2007年12月27日

MyBoo

アルファブロガー?はあちゅうのところでやっていたので、
わたくしも。
自分のBlogが誰のBlogと似ているか解析するツール

------------以下、解析結果---------------

http://myboo.kizasi.jp/analysis/feed.py?url=http%3A%2F%2Fblog.livedoor.jp%2Ftatsulivedoor%2F
 
感動の様子 がブログににじみ出てます。

話題に関しては 本 について多く書かれているみたいです。

「感動の様子」
判定ワード 素晴らしい、 歌姫、 景色、 伝わる、 ステージ、 美しい、 感謝...

「本」
判定ワード 読む、 連載、 雑誌、 文章、 現代、 趣味、 歴史...


似ている著名人ブログ

松本大のつぶやき/マネックス証券
ここが似ている・・・一義的に、 凸凹に、 稀です、 旅程、 株券、 プロスポーツ、 富んで...


大前研一のニュースのポイント
ここが似ている・・・株券、 トレーダー、 位置づけ、 荒井、 月面、 欠けた、 欲求...


弁護士紀藤正樹のLINC TOP NEWS−BLOG版
ここが似ている・・・浮き上がら、 株券、 得よう、 偽善、 トレーダー、 位置づけ、 逸脱...


エフピーウーマン 大竹のり子のブログ 『マネーセンス向上委員会』
ここが似ている・・・深田、 トレーダー、 位置づけ、 月面、 臆病な、 かしこい、 貫いて...


渋谷ではたらく社長のアメブロ
ここが似ている・・・プロスポーツ、 富んで、 気まぐれに、 穏やか、 トレーダー、 位置づけ、 役立た...

------------以上解析結果--------------

はあちゅうと似ているぞ。
  
Posted by tatsulivedoor at 23:10Comments(0)TrackBack(0)Blog運営

2007年11月06日

萌え死に



言葉はいらない。  
Posted by tatsulivedoor at 20:46Comments(0)TrackBack(0)いい?女

2007年10月09日

目的

 先に『プロ』が無いスポーツを一生懸命する人たちが不思議でしょうがなかった、という趣旨の発言で叩かれているプロゴルファーがいます。スポーツの目的を一義的にしか捉えていない発言ですね。僕は、夢や目的を提供したり、社会に対していい影響力を持つこともプロスポーツ選手の仕事だと思っているので、とても残念な発言です。その発言は学生時代の部活に対する見方が背景なので、視野の狭いコドモの見方だった、とは思いますが。現在は考え方を改めていることを期待します。そんな騒動に関連して思う事をいくつか、別の視点で。

 勉強を嫌う子供たち(時には、その親)の理屈として、『そんなこと、社会に出て役立たないじゃん』という発言をよく耳にします。しかし、学生時代の勉強は社会に出て役立つ、と、僕は思っています。内容的には実生活に直結していない科目等もありますが、それさえ、将来、役に立つと思っています。例えて言うならば、学生時代の勉強は、スポーツで言うところの『基礎トレーニング』だと思います。『基礎』を学ぶことは、往々にして、単純で苦痛なことですが・・・算数や数学は、ものごとを順序だてて、論理的に考えることの基礎になると思います。アタマのトレーニングです。様々な科目に触れることは、幅広い考え方・見方を身につけ、将来、壁にぶつかった時の解決方法のヒントになるかもしれません。生き方の選択肢を広げることにもなると思います。

 また、僕は、『役立つ』ことしかやらない、という姿勢はあまり好きではありません。無駄に見えることが社会や生活を豊かにしていると思っていますし、無駄に見えるチャレンジの中から素晴らしいアイデアや結果が現れることもあると思います。目標・目的・成果は、確かに重要だし、持っていると生き方にハリがでますが、そういうものに捕らえれない生き方も、ちょっと、素敵だなぁと思います。『好きだから、やってるのさ』、それが、本質だと思います。

 『何のために勉強するの?』『何で人を殺してはいけないの?』子供たちのそんな質問は、罪ではありません。そのような質問に対して、『応え』に窮する大人たちがもどかしくてたまりません。『答え』は必要ないと思います。不器用ながらも、自分はどう考えているか、という意見が言えることこそ、大人の役目だと思います。  
Posted by tatsulivedoor at 01:47Comments(0)TrackBack(0)つぶやき

2007年09月29日

深田萌絵(ふかだ もえ)

深田萌絵(ふかだ もえ)
頭の良さと素直さと優しさが伝わってくる、素敵な文章を書いています。


以前ご紹介した、黒田美帆さんの事務所所属ということで初めて知りました。


僕は、おバカ界の大平光代と呼んでおります(笑)

人生、考え方と行動で、別の世界が開けるんだよ、と、
悩んでいる人たちに伝えたいです。

私、おバカですが、何か?―偏差値40のかしこい生き方
  
Posted by tatsulivedoor at 03:58Comments(0)TrackBack(0)いい?女

2007年09月27日

偽り

世の中は、偽善に満ち溢れており、
また、それによって成り立っている。

全ての人間が、善の鎧を纏わずに、心の赴くままに動き出したらどうなるだろうか・・・
拘束具たる善によって、秩序と平和と穏やかさが、ある程度保たれていることも否めない。

