静岡発!地方再生論

地方になくてはならない中心市街地、商店街について真剣に考えています。
当ブログよりマーケティングデータとして活用していただければ幸いです。 また、ビジネス、特に小売業やPドラッカーについて勉強中です。


中心市街地
大型商業施設-業績2011年8月-9月-10月-11月-12月-2012年1月-2月-3月-4月-5月-6月-7月-8月-9月-10月-11月-12月-2013年1月-2月-3月
百貨店ランキング2011大(中)型書店図書館シネコン国が認定した6地区JR主要駅乗客数の推移-新幹線利用者数
商店街とは何か?子供の教育という観点からの中心市街地「回遊性」はそう簡単なものではない
中心市街地と駐車場(上・・藤枝)-(中・・静岡)-(下・・浜松)
遠鉄百貨店、新静岡セノバ集客の動き
全国の東急ハンズバーガーキングの県内出店
2011年中心市街地を振り返る2012年中心市街地の動き回想2012年(上)-(下)

浜松市
中心市街地活性化次期基本計画-見送り再開発
再生!浜松の中心市街地【上】中日新聞が連載した「正念場の浜松中心街」-【中】堅調に推移している遠鉄百貨店のシェア-【下】再生論
浜松駅・新浜松駅周辺
遠鉄百貨店新館オープン発表-期待-出店店舗-ギャラリーモール-ギャラリーモールの愛称は「ソラモ」-10月1日「ソラモ」オープン-新館オープンまで1ヶ月-新館オープンに伴う駐車場サービス向上と交通渋滞緩和策-東海道線にお得な切符-ソラモにイルミネーション点灯-遠鉄百貨店新館、本日(2011年11月9日)オープン-遠鉄百貨店新館オープン当日の状況-静岡新聞が連載した「まちなか再生へ遠鉄新館開業」-オープンから1年、中心市街地に集客効果あり
2011年3月14日遠鉄百貨店全館グランドオープン
メイワン2013年3月7日、リニューアルオープンへ
鍛治町・千歳・田町周辺
一歩前進、松菱解体着手へ-松菱跡地が今秋フットサル場へ-解体中の旧松菱と浜松モールプラザサゴー-主観「フットサル場」について-解体工事がほぼ完了した松菱とサゴー跡地-アサヒコーポレーション、単独で商業施設誘致
商業施設を望んでいる人が半数以上(松菱跡地アンケート結果)
エクセル浜松-快適な空間-中心市街地と連携
「かじ町プラザ」に地方競馬の場外馬券売り場誘致-3階に「スパーキング浜松」今秋オープン-地方競馬の場外馬券売り場
浜松城を観光資源として活かせるか 上--
浜松モールプラザサゴー
第一通りオレンジパパ
「ビオラ田町」が再出発 -古ビルを芸術家に。これは空き室対策のヒントになるか
ザザシティ -「浜松ジオラマファクトリー」常設化へ -オープンから1年
「Amuse千歳」9月オープン
東街区
人口増加
昔の写真
浜松駅ダルマヤ

掛川市
掛川駅周辺
掛川市中心市街地の駐車場60分無料化社会実験、1月9日まで-結果は効果あり

島田市
島田駅周辺
新島田ショッピングビル-愛称は「おび・りあ」-「おびりあ」と本通り(動画)-新島田図書館オープン(動画)-こども館、年間利用者見込数を半年で突破-「おびりあ」1階に待望の店舗が2013年4月24日オープン-「ユーコープ島田おびりあ店」本日(2013.4.24)9:00オープン
島田市民病院移転-大学誘致-旧ジャスコ解体工事終盤へ
「環境配慮型都市」を策定へ

藤枝市
藤枝駅周辺
藤枝駅前地区総合再生会議発足
日の出地区再開発-藤枝駅前一丁目8街区再開発準備組合
PinkPotオープン発表-7月6日オープン
「中心市街地活性化基本計画」第2期申請へ
昔の写真
藤枝駅駅前1丁目

焼津市
焼津駅周辺
中心市街地活性化基本計画新計画案

静岡市
日経新聞が連載した「変わる静岡中心街」2011年歩行者通行量が4年ぶりに増加-2012年は2年連続増加
駿府城公園の「坤櫓」2013年度末完成予定
静岡駅・紺屋町エリア
パルシェ-売上目標・商圏-10月下旬全面オープン-2011年9月22日リニューアルオープン-オープンその後
PARCO
鷹匠・伝馬町・新静岡駅エリア
新静岡セノバ-動線・規模-オープン日を発表-アンケート結果「期待するものは?」-プレオープン-2011.10.5オープン-オープン後の波及効果
SHIZUOKA109
江川町交差点平面横断化なるか「電電ビル」リニューアル
七間町・呉服町エリア
呉服町再開発-潜在的需要の大きさ-分譲マンション「ザ・呉服町タワー」バーガーキングが「呉服町」に県内初出店
駒形通り商店街
七間町映画館跡・上下水道局移転計画-残り2館をヨシコンが取得-静岡市「上下水道局庁舎」用地92.5%を取得-計画を発表-変化する七間町
昔の写真
本通り七間町パルシェ一番町(1)-(2)

