iOSアプリを更新しました


iTunesストア

挙動に変更はありませんが、サーバー含めて変更が入っています。

アプリ側
github
・ATS(App Transport Security)対応
・Swiftのバージョンアップ対応
・ライブラリ管理をCarthageとCocoaPodsの併用に変更

サーバー側
github
・playframework2からrailsに変更(現在は平行運用)
・一部文字化けに対応
・https化

RailsアプリをHerokuで動かす時のパスワード管理パターン(figaroによる環境変数の管理)

パスワードやAPI Keyなど、gitにcommitしたくない情報の扱い方に関するパターンのメモです。今回はHerokuでアプリを動かす場合を想定しています。

まとめ

figaroを使い、設定ファイルはgitignoreする。

ローカルでの開発中

figaroというgemを導入します。その上でconfig/application.ymlに秘密にしたい情報を記載し、gitに追加されないよう、このファイルを.gitignoreに追加します。
設定するときのapplication.ymlの書き方はこのようになります。
consumer_key: "password"
Rubyから参照するときはENVから値を取り出します。
ENV["consumer_key"]

Heroku環境での設定

application.ymlの内容をherokuの環境変数に反映するには、以下のコマンドを使用します。
figaro heroku:set -e production
環境変数の一覧はこのコマンドで確認できます。
heroku config
ちなみに、環境変数を1つずつ設定する場合はこのコマンドです。
設定
heroku config:add KEY=VALUE
削除
heroku config:remove KEY

これ選択の設定管理方法

dotenvを使う
rails以外でも使用可能です。

config/secrets.ymlを使う
rails4.1以降で使用する事ができる、railsの機能です。
ただし、Herokuではconfig/secrets.ymlが必須になっており、secrets.ymlをgitignoreする方法が使えません。
Herokuに限定した場合はfigaroが簡単そうです。Heroku以外のプラットフォームも考えた場合はsecrets.ymlがサポートされている可能性もあるので、プラットフォームごとに検討が必要です。

参考

Getting Started with Rails 4.x on Heroku | Heroku Dev Center
Rails4.1のsecrets.ymlはfigaroと違うの? - PILOG

Androidアプリを更新しました

 Yahoo!Pipesサービス終了に伴い機能しなくなっていたAndroidアプリの修正を行うついでに、アプリの全面書き直しを行いました。

アプリはこちらです
チェックトレンド

ソースコードはこちらです。
github

iOS版はこちらです。
Xcode6でiOS7とiOS8向けにSwiftでアプリを作成する際の注意点 - えんたつの記録


 今回の修正では画面をFragmentを使うように修正したのが大きな変更で、それ以外はButtonとListViewが基本となったシンプルな画面です。次はリスト部分を2段に修正してIntentでの連携強化など進める予定です。
このサイトは
 Webアプリケーション開発のことや、iPhone・Android向けアプリ開発の話題がメインです。技術情報を取り扱っています。
 管理:えんたつ。twitter: @tattyamm
mimage
検索
広告
カテゴリ別アーカイブ
twitter
RSS
リンク
プログラミング本
アプリを作る時などに読んだ本
iPhoneプログラミングUIKit詳解リファレンス iPhoneプログラミングUIKit詳解リファレンス Android Layout Cookbook アプリの価値を高める開発テクニック パーフェクトPHP (PERFECT SERIES 3) JavaプログラミングBlack Book 2nd Edition (Black Bookシリーズ)
広告
なかのひと
検索