遠野世間話

tateyaが仕事の合間に見聞きした遠野の徒然なる出来事(世間話)を遠野以外の人達にも お伝えしたく軽〜い気持ちで始めました。皆さんどうぞお茶っこでも片手に軽〜い気持ちで寄っててがんせ。

ちょっと聞いた話なんですけれども…

最近 投稿が少なくて気にしていた今日この頃、久しぶりに配達先で再会した知り合いがいた。彼女はちょっとミステリー系の体験を日常的にしている人で「何か面白い話ない?」と不謹慎な問いをする私にしてくれたのがこれ。

彼女の家は特にその手の怪しい家ではないのだがどうも彼岸の人たちを感じてしまう血筋の人達らしく、日常的に家の中で視界の端っこにさっと見える黒い影がいたりするのである。あまり日常的なのでさほど驚く内容ではないらしくそれはそれで困った事なのだ。そんな彼女の母親はしっかり見えるというのではなく予知夢を見たりとかが多いみたい。夢うつつの時に何処からともなく聞こえてくる黒電話のベル音。それが聞こえてくるとその後に親戚、知り合いが亡くなったと連絡が来ると言うのだ。先日も夜中に黒電話のベル音が聞こえてきて(電話が鳴っている。早く出なくちゃ)とボンヤリと思っていたらその内に頭が段々覚醒してきて(あれ?あれは家の電話の音ではない!?)と気が付く。その後は親戚のお婆さんが亡くなったと連絡が来て(あぁ、やっぱりそっちのお知らせだったのね)と実感するに至った。

妖怪の里、遠野だからなのか?それともどこの地域にもそんな話があるのか誰も判らない…

この時期の楽しみ

89a87899.jpg春先になっての楽しみと言えば、ふきのとうやタラの芽を自分の手で収穫してそれを食卓に出してもらうことでしょう。と言うわけで今回はタラの芽。身近に自生している所があるので午後に暇を見つけていそいそと収穫しに出かける。成果はこんな感じ。早速夜に天ぷらにして出してもらう。あぁ、幸せ。これでビールも一緒に飲めたらなお幸せ。って、幸せのハードルが低い事…

今年の遠野の

今年の遠野の桜はこんな感じです。ちょっと太陽の具合が好調ではないらしく、色合いがイマイチではありますが、まぁこんな感じでですか…image
image
image
image
image
image

サプライズ?

日中に店の横の通路で福のそばに居たらある男性に声をかけられた。先方はどうやらこちらの事をご存知のよう。話が進むと「ブログを拝見して居ます。」と仰られた。ハンドルネームはりかこのじいじですと話されて鈍い私はようやく気がつく。ブログにコメントを下さる方でした。聞けば奥様が上郷の出身で現在は多摩センターにお住まいだとか。あまりゆっくりとお話が出来ませんでしたが私自身には凄いサプライズでした。またお顔を見せにいらっしゃって下さいね。所でハンドルネームからしてお孫さんはりかこちゃんと言うのでしょうか?聞くの忘れた…

iPhoneから送信

3月が来る度に…

3年前の今日、未曾有の大震災が東日本を襲った。全国各地では追悼式典が執り行われていた。あの時を考えない様にしてしまうとあの時に感じていた様々な事が風化してしまう様なそんな危機感に襲われて私なりの対応と言うか語り部になったつもりで私のあの日を書き記しておこうと思う。

震災の起こる少し前は何をしていた?私は丁度店にいてあのグラグラッの瞬間、いつもの地震ですぐに収まるさとタカを括っていた所があったと思う。が、収まるどころか何だか激しくなってきたように感じてきた。あわてて店に走って割れ物の瓶が乗っている棚から瓶が落ちないように両手を伸ばした。義父も一緒に。(後から冷静になって考えると助かったからいいようなものの棚が倒れてきたら一巻の終わりであった。慌てると冷静な行動が出来なくなるのは本当である。)そんな努力もむなしく7〜8本の酒瓶が床に落ちて中身をぶちまけた。酒は1種類ならその酒の匂いなのだが複数の種類の酒(ウィスキーやリキュール、スピリッツ等)が混ざると強烈な匂いが発生するとはその時に初めて知った。

