オザワ商店RIDeR'S BLOG

オザワ商店のRIDER'S BLOG 色々なネタを適当に・・・参加者は・・・これから増える予定w

八甲田パークLOCO JAM2017!!!

image
LOCO JAM当日。昨夜の雪が朝方には雨に変わっていた。
重い雲がかかりロープウェイ山頂駅が見えない…かと思いきや
急に雲が抜けると言う目まぐるしく変わる天候に翻弄されますw

image
せっかくなんでイベント開催前に1本行っときますかの流れでロープウェイ乗車。

image
期待を裏切らない八甲田。スッカリ雲が抜け北海道まで望める視界が広がります。
今年は当てまくりですな〜!
(初八甲田のナンジョーさん大興奮で写真撮りまくりですw)

image
今日はドロップポイントもバッチリクリアです。

image
皆んなツアールート行っちゃうからでしょうか?
コース内がノートラックでございます…

そんでは一番手滑走からのカメラスタンバイ。
昨夜の雪がこれまた素晴らしい!!!
image
ケースケ&サトちゃん親子滑走。

image
続いて店主オザワ。気持ち良く下ろしてきたが
俺のラインに引っ掛かりそのままビックエアー!(もちろん爆死)

image
ホトケの無事を確認し、続いてナンジョーさん「最高!」連発です。

image
カミさん。

image
ガンちゃん。ハイビスカス柄のウェアが映えますなw

image

image
フォレストまで真っ白な雪が続きツアー史上最高の滑走感でした!



image
さて、ここからLOCO JAMセッション合流します。
コース上部からバンクド跡地→キッカー→スパインorフラットダウン
BOX、塩ビ管orダウンレール
→Rラインのレイアウト。
image

image

image

image
パークプロデューサー保坂亮馬くんRラインでの淀みのない滑り。
流石としか言いようがありません。



ちなみに…皆んなのパークライド画像はございません。
何故なら俺がガチで楽しみ過ぎたのでwww
(さ〜せん!)


image
そんなこんなで内容濃い目で大充実の2日間でした。
参加の皆さんお疲れ様でした!

image
ラスト画像はLOCO JAMさんから拝借。
盛岡のショップ「パワーハウス」さんのバナーを持つオザワ商店店主
に笑いをこらえる残念次郎www
今回ツアー参加出来なかった皆様、来年こそは行きましょ〜。
絶対楽しいから!!!

では、また。

八甲田ナイト。

image
さて、LOCO JAMの楽しみのひとつ
ヒュッテでの関係者さん達の前夜祭。
数年前からどういう訳かオザワ商店も混ぜてもらっているのですがw
今回は八甲田パークがサポートしている浅沼妃莉ちゃんと中村優花ちゃん
見事プロ昇格となり祝勝会も合わせての開催となりました。
ヒナリちゃんなんてYuiキャン来てくれてた頃小学生だったのに
今や世界で戦うプロスノーボーダーですからね〜!嬉しいよホント。

image
 焼き鳥屋Ozawaも開店しサプライズでナンジョーさん登場で
始まってるよwww(この下りはクエストローカルしかわからない)

image
 山岳のスペシャリストにもなると等高線が3Dで見えてくるらしい…
「にわか」な我々ツアメン一同、マーボくんから一喝されます。
「八甲田舐めんな!!!」(さ〜せんwww)

image
最前線で活躍している人達の話はどれもエネルギッシュで引き込まれます。
新たに知識を得たり交流が出来たり。
やっぱり旅って楽しいね〜。

工藤社長、マーボくん始め関係者皆様
美味しいお酒と笑いの時間をありがとうございました。
ちなみにこの日の夜は雪でしたwww


続く…。

オザワ商店 八甲田×LOCO JAM参戦ツアー!!!

image
今年もやってきました八甲田LOCO JAM参戦ツアー。

image
何とスキー場近辺は雪降ってました。城ヶ倉ゲート付近は
一部シャーベットでノーマルタイヤ組はヒヤヒヤでしたねw 

image
到着後、早速ロープウェイで1本やりましょうとなり
オザワツアー定番の変形フォレスト。

ガスガスでドロップポイントもGPSでチェックしながらでしたが…
 image
高度落とすと直ぐに視界良好で
ま〜、4月後半とは思えない素晴らしい滑走感!

image
オザワtoフェイキー橋も無事クリアしw

image
ツアー初日充実の内容となりました。

image
今回のツアメン、ケースケ(小4)大人に混じって良く頑張りました!

