立山山麓家族旅行村 日記。

立山山麓家族旅行村の毎日の様子をお届けいたします。

かんじきツアー開催しました!

今年は本当によく雪が降りますね!
毎日のように続く除雪作業・・・もう、うんざり。
でもせっかくですから雪を楽しみましょう!ってことで2月13日(土)にかんじき体験ツアー開催しました。
晴天の中、いろんな動物の足跡もいっぱい見ることができました。
誰も踏んでいない雪の上を歩くって最高!
残念ながら今年はこれが最後ですが、来シーズンも開催しますので皆さん是非ご参加くださいね❕
DSC05527

かんじきを履いて雪の上を歩いてみよう!

この冬は大変な積雪となりましたね。
皆さんも除雪に大わらわだったのではないでしょうか?
本当にお疲れ様でした。
でも雪が降って悪いことばかりじゃありませんよ。
せっかくですから楽しんじゃいましょう
冬の自然観察会

新年あけましておめでとうございます。

新年あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
今年は皆様にとりまして素敵な一年になりますように願っております。
新型コロナなんて吹き飛ばしちゃいましょう❕❕

さて、当旅行村は5日が仕事始めとなりまして、今年のご予約受付も開始いたしました。
施設のご利用は、ケビンが4月1から、キャンプは4月25日からとなっております。
(積雪などの状況で開始日は変動するかもしれません)
皆様のご利用を心よりお待ちしております。
DSC05432


冬将軍到来!

いよいよ雪!
今年初の積雪です。
早朝から降り出して50cmぐらい積もったでしょうか?
ウィンタースポーツファンには待ちに待った季節ですね!
DSC05343

冬期間休業のお知らせ

アッッッという間に師走です。
今年は新型コロナの影響で皆さんもご苦労されたのではないでしょうか?
私たちも四苦八苦しながらも、お客様のご協力のおかげで何とか今日まで参りました。
誠にありがとうございました。感謝!感謝!でございます。

さて、恐縮ではございますが当旅行村は11月いっぱいで今期の営業を終了します。
そして来年4月より営業を再開しますので、ご理解の程よろしくお願い致します。
来年度のご予約受付は、1月5日からとなります。
皆様からのご連絡をお待ちしております。
なお恐れ入りますが、休業期間中のお問い合わせなどのご対応は平日(9:00〜17:00)のみとなります。
ご理解とご協力の程よろしくお願い申し上げます。
冬期

落葉清掃

落葉がピークに差し掛かってきました。
どれだけ掃いてもきりがありません。
でも落葉が無くなるころには冬の到来です。
今年の雪はどれくらい降るのでしょうねぇ・・・DSC05192

紅葉と落葉の季節ですね・・・


紅葉がきれいですね!
旅行村周辺の山々はもうしばらく紅葉が楽しめそうです。
でもこの後の落葉の清掃が大変そう・・・
落ち葉が欲しい人いらっしゃいませんか?
いくらでも差し上げますよ〜
DSC05146
DSC05153

立山山麓家族旅行村の星空観察会

夏に行われた星空観察会の様子街の灯りが届かない場所なので沢山の星を見ることができます
この日も綺麗な星空に皆さん見とれておられますね.。゚+.(・∀・)゚+.゚

秋は星が綺麗に見える季節
今シーズン最後のの星空観察会を11月7日に行います♪
天文学会員による説明を聞きながら星空を眺めましょう(´∀`*)
ケビンやテントに宿泊してゆっくりもいいですね
宿泊者以外も参加OKです!
是非、立山山麓家族旅行村に遊びに来てください!

1603865255883

イベントレポート

最近行ったイベントの様子をご紹介します!
 
8月16日(

木工クラフト
を使いアクセサリーなどの小物から、ウッドデッキまで作っている米沢さんを講師にお迎えし、
オリジナルの箸を作りました!

117386619_3199800000113910_5558749101336972533_n
10種類ほどのから気に入ったものを選びます。
どれにするか迷う段階も楽しいです!

 
117444343_3199799846780592_5006258474427904850_n
樹種が決まったら、米沢さん手作りの台にセットし、
カンナを使って成型します。
単純作業ですが、参加者は小学生にして初めて使うカンナに夢中でした!
講師もびっくりの熱中ぶりです!

