中川フォークジャンボリー 第11回 with 白崎映美

中川フォークジャンボリー

================================
  岡崎武志企画☆中川フォークジャンボリー第11回 with 白崎映美
================================
      「今だからこそ歌いたい歌がある…」
     国立駅前の古座敷で中川五郎が大いに語り、
     大いに歌うシークレットライブの第11弾。

 歌とおしゃべり:中川五郎 聞き手:岡崎武志
 ゲスト:白崎映美(歌)+向島ゆり子(アコーディオン、バイオリン)
     山福朱実(歌)+末森樹(ギター)

 日 時:2017年1月29日(日) 18:30開場 19:00開演
 木戸銭:2.500円(予約のみ限定30席)
     終演後、同会場で自由参加1500円の打ち上げあり
 会 場:国立・ギャラリービブリオ
     東京都国立市中1-10-38/042-511-4368
 申込先:電話、公式サイトの申し込み・問い合せフォームから
     「1月29日ライブ」の表題で
 後 援:ビレッジプレス(雲遊天下)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今年もよろしくお願いします

タイニーカフェ2017年になりました。
1月28日にライブがあります。
場所は京王線・仙川駅にある噂のお店、
タイニーカフェ。
山福朱実さんの個展期間中の催しです。
近年作った曲も色々演奏する予定です。
よろしくお願いします! 






================================
      樹の実工房*山福朱実 作品展 en TINY CAFE
================================
 京王線仙川駅から徒歩5分、商店街を抜けて間もない場所に古くから
 あるというナニかと噂のお店・タイニーカフェで、これまで作ってき
 た木版、紙版、木彫画等、様々な作品を展示することになりました。
 店主のとっしゅさんが作る美味しい肴でお酒を吞み交わすのもよし、
 お茶するのもよし…で、壁の作品を眺めてくださると嬉しいです。
 会期中、私にこのお店を紹介してくれた末森樹くんのライブもあり…
 もちろん私も歌ったりしようかな~と思っておる次第です。
 どうぞお気軽にお立ち寄りくださいませ m(_ _)m
 
 期 間:2017年1月16日(月)~31日(火)
     月~金16:00~24:00/土日14:00~24:00/水曜定休
 催 し:♬ 山福朱実(Vo.)×末森樹(Gt.) LIVE ♬
     2017年1月28日(土) 19:00 start
/1.800円+1Drink
 会 場:仙川・タイニーカフェ
     182-0003 調布市若葉町1-42-2/03-3305-0400
     京王線 仙川駅 徒歩5分
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


タイニーカフェ

12月のイベントのお知らせ

けえらんねえら唄いじょうら==============================
       けえらんねえら 唄いじょうら!
先島から この世のすべての島へ 声を結んで 歌え いのちのうた!
==============================
けえらんねえら うたいじょうら! これは石垣島の言葉。
「みなさん、うたいましょう」という呼びかけです。
たとえば、島に米軍基地が来る、自衛隊駐屯地が作られる、訓練が
行われる、そこで起こるのは、近代科学の賜物である武器弾薬によ
「水」の汚染です。基地や駐屯地がそこにあるだけで「自然が破
される」というようなありきたりの表現をはるかに超えた事態が
きる。島々のすべての命の源である「水」が、命を破壊するもの
に変
ずる。水俣で海に水銀が流されて起きたあの出来事のように。
3.11直後、福島の原発から大量の放射線が空気中に放たれてしまっ
ように、水の中に溶け込んでしまったように。
水。人間の命の源。島々の風土の源、暮らしの源、文化の源、言葉
源、唄の源。だからこそ、いま、ひそかに力ずくで命の源が破壊
され
ようとしている先島から「けえらんねえら うたいじょうら!」
この世の島々に向けて呼びかけるのです。

日 時:2016年12月17日(土) 12:30開場 13:00~16:00
参加費:1Drink付 3.000円
会 場:東中野・Space&Cafe ポレポレ坐

出 演:★先島からの声を放つ人★
     大田静男 (唄者、八重山芸能を歌い語れる人、八重山戦史研究家)
     山里節子 (唄者、ゆんたの名手、いのちと暮らしを守るおばーたちの会世話人)
     八重洋一郎 (詩人) 本人は出演せず詩のみ参加、代読
     砂川哲雄 (詩人) 本人は出演せず詩のみ参加、代読
     渡久山章 (宮古島の人)
    ★声を結ぶ人々:出演者★
     今福龍太:奄美の声 (詩を読む人)
     山福朱実&末森樹:水俣の声 (歌う人、ギターを弾く人)
     李政美&矢野敏広:済州島の声 (歌う人、ギターとマンドリンを弾く人)
     ジャンミッシェル キム:ディアスポラの声 (ピアノを弾く人)
     大熊ワタル&こぐれみわぞう:路上の声 (クラリネットを吹く人&太鼓たたいて歌う人)

