2017年10月05日

夏休みも終わり、今日からまた大学に通う毎日が始まります。
僕の行ってるとこは、3年の秋までに取るべき単位を取りきって、
4年生からは研究室配属され、1年間卒業研究をするみたいな感じですが、
僕もついに3年生の秋となりまして、今期次第で留年するかどうかが決まるわけです。
今まで別に単位は落としますが全然危機的状況にはなってませんでした。
別に今も危機的状況というわけではありません。
しかし、3年秋ちょっとやらかせばすぐにパツイチ留年になる可能性もあるわけで。
怖いっちゃ怖いみたいな感じなんです。

たとえば、僕のところの留年する理由のトップですが、
選択必修というものがありまして、10科目与えられたうちの7科目をとらなければならない、みたいなのがあります。
しかもそれを取り始める事ができるのが3年生になってからで、
何かの間違いでその10科目中4科目落としてしまった場合、再履修という手段も取ることができず
留年が確定してしまうわけです。
逆に言えば10科目中3つは取らないor落としてもいいわけです。
僕は、その10科目の中で3年の春に開講される3科目すべて履修したんですが、1つ落としてしまい、
回収できた単位は2科目分でした。
落とせる分があと2つになりました。

まだ2つ落とせるじゃないか、それはそうなんです。
んで、こんなことでびびってちゃ留年するする詐欺なんです。
しかし、怖いもんは怖いし嫌なもんは嫌なんです。

まず、なぜ留年してはだめなのか。
それが少しわからなくなってきています。
僕の友達は僕以上に留年したくない、という気持ちが強いと思っています。
僕は留年はするときはするし、したらしたでしょうがない。と思っています(でもやっぱしたくない)
したくない理由、世間体でしか無い気がしてきます。
別に与えられる自由時間が増えると考えればすごくありがたいことなんです。学費はかかるけど。
でも、急に与えられた自由時間をうまく使うのができない気もします。

もし留年したらどうするか、それをしっかり考えておくことが必要なんじゃないかと思ってきています。
3年の秋学期始まった時点で、留年したら僕は何をしたいか、何をするべきか、どう考えているかかいておきます。
本当に留年してしまった半年後の僕のために。

まず、本を読みたいです。
僕の家には実家から持ってきた本や、適当に買った小説がいっぱい溜まっています。
大学生になってから読んだ本なんて本当数えるくらいしか読めていないので、
溜まっている本を消化していきたいです。
僕の悪い癖で、小説も漫画もゲームもその他も、買うはいいけどそこで満足して全く消費しない、
みたいなところがあります。
せっかく長い時間を与えてもらえてるんだから、それを消化していきたいです。

あと、長期的にどこかに行きたいです。
海外でもいいですし、国内でもいい。でも海外の方がいいかな。
留学、といっても別に学びたいことは無いので、人生経験としてどこかで1ヶ月ぐらい暮らしてみたいです。
なんか意識高い系みたいで嫌ですけど、別に自分の糧にするとかではなく、純粋に楽しく暮らしたいです。
別にボランティアとかは全くやりたくないんで。人の役に立ちたい欲はないですし。

あと、資産運用について勉強したいです。
これが一番かな、と今は思っています。
株とか投信とかですかね。
将来就職して、自分でお金が稼げるようになって、そのお金をどうするか、
ただ貯金するだけってなんか全くおいしくないような気がします。
うまく動かせればお金って増えていく一方だと思うんです。知らないけど。
それに、やっぱ不労所得って人類永劫の夢じゃないですか。
働かずして飯が食える、最高です。
働かずして飯を食うのは流石に無理だと思いますが、知らないと知ってるとじゃ大違いな話も多いはずです。
どうやれば資産が増えるのか、それは金を稼ぎ始めてから考えるんじゃちょっと遅い気もします。
学生のうちにある程度把握できとけば他を出し抜けそうですし。
楽して金を稼ぐための努力なら惜しまず出来る気がするんです。
まあ何がどうとか具体的な話は全くわからないんですがね。


