アクセス数:395099
5ヵ所計:3009892


中国軍による日本・韓国・台湾の軍事占領と併合の侵略計画実施の時期
2013.12.17
  前の記事で伝えた、中共12中全会が2013.2.28に多数決で決定した中国軍による日本・韓国・台湾の軍事占領と併合の戦略計画実施の時期は、2014年初頭の予定であった。
  だがその後、宇宙情報によれば、12中全会でのこの件での討議で「侵略だ!」と反対した数十人の中共中央委員会反対派から情報が国際的に漏れた。また当方のブログ(日本語版・英語版・露語版)で国内外に暴露されたこともあり、日本では安倍政権による治安維持法の現代版と言われている対中戦争準備の「特定秘密保護法」の強行可決・公布・施行が起り、米国では中国金融支配者ロスチャイルドの手下たる米独裁支配者ロックフェラーの指図で傀儡オバマの新日中戦争不介入・中立路線が発覚して隠然と広まっていること、安倍政権が対中戦争指導部としてJNSCを設置し、対中戦争準備の「国家安全保障戦略」と所謂「防衛計画の大綱」、その具体化の「中期防」と、釣魚(尖閣)作戦用の「水陸機動団」創設を12.17に決定した。
  宇宙情報によれば、中国国内での反対派の隠然たる動きと、日本側が一連の措置で対中戦争準備を始めたこととの関連で、中国指導部は対日・韓侵略戦争計画の実施時期をこのほど2014年3月初旬に先送りした。
  これとの関連で、釣魚諸島(日本名尖閣諸島)への中国軍の上陸作戦の実施は、2013.12.18に予定されていたが、2014年1月に先送りされた。
  この情報を国連総会へ暴露し、世界的に広めて、中華帝国主義の侵略戦争計画の実施を中止に追い込む必要がある。
[新情報] 当方のブログへ中国軍諜報部隊からハッカー攻撃があった。それは創造主らへの敵対行動になった。所謂因果応報を推して知るべし:http://gold.ap.teacup.com/tatsmaki/100.html  (ここのトップ記事) 
[新重要情報]
2013.12.18
  創造主らの無数宇宙ブロックス管理界への敵対行動を敢行した中国軍諜報部隊ハッカー隊は、創造主らにより制裁されて消滅せしめられた。今後も同様な敵対行動は阻止される。 中國人らも日本人らも、創造主らに関してよく認識すべきである。
[新情報]
2013.12.26
安倍ネオナチ首相が12.26に、A級戦犯が合祀されていると称されている靖国神社を公式参拝した。これは対中戦争準備の一環であって、自衛隊の若者らに戦死を求める政治的パフォーマンス=芝居で、同時に、上記の情勢下での中国指導部と中国軍に対する新たな挑戦的挑発になった。