静岡市駿河区
組合設立認可「静岡駅前南町10地区第一種市街地再開発事業」

静岡市清水区
草薙「静銀本部」は20階建て2014年10月、「再開発」は27階建て2015年11月の完成を目指す
「えじりあ」再開発ビル概要

富士市
建設組合発足へ「JR富士駅南口再開発」

沼津市
沼津港との回遊性沼津の中心市街地は「回遊性」を生み出せるか・・上--
沼津駅周辺
イーラde鉄道高架化問題西武沼津店閉店-2013.1.31まで営業-本館、今夏解体着手へ
キラメッセぬまづ2013年6月29日オープン

店舗・医院・商業施設
大店立地法-届出オープン予定 2011年8月-10月-11月-2012年1月-3月-4月-5月-6月-7月-10月-11月-12月-2013年1月-2月-3月-4月-5月-7月-9月 NEW
東静岡大型SCオープン延期-どうなる?東静岡-大店立地法届出-東静岡SC説明会、残されたM氏のメモ-工事が本格化した東静岡大型SC-建設中の東静岡大型SC(動画)-売上目標は150億円-東静岡南北幹線開通遅れる、SCオープン後の交通渋滞に懸念-東静岡大型SC「マークイズ静岡」2013年4月12日オープンへ-中心市街地の脅威となるか?プレオープンで見た「マークイズ静岡」
うどんと炭火焼かぐらや、11月15日オープン決定
浜松「しまだ皮フ科クリニック」中区船越町に初夏開業-6月1日「六間道路」沿いに開業
マクドナルド、郊外へ大型化ローソン100、新規出店加速かビックカメラに調剤薬局併設東急ハンズの小型店積極出店マキヤ、小型食品店を積極展開大手ドラッグストア、出店加速コンビニランキング20112012年度大手家電量販店の出店計画公表通り地方中核都市へ出店する「東急ハンズ」復興需要が追い風か?「セブン&アイ」2012年2月期の営業利益最高を更新の見通し「エーエフシー」西武沼津と静岡伊勢丹へ2012年3月オープン薬剤師不足「ドラッグストア」解消なるか眼鏡市場、大都市圏へ出店攻勢東京の新築ビル、賃料、空室率が好転右肩上がりの「空き家率」話題のスーパー検証「静岡市の良好な商業環境の形成に関する条例(仮称)案」-「良好な商業環境の形成に関する条例」可決
牧之原市「セブンイレブン牧之原菅ヶ谷店」2013.2.28(7:00)オープン出店相次ぐ「焼津市南部土地区画整理事業区域内」

インフラ
焼津の旧150号線新ルート-2011.8.1開通富士宮の鉄道高架事業遠鉄高架化延伸-遠鉄高架化「助信〜馬込川」開通間近、交通円滑化に期待(動画1)-(動画2)八ッ場ダム建設の是非もうすぐ新東名開通と実感新東名開通まであと2カ月・上・・開通は4月14日、最高速度は100キロか-中・・新たな商業施設SA、PA-下・・ジャンクション-4月14日開通非常に便利になった「TOICA」ほか交通系ICカード

企業・行政の動向
静銀、介護・医療分野を強化浜松市、遊休市有地売却を民間不動産業者へ委託遠州鉄道、高齢者事故防止へ一役ドットオンタイム、体験型セミナー開催浜松市行財政改革推進審議会、区の再編を提案首都機能移転再燃静岡県実質経済成長率(4月〜6月)、5期連続全国値を上回る一期一会トータルケア、自立支援セミナー開催-本社を中心市街地へ移転、本格始動-震災復興を祈り自分たちに出来ること、デイサービスから島田市長に託す
アイクス税理士法人、鳥取県に進出御室健一郎会長続投、浜松市行革審市営住宅の新しい流れ「借上型」遠州鉄道、2012年3月期連結当期純利益は前期比50%増事業継承のモデルとなるか。清水区「蒲原屋」発!新たな商店街の姿静岡鉄道、2013年「アフタースクールケア事業」に参入宅配便の2011年度取扱個数、過去最高を更新「東静岡」市有地利用方法を市民からの公募について-建設ラッシュの東静岡「北側」-「南側」

出来事・その他
第93回全国高校野球静岡大会開幕-ベスト8-静高22回目の甲子園出場-甲子園大会2日目静高、強豪習志野に敗れる
第64回秋季高校野球 県大会
連覇を狙う静高、今年の決勝は「あしたか球場」第94回夏の高校野球開幕
秋季高校野球東海大会、静高惜敗、常葉菊川は選抜に王手
9月21日の台風15号 ふじえだ昭和博物館10月23日まで開催 なつかしの浜松市 写真で語る浜松の100年、10月16日まで開催 静岡市中心商店街 昔懐かし写真展、10月24日まで開催2011年大道芸ワールドカップin静岡、開幕 松菱の魅力「記憶の交差展」、11月9日から13日まで開催県内の城跡を巡る携帯GPSスタンプラリー、12月10日から開催2012年1月19日まで「みのる座」が島田市役所ロビーで再現浜松市制100周年を記念して「ヒストリックカー・パレード」1月22日開催フランチャイズショー2012開幕AppleとGoogleの喧嘩のおかげでわかったこと静岡県には強力なリーダーが必要だ!-静岡県民4.4%の署名運動届かず藤枝市、驚きの看板設置
草薙球場・・2013年セリーグ、リニューアルされた草薙球場で日程組まれる-外野スタンドが形として見えてきた-工事も大詰め「砂かぶり席に椅子設置」