店の片づけをして さて、いったい世間ではどうなってしまったのか?とテレビを見ようにも停電で情報収集も出来ず、でもこんな時の携帯電話のワンセグ機能がモノを言う。そこで得た情報は…釜石に10メートルの津波が。大槌、高田は壊滅状態。等々耳を疑う情報が飛び込んできた。俄かには信じられず妙な感じでその日の仕事(後片付け)を終わらせる。暗くなってきて役に立ったのがロウソク。仏壇の在る家なのでその引き出しや取引先で使わなくなった披露宴のキャンドルサービスで使った大きなロウソクを摂っておいたのが功を奏した。ボンヤリとした明るさは不安と安心の両方を照らした。まだ3月だったので寒さも無視はできなかった。停電の状況下、役に立ったのが反射式ストーブ。ファンヒーターがメインで使われていたが反射式ストーブも捨てられずに残しておいたのも役に立った。

頻繁に起こる余震のせいで部屋に戻ることは出来なかった。夜は店の事務所で寝ることになった。高齢の義父や義母は近くのホテルが和室を開放しているという情報が入ったのでそちらに行ってもらうことにして私と妻は店に残って見張り番。(停電のおかげで入口のシャッターが下ろせないのでどうしても人がいないと不用心)私は内心、この状況下で暴徒と化す人が出てくるのではないかとそれが心配であった。余震も含めて初めて遠野に来てから不安な一夜を明かした。(実際に遠野では不心得者は出なかったので取越苦労であったのだが…)

取り敢えず、第1話はこのあたりで。

ももクロ・・・

釜石線にSLが復活して週末だけの営業運転を始める事はご存知の方々が多いことと思われる。今現在は試運転期間で来月の営業に向けて時折花巻〜釜石を走っている所に出くわしたりする。仕事の途中に遠くに汽笛が鳴っているのを聞くと良い感じになったりするのだ。

そんな試運転が昨日も行われた。今までもメディア関係者向けの運転等あったが今回はマスコミ向けであったのか番組の収録も兼ねてやったみたいだ。その中の目玉は釜石から遠野までのSLに“ももいろクローバーZ”が乗車して遠野駅にてミニライブ(?)をやるらしい・・・事であった。その件をFACEBOOKに載せるとすでに情報を知っている人や初めて知った人達からのコメントで賑わった。12:40頃に遠野に到着という事で駅に向かった人達は少なくなかった様だ。(私は寒いので行きませんでした)しかし収録の最中は駅構内は関係者以外は締め出されて生で見れたのは駅の反対側に居た人達だけだったらしい。

さて、ここで件の“ももいろクローバーZ"だが彼女らの情報について私はどれだけ知っていたのだろうか?―の子5人グループ。∪鐶皀辧璽蹇爾稜,各々自分の色(?)を持っている。GEOのレンタルCDコーナーに噺家の林家菊翁とコラボをしたCDを見つけた。どうやら色んなジャンルへのチャレンジ精神は高いようだ。ず廼瓩琉畫は曼荼羅絵図を意識したかのようなもの。コ里紅白にも出ていた。Δ箸鵑佑襪困凌わず嫌いに出ていてその時の対戦相手が田中将大。彼もモモクロが好きみたいでモモクロはマー君にオリジナルカラーのグローブをプレゼントしていた。後日、球場でそれを使っているマー君もテレビで見た。Ы桔ヒロインを自ら名乗っている。多分ウィークデイは学業に励んでいるのか?┘蝓璽澄爾隆蕕浪燭箸覆頭に浮かぶのだが残り4名は中々浮かんでこない・・・若い娘の顔が覚えにくくなってきたのか?若者はそれをオジサンに、または年寄りになったからと言う。ドランクドラゴンの塚地やその他の芸人さんにファンが多い。あまり役に立たないがこのくらいか?

