April 15, 2010

Feature


前にも書きましたが、
ウェブ上で3月までいた事務所の特集を組んでもらっていたのですが、
その記事が無事に出そろいました!

architecturephoto.net - 特集"ミラー&マランタ"

あらためてこのような機会を与えてくれた
architecturephoto.netさんに感謝したいです。
まだ見ていない人はぜひ見てみてください!

この特集を準備したのはちょっと前だったのですが、
少し時間をおいて掲載してもらったことで
自分がやったことをある程度客観的に見ることができて、
あらためていろいろ考えさせられました。
また、事務所で毎日働いていると
ついつい目の前の作業で頭がいっぱいになって
自分が何をしているのか見失ってしまいがちですが、
日々の作業を少し離れて見ることができたという意味でも
とても有意義でした。
それにこの記事に対していろいろな反応もいただいて、
しかも自分の文章も掲載してもらって
とてもいい経験になりました。

スイスに来てから3年半経って、
とりあえず一段落したわけですが、
自分が今までここで学んだことを
自分が働いている事務所を通して
日本に紹介しているような感じで、
これから日本に帰るということを考えても
一度きちんと言葉にして
知らない人にも伝えることができたのは
すごくよかったと思います。
もちろん今回は事務所の特集であって
自分の考えていることと完全に一致しているわけではないけれど、
ボスとこの記事を作るに際して
いろいろと議論できたことはかなり貴重な体験だったし、
それを自分で翻訳して
(文字通りの意味だけでなくて
考え方をという意味でも)
書いたというのは今後も何らかのかたちで
生きてくるのではと思います。

これから日本に帰ったらしばらくは
「スイスの」という冠がついてまわるかもしれないけれど、
それをポジティブにとらえて、少しずつ自分で消化して
ちょっと違った風にかたちにしていけたらなあと思います。
もちろんそんなことはなかなかできることではないと思うけれど、
同時にそれぐらい時間をかけて煮詰めていく価値のあるものを
ここでは得ることができたと思うので、
これからもじっくりと向き合っていきたいと思います。

とりあえず残りのスイスでの時間をゆっくりと過ごしながら、
ちょっとずつ頭を切り替えていこうかなあと思ってます!

taz001 at 05:43│Comments(3)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by tip   April 15, 2010 09:36
おつかれさまでした。
そしておかえりなさい!

少しづつ「tazのスイス」となっていくよう日本でもがんばってください。
2. Posted by kooooooooon   April 17, 2010 03:14
はじめまして!!

architecture photoでのミラー&マランタの特集を拝見させていただきました。

この特集を見るまでミラー&マランタのことは全く知りませんでした。作品、インタビュー等の記事を見ただけですが非常に興味を持ちました。

ありがとうございました。
3. Posted by taz001   April 19, 2010 23:00
>tipさん

どうもありがとうございます!
スイスで学んだことをなんらかのかたちで生かしながら
頑張っていくのでどうぞよろしくです!

>kooooooooonさん

はじめまして。
そういっていただけるととてもうれしいです!
これからもいろんな仕事をしていくと思うので、
もしどこかで見かけたらチェックしてみてくださいね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