今思いついてるのはこのあたりですかね。留年しないのが一番ですが、
いざ留年したらその時間を有効活用したいです。
おわりです。

tattun52 at 16:29コメント(0) 

2017年08月09日

暇なので意味も無いのにブログを書きます。
本来このブログとはそういう感じでかいてた気もするし。

夏です。夏が来ました。
夏休みです。
僕は苦しい前期も終え、ついに夏休みに入ったのです。
前期がつらかった、僕も3年生となり、意外と真面目に学校に行っています。
僕の学科は2年の後期が割と暇なのです。暇にかまけてめちゃくちゃテキトーに毎日送りました。
そしたらどうですか、3年生。
めちゃくちゃ忙しい。しかも留年の不安が襲い掛かってくるのです。
2年生までは3年でとればなんとかなるしー的なノリでなんとかなりますが、3年は落としたらパツイチ留年みたいなのが多々あります。
プレッシャーも半端ないので真面目に学校に行かざるを得ません。
というか、僕がここまで学校にきちんと行けているのは友達の存在がすごくでかいと思います。
僕の友達は真面目、とは言い難い感じなんですが、それでも留年はしたくないらしく
単位はしっかり取ってきます。
僕も日本人らしく周りに流されちゃうので、流石にそいつら進級してるのに僕だけ置いてけぼり、はやなわけです。
1年の後期ぐらいで僕の大学へのモチベーションは落ち、割りとこのままズルズル留年するとこまで堕ちてくのかな、とか思ってたんですが
こいつらが意外と真面目にやってるので、僕が真面目にやらないわけにはいかない、みたいな気持ちで学校行ってます。他人のためです。
高校から大学に上がる時、僕は進路のことなど真面目に考えていませんでした。
しかし、大学は就職予備校みたいなもんなので諸先輩方はいろいろな会社に入っていきます。
すると見えてくるのは、僕も就職して働かなければならないという現実。
そして大学から与えられるのはまったくもって興味のない分野の勉強と就職先。
これは如何ともしがたい事態です。
もうちょっとあの時真面目に考えてたら、とか思いますが、後悔先に立たずです。
しかも今もなるようになるだろうという考えが8割で、こういった不安を本気でなんとかしようとかは思ってないわけです。
将来何も興味もない仕事をダラダラやって死ぬんだろうなーと思うと怖いですね。

あと、最近パチスロによく行っています。
パチスロというものは適当にググればある程度勝ち方が載ってる割と簡単な部類に入るギャンブルだと思います。
そのことは昔から知っていましたが、いざ実行する気は起きなかったのです。
しかし、大学に入り3年になりやっと友達がパチスロを覚え始め、
友達とノリ打ちしていけば、僕がパチ屋に行けない日もパチスロで金を稼ぎ、
ある程度安定した収入が得られるのではないか、と考え今年の春くらいからやっています。
まあ時給のいいバイトくらいは稼げてるので学校忙しくなった今はいいんじゃないかな、と思ってます。
そんな風にパチ屋に通っていると色々な人間を目にします。
僕が行っているパチ屋の主な客層は、一にサラリーマン、2に学生、みたいな感じでジジババは少なめです。
昔養分やってた頃はあまり目につかなかったのですが、収入を意識し始めた頃から、
パチ屋にいる専業(要するに無職)の存在に目が行くようになりました。
パチプロは基本的に毎日、もしくは強い日にパチ屋に通っています。
現在のパチ屋を一人でプロをやっている人は、ハイエナメインでやってる人が主で、
基本的には何人か人を雇い、もしくはノリ打ちで設定を狙っているプロが多いと思います。
やっぱり現状のパチ屋で稼いでいくにはそのくらいしないとだめなんでしょう。
そういう人を雇って打っているプロたちは、強い日に現れ、しっかりいい台を掴み、
しっかり勝っていきます。
正直言うと羨ましいですが、やはり彼らも辛い部分はあると思います。
まず社会的立場ですよね。無職です。なんなら生活保護もらえてる人もいると思います。
なんかさもしいですよ、それは。最近持て囃されてるYoutuberとかもそうですが。
すごい一般的でしか無い考え方で反吐がでそうですが、やっぱり大人になったらしっかり働くべきだと思うのです。
まあ自分の好きなことで生きていく、というのはすごく羨ましい生き方ですが。
好きなことで満足する生活が送っていきたいものだなあ、働きたくないなあ、と思います。