ぶっちゃけいきなり私服で私の目の前に現れても多分気が付かないだろう。なもので然程テンションも上がらず夜になって配達先のバイトの女の子にその話をしたら予想しなかったくらいにテンションが高かったのでこちらの方が驚かされた。いやほんと彼女らって人気凄いのね・・・

暦の上では春

さて、節分も終わって暦の上では春なのです。12月辺りの寒さとはレベルが違うのですが(12月はこれからは冬本番になるので上り調子で、2月は寒さの頂点にあるものの少し先には春が待っている為に気分的にテンションが上がりつつある、そんな感じですかね。日も長くなってきているし…)冬将軍も最後の足掻きをしております。今週末は爆弾低気圧が来るらしいしまだまだ予断は許されません。

b4f25abb.jpg
仕事の途中で見つけた寒さの前衛芸術はこんな感じです。




12de450b.jpg

福はと言うと、最近の朝の散歩に出陣する時は檻から出たがりません。まるで寒い朝に布団から出たがらない子供の様に…結局室内に居るのでたまに私がタオルを胴輪の下に巻いたりと遊ばれて迷惑しております。どちらにしても早く春にならないかなぁ…て感じです。

直撃?

ここ数日間は東北地方は暖かい(普段と比べて)と寒い日が交互にやってくるややこしい天気になるそうで、本日は朝は零下10℃を下回ったのに日中はプラスの気温になるという寒暖の差が激しい1日でした。こんな時に気をつけなければならないのは屋根からの落雪。配達の車が止めてある軒下まで移動中、少量ではあるものの落雪が右胸辺りを直撃?幸い大した量で無かったので被害は何も無かったのですがビックリはした。軒下歩く時は気をつけねば…



どんだけ〜

またまた先日の休みの時のこと、夕食は妻と2人で外食の予定であった。ので駅前近くの居酒屋「語り部」に行くことにする。月1の休みの時の外食だからお互いに好きなものを頼む訳で…

何を頼んだかというと「エイヒレ」「もつ煮」「揚げ出し豆腐」「豆腐サラダ」あとは生ビール等。注文したものが揃ったのを見て2人して「おや?」と感じたのはエイヒレ以外は皆豆腐が入っていたこと。まるっきり意識していなかったにも関わらずどんだけ豆腐が好きなんだ?俺ら。そう言えば唐揚げ頼むのを忘れた…



犬は犬なりに…

先日の火曜日は定休日にして妻と盛岡まで出かけた。その際に盛岡までは福は連れて行けないのでいつもお世話になっている動物病院にお泊まりになる。ちょっと可哀想だが目的地に福が楽しめる場所が無いのであれば仕方が無い。で、福にしてみるとある日いきなりお泊まりになってしまうというスリリングな展開になるのである。
が、今回はいつもと違うことを何と無く雰囲気で察知したらしい。…の散歩から帰ってきても店の入り口のシャッターが開いていない。店内の照明が着いていない。2浸もの時間になっても従業員の子がやって来ない。せ笋里い芭ちがいつもと違う。(普段は作業着にエプロンをしている)恐らくこんなところからだと思うが朝のエサを食べる際にテンションが最低になってしまった。元々がたれ目だからより悲しそうな表情を醸し出す。

そして動物病院に連れて行く時もちょっとテンションは低かった。病院に着くと足を踏ん張って意思を表示するも先生にリードを引っ張られるとこちらを一瞬チラッと見ておとなしくついて行った。犬だってそれなりに考えているんだよなぁ…

翌日迎えに行くと階下に来た私が分かったらしく大暴れをしている音が伝わって来た。会計を済まして連れて来られるとマサイ族もビックリな感じで自分の上部にいる私の顔めがけてジャンプして来る。余程嬉しいんだなぁ。改めて可愛がってあげなくちゃと決意を新たにする。そして盛岡のペットショップで買って来たボールのオモチャで今日も福は全力で遊んでいる。



金のバール、銀のバール

毎日寒い日が続いていますが如何お過ごしでしょうか?ここ数日間、遠野は冬将軍が大暴れをしており朝っぱらから−10℃越えの日が続いており寒さを満喫(?)しております。日中の最高気温が氷点下なんだから防寒対策をしないと大変であります。さてそんな折、朝起きて犬の散歩に出かける前に積もった雪を除雪する作業が幅を占めて気持ち的に面倒な気分になりがちであります。
我が家には家の前に水路が流れており近隣の人達は塞いである蓋を外しそこに積もった雪を流したりしている。雪が凍って外し辛いので私はバールを2本使って蓋をこじ開けている。今朝も凍りついた蓋の隙間にバールを差し込んで開けたところ、バールが2本とも滑って水路の中に落ちてしまうという緊急事態が・・・炭バサミを使って何とか拾い上げる事が出来たものの、落とした瞬間は呆然としてしまい次に頭に浮かんだのは童話の「金の斧、銀の斧」の光景。水路から神様が「お前の落としたのはこの金のバールか・それとも銀のバールか?」と訊ねて来ないかなぁ等とおよそ非現実的な妄想であった。(これを別の言い方で現実逃避と言うのか?)冬真っ只中の遠野では中々にスリリングな早朝作業が明日も私を待っているのです。
あ、遠野では水路から出てくるのは神様ではなく河童か?