51




三島駅南口東街区再開発に反対しているNPO法人の反対理由があまりにも酷い

51
24

三島市は2018年4月6日、JR三島駅南口東街区再開発事業の事業協力者を、代表のミサワホームとミサワホーム静岡、東レ建設、野村不動産、三菱地所レジデンス、アール・アイ・エーの6社で構成する「アスマチ三島プロジェクト共同企業体」に決定したことを発表した。この再開発はJR三島駅南口の東側約1.3haの敷地に、商業棟、ホテル・住宅棟、商業・住宅棟、駐車場棟の4棟のビルを2020年度に建設工事に着手し、2025年に完成させるという事業。商業棟は地上4階建て、ホテル・住宅棟は高さ99.5mの地上25階建て、商業・住宅棟は地上13階建て、駐車場棟は地上7階建て、総事業費を約220億円と見込んでいる。現状は、市有地である時間貸し駐車場のほか、飲食店などの店舗が建ち並び、土地活用の観点からは低密度の状況となっている。また、南北自由通路のない三島駅の現状を見ると、再開発事業により南口から北口への新たな導線ができる可能性もある。このように新しい三島の玄関口の顔として期待される中、三島市に事務局を置く「NPO法人グラウンドワーク三島」は、この再開発事業を署名活動までして反対している。また、この反対理由は、あまりにも一方的かつ合理性に欠けた内容だった。

NPO法人グラウンドワーク三島の公式サイトによると

・三島市には、今後30年間で、830億円もの公共施設更新費用(市役所や市民文化会館、生涯学習センター等の維持管理改修費)に関わる深刻な財政負担問題を抱えている。

・今のまま駐車場で利用すれば年間1.5億円が見込まれ、今後、三島市大場地域での新たなまちづくりが実現すれば、年間5億円の収入が予測され、県の計画と調整すれば、数十億円の支援が期待できる。

確かに830億円と聞くと大きな負担に思えるが、年間にすると27億6,700万円。830億円と表現するところが過度に財政負担を煽っていることが分かる。また、30年間同じ状況が続くことはありえない。今後はPFIなどを利用すれば、公共施設のランニングコスト圧縮も可能となる。前向きな考えが一切考慮されていない。
現在営業中の時間貸し駐車場は閉鎖されるので1.5億円の収入はなくなる。しかし、再開発が完成すれば市の財源である固定資産税の税収が見込まれる。総事業費220億円、仮に建物の評価額を総事業費の60%とすると132億円。132億円に税率の1.4%を乗じると建物の固定資産税は1億8,480万円となり、さらに土地の固定資産税も加わる。
このように都合の良いものは主張し、そうでないものには一切触れないのが分かる。また、三島市大場地域の新たなまちづくりとは現時点では実態がなく、それを5億円の年間収入と見込んで比較の対象とするのはおかしいと思う。反対するほとんどの人の特徴として一つ言えるのは、その反対に対する代替案がないということだ。反対するには一定のマナーと建設的な意見を述べるのがフェアーではないかと思った。
IMG_9279

IMG_9283

IMG_9281

動き出す浜松「旭・板屋地区」再開発と船越町に「ながたクリニック」が開業

51
24

浜松駅北口の再開発が本格的に動き出した。旭・板屋地区の再開発ガ完成すれば駅前の風景がまた変わってくることだろう。この流れを上手く旧松菱跡地の再開発につなげてほしいと思う。

【中区船越町に「ながたクリニック」が開業】
ながたクリニックは東街区の北側で、六間道路沿いの船越町バス停前に位置し、周辺には静岡文化芸術大学などが立地する若者の集まる町で、2018年5月1日に開業する。主な診療科目は、形成外科、皮膚科、美容皮膚科で、今まで携わった形成外科医としての経験と専門性の高い技術により安心安全の美容の提供にも期待が掛かる。院長の永田ドクターは県立磐田南高校から浜松医大を卒業し、聖隷浜松病院、浜松医大、浜松医療センターの勤務を経てこの度開業することになった。
http://nagata-keisei.com/index.cgi
IMG_9308

IMG_9309

IMG_9310


【旭・板屋地区の2件の再開発の建設工事が始まる】
旭・板屋地区第1種市街地再開発事業は、A-1、A-2、B、C地区からなる再開発事業で、B地区の「D’グラフォート浜松」は2006年に完成、C地区の「シティタワー浜松」は2010年に既に完成している。A-1地区は、地下1階、地上13階建て、高さ44.71m、延床面積8,025.04㎡の再開発ビルを2019年3月末に完成させるという計画で、現在建設工事が進められている。地上1階は店舗で、2階以上のフロアには浜松市に本社を置く株式会社呉竹荘が展開するビジネスホテルが入る予定。A-2地区は、地上30階建て、高さ122.33m、延床面積38,274.27㎡、総戸数246戸のタワーマンションを2020年3月に完成させるという計画で、現在建設工事が進められている。
IMG_9293

IMG_9302

IMG_9303

IMG_9296

再訪中心市街地021・・兵庫県姫路市(2018年01月)

51
24

2015年12月以来、2年1ヶ月ぶりの姫路市。百貨店のヤマトヤシキは閉店するがフォーラス跡地は新たに姿を変え、JR姫路駅周辺にはホテルや飲食ビルがオープンし、より一層駅前に商業施設が集中していく様子を見た。また、姫路駅ビルから商店街までのアクセスが良く、北口周辺に一体感があることを強く感じた。