そういえば最近パチスロ関連の法改正案が提出され、規制強化がほぼ確実となりました。
今年に入ってからのめり込み防止がうるさくなってきてるなあと思ってましたが、
ついに5号機に終止符が打たれ、6号機になるみたいです。
改正案を見ると、4号機→5号機のときのようなこれは禁止するけど、これはいいよ、
こっちのラインで面白い台を作ってね、みたいな感じがあまり読み取れないです。
ただ単に5号機を出玉の面のみで規制したものみたいです。手抜きです。
まあ出玉が規制されると言うのはほんとに大打撃で小規模なパチ屋は潰れちゃうと思います。
パチプロもどんどん減っていくでしょう。
世の中トータルとしてみれば健全な良い社会になるのではないでしょうか。
でもやっぱつまんないな。


この夏は色んなとこに遊びに行きたいですね。旅行多めの夏にしたいです。
残された時間があんまない気がしてきたので。
みたいな感じです。



tattun52 at 14:39コメント(0) 

2017年04月23日

おつかれさまです。鷹野です

今日はですね、アイドルマスターミリオンライブの台湾公演のライブビューイングを見てきたので、

記憶がなくなってしまう前に更新しちゃおう!ってな具合で書いていこうと思います

今回のライブはアイドルマスターシリーズの単独としては初めての海外公演ということで、

台湾で765MILLIONSTARSとしてやってきたみたいです。

昨日途中まで書いて疲れて寝ちゃって、今日2日目も見てきて追加で書いていくので、

二日間合わせての内容を書いていこうと思います!

セトリもそんな変わってないし書けるでしょうよゆうよゆう

ぼくは横浜ブルクでLVを申し込んでいたのですが、なぜだかやっぱり落ちちゃったので

近くのイオンシネマみなとみらいのチケを取ってみてきました。


まあ前置きはこのあたりにしておいて、肝心の本編について書いていきましょう。

ぼくは今回このライブに臨むにあたっての予習を完全に怠ってきたので、

伊藤未来さんが欠席することも当日のMCで初めて知るわけです。

インフルエンザですって、お大事に。

そんな感じで、事前にした予習としてはテキトーにミリオンの曲をシャッフル再生して

気持ちを高めるくらいにとどまりました。

メンバーすらまともに把握してなかった僕は、予習プレイリストをつくることすらせず

テキトーにシャッフルで流れてきた曲を聴きながら現地(映画館)入りしました。

まあそんなこんなでライブが始まるわけなんですが、、

いや〜最高!この一言に尽きてしまいます

本当に最高なんですって!

まずね、衣装!

この前あったミリオンの武道館公演で発表されたミリオンのアニメPVで

みんなが着ていた衣装をそのまんま、着てるんですって!もちろんASも!

