BODY−SENSE

コンディショニング&トレーニングジム  BODY−SENSE ジムやトレーニング情報+代表の思いも綴ります。

コンディショニング

実践 ウェイトトレーニング (基礎編)

.肩甲骨

_墜
上方⇔下方

外転⇔内転

上方位外転⇔上方位内転

下方位外転⇔下方位内転

外転位上方⇔外転位下方

内転位上方⇔内転位下方

立甲

それぞれを立位(座位)・伏臥位(四つ足)・仰臥位で動きづくりを行いましょう

動画につづく、、、

脚長差

フィジカルトレーニングを実践するとき!

注意せねばならないことがあります。

それは...筋バランス

筋肉の左右・前後・上下の差をチェックする必要がある。

差とは筋力差では無く、ここでは神経筋機能の差です!

神経筋機能...いわゆる筋反射(固有受容器の機能)です。

ほぐし体操(ジムオリジナル)を行えば、かなりバランスは修正できますが、

時々手技が必要な場合もあります。

コンマ1秒を争うスポーツを実践するには欠かせない調整ですよね!

一般の方も、この筋バランス調整は肩こり・腰痛・膝痛などの根本要因を調整できることがありますよ!

是非お試しください。
  • ライブドアブログ