2015中心市街地探訪040・・兵庫県姫路市
https://youtu.be/eT1ijma3plQ

【ヤマトヤシキ姫路店が2018年2月末に閉店】
ヤマトヤシキ姫路店が2018年2月28日に閉店する(2018年1月時点)。同店は、店舗面積17,051㎡、地下1階から地上8階までを営業フロアとする百貨店で、2017年2月期の売上高は122億円。ヤマトヤシキの歴史は古く、明治39年(1906年)に洋品雑貨商として創業したのが始まりで、1947年に株式会社やまとやしきが設立され、1954年には百貨店協会に加盟、現在の姫路店は1957年に完成した建物。その後、2001年3月には加古川店がオープンしたが、リーマンショック以降の消費低迷などの要因により業績が悪化し、2014年に事業再生ADR手続きを申請した。2015年にADRが成立し、2017年8月末には過半数以上の同社の株式を取得した免税店大手のラオックスの傘下となった。2017年12月29日のヤマトヤシキのプレスリリースによると、建物の老朽化のための維持運営コストの増加が顕著になり、姫路店の建て替えが最善の策との判断の上、一旦姫路店を閉店し、加古川店に経営資源を集約するとあった。
IMG_7065


【姫路駅前のホテルモントレ姫路が2018年3月にオープン】
JR姫路駅北口に隣接するホテルモントレ姫路は、地下1階、地上14階建て、高さ64.11m、延床面積32,173.7㎡の都市型ホテルで、2018年3月23日のオープンに向けて建設工事が進められている(2018年1月時点)。客室数は274室で、西側に隣接するJR姫路駅、さらに東側の商業施設「テラッソ姫路」までペデストリアンデッキで結ばれるので回遊性向上も期待される。
IMG_7061


【姫路フォーラス跡地にホテルと分譲マンションが2018年秋に完成】
2016年1月末に閉店した姫路フォーラスの跡地に、ホテルと分譲マンションが今年2018年秋にそれぞれ完成する。姫路フォーラスは、店舗面積14,652㎡、東館と西館の二棟からなるイオングループが運営する商業施設。当初は、昭和46年(1971年)にジャスコ姫路店としてオープンしたが1987年にファッションビルのフォーラスに業態転換した。40年以上も親しまれたが、建物の老朽化や近隣大型商業施設との競争などの影響から2016年1月31日の営業をもって閉店した。西館跡地の(仮称)ダイワロイネットホテル姫路駅前は、地上13階建て、高さ47.38m、延床面積9,504.53㎡、客室数218室のホテルで、2018年秋にオープン予定。東館跡地は、地上15階建て、高さ44.94m、延床面積14,834.25㎡、総戸数128戸の分譲マンションで、2018年11月下旬の完成に向けて建設工事が進められている(2018年1月時点)。
IMG_7071

IMG_7072

JR藤枝駅北口再開発「フジエダミキネ」が2018年4月7日グランドオープン

51
24

JR藤枝駅北口の複合ビル「フジエダミキネ」が2018年4月7日にグランドオープンした。施設は0.9haの敷地に、商業施設棟、高齢者施設棟、住宅棟、駐車場棟の4棟からなり「藤枝駅前一丁目8街区第1種市街地再開発事業」により2018年1月に完成した。地上2階建ての商業施設棟と隣接する地上8階建ての高齢者施設棟の1階には、レストラン、カフェ、クリニック、薬局などの店舗が集まり、高齢者施設棟の2階以上のフロアには有料老人ホームの「コルディアーレ藤枝」が入っている。地上17階建ての住宅棟には、建設中に既に完売された総戸数110戸の静岡鉄道の分譲マンション「グランアネシス藤枝」のほか「おひさまの森保育園」が入っている。地上6階建ての駐車場棟には、駐車台数230台の市営駐車場と路線バスの待機所が設けられている。また、この再開発事業地の大半は、かつて軽便鉄道では日本一の営業距離を誇る静岡鉄道駿遠線の新藤枝駅とその鉄道施設の跡地だった。ここ数年の藤枝駅南口周辺は、BiVi藤枝、オーレ藤枝とその南館に続き、昨年2017年12月にはアスティ藤枝もオープンして、今後は旧アピタ藤枝店跡地の7,000㎡の開発も控えている。主に商業施設とする南口に対し切り口を変えた今回の北口再開発だが、藤枝駅の南北の棲み分けではなく、一体感あるエリアとしてのまちづくりが今後も期待されることだろう。
IMG_9189