いやああの衣装でまたライブがみられるとは、、、しかもASも、、、ってなりましたねいきなり


さらにセトリもよかったです。

まずね、開幕READY‼

ミリオンのメンバーを交えてのREADYもまたよくて、

さらにやっぱこの曲ってライブ始まるよ!感がとてつもなく押し寄せてくるじゃないですか

まあそれでライブの開幕に多用されがち感は拭えないですけども。

初めてアニマスを見た時から好きです。


そして、まずはミリオンメンバーのソロ曲をメドレーでやっていきます。

しかもだいたいのメンバーがASのメンバーとデュエット組んでソロ曲歌ってくれるんですよ

いや〜よいね

まあセトリは各自みてもらうとして、ぼくが気になった奴だけ書いていきますね、

全部になるかもしんないけど


BOUCING SMILE、これたまたま今日シャッフルしてきた曲の中に入ってたんですが、

この曲も馬鹿みたいにいい曲じゃないですか、

もっとわらおですよ元気チャージされちゃいますよそりゃ

この曲はぬーにもよく合ってるな、と思いました、

ASの頭弱そうな元気枠って響かなーっておもいますもんね、もちいい意味で


あとプラリネ、絶対愛美ギター弾くやろな、って思ってたら案の定入ってきますよね

日本からギターしょってきたんですかね


あとミンゴスの恋心マスカレードからの透明なプロローグ連投ですよ

みっくが急きょ欠席ということで、たぶん代打で歌ったんでしょうが

しっかりあの振り付きで仕上げてくるあたりミンゴスすっげーってなります

恋心マスカレードでめちゃくちゃかっこよくてさらに踊る!ってね

あと透明なプロローグではみっくの歌聞こえてましたよね?

