2006年12月29日

離婚問題-2

離婚の原因にあげられる理由として

『夫が家事を手伝わない』
『夫が浮気する』
『夫、妻のどちらかの価値観の違い』

まず、第一に家事に関しては、
私は共同で行えればそれで済む事ではないかと思う。
基本的に家事を馬鹿にする夫は、
企業内においても雑用や人がやりたがらない仕事を
する管理職に対し、金になる仕事じゃないと
決め付け差別してくる奴らが多い。
ここは、きちんと家事も習慣づけさせる事によって
雑用もまた仕事の一環だと、本心で思える
上司に育ててくれたら俺はその奥さんは
人間国宝だと断言できる!!

それに、子供にも家事を手伝わせて生活力を
身に付けさせるべきだ。
学校にも家事にすぐ子供が支援出来る様
家庭科の時間も積極的に取り入れるべきだ。
子供、妻、夫が共同で出来れば生活の事に
関しては、これが原因で離婚なんて無いと思う。
最悪の場合、ホームヘルパーを雇うのも手だし。
一度妻になる前にホームヘルパー等の介護施設で
働いてその中で認定の資格を得た者が
専業主婦をしても国から税金が貰える制度にしたら
問題ないと思うんだけどな。

後、夫か妻の離婚問題に関しては
対外その対象となる浮気や不倫相手は
職場か風俗にいる異性がほとんどである。
では、そんなに浮気が怖いのであるならば、
異性がどれだけ異性の事に夢中になってしまうか
毎回、カウンセラーを通して検査して貰えば
いいんではないか?
基本的に異性のいない職場であるのと、
発散できる場所を風俗ではなく
どこかサークルか施設に決めて、
賭博場や風俗は禁止する会議を会社と家庭ぐるみで
行えば問題ないんじゃないのか?
後、問題なのは事務役職の女性で
元水商売経験者の人は大抵はその人を紹介した
上司か社長のおかかえ令嬢みたいな人が多く、
肉体関係が絶対にあると言う事。
こういう女性に限って、事務内の来客対応と
水商売の接客対応を同じ価値観で見てるし、
昼の仕事には刺激の無い小遣い稼ぎ程度にしか
考えていなく、会社や世の中を繁栄させようなんて
これっぽっちも思ってないので、
短期で辞めるのが多いだろう。
こういうタイプの女性を相手にしてる男性なんて、

(特に妻子持ち)

はっきりいって信じられないくらいです。
こんなタイプの男女なんて企業にとっては
害でしかないし、

(水商売経験者を差別しているのではなく、
 職種立場を考えて社長や上司の生活金に
 取り次ごうとするな)

とにかく妻ががっちり男を性監視する役目を
しっかり持つべきです。

後、思想や趣向の価値観の違いなんですが、
アニメやゲーム、ファッションやスポーツ
その他ジャンル含めて、節約範囲か
借金しない範囲であれば許しあう必要があります。
異性同士のコミュニケーションを放棄し
趣向や思想にハマってるのは、
産まれてくる子供と触れ合う為の勉強として
行ってる場合もありますし、
ひょっとしたらそれで飯が食える様に
サイドビジネス的な事を考えられるかもしれないですし。
逆に思想や趣向にハマらない人間なんて
つまらないですよ。

ただ、DVだとか浮気だとか借金だとか趣向だとか
いろいろと問題があって理由はわかりますよ。
いじめじゃないにしろ、
異性同士のコミュニケーションって
結構、難しいですからね。
でもね、これだけは言いたい。

離婚の傷跡は、絶対子供に響く!!

本心で離婚を笑って喜ぶ子供なんていない。
親に酷い事されたからって和解して欲しいし、
芸人が親の離婚問題を笑いのネタにしてるけど、
あれ成功して当人だから言える立場であって
本心では面白いとは思ってないですから。

妻、夫に該当する者達に対して、
今後離婚問題の危機が訪れるであろう予兆に
対してのアドバイスではないんですが、

『離婚歴は双方が社会や職場復帰する上で
 確実に履歴に響く』
『子供やパートナーの問題を理由にして
 職場から逃げる(休暇申請)な』

きついようではありますが、これだけは
子供から独身を通した人間の子供のいる
夫婦に対して言える子供に代っての文句です。


トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星