続く…。

マックツイストへの道。

東北某所…

image
 今年は雪も豊富な為、地形を求め「Rマニアの会」久々復活。


image
先日イベントでコーチングお手伝いした時の事なんですがね。
若手にマックツイスト教える時、実際にやって見せていたのですが
何か視界に違和感があるな〜、と思って自分の画像見たら
アッパー軸になっているやん?!
言ってる事とやってる事違うやん?!

※マックツイストとは…
オールドスノーボーダーなら当時誰もが憧れた花形トリック。
スケーターのマイクマックギルが編み出した
バーチカルでのインバーテッドエアー。
スノーボードでは神様テリエハーコンセンが有名ですが
トッドリチャーズスタイルからその後キアディロンの様な横軸の強い
アッパーデッキに派生していくのですが…
image
最近ではダブルやら何やらの時代ですが個人的にはやはり
バーチカルに真っ直ぐ進入しフワッと頭が入る
シンプルかつダイナミックなマックツイストが好き。
(画像はUSオープンでダニーデービス)

話は逸れたが、歳はとってもそんなマックをやりたい!www
(ダニーの高さは死ぬ気でやっても出せないけど)

と、言う訳で…

image
ガンダムとジョジョとマックを語らせたら右に出る者はいない
同級生のしょーじ君をアドバイザーに迎え特訓開始w

image
まずはライン取り。
あ〜、完全に斜め進入です。
恐怖心で腰の位置も低く頭を入れるのが早過ぎです。

image
マックは腰高、テイクオフでテール側に頭を落とし込む。が基本。

image
経験上マック軸になっていれば一瞬視界がブラインドになり
次の瞬間脇越しに空が見えるはずなんだが…
肩越しにランディング見えっぱなしなので、まだまだアッパー軸なのだろう。

image
何度やってもイメージが身体の細胞に伝わらない…
「昔は出来た」なんて言い訳はしたくない。
マックに憧れ始めたスノーボード。
出来なくなったらその時が引退と昔から心に決めている。

image
しょーじ君の進入ラインお手本。流石です。

image
昔からボトムに帰って来ないスタイルも流石ですwww


image
かくして
我々おっさん2人一体何処へ向かうのだろう?と心の葛藤を抱えながら
半日も過ぎると雪が死亡し大した見せ場もないまま特訓終了となりましたw


引退ですwww


最後は2人のフェイバリットトリックで。

image
ファストプラント次郎

image
BSインバートしょーじ

この時季になると山岳部至る所でこう言う光景が見れたんですがね20年前は…

ある意味ブレてないw

しょーじ君今回は遠いところありがとうございました。
こんなに縦回転ばっかやったのいつ振りか記憶にないですw


image
さて、里は桜も散り新緑の季節を迎えようとしております。
移りゆく時代の中、変わるもの変わらぬもの…
色々と考えさせられました。


20年後も我々こんな事してるんでしょうかね?www


追伸
image
アメリカ時間の4月19日
癌闘病の末47歳で他界したノアサラスネック氏
御冥福をお祈りします。
このタイミングでこの出来事はショッキングでした…



では、また。

桜満開!!!

さて、SUPクルージング日和になりました。

実家前からドボン。
image
今回はstarboardと言うSUPメーカーのライダーいっとくさんをゲストに迎え
白石川のスポット巡り。

image
正しいパドルの使い方からライダーならではの目からウロコな知識を
色々と伝授して頂きました。

image
途中花見会場に上陸しウェット姿でウロウロwww

image

image
いっとくさんありがとうございました!

image
からの夜はリバーサイドパークの面々で飲み。
ダテさん面白いw

image
その後パークを見下ろせる場所にあるロートレックの美味いウイスキーで
1日を締めくくりました。良い季節になって来ましたね。

では、また。

SPS Day2からの・・・

庄内出身X-TRAIL JAM IN 東京ドーム出場や
ノルウェーでのアークティックチャレンジ招待経験もある
百瀬康昭が中心となり地元の山を盛り上げようと
昨年から始まったSPS。
本祭りとも言えるDay2ですが
今回はその舞台裏に迫ってみました。
image
全国からトッププロと言われるメンツも集結しライダーズミーティング。
ゲストライダー達にカードが配られ、参加者の中で目を引く滑りをした人に次々
渡していき最終的にカードの枚数が多かった人が表彰されるというもの。
この辺の進行は全部ヤスの頭の中だけで回っている為、
軽くミステリーツアーに参加した気分ですwww

image
それではお客さんも集まり出した様なので準備開始!
(画像は人生初のモービルアップでテンションぶち上がる太郎くん)

image
そんな太郎くんMC担当しますがスノーボーダーではない為w
ライダーさんの情報やらスノー専門用語をスマホを駆使して収集します。
(さすが!仕事が出来る水道屋さんは違う)

image
メインMCの上田豪くん登場!
奥只見のイベント「フュージョンガーデン」に参加しており朝一番で
280km離れた湯殿山へ駆けつける(睡眠時間1時間って言ってましたw)
いや~、13mindボス熱い!!!