 
117646582_1335571339983038_4410068088257893759_o
カンナでの成型が終わったら、お父さんと一緒にヤスリで成型します。
気持ちを込めながらだんだん細かい番目にして削る時間はたまりません。

 
117769070_1335571409983031_2828432349117498472_o
117612895_3199799716780605_3464957131412858073_n
仕上げに蜜蝋ワックスを塗って、完成です!
選ぶ樹種によって木目も見事に違い、どれも味わい深い仕上がりです!
これからの食事が楽しみですね。

 
 
8月23日(
タカチ動物園
爬虫類、両生類大好きなタカチさんを講師にお迎えし、
身近な生き物を展示して、解説をしたり、触れあったりしました!
ペットショップや動物園で見る外国産の生き物もかっこいいですが、
我々の身近にもすばらしい生き物は潜んでいますよ

 
DSC05016
講師のタカチさん
シマヘビを持ってご満悦です!
ひんやりとしたウロコがシュルシュルと腕を這う感触は、
この時期にぴったりです!

 
DSC05015
普段身近にいるものの、まじまじと見る機会が少ない在来生物たちに、
参加者は興味津々!

 
DSC05018
当初いただいたご予約は1組でしたが、当日朝にケビンをチェックアウトされる方、
通りすがりの方などにもお集まりいただき、参加者は20人ほどになり盛り上がりました
 
イベント開始時は「ヘビ大っ嫌い!」と言っていたお子さんも、
イベント終了時には「かわいい〜」と撫でられるまでに!
これぞタカチマジック!?
 
今年の旅行村では、11月の今季営業終了時まで毎週楽しいイベントを開催しています
今後の予定も決まり次第、こちらのブログやフェイスブック、HPなどで公開致します。
事前に電話かメールにてご予約をいただいていますが、
参加人数に余裕がある場合には当日の飛び込みも大歓迎です!

今後のイベント予定

今後開催予定のイベントで、まだ参加予約に余裕があるものをまとめます!

 
8月16日 ()

木工クラフト体験
117152311_3354423131289682_62246917677840363_o
様々な種類の木を選びオリジナルのハシを作ります。
木目はひとつとして同じものがないので、
世界で一つだけハシができあがりますよ!

 

8月23日 ()
タカチ動物園
DSC04998
身近な生物の生体などを展示する、移動動物園がやってきます!
生体は爬虫類両生類が豊富です。苦手な方も、これを機に見方が変わる事がありますよ。

 
 
9月13日 ()
ブッシュクラフト教室
117148743_3354424367956225_5626365362553392972_o
先日の焚き火術、ロープワークに続き、今回はナイフワークを教わります。
を削ってペグを作成しながら上手なナイフの扱い方を学びましょう!

 
 
毎週
自然観察会
117123530_3354424754622853_2041617174854552762_o
担当職員と一緒に旅行村の中を散歩し、動植物を観察します。
毎回様々な生き物に出会えて、職員自身も楽しくやらせていただいてます!!
 

各イベントの詳細や予約については、
電話かメールにてお気軽にお問い合わせください!
 
TEL : 076-481-1748
mail : info@kazokumura.co.jp
※ 電話は9:00〜17:00

タカチ動物園がやってきた!

7月25日()は、身近な在来爬虫類、両生類に詳しい高知さんを講師にお迎えし、
タカチ動物園というイベントを行いました!

様々なカエルヘビなどの生体展示、
哺乳類の頭骨や毛皮の展示、
旅行村スタッフが作成した昆虫標本の展示
を行い、それぞれの生態や経験談などをお話ししました!

 
DSC04998
 
そもそも、カエルヘビはどちらかといえば嫌われる事が多い生き物で、
当日参加者の中にもヘビが苦手という方もいらっしゃいましたが、
タカチ園長と旅行村担当スタッフの経験談を交えながら生態や雑学を解説することで、興味をもっていただけました

 
DSC04999
 
DSC04993
 
ずっと解説を聞いているだけでは退屈なので、
 
DSC04995
 
アズマヒキガエルの餌やりショーや、シマヘビとの記念撮影も行いました!
 