神様の御前で

今年の元旦は朝早い内は太陽が顔を出して、そのうちに雪ではなく小雨が降って更に霙混じりの雪掻きはしないで済んだもののちょっと困った天気で始まりました。字迦神社で元朝参りに来た人に甘酒を振舞う手伝いをしに行って、集まった人達で「今年は雪も殆ど無く楽で、張り合いが無いねえ」などと話していたら…翌日から雪がドッサリ。きっと神様が下々の人達の会話を聞いて粋な計らいをしてくれたのでしょう。いやぁ、正に壁に耳ありですな。とほほ…

iPhoneから送信

明けましておめでとうございます

580f328d.jpgあっと言う間に新年が明けました。コメントを下さる皆様方、明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。相変わらず脱力感満載の投稿を目指しております。温かい目で見守ってやって下さい。

サンタさんからのプレゼント

夕べはXmasイブ。皆さんはケーキ食べましたか?今朝はサンタさんからのプレゼントを貰いましたか?まあ、いい大人になってしまうとプレゼントなんて縁遠くなってしまっていたのですが今年はチョット違っていたのです。毎年ケーキはコンビニに頼んでいます。4号サイズを注文しておいたら向こうの手違いで5号サイズが来てしまったらしく金額は4号サイズで結構ですとの事。思いがけずケーキのサイズアップによって結局2日間かけて食べることに。後から前向きに考えると、アレはサンタさんからのプレゼントに違いないと。本当に細やかなXmasの奇跡(偶然)の話でした。

バイク王?

いよいよ師走に突入、ということでバイクは冬眠の時期になってまいりました。埃を払ってガソリンは満タンにして小屋の中にしまう訳だが犬を飼い始めてからめっきり乗る機会が減ったなぁと反省しきり。来シーズンこそはもう少し乗らなければと自分に誓いを立てる。そんな私を見て妻が『バイクを売るならGOバイク王』と峰不二子ヨロシク歌って見せた。よくラジオCMでやっているように「新しいオーナーに可愛がってもらえよ」みたいな展開になるかと思っていたのか?実際は「絶対に売らね?」と返したら「判ってるよ」と言ってきた。ちょっとづつ手を加えて乗りやすくしてきた愛車なのでCMに出てくるバイクオーナーみたいにはどうしてもならない。あ、考えたら妻よりも付き合いが長いんだ。ならば、しょうがないなぁ…
まだまだ手放す気は起こらないようで。

何と言う事でしょう!

iphone画像 020iphone画像 019ちょっと分かりにくいけど、我が家の家の通路の脇は吹き抜けになっている。そのせいで大風が吹くと通路においてある物が吹き飛んだり、雨や雪の吹き溜まりが酷かったり等何とかならないかなぁと常々感じていた。で、家の補修等をお願いしている建設会社の人に相談をしたところ、木材で骨組みを建てて透明の波板で囲えば明るさを保ちつつ当初の目的を果たす事が出来ると結論付けてくれた。

で、施工する大工さんの都合をつけて一昨日から工事が始まった。1人の年配の大工さんがやって来て手際よく「トンカントンカン」遣っている。素人考えでこの骨組みはやっぱり建設会社で設計図を作成して、図面を覚えて施工しているのだろうか?と思っていた。そしてその疑問を直接ぶつけてみると結果は『否』であった。現場の寸法はきっちりと図って後は大体必要な材料を用意して施工をしているらしい。プロのの手に掛かれば本当に家を建てるのではなく囲い程度の物くらい、その場で必要な骨組みや組み立て等、頭の中に手順は入っているという訳だ。まさに『プロフェッショナル・仕事の流儀』である。今日はまだ骨組みが途中であったがあと数日中には波板も取り付けられて完成の運びとなる。楽しみだ。