image
ヤスやボルコム仙台の降旗由紀ちゃんも時折MCに加わったりして
笑いあり、お色気ありで会場を盛り上げます。


当日は結構肌寒く気仙沼のバリスタMasakixさん持参のコーヒーが
振舞われました。
image
凄く美味しいコーヒーだったのでカード1枚!www
(このコーヒーで寒さから救われた方多かったと思います)

image
鶴岡スラックラインの皆様。子供達に大人気でした。

はい、俺もカメラ回しながらカード配り。
image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image
スタイリッシュに攻める人、奇想天外なトリックを仕掛ける人。
まさに個性と個性のぶつかり合いw

マッサ、タンさん、フーミン、ヨシタケ先生など仙南組も来てくれて嬉しかった~!
(画像なくてすんません)
もっともっと撮りたかったのですが・・・
昼も過ぎると天候悪化しガスで視界不良となり苦渋の決断「中止」となる。

表彰式が早まりレストハウスに集合すると
まさかの賞品は腕っぷしで決める?!とばかりにアームレスリング勃発www

image
マッサ頑張れ~!

image
会場を一瞬で飲み込む上田劇場恐るべしwww

image
ガイおめでと!

image
ダントツなカード枚数を獲得したスタイルキングのマルくん(Maruyama Film)
にはFLOWから板が贈呈されました。おめでとうございます!!!

普通の表彰式では終わらないのがSPSwww

image
最後の集合写真では晴れてくると言うね・・・

さて、俺の個人的な思いは全くもってその通りの残念ブログで既に
綴られておりますので語りませんよ。
あんな凄いメンツの中で微力ながらもイベントに携わる事が出来て誇りに思います。
来年はさらにより良いものになる事でしょう!

そして、この時季数あるイベントの中から湯殿山SPSを選んで
お越し下さいました皆さまに心より感謝申し上げます。



ここからSPS番外編。
image

image

image

image

image
湯殿山スキー場から車で約20分の「フールsk8」さんで
ヨースケくん(鶴岡初のプロ)、残念太郎a.k.aヨシノリ、そして上田豪くんの
滑りを堪能しその後、太郎くんと寒河江インターで上田豪くん見送りますが

dboy
ボロボロになりながらも任務完遂し帰還する姿はさながらデルタ隊員の様でしたwww
いや~、プロフェッショナルとはこの事なんですな。


では、また。

湯殿山SPS!!!

image
開花宣言出され我が町もザワザワしてきましたねw

そんな先週末、クローズした湯殿山スキー場に特設コースを作り行われるイベント
SPSスプリングパークセッションへ
カミさんとMCで呼ばれた久々登場の残念太郎くんと行って来ました。

image
「積んでる荷物が使う事の無いゴミばかり」と太郎&カミさんに
道中ディスられながら会場到着。
(そんなゴミ車にアンタら乗って来たんだよw)

とりあえずMCとスケートデモの出番は夜までないとの事で太郎くんは
鶴岡スケーターのヨースケくんと鶴岡観光へ。
カミさんは「ハイクしてまで滑んなくていい!」とこれまた鶴岡へ髪切りにw
残念次郎ポイっと置き去りにされると言う・・・

そんではKidsセッションも始まってるのでコーチっぽい事しましょうねか?
一応ゲストライダーだしwと特設会場入り・・・


image

image

image
何故かおっきい子供達に縦回転を教える流れに?!
小国のマツダ兄弟、ナベプロ、宮城の若手ガイ、矢島ディガーのオータくん等々・・・
凄いメンツが目をキラキラさせながらチャージする姿が印象的でしたwww
みんな好きだねぇ。

image
そんなこんなでセッション終了後チョロッと整備のお手伝い。
昔取った杵柄じゃないけどスコップで雪チョシテル時、幸せ感じるなぁ。
(まぁ大した事やってないけど)