生き物を触ったあとは手を洗う事や、正しいヘビの触り方もレクチャーしました。
 
8月にもタカチ動物園を開催する予定なので、興味をお持ちの方は電話にてお気軽にお問合せください!
日時の詳細は、決まり次第近日中に告知致します。

 

7月下旬、8月のイベント紹介

タイトルの通り、
7月下旬〜8月のイベント情報を掲載します!


159505056211701
 
毎週日曜
自然観察会
担当職員と一緒に旅行村内を散策し、その時出会える動植物を観察します。
自然相手なので、観察会の内容はその日までのお楽しみ!
旅行村には素敵な自然がたくさん見られますよ!

 
7月24日
カブトムシの育て方教室
カブトムシの飼育や産卵の方法、コツを解説し、
イベントの最後に旅行村で採れたカブトムシをプレゼント!

 
7月24日、8月15日
夏の星空観察会
天文学会から講師をお招きし、天体望遠鏡で星空を観察します。
夜の活動はなんだかワクワクしますよ!

 
7月25日
タカチ動物園
身近な生き物の生体や標本を展示し、
講師のタカチ園長に解説していただきます。
身近な自然のおもしろさに気付けるかも!

 
8月2日
ブッシュクラフト体験 ロープワーク編
ブッシュクラフトインストラクターの林さんを講師にお招きし、
ロープワークを学びながら簡単なシェルターを張ってみます。
いくつかの結び方を習得するだけで様々な場面で役立ちますよ!

 
8月16日
木工クラフト教室
木工作家の米沢さんをお招きし、オリジナルの箸を作ります。
材料によって木目が違うので、完成した箸は一点物になります!


 
 
各イベントの参加予約やお問合せは、
下記電話番号、メールでお気軽にどうぞ!
TEL:076−481−1748
mail:info@kazokumura.co.jp

ブッシュクラフト教室

7月12日()は、ブッシュクラフトインストラクター林さんを講師にお迎えし、
ブッシュクラフト教室」と題してイベントを行いました!

いまのところ、全3回を予定しており、1回目は焚火に挑戦しました!

 
ブッシュクラフト体験第1回目 焚火のやり方 (10)
 
外で焚火をするにはあいにくの天気だったので、広いBBQテントの下で行いました。
最初に杉の葉鉛筆の芯ほどの太さの枝鉛筆ほどの枝人参ほどの枝・・・と焚き付けを分類し、

 
ブッシュクラフト体験第1回目 焚火のやり方 (12)
 
それらを火が付きやすい順番でハの字に組み・・・
 
106707106_308757793867226_2535874818841621511_n
 
ファイヤースターターでコットンや麻紐、ファットウッドなどの火口に着火して、
 
ブッシュクラフト体験第1回目 焚火のやり方 (14)
 
火口を焚き付けの中に入れて着火です!
枝選び枝組み着火のステップを自分で苦労して行って、火がついた時の感動はなかなかのものです!

そして・・・

 
ブッシュクラフト体験第1回目 焚火のやり方 (17)
 
ブッシュクラフト体験第1回目 焚火のやり方 (29)
 
せっかく火を起こしたので、村内に自生しているクロモジの枝でクロモジ茶を沸かしました!
枝は緑色なのに、なぜかできるお茶は薄紫色で、爽やかな風味がして美味しかったです!

 
ブッシュクラフト体験第1回目 焚火のやり方 (6)
 
続く2回目はロープワークを学んでシェルター張り、
3回目はナイフワークを学んでペグ作りを行う予定です!
 
ロープナイフを操れればサバイバルの基礎をマスターできます!
2回目以降の予定は、決まり次第告知致しますので、是非ご参加ください!

最近の生き物事情

最近、旅行村ではヤマザクラの実がたくさん実り、
ヒヨドリが一日中飛び回りながら、一生懸命食べています。

 
P5282741
 
P5282735
ヒヨドリ
赤いさくらんぼに、赤い頬がよく映えますね!
 