たぶん聞き間違いじゃなかったらおそらく入ってましたね

なかなか粋な演出やるじゃねえか、と思いましたね

本当は最初え!?オケ間違えてね!?とか思ったのは内緒ですよ


素敵なキセキ、山崎はるかぼくに歌わせるパート少なくて残念

 と思ってたら二日目でしっかり歌わせてくれて安心&ちゃんと自分で歌えって思いました。


そしてDIAMOND DAYS!これ一日目だけでしたけどぼくこの曲結構好きなんですよね

リリイベで武道館に向けての曲って言ってたんで今回みたいなときにはわざわざ全体曲1曲として

フューチャーしてこねえかなあと思っていた矢先やられてしまいましたね

サビのフリがマジで可愛くて最高で振りコピしても楽しいのでぜひおすすめな一曲ですね。


ここは二日目でセトリ変わってWelcomeになってましたね。

武道館で聞けなかった曲なだけにうれしかったです。

せーのでじゃんぷですよ


んでこっからが765曲パートですね

乙女を大志を抱け、マジでありえん良いものですね

メドレー用に1番、2番飛ばしてラスサビくっつけたみたいな短いバージョンだったので

大和撫子〜のくだりが聞けなかったのがちょっと残念でしたけどね。あそこめっちゃ好きなので。


ALRIGHT*、これもいい。

歌い出しは流石にあずみん歌うやろ、とか勝手に思ってたらいきなり

愛美の声聞こえてほーぅ?ってなりましたね。


からのポン・デビーチ、この曲は10thで聞いた以来すごく好きになってしょっちゅう聞いてるんですが、

また聞きたい!ってすごく思ってた一曲だったんで聞けて嬉しさしか無いですね

コールめちゃくちゃ楽しいですしね


蒼い鳥、いいですね。

最初何だこの曲?ってなったのは内緒です

ゲーム版のオケ使ってたらしく、あんま馴染みない感じで新鮮でした。


そして自分rest@rt、これはまあ説明不要な良さがあります。

2日目はここがHAPPYでしたね。


そんで、ここからがLTD曲やらをオリメンで歌っちゃったりしよう枠ですね

ジャングルパーティー、すごい。

何がすごいって顔がすごい。

下田と稲川英里の顔のすごさがすごい。

まじで稲川英里は今回のMVPを与えるぐらいの顔芸を披露してくれて

本当に最高でしたね。


これきり無い気がするので、曲一つ一つ枠はこのへんでヤメておきます

なんていうかこっから本当にぼくが書きたかったことをかいていきますね。

まずこのライブのことを書くにはこの前にあったプロデューサーミーティングの話は外せないと思うんです。

プロデューサーミーティングは1月に東京体育館で行われたのですが、

9thの会場でも有る東京体育館を埋めた割にはあまり曲もせず、

MCの中ではキャストが限界だ、みたいな話がちょこちょこ漏れていました。

正直に書くと、この時765ASの未来はもうないんじゃないか、と思いました

このプロデューサーミーティングは10thのときに全員集合できなかったから、

そのためだけに用意された存在で、もうこれで最終回なんじゃないか、という感じが凄く漂っていました。

まあキャストの中には結婚して家庭を持ったり、身体に爆弾抱えたりとそれぞれ事情が有るから、

それもしょうがないとおもいます。10年という年月をかけているコンテンツをあまり他にみたことがありませんから。

しかもアイドル、これをテーマにやってきているわけですから10年間毎年のようにライブを続ける、

こんなの他にはあんまり見たことないです。

アイドルアニメと言えばラブライブですが、あれはちゃんと幕引きをしっかりやって

ここで解散だよ、ってしっかりやって後腐れなく活動を終えました。

ラブライブ、個人的には正直好きではありませんが、あの幕引きはすごくうまいな、って思いました。

アイドルマスターみたいに10年間続けることも大切ですが、キャストのことを考えてしっかり終わりを決めるのって勇気のいる判断だと思います。


僕は10thライブからアイマスライブに行き始めましたが、(厳密には劇場版の打ち上げのLVからですが)

やっぱり765ASが好きで、765ASが好きだからアイドルマスター全体を好きになった、そういう部分があるんです

765原理主義といえばあまり聞こえは良くないかもしれないですがやっぱ765ASあってのアイマスだと思ってました。

そしてプロデューサーミーティングを見た時、今後一切このような765ASのライブは行われないんじゃないか、

そんな気持ちを持ってしまいました。

765ASには引導が渡され、今後はデレミリでコンテンツ展開してくからな、っていう

運営サイドが言っているように感じるとすごく悲しい気持ちになってしまいました。


この台湾公演とプロミの間にはミリオンの武道館がありましたが、

その時発表されたアニメPVで最初数分間765ASの姿が見えなかった時、

プロミで持った不安がまた再燃して来て、ミリオンのみんなが動いてる!事務所にいる!喋ってる!

よりはそっちの事ばかり考えてしまいました。

最後ライブシーンで765ASの姿が見えたときには、何か救われたような感情で叫んだことを覚えています。


そして今回の台湾公演です。

プロデューサーミーティングで満足にライブパートが見られなかった分、

少し期待してLVを見に行くことを決めました。

今回のライブは、短いながらもメドレーで詰め込むことでしっかり曲をやってやろう、

そんな気持ちが感じられるライブでした。

それはもちろん765ASの曲も。

765MILLION STARSとして単独ライブを行うのはこれが初めてだと思います。

最初は先輩として引っ張ってきた765ASが、ミリオンライブに置いていかれるような

そんな印象を抱いてしまったぼくでしたが、765MSとしてライブをしてくれることで、

連れて行ってくれるんだ、そんなふうなことを思いました。

そしてこれからも765ASの姿を舞台の上に見ることが出来るんじゃないか、

希望を持てるライブを見せてもらいました。

MCの中でも言っていましたが、これは第一歩だと思います。

世界進出、と言われるとちょっと笑ってしまいますが、

765MSとして合流したライブを今後も展開していく第一歩になればいいなと心から思いました。

自分rest@rt、この曲をやったときに、僕はなにか765ASのリスタートになってくれる

ような気がして少し涙ぐんでしまいました。

そしてやっぱり、他のメンバー、765ASの13人、ミリオンの37人、

このメンバーのライブもすごく見てみたいです。

このような機会が今後やってくれるかはわかりませんが、

765MSとしてライブ展開をしていってほしいとぼくは心の底から願っています。

武道館でミリオンが37人揃った景色、あれは本当に圧巻でした。

全員集合はすごく難しい条件ですが、死ぬまでに一度でも50人のライブが見たいです。


本当に今回の台湾公演は素晴らしく、

どこを取ってもいいとしか言えないライブでした。

1日目の終わりには明日に台湾に行く方法ってないのか?とか考えてしまうぐらい素晴らしかったです。

今後もこんなライブをどんどん味わっていきたい、味わわせてくれ、そう思いました。

tattun52 at 23:59コメント(0)トラックバック(0)