ポケモン界では特別なタイプである鋼。抵抗多すぎ、毒無効。得意な相手には滅法強い、というよりはむしろ、一部の相手以外には滅法強い、と言ってもいいと思います

そんなわけで、いろいろなポケモンを使おうとすれば避けては通れない存在です

ということで、ギルガルド・テッカグヤ・ナットレイの環境の三大鋼への対策は考えておきたい

環境にZ技が登場しましたが、この3体は全員守る持ちの確率が高いから、さらに鬱陶しい。ギルガルドはAダウン、カグヤは宿木や毒、ナットは宿木やステルス、とのシナジーもあり詰まし能力が恐ろしい

てか、鋼・しかも高耐久・地面抵抗が宿木を覚えるゲームバランスにした人に恨み言の1つや2つ言いたくなってくる

鋼は、残飯を奪えば結構処理しやすくはなるけど


◆ギルガルド
弱点保険、毒吐く、剣、Z技ぶっぱ、等々。いずれにせよ、安定した処理ができるポケモンは限られ、強制択ゲーに巻き込まれやすい

確定1発で飛ばすのに必要な火力指数は74855

一致地震だとA250相当が必要で、これは何らかの補正をかけなければ実現ができない

参考までに、他の場合を紹介(※トレーナー天国様ツール使用)

・不一致の剣舞地震 A実数値188から確定1発
・一致の珠大文字 C実数値177から確定1発
・一致眼鏡大文字 C実数値152から確定1発

Z技の場合、以前紹介したC176実数値のアシレーヌの、激流+わだつみ、は確定1発です。ですが結構ギリギリでして、高火力で有名なアシレーヌの激流+わだつみクラスでないと、等倍では落とせないということです

あとは不一致Zもありますが、前述通りZで鬱陶しいのはキングシールドでかわされるパターンです

等倍2発貫通にも37427相当の指数が必要です。C176実数値のアシレーヌだと、激流込みアリアでようやくの乱数2発。通常アリアを3発耐えられる可能性がある、という。堅すぎで笑えない

火力も何故か高く、対策ポケモンをZ技や毒で落とされたりすると、その時点で詰んでしまう危険性も高い。正直、コイツに後だし自体が危険。相手からすれば対策が見えてて、役割破壊も狙いやすい。なので、完封されるポケモン選出した時は要工夫


基本、通したいポケモンがコイツに強ければ問題ないのですが、フーディン使いたい!とかなると凄まじくめんどくさい。6世代メガサーナイト軸でいつもやってましたが、結局最後までどう対処していいか分からずじまいでしたね。いっつもゲンガーの初手道連れとかで無理矢理落としてましたね、クチートなんかも

てか、クチートもいずれ解禁なんですよね(←


今作はミミッキュに象徴されますが、個別対策が不可能に近い場合が多いです。全体の流れを読んで対処していく


・圧力をかけることに対して、危険性をつくる

・筋に関係が薄いポケモンで圧力を透かす


ギルガルドにキツいポケモンをどうしても通したいなら、前段階で誘ってどうにかするか、バルジーナあたりでサイクルする他ないと思います。セオリーとしては、見せ合い63なんだから無理なルートは選ばない、っていうのが基本になるでしょう(←


ん?対策の話しようとしたはずなんですが・・・

無理なルートは通らない、通れるルートを使う、これが対策です(←

どうしても通したいなら、不利な相手は誘って機能を奪うか、サイクル戦するか。ですが、ガルド相手にサイクルして勝てるポケモンは、一部の高種族値くらいだと思う

ジャラランガ出して、Zで飛ばされたりすると泣きたくなる

今作は流れの研究が特に重要そうです。盤面研究、とか言ったほうがいいかも?

グダグダですが以上です。ありがとうございました