P5282597
 
P5282598
 
P5282865
少しをつついたら次の木に飛び移る…を繰り返しています。
せっかく食べても動いたらエネルギーを消費するので、一通り食べ終わるまでは大人しくしててもいいのに…と思います。

 
にはヒヨドリやイカルなどの鳥類が、
花には昆虫がよく見られます。

 
P5272563
 
P5272562
コアオハナムグリ
体中が黄色い花粉だらけです。
ミズキの花にいる個体は白い花粉をつけています。
こうして花粉を食べながら花を移りわたることで、花粉が媒介されます。

 
P5272543
ビロウドコガネ属の一種
昆虫の世界では、食事中のメスオスがとびついて交尾することがよくあります。
オスがエサを捕まえてきてメスにプレゼントし、食べている最中に済ませるものもいます。

 
P5272539
 
P5272540
ハナアブ科の一種
 
P5272482
 
P5272496
 
P5272492
コシアキツマグロキンバエ
複眼の模様と黄色い腹がすばらしいです!
 
P5272505
キンバエ
 
そして、花粉を食べる昆虫がいると、その昆虫を食べる昆虫もいます。
 
P5272551
オオカマキリの幼虫
ハルジオンの花で獲物を待ち伏せしています。
足元の世界でも花→草食昆虫→肉食昆虫
という食物連鎖の仕組みを観察できますよ!!

 
P5272525
 
P5272565
倒木をめくると、アリの巣の中にコヤマトヒゲブトアリヅカムシも発見!
甲虫とは思えないフォルムと、キラッと輝く飴色がたまりません。

 
鳥や昆虫以外にも、ニホンカモシカニホンアナグマなどの哺乳類、
ニホンアマガエルモリアオガエルなどの両生類、
シマヘビアオダイショウなどの爬虫類も活動を始めています。

 

営業を再開いたします

5月20日(水)より、営業を再開いたします。

【重要】新型コロナウィルス感染症への対策について

 新型コロナウィルス感染症にかかる「富山県の活動再開の基本方針」において、都道府県をまたいだ不要不急の移動の自粛をお願いしていることから、県外からの利用につきましては、当面の間、ご遠慮いただいております。

 また、発熱や風邪の症状がある場合は、ご利用をお控えください。
ご利用の際には、手洗い・手指消毒、マスク着用など咳エチケットの徹底、身体的距離の確保(人と人との間隔は、マスクを着用しない場合はできるだけ2m(最低1m))空ける、「3密」の回避にご留意いただきますようお願いします。

多くの皆様に安心してご利用いただくため、お客様におかれましては、何卒ご理解とご協力をお願い申し上げます。

只今、お問い合わせは電話のみで受付しております。
電話番号 076−481−1748
受付時間 9:00〜17:00

臨時休館期間延長のお知らせ

平素より富山県立山山麓家族旅行村をご利用いただきましてありがとうございます。

このたびの新型コロナウイルスの感染予防及び拡散防止のため、臨時休館期間を延長させていただくこととなりました。

ご予約いただいたお客様にはご迷惑お掛けいたしますが、何卒ご理解、ご協力を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

臨時休館期間延長のお知らせ
2020年5月7日(木)〜5月31日(月)

状況により変更になる場合がございます。

最近、旅行村周辺で見られた鳥まとめ

夏場昆虫植物の紹介が多かったですが、
はそれらはシーズンオフになるので、最近はをよく観察しています。
今回はの旅行村周辺で見られたを紹介します!


キツツキ目 キツツキ科
アオゲラ (2)
アオゲラ

コゲラ (8)
コゲラ

アカゲラ(まだ撮影できていません。)
 