IMG_9201

IMG_9200

IMG_9197

IMG_9202

IMG_9196

2017中心市街地探訪109・・京都府京都市

51
24

京都府の南東部に位置し、面積827.83㎢、人口1,472,904人(2017.11.1)の政令指定都市で京都府の府庁所在地。8世紀末「桓武天皇」が平安京を造営し、中央南北を貫く大路の左右を左京と右京に分け、さらに鴨川を現在の位置に移し1,200年の時を超える中心市街地の骨格が形成された。安土桃山時代には、豊臣秀吉が「御土居」と呼ばれる土塁を建造するなど城下町化を図り、正方形だった基本街区を長方形に改めるほか、寺院を一ヶ所に集め寺町が形成された。江戸時代に入ると政治の中心から離れたが商工業都市としての地位は変わらず、また、水運に適していない内陸都市の弱点を克服するため鴨川沿いの高瀬川を開削し、人と物資の大動脈が整備された。明治に入ると首都が京都から東京へと移り、人口が減少するなど衰退した時期もあったが、琵琶湖疏水を利用した水力発電が行われるなど近代商工業都市への一歩を歩みだした。明治22年(1889年)の市町村制施行では、東京、大阪に次ぐ人口279,792人(1889.4.1)の京都市が成立し、1895年には日本で初めて電車が京都を走った。第二次世界大戦では米軍の空襲により、静岡や浜松、沼津など多くの日本の都市が焦土と化したが、京都は大きな被害を免れ、歴史的文化遺産が今でも数多く残っている。昭和31年(1956年)9月、大阪、名古屋、神戸、横浜とともに全国初の政令指定都市に移行し、昭和56年(1981年)には京都市営地下鉄烏丸線が開業した。近年では平成6年(1994年)に、「古都京都の文化財」がユネスコの世界遺産に登録されるなど、年間観光客数5,522万人(2016年)を誇る国際観光文化都市としても成長している。行政区は北区、上京区、左京区、中京区、東山区、山科区、下京区、南区、右京区、西京区、伏見区の11の区で、経済の中心地は上京区、中京区と下京区。
静岡県からのアクセスは、東海道新幹線ひかり号で浜松から1時間10分、静岡から1時間35分、三島と熱海からそれぞれ2時間。こだま号では掛川から1時間50分、新富士から2時間25分。
中心市街地は、JR京都駅周辺とJR二条駅から二条城の南側、地下鉄烏丸線四条駅から京阪京都線河原町駅、京阪本線祇園四条駅までの一帯と、京阪鴨東線出町柳駅周辺のエリア。
静岡県の中学校の定番である京都の修学旅行と、大人になってから見える京都はそれぞれ違ったもので、知識が増えれば増えるほど京都巡りは楽しくなる。四条、河原町、祇園などの鴨川周辺は、百貨店や商店が軒を連ねる今も昔も多くの人で賑わう商業エリアで、京都駅周辺は、駅ビルの集客力は盤石で、京都丹波口間新駅開業は梅小路公園へのアクセス向上に期待がかかる。先の大戦で大きな被害を免れた京都の町も、1200年もの歴史の中では破壊と復興の繰り返しだった。平穏な現在でも京都の町は常に何かが新しくなっているのが分かる。伝統ある都市こそ、挑戦であることを実感した。

【JR京都駅】
東海道本線(京都線・琵琶湖線)、山陰本線、奈良線、湖西線、東海道新幹線のほか、高山、金沢、新宮、鳥取、天橋立、関西空港方面への直通列車が乗り入れ、2015年度の1日当たりの乗車人員は237,759人(その内新幹線37,167人)。駅は在来線が9面14線の地上駅、新幹線が2面4線の高架駅で、駅の北側には京都駅ビルのある中央口、南側の八条口のほか、西口、地下中央口、地下東口、新幹線中央口などの改札口が各所にあり、南北自由通路の南側には近鉄線、地下東口の北側には地下鉄線乗り場がある。新幹線高架下の1階部分には、駅ナカ商業施設の「ASTY京都」が入り、土産物店から飲食店など約50店が集まっている。八条口は、路線バスとタクシー乗り場、一般乗降用スペースが京都駅と八条通の間に収まっていて、南北自由通路から伸びるペデストリアンデッキが南側に突き出ている。中央口(表玄関)の観光客など多くの人の行き来がある駅前広場の中央には路線バス乗り場、東側にはタクシー乗り場がある。
IMG_6251

IMG_6162

IMG_6128

IMG_6130

IMG_6134

IMG_6137

IMG_6141

IMG_6144

IMG_6480

IMG_6479


【近鉄京都駅】
京都線が乗り入れ、1日当たりの乗車人員は52,041人(2015年度)。駅は4面4線の高架駅で、頭端式ホームが西側、改札口や切符売り場などの駅施設はJRの南北自由通路に面する2階東側にあり、1階には近鉄名店街「みやこみち」が入っている。
IMG_6188

IMG_6182


【近鉄京都線】
京都から大和西大寺までの延長34.6kmを結ぶ路線で、奈良方面のほか、松阪、伊勢、賢島方面への特急列車も乗り入れる。

【京都市営地下鉄京都駅】
烏丸線が乗り入れ、1日当たりの乗車人員は61,211人(2015年度)。駅は1面2線の地下駅で、JR地下東口とつながるコンコース階には改札口や切符売り場などの駅施設、その1段下がった地下がホーム階。
IMG_6866

IMG_6863

IMG_6864


【京都市営地下鉄烏丸線】
国際会館から竹田までの延長13.7kmを結ぶ路線で、1981年に京都で最初に開業した地下鉄。

【京都駅ビル】
地下3階、地上16階建て、延床面積235,627㎡の駅ビルで、1997年にオープンした。駅舎としては国内有数の規模を誇り、高さ60m、東西470mにも及び、ジェイアール京都伊勢丹、京都劇場、ホテルグランヴィア京都のほか、多くの専門店が入る複合商業施設。
IMG_6219

IMG_6225

IMG_6226


【ジェイアール京都伊勢丹】
店舗面積44,231㎡、地下2階から地上11階までを営業フロアとする百貨店で、2016年3月期の売上高は801億7,700万円。
IMG_6231

IMG_6228


【京都アバンティ】
店舗面積10,362㎡の複合商業施設で、地下1階から地上9階までを営業フロアとする商業棟には専門店から飲食店、結婚式場や龍谷大学のホール、隣接する地上13階建てのホテル棟には「ホテル京阪京都グランデ」が入っている。
IMG_6154


