経済的自由人への旅

毎日、何かに追いかけられている自分・・・・・。 自分の人生、それだけで終わりたくない・・・・。 そこから離れる考え方、ノウハウ 一緒に探しませんか?

いくつかの手段を持つ必要性

最近、失業、収入減などの言葉よく聞きます。

聞くというよりも、深刻さを増した危機感を感じると言い直した方がいいかもしれません。

会社の収益減→  必要経費の削減する事で、収入はそんなにかわらなくても、利益という数字を伸ばす事ができる。

                ↓

               リストラ


会社にとって自分って何だろう?・・・と感じる瞬間でした。

会社に働く、または、働こうとする人は、生活の安定を求めての事のはずなのに
会社にとっては、利益を伸ばすために人が必要か否か?

何か矛盾を感じませんか?

そして、会社に100%求める事の危険を感じませんか?

サラリーマンがダメではなく、しながら別分野での開拓が必要と思いました。

別分野=労働して得る以外の事です。

でも、誤解しないで下さい、楽して不労所得ではありません。

今、問題になっている派遣切り・・。

あくまでも、私の考えですが、アメリカのマネーゲームのツケが
一般国民に回ってきた現象ではないでしょうか?

悪い言い方をすれば、マネーゲームですが、良い言い方をすれば運用です。

なかなか現状は難しいですが、その恩恵をいただく権利、あるように思いますし、身を守る手段になるのでは?と考えるのです。

会社の収入が途絶えた時、食べる物も買えないなんて悲しすぎます。

一般的には、失業保険、貯金、再就職と考えますが、もうひとつ視野を広げたい・・
そう考えてます。

初めの一歩

かなりご無沙汰になってしまいました。

きっと、もう、忘れられちゃってますよね。
なんせ半年ぶりですから・・・。

正直、理想論ばかり並べていたような感じがして

「・・・で、あなたは、何か取り組んでいるの?」と問われたら何も言えない私がいました。

そして、何か探し求めている自分を感じていて、それが、空洞という形で
感じていたんですね。


昨年あたりからFXに興味を持っていました。

まぁ、もちろん、デモからですけど・・・。

取引画面開いた途端、「分からないっ!」&眠くなる・・・。

なんというお粗末な事でしょう。

分からないなりにやっていたある日、強いトレンドにたまたま乗ったんですね。

数字が目まぐるしく変わっていく・・。残高はおもしろいように上がっていく。

ロバートキヨサキが言う『お金に仕事をさせる』の一つにならないだろうか・・?
そう感じました。

たぶん、本当に指すものは、仕組みを作る為に投資してお金を生ませることでしょう
けど。

労働以外で得る手段の開拓は必要と感じたのでした。

ファイナンシャルインテリジェンス

ファイナンシャルインテリジェンスって聞いたことありますか?

私は、ロバート・キヨサキ氏の本で初めて知った言葉です。

正直、この言葉をどう受け止めて良いかわかりませんでした。

インテリジェンス・・・・知性、理知、情報、知識

よく、言葉の表現で『ファイナンシャルインテリジェンスを使えば・・・』という
のが出てきます。

何か特別なノウハウなのか?・・・・

この本のどこかに書いてあるのか?そんなに言うのならさっさと教えてくれよ!
・・・と思ったものでした。

最近、本を読んでヒントになる話を見つけました。

ロバート・キヨサキ氏が昔、金を買った話です。

値が上がるというのが流れ、買ったものの確かに値上がりはしたが、
結果的には損をしてしまったという話です。

もっと値上がるだろうと思っていたら下がってしまったという事ですが、
その時のコメントに『本物のお金である金であっても損が発生する』
『人を金持ちにするのも貧乏にするのも最終的には、その資産に関わる
情報や、知識、知恵である』
という事。

情報は、ただ単にこれから値上がりするとか否かではなく
今までの流れや、ルールの変化を知る事も一つの情報です。

今、起きている事も知る事も情報でそれについていろんな角度から見ることが
初めの一歩と感じました。

少し前の話ですが、ソ連が崩壊し、ロシアになってハイパーインフレになった事
覚えていますか?
今、裕福層にいる人たち少し前は普通の人たちだったという話。

私は何故?と思いました。外貨預金をしていた人達に勝利の女神がほほ笑んだらしいのです。
ルーブルが驚異的な暴落をしたので、外貨をもっていた人達の資産の価値が
上がったという訳です。

経済は、大きく変化する時があるようで、(経済に関わらずかも?)
今、先端にいる人が最後尾になる事もありえるって事です。
何が言いたいか?というと状況というものがガラリと変われば価値も変わるという
事なのです。

日本は昭和の初めの頃、士官学校に行き、兵隊になり、出世する事がエリートでしたが、戦争に負け、兵隊という立場の価値がゼロになった時、どうしたらよいか?路頭に迷ったという話もあったようです。

