど焼きの櫓を組む人々の姿。







えええええーーーーーえっ!? ((( ;゚д゚)))
また、どんど焼やるの!? 



1日に2度点火?
それとも、ほか地区と二交代制?





誰かにその驚きと疑問を伝えたいものの、
同乗している茅野市内在住の中学生に
何を言っても意味がありません。








二度目のどんど焼きをみたのは一カ所だったので
あの場所特有の諸事情があったのでしょうか?

飯田にお詳しい方、どうぞ教えてください。

そうそう、飯田のどんど焼きと言えば、
藁で作った大きな鬼のようなもの。
あれ、面白いですね。





帰りはさすがに悪天候で、帰宅に時間がかかりました。
文化といい、距離といい

長野県は広いと感じた一日でした。 






■■☆☆☆———☆☆☆■■☆☆☆———☆☆☆■■



●蓼科・茅野・原村の
  土地、建物、中古別荘、田舎暮らし情報は、、、

蓼科企画の 不動産情報



●楽しい、別荘・田舎暮らし生活と
  茅野、蓼科、原村、富士見、諏訪エリアローカル地元情報

たてしなの時間




●ペンション、店舗など個人事業向け不動産情報は

ペンション店舗売買情報.com




■■☆☆☆———☆☆☆■■☆☆☆———☆☆☆■■