【イオンモールKYOTO】
店舗面積51,000㎡、地上1階から5階までを営業フロアとするSakura館、地上1階から4階までを営業フロアとするKaede館の二棟からなる商業施設で、2010年にオープンした。
IMG_6167

IMG_6170


【東寺】
延暦15年(796年)に創建された真言宗の総本山で、平成6年(1994年)に世界遺産に登録された。見所の一つである五重塔は、木造の塔では日本一の高さ約55mを誇り、寛永21年(1644年)に三代将軍徳川家光が再建奉納した。
IMG_6176

IMG_6178

IMG_6180


【京都駅前地下街ポルタ】
店舗面積10,200㎡、約140店が集まる地下街で、1980年にオープンした。
IMG_6242

IMG_6247


【京都タワー】
店舗面積5,151㎡、地下3階、地上9階建てのビルとその屋上に地上131mのタワーが建つ商業施設で、1964年12月にオープンした。地上100mの展望室からは京都市街が一望でき、その他のフロアにはレストラン、土産物店、温浴施設のほか、京都タワーホテルが入っている。
IMG_6221


【京都ヨドバシ】
店舗面積38,300㎡、地下1階から地上6階までを営業フロアとする家電量販店で家電のほか、ファッション関係の店舗やレストランなども入っている。
IMG_6249


【ビックカメラJR京都駅店】
店舗面積8,000㎡、地上1階から7階までを営業フロアとする家電量販店で、当時、関西地区では2店舗目のビックカメラとして2007年8月にオープンした。
IMG_6234


【東本願寺】
IMG_6257


【西本願寺】
IMG_6260


【烏丸通】
久世橋通から京都駅、京都御苑、北大路駅付近までの南北を結ぶ大通り。

【梅小路公園】
広々とした芝生広場のほか、京都水族館や鉄道博物館、市電広場、レストランなどが集まる13.7haの都市公園。
IMG_6872

IMG_6873

IMG_6875

IMG_6975


【京都鉄道博物館】
JR西日本が運営する日本最大級の鉄道博物館で、2016年4月にオープンした。館内に入ると、エントランスと本館をつなぐ全長100mのプロムナードには初代0系新幹線などの車両が展示されている。本館の1階には国鉄時代に活躍した特急列車やイギリス製の蒸気機関車のほか鉄道施設も展示され、本館2階はジオラマや企画展示室、3階には資料室などが入っている。屋外に出ると、国の重要文化財に指定されている扇形車庫に、明治時代から昭和にかけて活躍した蒸気機関車が展示され、その東側には蒸気機関車が牽引する客車に乗車できる「SLのりば」もある。博物館の出口となる旧二条駅舎は、鉄道博物館の土産物店などが販売されているミュージアムショップも入っている。旧二条駅舎の歴史は古く、明治37年(1904年)に開業した木造駅舎で、高架駅となった今の二条駅に変わるまで約90年間活躍し、その後駅舎は移築保存され、1997年に梅小路蒸気機関車の展示資料館として活用され現在に至っている。
IMG_6879

IMG_6882

IMG_6907

IMG_6910

IMG_6926

IMG_6929

IMG_6961

IMG_6968


【山陰本線「京都〜丹波口駅」間新駅】
京都駅から下り方面に約1.7kmに位置し、2面2線の高架駅と約1,000㎡の高架下駅舎を、2019年春開業に向けて建設工事が進められている。
IMG_6969

IMG_6970

IMG_6972

IMG_6973


【JR二条駅】
山陰本線が乗り入れ、1日当たりの乗車人員は13,243人(2015年度)。駅は1面2線の高架駅で、2階にホーム、高架下1階の自由通路には改札口や切符売り場などの駅施設がある。
IMG_6500

IMG_6487

IMG_6489

IMG_6490


【BiVi二条】
店舗面積15,117㎡、地上1階と2階及び4階を営業フロアとする商業施設で、レストランやカフェのほか、アミューズメント関係の店舗と「TOHOシネマズ二条」が入っている。
IMG_6495


【二条城】
徳川家康が慶長8年(1603年)に築城した平城で、その初代将軍「徳川家康」が将軍宣下による祝賀の儀と15代将軍「徳川慶喜」が大政奉還を行った場所としても知られている。明治の廃藩置県で京都府庁が置かれたという時期もあり、明治17年には当時の宮内省の管轄となり、昭和14年(1939年)に宮内省から京都市に下賜された。近年では、平成6年(1994年)に世界遺産に登録され、2016年度の総入城者数は1,904,202人。
IMG_6506

IMG_6508


【京都三条会商店街】
堀川通から千本通までの東西約800m続く全蓋式アーケードが設置されている商店街。商店街の歴史は、大正3年(1914年)に72の商店が三条会を組織したのが始まりで、現在は専門店から飲食店など約190店が集まっている。
IMG_6704

IMG_6707

IMG_6708

IMG_6709

IMG_6712


【京都市営地下鉄四条駅】
烏丸線が乗り入れ、1日当たりの乗車人員は48,586人(2015年度)。京都駅から四条駅までの所要時間は4分。
IMG_6538

IMG_6539


【四条繁栄会商店街】
四条烏丸から四条大橋までの東西約1km続く商店街で、百貨店などの大型店を含め約250店が軒を連ねている。
IMG_6545

IMG_6576


【東急ハンズ京都店】
店舗面積3,300㎡、地上1階から4階までを営業フロアとする専門店で、関西では7店舗目となる2014年6月にオープンした。
IMG_6549


