January 29, 2008

mass


the prince


先セメスターの教授が好きだと言っていたりして、
何だか最近気になっているのが村野藤吾。
もちろん名前は知っていたけれど、
作品については詳しく知らなかったのでちょっと勉強したいなあと。
あと次のセメスターのテーマがホテルだということもあって(含願望)、
箱根のプリンスホテルを見に行ってきたけれどすごくよかった。

特に後期に顕著だと思うけれど、あのマッシブな
マテリアルの扱い方はなかなかない。
藤森さんも絶対影響受けてると思う。
また同時に和風建築もやっていて、
それを分裂症的に同時期にやっているのがおもしろい。
そして何より晩年まで固定しない設計に対する姿勢が素晴らしい。
最近は若いころからどんどん露出する人が増えているけれど、
建築家たるものそうありたいものです。

こちらにいるとどうしても「日本らしさ」みたいなものと
戦わざるを得ない部分があるけれど、
それを踏まえつつ、同時に「スイスらしさ」みたいなものも
学びながらうまくかたちにしていきたいと思っているけれど、
村野さんの作品はその上で何かヒントを与えてくれそうな気がします。

taz001 at 03:12│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