December 2006

December 26, 2006

Japone

P1050873P1050868P1050861










無事戻ってきた、日本。
プレゼンの後午前5時半のバスに乗るため結局寝ることができず、3日間ベッドで
寝れなかった。
とはいえ座るたびに爆睡していたけれど。。。
おかげで楽しみにしていたMarcel Meiliの講演会も全然聞けず。

日本に帰ってきたらまずは買い物。
とりあえず本屋。
ある程度目星をつけていた本を買う。
柴崎友香、若林奮、荒川修作、佐藤卓、細野晴臣、小島信夫など。
なんだか中学生あたりから好みがあんまり変わってない気もする。
やはり親の影響は大きいと言わざるを得ない。
今のところ全くもっていい影響だといえるが。
今考えてみると留学前の自由な時間が、意外と自分の考えを深める上でとても重要だった
ように思う。
世間から見ればニート以外の何物でもなかったであろうけど、だんだん軸がぶれなくなって
きた感覚がある。
もちろん定まっているわけでは全然ないのだけれど。

それから展覧会へいくつか。
伊東豊雄展と阿佐ヶ谷の公団住宅での展覧会。
伊東さんのは素直に楽しめた。
彼が今興味をもっていることをダイレクトに伝える展覧会だった。
こういった身体的に楽める感覚は大切にすべきだと思う。
ただ、一方でテーマパーク化してしまう危険性には注意を払わなくてはいけない。
阿佐ヶ谷は初めて行ったのだけれどとてもいいところだった。
前川国男が設計したテラスハウスは、狭いけど外部とのつなぎ方やボリュームの配置が
とてもよくて、ゆったりして心地よい住環境を作り出していた。
改めて建築家の社会的な役割というものを考えさせられた。
もうすぐ再開発されて完全に変えられてしまうというのはとても残念。
どうしていいものを残していくことが出来ないんだろう。

それから代官山、原宿あたりで買い物。
いやー、かなり出しつくした。


taz001 at 21:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

December 22, 2006

帰国

P1050848P1050840P1050846






いよいよ明日の朝スイスを発つ。
4ヶ月は長かったような短かったような。
今日中間プレゼンがあって3日で睡眠時間2時間という今までの自分からすれば
信じられないペースで作業したおかげもあってまあまあうまくいった。
スイスらしく木で模型作ってみた。
とりあえずやたら重い。
即席の割にはなかなかいいものができたかと。

日本に戻ったら欲しいものが山積み。
展覧会にも行きたいし。
伊東豊雄展、大竹伸朗展、佐藤卓展には行きたい。
前川国男の阿佐ヶ谷の集合住宅でやってる展示も気になる。
日本語ラップのイベントにも行きたいし、あと月光荘で水彩画の道具を買って未知の領域に
足を踏み入れたい。

期待でいっぱいだけれど、すべてがうまくいくというわけではないのがまた難しい。。。



taz001 at 06:02|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

December 17, 2006

progetto

斜面に壁を立てて、そこに屋根をかける。

ただそれだけのこと。
それが難しい。
いろいろやろうとしすぎているのかも。
いかに何もしないかが大事。
プログラムとかダイアグラムとかではなく、具体的なものを使っていい作品を作ること。
シンプルに。


帰国まであと6日。
時間がない。。。


taz001 at 05:37|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

December 09, 2006

critica

P1040944P105066270e9re2






プロジェクトが始まって初めての講評。
結果から言うとかなり悪かった。。。

まず何がいけなかったかってプレゼンの仕方。
分析の写真でそのまま素材の話から始めたのがまずかった。
ここはスイスだからとか思ってたけどどうやら勘ぐる必要はなかったみたい。
あとズントースタジオを意識しすぎてたのもあった。

そんなこんなで今週のエスキスはまた仕切り直しという感じ。
基本的な考え方は変わっていないけど少し要素を増やした。
今度は図面を見せてしゃべり始める前に教授が「もうわかった。」と言って話し始めた。
その反応自体はいいことだと思うのだけれど英語でしゃべろうと思っていたのに
イタリア語で話し始めちゃうもんだからもう黙って聞いているしかない。
もっと語学を頑張らなきゃな。。。

でもとりあえず前回の分は取り返したから前へ進めそう。
一番の問題はどうしようもなく使えないパートナーかな。
何も出来ないなら黙っていて欲しい。

ちょっと一息ということで日本から送ってもらった保坂和志の「小説の誕生」を
読み始める。
今回はより建築的な話が増えてて刺激が多い。
主に時間と身体について。
いろいろ考える材料を与えてくれてありがたい。

年末は日本に帰れることになって今から楽しみ。
またいろいろ買い込んでしまいそうでちょっとこわいけど。。。

おまけでズントースタジオの写真ものっけておきます。

taz001 at 00:02|PermalinkComments(2)TrackBack(0)