主 催:「先島の声を東京に放つ」実行委員会
事務局:wildfrances@yahoo.ne.jp  070-5556-6241
<問合 予約>ポレポレタイムス社:03-3227-1405 event@polepoletimes.jp

賛同者:玉川奈々福(浪曲師)、管啓次郎(詩人)、安聖民(パンソリ唱者)、渡部八太夫(説経祭文語り)、
 浅野卓生(編集者)、
田村元彦(西南学院大学教員、KBCシネマ企画ディレクター)、藤井一乃(編集者)、
 今福龍太(奄美唄者、群島漂泊者)、
中川五郎(フォーク歌手)、真鍋祐子(東京大学教授)、慶野由利子(作曲家)、
 谷瀬未紀(舞台制作者)、木村友祐(作家)、
松村由利子(歌人)、新田義貴(映画監督)、
 土井鮎太(映画監督 はての島のまつりごと)、三好豊(緑の劇場)、杉浦幹(勇気野菜プロジェクト)、
 小園弥生(団体職員)、
きむきがん(劇団石)、ぱくきょんみ(詩人)、田尻久子(橙書店)、
 田浪亜央江(パレスチナ文化研究)、村上陽子(沖縄国際大学教員)、吉川宏志(歌人)、
 ナビィ+ナーグシクヨシミツ(寿kotobuki)、
有川美紀子(島ライター)、飯田泰彦(八重山文化研究会)、
 得能壽美(東京・八重山文化研究会)、竹内光浩(南西諸島ピースネット共同代表)、大江正章(コモンズ代表)、
 平良彰健(島の心 島唄を愛する
唄者、西表島エコツーリズム協会副会長)、関礼子(立教大学教員)、
 内原英聡(法政大学沖縄文化研究所国内研究員、週刊金曜日編集記者)、阿部小涼(琉球大学教員)、
 中山智香子(東京外大)、呉世宗(琉球大学)、
島すなみ(大阪文学学校受講生、詩人)、武秀樹(編集者)、
 竹中龍太(編集者)、中植きさら(ポレポレタイム社)、大槻オサム(役者 ダンスパフォーマー)、
 笹尾哲夫(八重山星の会会員)、
ZAKI(ミュージシャン)、熊本博之(明星大学教員)、久保礼子(フリーライター)、
 遠藤 隆久(熊本学園大学教員・ハンセン病
市民学会共同代表)、井上一夫(編集者)、西谷修(立教大学特任教授)、
 高橋梓(東京外国語大学博士課程)、臺丸谷美幸(ジェンダー学、アメリカ史研究者)、西巻元(編集者)、
 平塚基央(魚屋)、平塚由希子(翻訳者)、
原田英代(ピアニスト)、上村英明(市民外交センター代表)、
 篠崎美生子(恵泉女学園大学教員)、松鳥むう(イラストレーター エッセイスト)、
 松岡美子(音楽やアートを通した子育て支援者)、
三上智恵 (映画監督)、内田博文(神戸学院大学教授)、
 柿木伸之(哲学する人)、佐藤学(沖縄国際大学教授)、結城正美(金沢大学教授)、鄭暎惠(ヨギーニ)、
 喜久里康子(ヨギーニ)、
鄭香均(ヨガーニ)、濱田武士(北海学園大学教授)、上村忠男(東京外国語大学名誉教授)、
 斎藤貴男(ジャーナリスト)、
小尾章子(編集者)、屋敷妙子(画家)、小里ありさ(水俣自然学校)、
 宮本直実(映像プロデューサー)、佐々木光明(神戸学院大学教授)、長尾美穂(編集者)、川平いつ子(出版社勤務)、
 久々湊盈子(歌人)、
古島信子(司書)、金城正洋(記者)、中本直子(会社員)、石橋幸子(出版社営業)、
 若松英輔(批評家 随筆家)、
牧野瑠璃子(日本語ボランティア 講師)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

12月になりました

若松港夏に引き続き九州で演奏しました。
事後報告ですが、
図書室カフェitoh(北九州・戸畑)
佐賀市立図書館本館
諸国屋本舗(熊本 水俣・湯の鶴温泉)
の順に巡りました。

色々な方のお世話になり、また訪れたいと思う場所がいくつもできました。
12月の予定はまた更新いたします! 