ジェネレーションギャップ

あえりあ遠野近くの軽食喫茶ココカナ。午前中にちょっと立ち寄った所、3人ばかり席に座って何か話しているように見えた。カウンターに向かったので自然とその人たちの脇を通る形になった。少し近づくとその3人は実は小学生である事に気が付いた。そしてテーブルの上にノートを開いて何かの課題を共同で取り組んでいるようだった。時々お喋りをしながら楽しそうにやっている。さながら女子高生か女子大生、またはOLが喫茶店で宿題や提出書類に取り組んでいるかの如く。

一言、時代は変わったなぁ…おぢさん、ビックリ?


お宝発見!

BlogPaintBlogPaint

BlogPaintBlogPaint
先日、実家に帰って自分の部屋をいろいろと物色をしていると・・・机に緑色の便箋がある事に気がついた。中を開けて読んでみると、前の仕事をしていた時の配達先のお客さんの子供がくれたお手紙でした。どうやら配達の際に懐いて来た子供に話の流れでポンキッキーズのCDをダビングしてあげると言う事になって2度目の配達の時にダビングしたテープをあげてその次に会った時にその子がこのお手紙をくれた、と言う事の顛末でした。

確か、私はその辺りに転勤が決まっていてこれで会うのは最後だねと言う話になっていたので余計にがんばって書いてくれたんだなぁと思うと何か暖かい気持ちになります。多分、今ではこの女の子は27〜8歳位になっていてもしかしたらお母さんになっているのかもしれないけれど・・・元気に暮らしているのかなぁとあの頃を思い出してしまいました。

この便箋を見る度に当時と仕事の初心を忘れないようにしようと自分の中でお宝認定にする事にしました。以上、報告終わり!

今、万感の思いで…

c0660c2c.jpg
c20a8454.jpg
1167f39d.jpg
3連休最後の日も無情にも終わりが近づき、今日の出来事を帰りの新幹線の中からしたためております。

3年前に帰った時よりも親父の様子は少し元気そうに見えた。が、やはり88歳という年齢は間違いなく親父を小さく弱くそして鬼籍に近づけているように見えた。普段は遠野から電話でしか声の確認は出来なくそこまでなっていたかとは分からない。背は然程大きくはなかったがガッチリとした筋肉質の体格を見て子供ながらに安心していたのだなぁと改めて感じた。

今回は一応両親と同じ時間を過ごしたり幼馴染たちとあって友好を再確認したり、ブラタモリならぬブラtateyaで近所を散策して琴線に触れるものを撮影をしたり有意義に時間を過ごせたと思うがやっぱりもう数日あったらなぁと贅沢を言ってしまうなぁσ(^_^;)

最後の最後に小学校時代の同級生の女子の母親とその妹さんと遭遇できたことが嬉しいサプライズであった。お互いに近況を話し合って別れたが、何と無く大きな達成感を感じた。ブレードランナーと言う映画に出てくるレプリカントの如く、人間とは過去の記憶を欲しがり尚且つそこに足跡を残したい生き物なのかと、柄にもなく感傷的な事を考えてしまった。(画像は私が芋焼酎二階堂のCMの如く郷愁感を覚えてしまった日野市でのモノ)

タイムスリップ

aa28fbb1.jpg2f13bc67.jpg

4ce979bb.jpgd87c53b3.jpg約3年半ぶりの私の部屋。母親は客間に布団を用意するつもりでいたのだが、敢えてこの部屋にまだ置いてある自分で使っていたベッドで寝ることにした。少し小さいし硬いけどぐっすりと寝ることが出来た。部屋のレイアウトは私が遠野に出た時のまま。入室したその瞬間、気持ちは15年前にタイムスリップしたかの感じがした。壁のポスターは当時のまま。昔のお宝グッズも当時のまま。まるであまちゃんの天野春子の部屋に入った天野秋の様な気分がした。明日には遠野に帰るのだが自分の中の一部分を残して行きたいなぁ…あと少し、親や友人達との触れ合いを大切にしなくては。あぁ、どこでもドアが欲しい。