それに関わる情報を集め、判断をしていく・・・自分の経済的な問題も
情報を集め判断し、解決できたなら次のステージに進めるという事だと
感じました。その学びのステージは、人それぞれで、具体的には言えず、
体験談から何か学びなさいと言われているようにも感じます。
そのインテリジェンスこそが一番価値のあるもの、創り出す源なのかもしれません。

まだ、このファイナンシャルインテリジェンスというテーマは、模索中ですが
こんな考え方もあるかも?って思われた方、是非、コメント下さいね。


貧乏脱出計画その3

足を引っ張る自分

このブログに取り組むことによって、私にとって貧乏神は(キングボンビー)
何なのか?少しずつではありますが見えてきました。
そして、今の仕事に対する本音は何なのか?

正直、お恥ずかしい話ですが、生活費が足りなかったのが本音で、募集が出た時、
正社員で安定すればいいと思っていました。
パートの時より収入もかなり増え、生活も安定してきたのにかかわらず
“貯金が増えない?・・”この現象が続いています。

本田 健さんの本を読んだときグサッときた1行・・・

嫌いな事をやって仕事をしている人は、憂さ晴らしのためにお金をくだらないものに使う。

給料を慰謝料と勘違いするから、そんな使い方をしてしまうのだ。


まさに図星でした。
そして、憂さ晴らしに使っていた自分がいました。

休みになると、家にじっとしてられない・・何かしら理由をつけて出かけようとする自分・・・・。

さらにもう一つショックな事が・・

嫌いな事を仕事に決めた瞬間、本質的に自分に懲役刑を下しているのと同じ

・・ということ。

すすんで、自ら牢屋に入る事だ・・・そんな事考えてもいなかった。

節約しなくては・・という自分との戦い。また、”・・・しなくてはならない”となるとさらに使いたくなる。



持ち続ける知識とは・・・。



続きを読む

貧乏脱出計画その2

我が家には、超巨大なキングボンビーが居座って

一向にお金が増えません(T_T)

でも、気を取り直し作戦錬るぞー。


お金の流れについて

○お金という物についてどんな存在か?

まず、 〇箸錣困燭瓩襪發痢畛箸辰討呂い韻覆い發

     ¬姪櫃さい

     1いもの、もめるもと


・・・などなどマイナスなイメージ結構多くないですか?


そして、お金さえあれば幸せになると考えてしまう自分があります。

でも、よく考えてみると、道具に過ぎないんですよね。

超大昔、お金が存在しなかった時は、物々交換だったでしょうから。

食べられるわけでもない、価値というものが付加されていなければ

ただの紙切れなんですよね。

株式や、為替相場など見てて、情勢が変わるとそれについての価値が変動します。

でも、市場心理と言われりだけあって関係者たちが作り上げている感情にすぎず、 なんの根拠無いように感じます。

ちょっと注目されました”ロト6、3億2000万当てた男”

騙されてみたり、狙われてみたりいろんなドラマがありました。

それだけお金(=ただの道具)であっても、ものすごくパワーがあるんですね。

この本質をきちんと把握できていないと大変なことになるんです。

かえって当たらなかったほうがよかったり、自己破産に追い込まれたりします。

よく、ロバート・キヨサキ氏は、このコントロールがわかっていないと
お金が入る→消費というサイクルを加速させるだけといいます。

私の友人もミニロトで1等を当てました。

聞いてしまうと、聞かなきゃあよかったってどれだけ思ったか・・・。

でも、人間関係もおかしくなり、本人もかなり大変だったようです。

・・・で、話は本題に戻るのですが、
人間、誰しも恐怖と欲望という感情を持ち合わせて生きているということ。

お金を持たずにいられないから、必至に働き、もっとお金があれば、あれも
これも買える。人生のパターンが決まってしまう事になります。

このブログの”自由人への決意”を読んでほしいのですが、
私が今の会社を辞めようと決めた時のその後に襲ってくる不安定になる恐怖を
味わいました。
会社を辞めるという行為がこんなに恐怖と闘うの事とは思いませんでした。

あと、もうひとつ。

私の友人のご主人は大手保険会社に勤めてて、私からしたらうらやましいくらい
高収入をとっているのですが、話を聞くと足りないとよく聞きます。
もう少し、配分を考えてみてはと言いましたが、生活下げられないといいます。

これを別な表現で言うならば、給料を頑張ったから自分へのご褒美という使い方に
なるのでは・・?と思います。

どうも消費に走る・・・これがポイントのようですね。

でも、あひるもなかなか止められない。(T_T)


これを、恐怖と欲望が仕掛ける罠というもので、これが有名なラットレースという
ものなのです。




ブログランキングに参加してます。

もし、よろしければ1クリックお願いします。


人気ブログランキングへ
livedoor プロフィール
ちょいコガ
  • ライブドアブログ