迷宮キングダム

2009年04月27日

立憲中華街

090426 RE;Dにて、迷宮キングダム初体験。

ランダムに王国を作っていく……、「立憲中華街」という国名になりました(汗)

私のキャラは「当たるも八卦、当たらぬも八卦」という二つ名を持つ「ココア」。
クラスは国王で「ココア王女」の誕生です。
先王が崩御し、まさにココア新女王の戴冠式のその日、突然「ハグルマ資本主義神聖王国」のエージェントが現れ、立憲中華街の資産を差し押さえ始めます。
なんでも先王の借金が膨らみに膨らんでいたとのこと。
ところが資産や国民を売り払っても借金完済には届かず、怪しいギャンブル場を紹介されます。

ざわ・・・  ざわ・・・
  ざわ・・・   ざわ・・・

黙示録賭博場――。
ここが人生のどん底と信じて最後の賭けに出る負け犬たちが、壮絶な顔で勝負に挑む場所。
負けてさらなるどん底があるとも知らずに……。

そんな中、我ら一行は慎重に挑戦するギャンブルを選びます。
スロットの部屋……、ダイス運が直接関係してくるのでパス。
コロッセオ……、ハッタリで話を持ちかけ、有力な後援者(こちらはホントに金の余っている勝ち組の遊びとして賭博場に来ている)を得て剣闘士として出場。現チャンピオンの爆弾を背負って特攻してくる小鬼たちを撃退し、見事賞金と後援者からの援助金を得ます。
勢いに乗ってカードの部屋へ。
ブラックジャックの高額レートの台を見ていると、どうやらイカサマが横行している模様。
近くには血まみれの祭壇と、片腕を亡くしてのた打ち回る小鬼の姿が……どうやらイカサマがバレたらしいw
皆で勝負。
私のキャラは2D6で5以上が出ればイカサマ成功という局面でなんと失敗……、片腕を失いそうになりますが、何とか罰金を払って見逃してもらいます。
皆の視線の痛かったことw

その後順調に借金返済の目処がついたところで帰ろうとすると、勝ち逃げは許さんとばかりに運営側からの妨害に会いラストバトルに突入。
辛くも勝利し「立憲中華街」に凱旋。
ところが賭博場で頑張ってる間に「王国災厄表」を使ったイベントが起こっており、王国の悪い噂が近隣諸国に広まっているわ、隣国が襲撃しているわと散々な事に……。
その上「王国変動表」を振った結果、他所の国の属国になってしまいましたw

と、まあアクシデントだらけのセッションでしたが、面白かったです。
ダイスでランダムに決定する事項が多いので、ボードゲームのアクシデントカードを引くようなドキドキが楽しめます。
悲惨な目に逢う事を笑い飛ばしながら楽しむゲームですね。

レインメーカー at 01:14|PermalinkComments(2)TrackBack(0)