 
タカ目 タカ科
トビ (9)
トビ
 
 
ハト目 ハト科
キジバト
キジバト
 
 
ペリカン目 サギ科
P3017179
アオサギ
 
 
スズメ目 アトリ科
P2296964
カワラヒワ
 
マヒワ
マヒワ
 
 
スズメ目 エナガ科
P3027613
エナガ
 
 
スズメ目 ゴジュウカラ科
P2296973
ゴジュウカラ
 
 
スズメ目 シジュウカラ科
シジュウカラ (2)
シジュウカラ
 
ヒガラ (8)
ヒガラ
 
コガラ (1)
コガラ
 
ヤマガラ (6)
ヤマガラ
 
 
スズメ目 セキレイ科
セグロセキレイ (4)
セグロセキレイ
 
ハクセキレイ
ハクセキレイ
 
 
スズメ目 ヒタキ科
ツグミ (1)
ツグミ
 
 
スズメ目 ヒヨドリ科
ヒヨドリ (2)
ヒヨドリ
 
 
スズメ目 ホオジロ科
P3077980
ホオジロ
 
カシラダカ (3)
カシラダカ
 
 
スズメ目 カラス科
カケス (1)
カケス
 
P3027337
ハシボソガラス
 
ハシブトガラス
ハシブトガラス
 
 
今回ご紹介したのはほんの一部です。
鳥は留鳥、旅鳥、夏鳥冬鳥、迷鳥とシーズンオフが無く、
1年を通して様々な種類が見られます。
こんな鳥をみた!」という情報をお持ちの方は、ぜひ教えてください!

アニマルトラッキング

昨日(15日)は朝から夕方まで少しが降り、
村内はうっすらと白くなりました。

日中積雪があり、夜間〜朝方は雪や雨が降らなかった場合、
夜間に歩き回った動物の足跡が綺麗な状態で翌朝まで残るので、
アニマルトラッキングをするには良い条件です。
(足跡などの動物の痕跡をたどること)
 
今日はいつもに比べて足跡がたくさん見られたので、ご紹介します。

 
ウサギ (1)
 
ウサギ (2)
ニホンノウサギ  ← 進行方向
冬季に村内で最もよく見られる足跡です。
チョン、チョン、パの歩行パターンで進行方向も主も分かりやすいです。

 
 
カモシカ (1)
 
カモシカ (3)
← 進行方向
 
カモシカ (2)
ニホンカモシカ
冬季に村内で活動する唯一の大型哺乳類です。
ウサギタヌキなどのかわいい足跡のなかに、
大きなヒヅメの跡がつくのでよく目立ちます。

 
 
ネズミ
← 進行方向
 
ネズミ (2)
 
ネズミ (3)
アカネズミ
この写真で見ると、足跡の配置はウサギに似るように見えますが、
横に添えたスケールに注目してみると、大きさの違いがよく分かります。
また、指の様子なども分かりやすいです。

 
 
リス
ニホンリス
雪が深かったり、時間がたったりすると、
前後がつながってチョウチョ型になります。
これは雪が浅く、新しいものなので指の跡もはっきり残っています。

 
 
キツネ (1)
← 進行方向
 
キツネ (2)
ホンドギツネ(?)
一般的にキツネの足跡はきれいな一直線になりますが、
キツネに限らず、歩き方によっては典型の歩行パターンと異なることがあるため、
判断が難しいこともあります。

 
 
テン (1)
← 進行方向
 
テン (2)
ホンドテン
テン歩行パターンが数種類あり、ウサギ型など紛らわしいものもあります。
このような4つずつまとまっているように見えるのは、チーター型と呼ぶようです。

 
 
イタチ (1)
← 進行方向
 
イタチ (2)
ニホンイタチ(?)
ちょうど坂を上る形でついていた足跡なので、
他の動物の典型外のものかもしれませんが、
手元の本で調べるかぎりはイタチのように見えます。

 
 
P1160518
タヌキ、キツネ、ウサギ、カモシカなどの足跡が縦横無尽に走っています。
昼間はなかなか姿が見られない哺乳類たちも、夜間は活発に活動しており、
人がいない時は、林内よりも障害物が少なく平らで歩きやすい道路を利用することもあります。

 
アニマルトラッキングをする意味は、たとえばカモシカなら、
PB030160
実際の個体の写真
 
ニホンカモシカ (6)
ヨモギをかじった跡
 
カモシカ (2)
今日見られた足跡
というように、他の要素と組み合わせることで、
その動物の生活サイクルや生態、その土地の動物相などが読み取れる
ことです。
 
一年を通して常にカメラを携帯しながらよく観察し、
足跡や食痕、フン、巣穴などの様々なフィールドサインを総合して
考えることが重要です。

 
ニホンザル (2)
ニホンザル (4)
ニホンザル
ニホンザル
 
ニホンリス (6)
ニホンリス (7)
ニホンリス
ニホンリス
 
足跡を写真で記録するコツは、
 
全体像(歩行パターン)
拡大像(フットプリント)
スケールを添えて
進行方向が分かるように
 
です。皆さんも是非、挑戦してみてください!