本心を抑えて、穏やかさと満足と評価を得ようとするコトは、
自分の意思で選んだ行為である。
自分が選んだ、という意味では、偽ではなく、真だと思うのです。

偽善は、見方を変えると、
悪を強い意志で抑え、穏やかさをもたらす素晴らしい行為なのかもしれない。

  
Posted by tatsulivedoor at 22:05Comments(0)TrackBack(0)つぶやき

2007年09月26日

光の角度

満月は、確かに美しい。
完全な円と、その明るさ。
しかし、観測する立場では、満月ほど退屈なものは無い。
満月は、月の正面から太陽の光を浴びているので、
表面の凸凹も見えず、のっぺりとした白い丸なのだ。

欠けた月の表面は、実にバラエティに富んでいる。
太陽の光を横から浴びているので、表面の凸凹に影が延びて、
そのひとつひとつのカタチを浮き上がらせている。
これこそ、月面の真の姿だ。

違った角度からあてた光による、
別の姿があることを、常に意識していたい。
  
Posted by tatsulivedoor at 20:42Comments(0)TrackBack(0)つぶやき

2007年09月23日

白い鯨

僕がよく見ている好きなBlog面白い記事が。
なんとなく、ツボでした。
コントみたい。


ちなみに、このBlogの『白い鯨』の記事、
これまた僕が好きなSHAKALABBITS、
『シルク』のPVに登場しているのです!


いい感じのPVですよねー
  
Posted by tatsulivedoor at 07:11Comments(0)TrackBack(0)

2007年03月08日

荒井歩

久々に更新してみたり。
『いい?女』シリーズ。
ここに紹介した女性は、大物になるのだ。
左の『カテゴリ』で『いい?女』を見てみるといい。
すでに大物もいるが、将来有望な女性をいち早く紹介しているのだ。

荒井歩
アライアユミ

http://ayumiarai.net/

沖縄料理屋で働いている、歌姫を目指す女のコ。
ホント、歌が大好き!という空気が伝わってくる。
性格のよさも、伝わってくる。
夢が叶うといいね。

彼女のBlogも紹介しておこう。
http://blog.ayumiarai.net/


 

  
Posted by tatsulivedoor at 02:49Comments(0)TrackBack(0)いい?女

2006年08月21日

常識を疑う

 かなり天邪鬼なので、一般的に『常識』と言われていることを疑うクセがあります。

 小学生の頃、『月は西から昇る』と発言して、先生から心配されたワタクシであります。いわゆる、お勉強ができる優等生だっただけに、先生はびっくりされたようです。もちろん、本心では太陽と同様に月も東から昇ることは理解しておりましたが、何故かその時は常識を疑ってみたい気分だったのです。そんな僕の、常識逸脱論。

 『動物好きな人は優しい』
 いや、違うと思う。自分の好きなものだけ溺愛し、それ以外のものは徹底的に排除する人間がいることは確かです。それが本当の優しさだろうか?単なる、自分大好き人間だと思うのですが…。動物嫌いでも、優しいココロの持ち主を何人も知っています。嫌いというか、臆病なため動物を怖がっている、という方が正しいかもしれないが…。同様に、家族の絆を大切にする人が優しいとは限らないような気がします。自分が好きなものだけに向けられる愛情は、裏を返せば、自分のココロを満足させるためのエゴだと思います。本当の優しさは、自分と利害関係の無い対象に向けられた時にこそ、その本質を現すと思うのです。

 『人気のある株を買う』
 いや、買いません。株式投資にも、天邪鬼的な手法があります。『逆張り』と呼ばれる手法です。株価は、株の買い手が多く人気があるときに上昇していきます。そして、買ってくれる人が少ない人気の無いときに下落していきます。人気がある上げ相場に便乗するのも一手法ですが、上げ相場だと気がついたときには、すでに人気絶頂であることも多いのが現実です。ずっと上昇し続ける相場はあり得ません。上げ相場の次には必ず下げ相場が来るのです。そこで、下落局面の株に注目するのです。人気が無い、下落相場の株をコツコツと買い続けるのです。これが、『逆張り』と呼ばれる手法。下がり続ける株は無い、ということなのです。
 一時的に業績不振に陥った企業、不祥事で社会的評価を落とした企業などは、通常、株価は下落します。これらの企業の株は、実はねらい目である事も多いのです。もちろん、それらの環境変化が企業にとって致命的なダメージでないことが大前提ですが。業績不振の企業が急速に業績を回復したときのインパクトは、順調に業績を伸ばしている企業よりも強いものがあります。大規模な顧客情報の漏えいが問題となった企業は、その後の対策強化等によりコンプライアンス意識は確実に高まったと思われます。これらの企業は一時的に株価下落を経験しましたが、その後回復しています。下落局面で株を買っていた人は、その後の上昇局面でいい思いをしたでしょう。ピンチはチャンスなのです、企業にとっても、投資家にとっても。

 常識を疑うことで、物事の本質を深く考えることができると思います。常識をそのまま受け入れる、ということは、多数派だから、皆がそうしているから、という、『あまり考えない』ことに流されがちです。常識を疑う時には、その『常識』がなぜ違うのか、という理由を考えなければなりません。結果的に、その常識が正しかったとしても、『考える』というプロセスを経験することで、思考のトレーニングになると思うのです。

  
Posted by tatsulivedoor at 16:23Comments(2)TrackBack(0)その他

2006年07月30日

写真置き場

写真置き場にしているBlogがある。
今日、写真撮ったのでアップします〜
http://tatsu.exblog.jp/  
Posted by tatsulivedoor at 23:53Comments(4)TrackBack(0)その他