里帰り

3852e7bb.jpg
4b93dfc5.jpg
今日から3日間、実家に行ってきます。両親も其れなりに高齢だし電話で声は聞いているけどやっぱりこの目で顔も見ておきたいし、3日間も休みをくれた此方の親に感謝です。向こうの幼馴染も手ぐすねを引いて待っているようだし、これから楽しみッす。

思い出した事

私がまだ遠野人になる前、只の旅行者だった頃、初めての岩手は花巻を皮切りに岩泉に宮古に(泊まった旅館で不思議体験をした)遠野と巡った。そしてその時の花巻で確か消防署近くの公園に何故か路面電車が展示してあるのを見つけて(はて、何で路面電車が花巻にあるのだろうか?)と感じていた事をこのDVDを見る今の今まで忘れていました。花巻温泉に行く間を路面電車で結んでいたとは何ともかっこいい事をしていたのだなぁと関心。(結局は車の発展に伴うモータリゼーションの弊害で惜しくも消え去っていったのだな)

新幹線などの最先端の車輌もいいけどアナログ感満載のこの様な車輌も何かアドレナリンの分泌を促すとはまさか私には“鉄”の才能が密かに隠されているのか?と思ってしまうくらいである。まぁ何はともあれ画像の一部をご覧下さい。
iphone画像 006iphone画像 007iphone画像 008iphone画像 009iphone画像 010iphone画像 011iphone画像 012iphone画像 014iphone画像 015iphone画像 016iphone画像 017

王手?

皆様ご存知の様に只今、日本シリーズ第6戦 巨人対楽天が行われております。元々は巨人贔屓ではあったのですが今回は東北楽天が相手。復興へのスピードが上がるかどうかが掛かった大事な対戦であり、今年は楽天を応援させてもらう事にしました。少し前に同点に追いつかれてしまってマー君ピンチだけども何とか踏ん張れ?東北に良いニュースを?では、中継に集中するので今日はこの辺で…

iPhoneから送信

昔あったズモナ

iphone画像 005コンビニでこんなDVDを見つけて即買いした。こう言う記録映像系にはめっぽう弱くて例えるなら「限定フルーツです」とかに弱い女子の如く、ついふらふらと買ってしまう。それでも見てみるとこれが結構面白い。その中で盛岡のカワトクが昔の場所(ナカサン)にあった頃に屋上に小さな遊園地が営業していてそこでのニュース映像が当時の様子が分かって実に楽しい。

その際に、一緒に画像を見ていた妻が昔の盛岡八幡宮の縁日に行った時に(昭和49年ごろ)見世物小屋があったことを思い出した。人々が楽しんでいる光景を見てそれとリンクして思い出したようだ。でも「お化け小屋・・・」とか言っていたので「もしかして見世物小屋?」と訊ねたところ「そうそう」とやっと見世物小屋までたどり着いたわけで・・・何ともおかしな夫婦の光景である。

ま、それはさておき見世物小屋と言われても私の頭の中に浮かぶのは宮沢賢治の童話に出てくる「祭りの晩」の光景か又は古今亭志ん生の落語に出てくる見世物小屋位である。「もしかして、『親の因果が子に移り』的なだみ声の客引きのオジサンが小屋の前で威勢良く叫んでいる、あんな感じの見世物小屋か?」と記憶の糸を手繰ってもらうと「おじさんは兎も角ろくろ首のおどろおどろしい看板が描かれた小屋の前を友達と『こんなの嘘よねぇ』とか言いながら通り過ぎた覚えがある。」との事。何で入らなかったかと言うと子供なモノでおこずかいが少なくて勿体無かったからだと言う。どんなものが中にいるかとても興味があるのだが、それこそ子供だましなモノが居るに違いがなかったであろう。現在のテクノロジーで精巧なお化けを作れるであろうが、あの怪しげなアナログチックな物の持つ郷愁感につい惹かれてしまうのはトショッた(歳をとった)からなのかなぁ・・・このDVD,コンビニのサンクスでのみの販売だそうです。興味のある方はお問い合わせしてみてください。このDVDネタ暫く続きます。

iphone画像 003iphone画像 004iphone画像 002iphone画像 001

クイズ

iphone画像 637朝の散歩で見かけたこの光景、さて、何が隠れているか・・・分かりますか?