明けましておめでとうございます。

新年、明けましておめでとうございます。
本年も立山山麓家族旅行村をよろしくお願い致します。


P1060474
 
P1060477
 
今年の冬は本当に雪が少なく、暖かい日もあったため、
村内ではふきのとうや、オニグルミの新芽が出てきていました。
に見るふきのとうは嬉しいですが、この時期に見られるということは、
地球の異常を突き付けられているようで、喜べません。

動物の足跡は今年も見られたため、いくつかご紹介します。

 縦向きの画像を掲載すると、スマートフォン等で
  表示が乱れてしまうようです。
  PCでは正常に表示されます。ご了承ください。

 
ホンドテン (2)
 
ホンドテン (1)



















ホンドテン
 
 
ニホンリス (10)
 
ニホンリス (7)
 
ニホンリス (6)
ニホンリス
蝶々型になるのが特徴です。
2枚目の足跡は新しいもののようで、小さい指の跡が残っていてかわいいですね!

 
 
ニホンザル (3)
 
ニホンザル (4)



















ニホンザル
後ろ足はヒトの手のような形をしているので、分かりやすいです。
この足で樹の幹や枝を掴めるおかげで、樹上でもスイスイ動けるんですね!


 
ニホンノウサギ (7)
 
ニホンノウサギ (2)











































ニホンノウサギ
チョン、チョン、パ と表現されます。
チョン、チョンが前足で、パが後ろ足です。
指やツメの跡も残っています。

 
 
PC130421
 
PC130422



















ホンドタヌキ(?)
不鮮明なので分かりにくいですが、歩行パターンから推測しました。
 
 
PC130444
 
PC130445



















ニホンカモシカ or ニホンイノシシ
(ひづめ)の後ろにつく、1対の小さな指の跡は副蹄(ふくてい)と呼ばれます。
ニホンイノシシのほうが副蹄が発達しているので、雪や泥が浅いところに副蹄の跡まではっきり残っていればイノシシですが、
副蹄が上のほうについているニホンカモシカでも、深い雪や歩き方によっては副蹄の跡が残るので、新しい足跡を見ないと断定は難しいですが、雰囲気的にカモシカです。
 
最近は異常気象が多く、平均気温が高いため四季の区切りが曖昧になりつつあると感じます。
今年は自然に触れあいながら、地球環境についてよく考える一年にしたいものです。

うっすら積もりました!

最近、粟巣野周辺では最高気温が10℃以下になることもあり、
夜間〜朝方は氷点下になる日も増えてきました。

少し前からが降りていたので、が降る日も近いかと思っていましたが、
昨日(28日)の夕方からちらちらと降り始め、今日の朝はうっすら積もっていました!


PB290168
オートキャンプ場 Aサイト
 
PB290172
オートキャンプ場 Dサイト
 
PB290171
オートキャンプ場前 道路沿い
 
PB290176
森の広場
 
PB290178
クリの落ち葉のコラボレーション
 
そして、晩秋キノコがよく見られる時期でもあります。
村内でもたくさんの種類のキノコが見られます。
今日は面白いもの見つけたので、ご紹介します。

 
PB293199
 
PB293205
 
PB293202
ツチグリ
一見、キノコとは思えない特徴的な見た目をしています。
外皮には亀の甲羅のような模様があり、丸い袋の中に胞子が詰まっています。
この形になる前の幼菌は食べられるようです。
頭にを乗せていてかわいいですね!

 
PB293214
をアップで撮影してみました。
 
旅行村の今年度の営業は明日(30日)で最終日となります。
ご利用いただいた皆様、ありがとうございました。

の間は雪上に残された色々な動物の足跡が見られるので、
閉村中も面白いものを見つけたらこのブログでご紹介します。
 
来年度に向けてのイベント展示などの取り組みについても積極的に検討していきますので、
来年4月からも是非ご利用ください!

本日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール

tateyamasanroku

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