さて、お迎えも来たので鶴岡Baseへ移動し
カミさんの父ちゃんと晩酌開始してたら
太郎くん、ヨースケくんも御招待され何故か実家で皆盛り上がる始末www

酔いも回り始めカミさん&母さんの目がそろそろ笑わなくなって来たところで
カミさんの母送迎で湯殿山ナイトイベントへほろ酔い加減で(俺は既に泥酔)
移動。


ここからヨースケくん&太郎くんの出番です!
image

image
と思いきやデモ開始から2分で止められたそうですw

スキー場側の諸事情によるものらしいですが・・・
(昨年経営側からクレーム入ったそうです)
この辺は主催側内でのホウレンソウで防げたのでは?
俺も事を荒立てる気はさらさらないのですがデモで呼ばれた2人が可哀想過ぎます。
この辺は来年への課題ですね~。

image
おっと、話は逸れましたが。そんな舞台裏を垣間見つつも
遠方から来た方、地元の方と酒酌み交わし楽しい時間を過ごせたので
結果オーライでございます!
そんな感じでカオスな鶴岡ナイト。Day1終了!!!

しかし太郎&次郎が揃うと残念安定度ハンパないwww


Day2へ続く・・・。

月の山へ。

久々の夜勤ウィーク突入です。
そんな訳で鶴岡Base泊から宮城に戻る途中
スキー場開き前の月山やるべかと作戦を練る。
ちょうど月曜休みのパウダー魔人Booちゃんも来るってんで
合流しましょうとなる。
(ちなみに二人共オープン前月山は素人w)

湯殿山スキースクールの話だと
上の駐車場まで除雪終わってるのでいけっかもよ?
なんて言っていたが
不確定情報の為、とりあえず行けるトコまで行ってみようとなるが
結局、志津温泉五色沼前ゲートで先行していたBooちゃんの車発見。

工事業者の車はゲートずらして登っていくが
ま、常識的には我々ダメでしょ?wと言う事で・・・

image
午前9時ここからクライム・オン!
石跳登るより楽かな?除雪された県道114号線を選択。
業者さん達の車に轢かれないよう注意しながら歩きます・・・




歩きます・・・





image
今年は凄いな?!

などと雪の回廊を楽しみつつ・・・









黙々と歩きます・・・










やっとこさ駐車場。
image
ここまでで95分程。
以前石跳から登ったBooちゃん早い!と驚いてましたが
俺は初のアプローチなので、そうなのか~と。

予想に反して時間も体力も余裕があるし天候も保ちそうなので・・・

image
リゾートインさん前からスプリット準備し、もう少し登りましょうとなる。

image

image
リフト掘り起こし作業を横目に除雪された沢コースをハイク。



またまた歩く・・・




image
ふぃ~、リフト上駅到着。

image
お馴染みの「月山」看板埋まってますw

さて、ここまで来たら姥やっちゃう?

(俺は夜勤に備えこっからドロップでもいいんだけどwと心の中で思いつつ)

Booちゃんのやる気が凄いのでイッチョやりますか~!










image
ひょ~!やはりここは別世界だ!

image
姥が岳登頂。リゾートインさん前から約2時間。

山頂付近は風もなく気温もマイナス1℃くらい、雪も安定している様なので

さぁさぁ、お楽しみの滑走となります。



image
リードBooちゃん、大斜面滑走!大絶景に吸い込まれて行きます。

image
うっひょーーーーーっ!!!
スキー場オープンと同時にコブ化するこの斜面がメンツルで
所によりパウダーも上がるクリーミーな雪は
フォールラインにノーズを向けるとグングン加速していき最高の滑走感です!!!



image
その後のイシッパネのストップスノーは相変わらずでしたがwww
(ポールボーディング必須)

image
ネイチャーセンターへのルートに接続。
途中ブルで除雪されてからは板は走るがキャタピラー跡の振動が凄いですw
(業者さんのお話だとGPS測量して除雪する道を探すそうですね)

image
14時30分無事帰還。良かった夜勤に間に合いそうですwww
いや~、凸凹コンビで心配でしたが条件にも恵まれ素晴らしいツアーとなりました。
パワースポットとしても有名な月山は
「目標に向かって前進するパワーを授かる」とも言われております。
身体はクタクタですが実に清々しい気分です。
そんでは、次なる目標に向け作戦を練りましょうかねw


では、また。

ラスト湯殿山!!!

