2009年10月09日

35歳以上の高齢出産の人や遺伝性の保因者などは医師から出産前の検査を進められる事があります。超音波での検査や血清マーカー検査、羊水検査や絨毛検査などがありますが、いずれも赤ちゃんに異常があるかどうかを検査します。

超音波検査と血清マーカー検査はスクリーニング検査と呼ばれ、特定の病気があるかどうかの可能性を調べるという事になり、羊水検査や絨毛検査は確定検査と呼ばれ、正確な検査結果が出る方法となっています。

高齢出産の人が羊水検査などを行い、結果としてダウン症などの報告があった場合、どうするかが問題となります。検査結果によっては中絶という事を選ぶ夫婦もいることから、出産前に検査を行うことが問題視されて、いろいろな議論が行われているのも事実です。

>>健康な赤ちゃんを授かるには?

高齢出産の人はいろいろな事を調べている人が多くいますので、出産前検査を受けるか、受けて結果が出たときにどうするかなどを、夫婦でよく話し合い考えておくことがとても重要になってきます。

高齢出産のリスク
超高齢出産について
高齢出産した芸能人

tawawa01 at 09:43高齢出産 
35歳を過ぎてしまうと妊娠の可能性も低くなり、妊娠しても流産やダウン症というリスクを負うといった事になり、不安を抱く人も多くいることでしょう。ただ、一昔前は医療の技術もあまり高くなかったことから、高齢出産は危険を伴うことと考えられていました。しかし現代の医療はとても安全性が高くなっていますので、妊娠中に何の問題も無ければ分娩も普通に行われる場合がほとんどです。

とくに心配なのは、高齢出産はダウン症の子供が産まれる可能性が高くなるというリスクがあります。しかし、現在は出産前に検査を行ってダウン症である可能性を事前に調べることができます。
そのためにも妊娠中はしっかりと検査を行うことが大切なのです。

>>健康な赤ちゃんを授かるためには?

高齢出産だけど二人目が欲しい
高齢出産の危険性
高齢出産と流産の関係

tawawa01 at 09:37高齢出産 
高齢出産というと少し前までは30歳以上の人を言っていましたが、今では35歳以上の人を指すようになりました。その理由は現代の医療の進歩により寿命が延びた事や、出産時のリスクにも対応できる技術が進歩したことが大きな要因です。そもそも35歳を過ぎると妊娠中や出産時に様々なリスクが生じる可能性が高くなるため、区別する意味でも高齢出産と呼ばれているのです。

>>35歳以上に方に支持されている妊娠術があります!

現在では日本で高齢出産の最高記録は60歳となっていますが、これからこの年齢を超える出産もあるかもしれませんね!これらを考えると、今後は高齢出産の年齢も上がっていくと考えられます。

40歳の高齢出産
35歳からの高齢出産
高齢出産とダウン症

tawawa01 at 09:30高齢出産