皆様は夏休み、お盆、いかがお過ごしでしたか?

今年は雨が多く、なんだかパッとしない天気でしたね。

私の実家は諏訪市にあります。

毎年お盆は親戚が集まり、
お墓参りして、お盆をご先祖と共に過ごします。


ここで、お盆に必ず行う、
我が家の風習をご紹介。


1、精霊馬、精霊牛を作る。

55

(写真はイメージです。自分の家のは取り忘れた。。)



キュウリを馬、ナスを牛に見立てて、
ご先祖様がこれに乗ってやって来るんだそう。

尻尾にはトウモロコシの毛をつけてフサフサさせてあげます。



今、精霊馬で検索すると、
乗り物好きだったジーちゃんのために。と
スポーツカー仕様だったり バイク型してたり、
面白い乗り物写真が出てくるので、是非ご覧下さい!!(笑)


うちも来年作ろう。。







2. 昼はソーメンを食べる。


我が家ではその日の昼ご飯は必ずソーメンを食べ
牛と馬の背中にソーメンを乗せます。
(鞍になるんですって。)

 







3. 墓参りに行く。


13日の日は、近所にあるお墓に行って、お墓をお掃除。
蚊に刺されながらも墓掃除に奮闘。





4.「迎え火」を炊く

13日の夕方玄関の前で、白樺の木の皮を燃やします。

この炎を目印に、馬に乗ってご先祖様が来るのだとか。


他の地区では提灯を持ってお墓まで行き、
直接お迎えに行く家もあるそうです。(本当に背中について来そう。。)



そして、お盆をご先祖様と一緒に過ごすのですが,

その間、我が家では、
不思議な事に、怪奇現象が起きる年があるのです。。 


誰もいないのに、玄関のチャイムが鳴ったり
何か音がしたり、、、




ひぃ〜〜〜〜〜。




な〜んて、きっと親戚だから怖がらず
楽しく過ごしましょう(´∀`*)


5.ほぼ毎日、朝から晩まで呑んだくれる




6.送り火を焚く。

 16日の夕方、再び白樺の木の皮を燃やして
「送り火」を炊きます。
ご先祖様、お気をつけてお帰り下さい。



そんな感じで,ご先祖様の
3泊4日の実家帰りが終了します。






子供達にとっても、夏に田舎に行って
久々の親戚達と遊び,田舎らしい風習を体験するのは
なんか良い思い出になるのかな?と思います。 



皆様の地域のお盆の風習はありますか? 

























■■☆☆☆———☆☆☆■■☆☆☆———☆☆☆■■



●蓼科・茅野・原村の
  土地、建物、中古別荘、田舎暮らし情報は、、、

蓼科企画の 不動産情報



●楽しい、別荘・田舎暮らし生活と
  茅野、蓼科、原村、富士見、諏訪エリアローカル地元情報

たてしなの時間




●ペンション、店舗など個人事業向け不動産情報は

ペンション店舗売買情報.com




■■☆☆☆———☆☆☆■■☆☆☆———☆☆☆■■