長野県民というのは県民性というより、
盆地性が強いように思います。

長野、松本、佐久、木曽、諏訪、伊那飯田、、
それぞれお隣の盆地に行く事はチョイチョイあっても
山を隔てた遠くの盆地にわざわざ出かける事は
少ないのではないでしょうか。


諏訪圏在住の私は
長野や飯田に行った回数(通過は含まず)より
遥かに多く東京に行っています。


他の盆地の方もきっとそうに違いない。



しかし、最近趣味の音楽をすると
長野県内色々な所に出かけられるようになりました。


なにせ、私の趣味であるjazz やる人々は
広い長野県に点在しているものですから。。。


という事で、3月の上旬、
佐久の仲間と音楽の練習をするために
初めて1人で峠を越えてきました。



直線距離にしたら、たいした事ないのに
高くそそり立つ八ヶ岳に阻まれ、遥か遠くに感じる佐久。

ちなみに佐久に行くのは、その日人生で2回目。


折しもその日はあいにくの雪模様で
しかも夜に通過したので
かなり怖い峠道でした。



そこで思ったのは

峠道には怖い道と怖くない道がある。


最初は茅野から大門街道〜白樺湖〜長門牧場と
快適に進んで行ったのですが、
気を利かせたナビが最短距離を指定し、
途中から右にそれて細い道へ。


木々は鬱蒼としてくるし、
手入れされてない枝がだら〜〜んと垂れてるし、
カーブは多いし。動物飛び出すし。
人の気配一切ないし。

そして、何よりも何よりも。




暗い。


まっっ暗。


そしてポツリ、ポツリある

石碑。観音像。。献花。



ひぃぃいいいいいい〜〜〜

ここは歌え!!楽しもう!!

音楽ガンガン鳴らしてなんとか通過しました。



やはり夜中に1人で通過する峠道はこわいですね。
もうあの道はやめよう。。


そうそう、次の週もまた佐久に行ったのですが
遠回りして大門街道(R152)を通過しました。


あっちは由緒ある道(旧中山道)だけあって、
街灯もちゃんとあるし、ポツポツ民家もあるし1人でも大丈夫でした。



結果。

夜の峠道は最短距離より
快適距離(一般優先)で行く事をお勧めします!!



さて、最後にちょっと宣伝。


逆に佐久方面や松本方面から仲間を呼んで
原村でちょっとしたライブをやります。

もし、ご興味のある方は是非。

Y's Unit Jazz Live
4月14日 日曜日
午後2時スタート
原村オールディーズ
1500円(ケーキとドリンク付き)

IMG_4780









■■☆☆☆———☆☆☆■■☆☆☆———☆☆☆■■



●蓼科・茅野・原村の
  土地、建物、中古別荘、田舎暮らし情報は、、、

蓼科企画の 不動産情報



●楽しい、別荘・田舎暮らし生活と
  茅野、蓼科、原村、富士見、諏訪エリアローカル地元情報

たてしなの時間




●ペンション、店舗など個人事業向け不動産情報は

ペンション店舗売買情報.com




■■☆☆☆———☆☆☆■■☆☆☆———☆☆☆■■