安倍自公政権の特定秘密保護法案強行可決は
対中戦争準備の一環

2013.12.7
  中國共産党(中共)の2013.2.26〜28の12中全会(第12回中央委員会総会)は2.28に、以前に書いたように宇宙情報によれば、日清戦争で台湾、澎湖諸島と共に明治軍国主義日本に奪取されて未解決の釣魚諸島(日本名尖閣諸島)奪還を目指す上陸作戦計画を、中国軍指導部が提出した戦略計画草案に基づいて決定した。日本政府が釣魚諸島の国有化措置をとったあと「尖閣諸島は日本固有の領土である」と繰り返し内外に宣言した帝国主義的敵対が挑発になって、中國指導部の感情を逆撫でした。
  12中全会では同時に、台湾と共に韓国、日本の占領と併合の戦略計画を多数決で決定した。台湾併合では異論がなかったが、日本、韓国の占領・併合に関しては数十人が「侵略だ!」と叫んで反対した。だが、多数決で抑え込んだ。
  その後、12中全会での新中日戦争反対の良識派から情報が漏れて、入手した安倍政権-2は、宇宙情報によれば、この情報に驚き、極秘に戦争準備を決めた。軍国主義日本が清国から奪取した台湾、澎湖諸島と同様に、釣魚諸島を遅まきながら中國へ返還する路線変更を行って公表すれば、中国軍の日本占領・併合計画を変えさせる可能性も生まれたかもしれないが、ネオナチの安倍一派はそうしなかった。
  2010年の対日戦争勝利65周年中露共同宣言では、日清戦争での日本による釣魚諸島奪取の事実と中国への返還要求が表明された。中・露と共に第2次大戦戦勝国たる米国のオバマ政権は、釣魚諸島の領有権問題に関して中立を表明し、中国帰属を間接的に認めている。従って、近く切迫した中国軍の釣魚諸島上陸作戦実施に際しては、中國の金融支配者ロスチャイルドの指図で手下の米国独裁支配者ロックフェラーが不介入・中立を決めて、オバマに命じている。中国軍の釣魚諸島上陸作戦実施で米日安保体制は崩壊する。
  特定秘密保護法案の強行可決は、安倍政権と与党自・公の硬直した隠然たる戦争準備計画の一環である。首相官邸前のデモ参加者らが「秘密保護法は戦争準備の新治安維持法だ」と叫んでいるのは正しい。しかし今からでも、釣魚諸島の対中返還意思を公然と表明すれば、日本侵略・併合の新たな中華帝国主義路線を遠退かせうる可能性は開けるだろう。これらは万事、秘密で行わないで、国連の安保理と総会へ通報して世界的な公開で世界世論の支持を獲得しながら行い、中國による日本侵略・併合計画の実施を止めさせる必要がある。
  この記事を日本中に知らせよ。
[重要追加情報]
2013.12.8
   宇宙情報によれば、中國軍は日本占領・併合戦略計画の一環として、日本の太平洋岸の原発―女川原発、福島2原発、浜岡原発のミサイル攻撃による爆破を計画している。これは、放射線による日本壊滅を来たす。また、地球全体の放射線による壊滅を来たす。それは地球の歴史上最大の犯罪になる。それゆえ、創造主らの無数宇宙ブロックス管理界はそうした悪事を阻止する措置をとったと、知らせがあった。
   しかし、日本の前記3原発の爆破は先ず放射線による日本の壊滅的破壊を来たすから、日本占領・併合は不可能になる。こうした矛盾した計画は下劣かつ邪悪の極みで、誰しも理解し難く信じ難い。ところが、それは創造主らの無数宇宙ブロックス管理界の上級管理界にいるサタン類似存在による中國指導部へのマインド・コントロールの結果であると分かった。それは阻止される予定であるが、これまでの経過からして、なお不確定要因になっている。それは、一種のダモクレスの剣(髪の毛一本で吊るした剣の致命的な危険状況)になっている。
[新情報] 中国軍諜報部隊から当方のブログへハッカー攻撃があった:http://gold.ap.teacup.com/tatsmaki/100.html  

北極の南下による寒波襲来
2013.12.12
  北極が2013.11.12〜12.11の間に約150卞邁爾靴拭
  現在の寒波襲来はその結果である。
  そこで、当方からの要請を承認して、創造主らの無数宇宙ブロックス管理界は北極を元の位置に戻す措置をとった。この措置は実現した。寒波による現在の特異な寒さは、数日で解消する見込みである。
  しかし今後もこうしたプロセスは繰り返されるだろう。


北朝鮮指導部変動の評価
2013.12.4
   北朝鮮では、金正恩第1書記の叔父で後見者の張成沢(チャン・ソンテク)国防委員会副委員長が、側近2名の汚職事件による銃殺刑のあと失脚した。
  チャン・ソンテクは中國流の資本主義化路線の推進論者で、金正恩による金日成と金正日以来の伝統的保守主義路線の一部資本主義的修正、経済特区運営、軽工業、農業の優先的発展路線との対立が潜在的に深まっていた。
  チャン・ソンテクの側近2名が汚職事件で銃殺されたことは、軍部を中心とした保守派の攻勢の結果で、それがチャン・ソンテク自身の失脚をもたらしたことは、中國との最近の軋轢激化の情勢下での保守派の反撃の勝利になった。これで、北朝鮮と中国の関係も悪化へ向かう可能性がある。
  しかし元々金日成路線は、古来の地球侵略支配者・トカゲ座の類人トカゲ(4次元の全身鱗に覆われた爬虫類型ヒューマノイド)のShapeshifters=変身体から成るイルミナティの支配延命である金権支配体制温存のレーニン・スターリン主義路線による国家資本主義的なソ連型ニセ社会主義路線である。
  金日成と金正日、金正恩は、宇宙情報によれば、レーニン、スターリン、歴代中國指導者らや現習近平中共総書記・国家主席と同様に、またG20リーダーらや米・英、中、露、日、独、仏、伊、スペ、豪、加、その他の各国支配層、各国各界の支配勢力と同様に、トカゲ座類人トカゲの変身体である。
☆ 万事無償奉仕社会に移れとの 創造主らの天命を知れ
☆ 近づきしブラックホールガス雲が近く地球を消滅させる

[新情報]
2013.12.13
  金正恩政権は、チャン・ソンテクをあらゆる役職から解任したあと、軍事裁判で彼を死刑判決に処したあと、直ちに刑を執行した。
  これは、チャン・ソンテクの中國流「改革・開放」路線=資本主義化反革命路線の支持者らの広い裾野に対する路線闘争の弾圧方針の予告になった。今後も路線闘争と弾圧が続くだろう。