写真は、夕暮れの若松の港と佐賀市立図書館での催しの様子、そして水俣のヤギです。
 2016.11/26 佐賀市立図書館本館水俣のヤギ

死者の日2016

死者の日2016
イベント参加のおしらせです。
==================================

       山福朱実+GALLERY HOUSE MAYA 企画

      Dia de Muertos 死者の日 2016
==================================
 三千年以上前からマヤ・アステカなどの先住民が続けていた祝祭がカトリックに
 征服されて現在の形になったというメキシコのお盆
「Dia de Muertos ディア デ
 ムエルトス」。
11月1日はこどもの魂、2日はおとなの魂がこの世に戻ってきます。
 亡くなった人々の魂を、溢れんばかりの死者の花(マリーゴールド)と蝋燭の灯りで
 迎え、心からもてなして手厚くお送りするという一連の
行事は、死者を弔うという
 意味では日本のお盆と同じですが、メキシ
コでは「死者も生者も共に楽しもう!」
 と、飲めや歌えの大騒ぎ。
墓地や街に一晩中マリアッチの音が鳴り響きます。
 日本のお盆ではできないそのお祭りを作品展に代え、逝ってしまった者たちと集っ
 て歌って笑いたい。
メキシコでの祝祭の風景や愛嬌に満ちたガイコツ、大切な者た
 ちの肖
像画など、死者にまつわる様々な事柄。悲しみ、優しさ、切なさ、感謝の気
 持ち、美しさ。そんな何もかもを雑多に並べ、祭壇を飾るよう
な気持ちで作品を展
 示します。

 期 間:2016年10月31日(月)~11月5日(土)
     11:30~19:00/最終日17:00迄

死者の日2016    ★10/31(月) Opening 死者の日 Party!
      …午後5時過ぎ頃からゆるゆるはじめます。
      出演☆オルケスタ カラベラス
        <セニョリータ シロウ(perc)+ヘニョリート マロン(Gt)
         +ミチイト ブリトー(Gt)+ホメ ハヤノーチェ(perc)>

        ☆樹の実 <山福朱実(Vo)+末森樹(Gt)>
        ☆ケサダ 仁(DJ)
 参加作家(五十音敬称略):
  アンヤラット渡辺石川えりこ、石坂草子、市居みか
  伊藤ちづるイマイアキノブ岩切章悟オブチジン木内達朗
  北見隆くまあやこさかたきよこ塩川いづみ篠崎三朗
  城芽ハヤトスガミカ須見祥子竹田邦夫竹田鎭三郎
  タダジュンたなか鮎子谷口シロウ中澤由美子中島布美子
  西田幸代、二宮佐和子白水麻耶子花井正子早川純子
  原マスミ平澤一平ヒロミチイト深津千鶴保立葉菜
  堀川理万子松本里美マダジュンコ丸山一葉、MISAYO、
  溝上幾久子南椌椌山福朱実渡邉知樹
 会 場:ギャラリーハウス MAYA  
     107-0061港区北青山2-10-26/03-3402-9849

長野にて

南椌椌個展・桃の人10月になりました。
長野で1日からはじまった南椌椌さんの
個展でのイベントがあります。
数年前に曲をつけた椌椌さんの作品映像
「桃の人」の上映があり、映像の中でナ
レーションをしていた原マスミさんが生
で朗読、ぼくはギターで参加します。


====================
    南椌椌 個展「桃の人」
====================
…ガラス絵とジクレー版画による「桃の人」
テラコッタによる「雲知桃天使千体像」…
日 時:2016.10.1(土)〜10.15(土)  
会 場:books cafe まいまい堂
    フリースペース からこる坐
    長野市上千歳町1137-2 アイビーハウス
問合せ:090-4153-2007(まいまい堂)
 

九月もよおっし

kasper九月のイベントの
お知らせです。
葉山にある
ブックショップ
カスパールにて!

石牟礼道子さんの物語
『水はみどろの宮』
の朗読に音をつけ、
作品を題材に作った組曲を
全編披露する予定です。



================================

          石牟礼道子 作*山福朱実 画
    『水はみどろの宮』挿絵原画展*葉山・カスパール

================================
 川の渡し守である祖父に育てられた少女お葉は、山で千年狐のごんの
 守と出会い山の声を聞くようになる ー自然への畏れ、精霊たちの声、
 水が呼び起こす生きものたちの原初の声。
 今年3月に福音館書店より復刊された熊本が舞台の物語「水はみどろ
 の宮」の原画の展示販売を致します。
 (売上の一部は「熊本、文学の光」へ寄付させていただきます)

 期 間:2016年9月10日(土)~25日(日)
     11:00~17:00/火&金曜定休
 催 し:『水はみどろの宮』朗読会
     日 時:9月18日(日) 午後4時より
     参加費:1.500円+1drink/中学生以下無料
     出 演:山福朱実 (朗読 歌)+末森樹 (クラシックギター)
         Kinoyouna/里美(朗読 歌)
     予 約:046-874-7031/info@kasper.jp
 会 場:BOOKSHOP カスパール Kasper
     240-0111神奈川県三浦郡葉山町一色1462-5/046-874-7031
================================

kasper


 
  • ライブドアブログ