季節は巡って・・・

前回の投稿から早や3カ月強。ちょっと間隔が空いてしまって反省しきり。それにしても今年の夏は半端無く暑かった。その暑さのお陰か昔の怪我の後遺症の痛みは影を潜めていた。が、10月初め頃のかなり厳しい寒暖の差の激しさが知らぬ間にダメージを与えていた様だ。

17日の朝、まあ普通の目覚め具合。起き上がってみると右足の付け根が痛い。(丁度尻タブの辺り)打ち身捻挫の類では無いようだが一応念の為に患部に冷湿布を貼っておく。その後いつもの様に“福“の散歩に出かけるも足が普通に動かせない。妙なビッコをひく感じで歩くしかなかった。その後徐々に痛みが増し始め夕方にはかなりシンドイ状態に。実はその日は先輩の還暦祝いに出席する予定だったのだが泣く泣くキャンセルする羽目に。(会場まで歩いて行く事がとても出来なかった)

その代りに整体の診療院に出かけて診て貰うと「坐骨性神経痛」と診断された。昨今の度を超えた寒暖の差が神経に障ったらしい。しかも患部は温めなければならない処を冷湿布を貼ってしまっていたので余計に病んだ様だ。自分では年齢を意識していなかったが無理をしてもいい体では無くなったみたいだ。

整体での施術と体を冷やさない様にしたお陰で2日後には痛みは治まった。これからは気をつけねば。皆さまも他人事ではなくこの季節の変わり目はお気を付け下さい。制約のある生活ほど窮屈なモノはありません。それにしても犬の世話で早朝にバイクに乗る事が殆ど出来なくなったのが痛い。この痛みには何の湿布を貼ったら良いのか誰か教えて・・・

遠距離恋愛の日?


BlogPaint
本日は日本人の知っている中で一番遠距離な恋人達に願いを込めてお祭りをする日であります。そう、言わずと知れた牽牛と織姫の二人。七夕であります。(地域によっては旧暦で行う所あり)七夕の内容については今更語らなくてもご存知と思いますので記述しませんが、彼らがどの位の距離の遠距離かと言うと約15光年。光の速度で15年掛かるって事を考えたら大抵の遠距離カップルは少しは安心できるのではないでしょうか?

さて画像は福と私の熱愛現場の盗撮写真。(撮影は妻です)本日の七夕に花を添えられるかもしれないのでアップしてみましたが今一でした・・・今宵は星が見れそうなので夜空に思いをはせて見るのも一興かと。

最後に要らない情報を一つ。牽牛と織姫は実は夫婦なんです。一緒になったら仕事をサボるので天の神様から1年に1度だけしか会えないようにされてしまったのでした。ちょっと興醒めですねん。続きを読む

行幸予定終了!

さて、7月4日から始まった天皇皇后両陛下東北被災地行幸は本日5日を以って終了しました。とは言え今日一日は一関で御召列車の新幹線に乗られるまでは被災地お見舞いは続く訳で。今朝の遠野を出発するところは一日の始まりに過ぎず沿道でお見送りをする我々に手を振られる事も大変であったかと思われました。正月に皇居で一般参賀に出向けない我々としては滅多に無い機会なので仕事に差しさわりの無い範疇で抜け出して参列に加わってしまった私って有罪?
130705026413070502651307050266

街中入りカウントダウン

天皇皇后両陛下御一行様の遠野街中入りはカウントダウンを迎えた。バイパスに向かっていた友人からは逐一情報が入ってくる。5〜6分押し位か?家の近所に来るのはもう少し先だな。空にはヘリが飛び回って物々しい雰囲気を振りまいている。交通規制もかかっているのだから車の通りも少なくいつもとは違う空気に変わっていて直接関係ない此方も緊張して来た。あ、トイレ行って来よう。

iPhoneから送信

厳戒態勢突入!

966208e8.jpg
f7c43adf.jpg
さて、天皇、皇后両陛下のお迎えを明日に控え遠野の街中は厳戒態勢に突入しつつあります。バイパスも同じ様な機動隊のバスが隊列で走行しており、その後ろを走っている大型トラックのドライバーは絶対に抜かしたい気持ちを抑えて走っているんだろうなぁと感じられます。滞りなく物事が進んでくれれば良いのですが…雨が降り始めており明日のお迎えは難儀だなぁ、お互いに。
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

時刻と天気予報
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
Profile
Recent Comments