【大丸京都店】
店舗面積50,830㎡、地下2階から地上8階までを営業フロアとする百貨店で、2017年2月期の売上高は673億2,600万円。大丸は享保3年(1717年)に京都伏見で呉服店を開業したのが始まりで、この京都店は明治45年に現在の地にオープンした。
IMG_6552


【京都信用金庫本店】
IMG_6555


【藤井大丸】
店舗面積15,237㎡、地下1階から地上7階までを営業フロアとする百貨店で、2016年度の売上高は108億円。明治時代初期に始めた呉服の行商がルーツで、その後に呉服店を開業し、昭和10年(1935年)に百貨店として業態転換した老舗。
IMG_6559


【阪急河原町駅】
京都本線が乗り入れ、1日当たりの乗車人員は39,615人(2015年度)。駅は1面3線の地下駅で、ラッシュ時では毎時15本、日中でも12本前後の列車が発車する。阪急京都本線は大阪の十三から河原町の45.3kmを結ぶ路線で、河原町から梅田駅までの所要時間は特急列車で43分。
IMG_6720

IMG_6724


【コトクロス阪急河原町】
店舗面積3,000㎡、地下1階から地上8階までを営業フロアとする阪急電鉄が運営する商業施設で、四条河原町交差点に2007年10月にオープンした。
IMG_6575


【京都マルイ】
店舗面積8,765㎡、地下1階から地上6階までを営業フロアとする商業施設で、2017年3月期の売上高は41億9,100万円。
IMG_6568


【京都タカシマヤ】
店舗面積47,837㎡、地下1階から地上7階までを営業フロアとする百貨店で、2017年2月期の売上高は848億1,500万円。高島屋は、天保2年(1831年)に古着と木綿を扱う店「高島屋」が創業したのが始まりで、明治時代以降は貿易会社、呉服店、その後百貨店を開業した。現在では大阪市中央区に本社を置き、国内19店舗、海外3店舗を営業する大手百貨店で、2017年2月期の連結売上高は9,236億100万円。
IMG_6569


【河原町通】
四条河原町交差点から北側に進むと、三条通までの南北540mには河原町商店街、その商店街には「坂本龍馬・中岡慎太郎遭難之地」があり、三条通から御池通までの南北190mはパレット河原町商店街となっている。
IMG_6588

IMG_6593


【河原町オーパ】
店舗面積9,812㎡、地下1階から地上9階までを営業フロアとする商業施設で、ファッション関係の店舗を中心に約130店が入っている。
IMG_6585

IMG_6587


【ミーナ京都】
店舗面積7,000㎡、地下1階から地上9階までを営業フロアとする商業施設で、核テナントの京都ロフトのほか、ユニクロやカフェ、フィットネスクラブなども入っている。
IMG_6599


【三条大橋】
鴨川に架かる橋で、かつては江戸日本橋を起点とする東海道五十三次の終点であり、京都見物のスタート地点でもあった。その界隈は、江戸時代には旅籠、問屋、両替商、明治時代に入ると金融、通信、運輸等の業種が集まる京都の中心として発展した時期もあった。
IMG_6607

IMG_6604


【三条名店街】
河原町通から寺町通までの東西約140mの全蓋式アーケードが設置されている商店街。
IMG_6609


【京都市役所】
IMG_6619


【ゼスト御池(地下街)】
店舗面積4,500㎡、専門店から飲食店まで約50店が集まる地下街で、京都市営地下鉄東西線の京都市役所前駅と直結している。
IMG_6626

IMG_6623


【日本銀行京都支店】
明治27年(1894年)に当時は出張所として開設され、1911年に支店に昇格した。
IMG_6627


【京都ホテルオークラ】
IMG_6614


【先斗町】
南北約500mの細長い通りで、江戸時代から続く京都の著名な花街の一つ。
IMG_6577

IMG_6757

IMG_6758


【寺町専門店会商店街】
御池通から三条通までの南北約210m続く全蓋式アーケードが設置されている商店街で、画廊や雑貨店などの店舗のほか、法華宗大本山本能寺もある。
IMG_6637

IMG_6639

IMG_6650

IMG_6652


【寺町京極商店街】
南北約530m続く全蓋式アーケードが設置されている商店街。400年以上前、豊臣秀吉が市中の寺社をこの地に集めたことからこの通りが「寺町通」と名付けられた。
IMG_6689

IMG_6693


【新京極商店街】
南北約530m続く全蓋式アーケードが設置されている商店街。明治初期に東京遷都で衰えていた市民の士気を盛り上げる為、寺院の境内を整理して、新たな通りを造ったのが始まりで、明治30年代には東京の浅草、大阪の千日前とともに日本の三大盛り場として有名になった。
IMG_6659

IMG_6660

IMG_6667


【錦市場商店街】
東西約390m続く全蓋式アーケードが設置され「京の台所」として400年もの歴史のある商店街。3.3mから5mの道幅に、漬物、野菜、佃煮、乾物、寿司など様々な食材を扱う約130店が集まっている。
IMG_6702

IMG_6698

IMG_6700


【祇園商店街】
四条大橋から八坂神社までの東西約440m続く片側式アーケードが設置されている商店街で、八坂神社の参道的役割のある東山の玄関口。
IMG_6728

IMG_6736


【八坂神社】
IMG_6734


【花見小路通】
三条通から建仁寺前までの南北を結ぶ通りで、特に四条通りから建仁寺までの南側約250mは、茶屋や料亭などが建ち並び、古都京都の趣を感じることができる。
IMG_6746