夏油での足の疲れも癒えぬまま・・・
翌日は鶴岡から湯殿山スキー場へ。

image
相変わらずローカルさん達温かい。

image
通常営業最終日という事もあり中々の盛況振り(この画像だとイマイチ伝わらないがw)

さて、オザワ商店パイプ倶楽部からヨシタケ先生参戦。

image
なんと、今季目標としていたBSエアーを達成!
動画チェックしてもらい、ボトムでの腰の位置を意識してから急変しました。

image
いや〜、ヨカッタね!バックサイドもちょせましたwww

image
調子が出てきた所、残念ですがラストパイプとなりました。
来年は2月くらいからパイプ造成するかも?との事だしアクセスも楽なので
定期的にやりましょうかね、パイプ倶楽部。

 さてさて、通常営業は終わりましたが
今週末までに特設パークに作り替えイベントが
開催されます。

image
SPSスプリングパークセッション!!!
現在絶賛造成中の模様です。
今回はパイプデザイナーを使用し昨年よりもトランジッションの多いセクションが
出来上がりそうですね。
オペレーターのジュンくんは昔、
カムイ御坂や長野ロイヤルヒルのパイプを削ってたので
非常に仕上がりが楽しみでございます。



イベント詳細です。

18日(土)Kids Camp Session. 

SPS特設コースの 一部を使用してハイクアップで行ないます。
子供達最優先(大人も可)で行なわれ、先生達による各セクションの遊び方の伝授.滑りや
技のアドバイスをもらいながら楽しくあそぼう。
多様な楽しいレクリエーションの時間もあります。

•タイムスケジュール
8時〜9時 受付開始 無料

9時 開会式 

9時30分〜12時 Kids Campコースopen

12時〜13時 コース整備

13時〜Last(15時くらいを予定)
フォトセッション

閉会式
 

19日(日)Open Sessoin

子供から大人まで皆んなで楽しく滑ろう(リフト稼働するはず?)

•タイムスケジュール

8時受付開始 ¥3500

9時 開会式

9時半 Session 開始

3時 閉会式


両日共にエントリーは当日のみ受け付けとなります!

当日受付にてエントリーをお願い致します。


そしてオザワ商店ライダー陣からは…
image
今年もメインMCは残念太郎!!!
(上田豪くん奥只見から向かって来るので到着までの間w)


image
わたくし残念次郎もコーチ&ゲストライダーとして参加させて頂きます。
(土曜日は夜勤明けなもんで昼頃到着予定w)


image
曜夜の部もあるそうなんで車中泊の準備しときましょう。
(近くに宿泊施設ありません)

あれ?ヨシタケ先生の頑張りを書く気だったのに告知メインになってしまい…
すいませんwww
イベント参加の皆さま、宜しくお願い致しま〜す。



※ローカルトビーの動画追記しました。
湯殿山まだ行った事ないって方、こんな感じの雰囲気です。

では、また。
 

人生最大斜面へ。

4月一発目の遠征は夏油へ。

今年初めは全国的に雪不足で独り勝ち状態の夏油は
パニックになってましたからね・・・
何となく敬遠していたら早割消化しきれずw
ペース配分間違えました。

さてそんな駆け込み乗車の夏油ですが
今回も裏の皆様にコンタクトを取り・・・
image
タイミングの会った方々に同行させて頂く事になりましたが・・・



image
何だかスンゴイ斜面に連行されましたwww

「へ?ここ滑んの?」

image
いや~死ぬかと思ったw
(エイプリルフールにも程がある)

俗称マイナス4にて
image
キクチさん

image
コバさん

うめ~!

image
マイナス方面ここまで開拓してたんですねぇ・・・

あまりの恐怖斜面に生気抜かれ、おじいちゃんみたいになって帰還w

昼食挟み午後のツアーへ。
image
噂の斜面とやらを目指し一同スプリットに履き替え横岳方面へ。

image
人生最大斜面と御対面!
(一体何度あるのか知りませんがエントリーから下が確認出来ない程w)

image
いざ滑走してみればエキサイティング!!!(画像はチバちゃんから拝借)
この日はパックされていたが、パウダーだったら思うと・・・末恐ろしいw

image

image

image
偉大なる開拓者達。リスペクトですよホント。
今回も色々と学ばさせて頂きました。

image
いつの日か地元の山をこんな風に案内出来たらいいなぁ。

それにしても凄い所にスキー場作ってしまってたんだね夏油って・・・。
生きて帰って来れて良かったです。


では、また。

最新コメント
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
  • ライブドアブログ