mqdefault

覚醒剤と合成麻薬のMDMAを都内周辺で使ったほか、
自宅に隠し持っていたとして、
覚醒剤取締法違反と麻薬取締法違反の罪で
逮捕・起訴されているCHAGEandASKAのASKAこと宮崎重明被告。


弁護士から先月30日、保釈の申請が出されましたが、
東京地方裁判所は保釈金700万円で保釈を認める決定をしました。


検察から異議がなければ、ASKA被告は保釈金を納めしだい、3日中にも保釈される見通しです。


ツイッター上には薬物中毒者を保釈して大丈夫なのか?
という心配の声がありました。

中毒から治るのにかかる時間は? 


薬物をやめると離脱症状が出ます。
この離脱症状からは3~4日もすれば抜けられるといいます。
一般的には、常習化すると離脱が大変と言われますが、大差ない場合もあるようです。

それでも簡単に薬物を止められないとも言われます。
実際にやめるまで何年もかかる例も。

薬物で逮捕された有名人がその後2度、3度と同じ罪で逮捕されるのをたびたび見かけます。
この事からも離脱症状の後に、本当にやめる事が出来ず薬物に手を出してしまう事が多いのがわかりますね。 

ASKA被告 保釈認める決定

覚醒剤を使った罪などで起訴されているCHAGEandASKAのASKA被告について、東京地方裁判所は保釈を認める決定をしました。
検察から異議がなければ、ASKA被告は保釈金を納めしだい、3日中にも保釈される見通しです。

CHAGEandASKAのASKA、本名、宮崎重明被告は、ことし5月、覚醒剤と合成麻薬のMDMAを都内周辺で使ったほか、自宅に隠し持っていたとして、覚醒剤取締法違反と麻薬取締法違反の罪で逮捕・起訴されています。
警視庁などによりますと、ASKA被告は起訴された内容を認めているということです。
ASKA被告は5月17日に最初に逮捕されて以来、48日間にわたって警視庁の東京湾岸警察署にこう留されていますが、弁護士から先月30日、保釈の申請が出されました。
これについて、東京地方裁判所は3日午前、保釈金700万円で保釈を認める決定をしました。
検察からの異議がなければ、ASKA被告は保釈金を納めしだい3日中にも保釈される見通しです。

ネットの反応