IMG_6748

IMG_6750


【祇園会館】
IMG_6739


【古川町商店街】
南北210m続く全蓋式アーケードが設置されている商店街で、主に食料品や日用品を扱う商店が集まっている。
IMG_6740

IMG_6743


【京都御苑】
東西約700m、南北約1,300mの敷地に、京都御所、仙洞御所、京都迎賓館などを囲む約65haの公園。桓武天皇により定められた平安京は、現在の京都御所から約2km西側にあったが、元弘元年(1331年)に光厳天皇が即位されてから御所とされ、明治に至るまでの500年もの間この地が皇居だった。
IMG_6520

IMG_6521

IMG_6523

IMG_6525

IMG_6527


【京都府庁・京都府】
京都府は、日本海側には福井県、内陸側は大阪府、奈良県、滋賀県と三重県に接し、面積4,613.21㎢、人口は2,600,476人(2017.11.1)で、京都市、福知山市、舞鶴市、綾部市、宇治市などを含む15市10町1村で構成されている。明治37年(1904年)に竣工した京都府庁の旧本館は、創建時から続く現役の官公庁の建物としては日本最古のもので、平成16年(2004年)12月に国の重要文化財に指定された。
IMG_6516


【同志社大学】
IMG_6529


【京阪出町柳駅】
鴨東線が乗り入れ、1日当たりの乗車人員は22,692人(2015年度)。駅は1面2線の地下駅で、地下2階がホーム、地下1階に改札口や切符売り場などの駅施設、地上に出ると北側に叡山電鉄の出町柳駅がある。
IMG_6845

IMG_6843


【叡山電鉄出町柳駅】
叡山電鉄本線と鞍馬線への直通列車が乗り入れ、1日当たりの乗車人員は7,663人(2015年度)。駅は4面3線の頭端式ホームの地上駅で、ホームは北側、駅舎は南側にある。
IMG_6846

IMG_6847


【出町桝形商店街】
若狭小浜と京都を結ぶ鯖街道の終着点であり、東西約160m続く全蓋式アーケードが設置されている商店街には、主に食料品や日用品を扱う店舗など約40店が集まっている。
IMG_6854

IMG_6855

IMG_6857


【京都市営地下鉄東西線】
六地蔵から太秦天神川までの17.5kmを結ぶ路線で、京都市役所前から滋賀県大津市の京阪浜大津までの直通列車も乗り入れる。
IMG_6762

IMG_6763

IMG_6764


【京福電鉄嵐山本線】
四条大宮から嵐山までの7.2kmを結ぶ路線で、一部区間は路面電車形式の併用軌道となっている。
IMG_6767

IMG_6769

IMG_6770
51
記事検索
来店者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

閲覧ページ数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログ統計
《ブログ統計》
PV/訪問者/累計
【2015.03】
19192/_8449/352162
【2015.02】
18750/_7376/343713
【2015.01】
19111/_8094/336337
【2014.12】
17199/_7055/328243
【2014.11】
19108/_7893/321188
【2014.10】
19524/_7294/313295
【2014.09】
18303/_7104/306001
【2014.08】
17942/_6837/298897
【2014.07】
19730/_7873/292060
【2014.06】
18181/_7265/284187
【2014.05】
19315/_7368/276922
【2014.04】
20111/_8123/269554
【2014.03】
19373/_7506/261431
【2014.02】
16890/_6376/253925
【2014.01】
17000/_6682/247549
【2013.12】
15547/_6213/240867
【2013.11】
17701/_6928/234654
【2013.10】
21768/_8295/227726
【2013.09】
19254/_7579/219431
【2013.08】
18597/_7769/211852
【2013.07】
21458/_9569/204083
【2013.06】
22018/_9321/194514
【2013.05】
22511/_9290/185193
【2013.04】
27567/11880/175903
【2013.03】
27380/11094/164023
【2013.02】
20454/_8315/152929
【2013.01】
26079/10586/144614
【2012.12】
24262/_9656/134028
【2012.11】
28315/11204/124372
【2012.10】
28494/10912/113168
【2012.09】
22234/_8659/102256
【2012.08】
20980/_8082/_93597
【2012.07】
18154/_6749/_85515
【2012.06】
18517/_6704/_78766
【2012.05】
16282/_6341/_72062
【2012.04】
13984/_5576/_65721
【2012.03】
16941/_6631/_60145
【2012.02】
16672/_6188/_53514
【2012.01】
21714/_7457/_47326
【2011.12】
18610/_7060/_39869
【2011.11】
25885/_8798/_32809
【2011.10】
34314/_9730/_24011
【2011.09】
23519/_7071/_14281
【2011.08】
12341/_3280/__7210
【2011.07】
_7872/_2358/__3930
【2011.06】
_2979/_1058/__1572
【2011.05】
__800/__244/____514
【2011.04】
___73/___41/____270
【2010.10.13〜2011.03】
_____/__229/____229
プロフィール

tayataso

静岡県出身
趣味:野球観戦、ビートルズ、読書、ドラッカー、商店街散策、新しいビジネスモデルを考える
職業:サラリーマン(出店サポート)
主な生息地:浜松、駿河区、島田、藤枝、焼津、富士宮
2級FP技能士、大気関係第4種公害防止管理者、行政書士試験合格、宅地建物取引主任者、2級建築士、1級土木施工管理技士、乙種第4類危険物取扱者

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