なんて意味深なタイトルつけたら皆さん驚きますよね。。


安心して下さい。

大丈夫です。
悪い事はしていません。(笑)




事の発端は、昨夜の夜10時位の話です。

私は趣味で音楽活動をしています。


茅野駅からほど近い茅野市公民館の前で、 
バンドメンバーと練習終わりの雑談をしていたところ、


携帯片手にスーツケース転がし若者がウロウロ
あっちへ行ってウロウロ、、、


仲間と気になって見ていたら、その彼が言いました。





「諏訪中央病院はどこですか?」




どうやら、ここから歩いて諏訪中央病院まで
行こうとしてしているらしい。




ええ!?こっから!??
いやいや2キロ、3キロはあるでしょう!!

私が乗っけてってあげるよ。帰り道だし。


いや、でも、、、、
躊躇する若者をよそに、強引に決める私。




という訳で、
見ず知らずの若い青年を車に乗せてあげました。





話を聞くと、彼は東京の某有名大学の医学生で
大学卒業後、研修する病院の下見の関係で
諏訪中央病院に行く事になってたそうです。


大学の授業があったために、
やむなくこの時間(夜分)に到着。




新宿発の高速バスに乗って、
茅野バス停で降り、彼は驚愕するのです。


タクシー無し。
人通り無し。
街頭無し。
暗いし。
…。



で、
とりあえず、携帯の地図たよりに
明るい方に歩いて来たのだそうです。。



おいおい、ヾ('д` ;)
携帯持ってるんだから、
タクシー検索して呼べば良かったじゃん。

と、私が言うと。


「あ、思いつきませんでした。」




えええええ!!!Σヾ( ̄0 ̄;ノ



さすが、若いですね〜〜。


きっと、街を歩いて手を上げれば
すぐタクシーが捕まるような場所に住んでるんでしょ?
もしかして、生まれも東京?

と聞くと、そのようでした。




若者よ、夜の田舎
甘く見ちゃいけないよ〜〜(笑)。





医学を学びに来た彼は、
まず、田舎の洗礼を浴びましたね。(←上手い事言った)



という訳で、ナンパ成功で
無事に病院まで送ってあげて、別れました。


 
名前も聞いていないので、もう会わないかもしれませんが,
いつか彼が立派なお医者さんになって
地域の皆さんのために頑張ってくれたらいいな。
って思います。

(できれば、ぜひ諏訪中央病院へ。)














■■☆☆☆———☆☆☆■■☆☆☆———☆☆☆■■



●蓼科・茅野・原村の
  土地、建物、中古別荘、田舎暮らし情報は、、、

蓼科企画の 不動産情報



●楽しい、別荘・田舎暮らし生活と
  茅野、蓼科、原村、富士見、諏訪エリアローカル地元情報

たてしなの時間




●ペンション、店舗など個人事業向け不動産情報は

ペンション店舗売買情報.com




■■☆☆☆———☆☆☆■■☆☆☆———☆☆☆■■