この考察記事は私の傷心を癒すために書き始めました。ご了承ください。PCが何故かネットに繋がらないのでスマホからの更新となります。読みにくくてすみません


【前語り】
サイクル・対面・起点がポケモンの3大概念(?)としてありますが、人によって得意・不得意が存在するかと思います。それにより、苦手で抜け落ちやすい視点というものもあり、その場合は対戦相手の思考が全く読めなくなりえます

何でこんな記事書き始めたのか経緯を簡単に

たまたま、自分が知らない人のライブ動画に出てることに気付きました。試合は私が堂々と勝ってます、それはいい。しかし、相手視点が想像とあまりにかけ離れていたんですね

その方の最高レートは1900台みたいなんですが、逆に1900台でもあんなに考えられないもんなのか?と驚愕を覚えずにはいられません。何でこんな喧嘩腰なのか、っていうのはありがちな理由。その相手の動画内での口が悪く、終始こちらを馬鹿にしてる感じだったので、その傷心を癒したいっていう。穏やかすぎる表現ですね。やり返して溜飲を下げたい、のが近い。怒ってるんです、正直。不純な動機で申し訳ないです

今回記事のモチベーションはそんなことから発生したとはいえ、様々な実力派実況者の動画や上位構築記事を見ている感じでも、視点として抜けやすい苦手分野に傾向がありそうだ、とは感じます。そういう意味では、この考察テーマ自体は前々から気にしていたものです

ポケモンに限らず、相手が抜け落ちやすい視点に配慮するのは、あらぬ誤解をしないためにも大事なことだとは思う。自分の盲点に触れるのって新鮮で楽しい面もあるし、勿体ない気もする

ポケモンとは直接関係ないけど、人に3つの本能があってうんぬんって話は個人的には面白い視点だなと思ってる。セクシャル、ソーシャル、自己保存ってやつね。自分の盲点知っとくのはたぶん悪くない


【サイクル視点の盲点】
私自身はサイクルはあまり得意ではない、っていうのはまず最初に伝えておきます

サイクルは平たく言えば役割分担発想ですけど、これは環境の主流の考え方でもあります。私はこれと正反対に近い発想で動かしているので、サイクル発想の不思議さにも意識が向かいやすいと言えます

私がサイクル構築と戦う際、こっち視点で安定行動とってるだけなのに勝手に自滅してくれる、ってのがわりとあります。これが何故起きるのか、と言われれば、こちらの発想が相手にとって盲点になっているからだと思います

"得意な相手をぶつけたら逃げられて削れない。だから、微妙な相手を出して削りを入れよう"

ってやつですね。単純明快に言えば

ある標的を削って裏を通せばいい、こちらとしてはそういう試合運びを狙って選出・立ち回りをする。だから苦手な相手、もとい見かけの不利対面での突っ張りがまさに安定行動となることは多い。選出もそういう風にする

これは以前、チョッキベトベトンの考察記事なんかでちょっと触れてます。ベトベトンの役割は実はマンダを20%削ることだった、みたいな隠れた役割を持たせることをテーマにするといいんじゃないか?っていう。そういう意識大切かな、と


件の私が怒ってる相手はこれが顕著でした


自分:ヘラクロス・ミミッキュ・ペリッパー・ベトベトン・火ロトム・ウォーグル

相手:コケコ・カグヤ・バクーダ・ミミッキュ、あと2匹忘れたけど火ロトムでわりと有利だったはず


相手視点はテッカグヤに火ロトム投げてくる思ってた。しかし私視点、火ロトムの選出は真っ先に切ってます。バクーダに何もできないし、そのバクーダがうちの構築に刺さってますから。サイクルや受けは最低限しかする気がないんです、こちらとしては


故に、ベトベトンで削る→裏のミミッキュ・ペリッパー@眼鏡、を通すの選出をとりあえずした


実際、ベトベトンがカグヤを削ってペリッパーが仕留め、コケコ(物理型)・ミミッキュ対面で裏バクーダ読みでペリッパーを釣り出しで合わせて勝つことになります。この試合は個人的には、裏バクーダ読みがうまくいった点でバトルビデオを残してあるので、そういう意味ではわりと楽しめた試合です

・・・楽しめたんですけど、相手視点では読み合いにすらなっておらず、終始私が意味不行動を取ってるかのような口ぶりでした。今までの楽しかった対戦も実は相手視点だとあんな感じだった・・・となれば、正直ポケモンを嫌いになりかねない。そんなくだらないことで嫌いにならないつもりではいますけど


サイクル視点は役割分担するが故に、そういう流れの発想が抜け落ちやすいのではないか?というのが仮説


ところで、実況者あみゅ氏の動画を視聴したことはありますか?私はニコニコ動画アカウント持ってないので、YouTubeの転載しか見たことはありませんが、あみゅ氏の動画は対戦動画として正直めっちゃくちゃ面白い。たくさんの手順をちゃんと追ってくれてるので見てて安心感があります。考えの抜けが少ないと言いますか

それ見て頂くとわかるんですが、選出段階からかなり読みにいってます。この選出読みをかなりするのは、サイクル系構築強者の特徴なんじゃないかな?と思います。グラ氏、afou氏あたりも選出読みしょっちゅうしてますし。逆に、サイクル系ではないライバロリ氏は選出読みはあまりしてない印象

サイクル系って、出されるポケモンによって顕著に流れが変わりやすいんだと思います。対面系・起点系はある意味詰め将棋風なので、流れは考えやすい。選出はパターン分けして、コイツいたらこっち通して、コイツいたらあっちを通す、みたいなイメージ。リザードン検定とかも基本的にはしない


自分が慣れないサイクル構築に挑戦してみた時にやりづらいな、と思ったのは次の点

・毎ターン毎ターン、リスクと隣り合わせ
・想定外の型で試合が台無し

サイクルは有利不利がはっきりしているため、常に釣り出し・交換読みのリスクを考えてないといけない。相手にもわかりやすいから。役割集中のケアも面倒だったかも

また、誰の体力管理をすべきか?を考えて慎重に運んでも、想定外の型が最後に来ると台無しになる。ポケモンは、配分・技・持ち物でわりと簡単に有利・不利を逆転させられるため、そのあたりのケアが難しいなとも感じました。長々やった集大成がそれか・・・っていう負けた時の徒労感が自分には向いてないな、なんて


なんというか、概念レベルでのポケモンをしにくい、といった印象。気を付けないと、単体レベルの発想に陥りがち

今作であればミミッキュを例に取るのがいいかな、と思う。ミミッキュは単体発想クラッシャーとして環境に放り込まれたため

・ステルス撒いて積めば勝ち
・苦手なポケモンは有利なポケモンに交代すればいい

こういう単純な発想を許さないポケモンであり、流れで捉えることをほぼほぼ強要させられます。安定して後投げできるポケモンも、ミミッキュを苦もなく突破できる積みポケモンも、一部に限られます

単体レベルで考えていくと、こういう結論になってしまう

・ミミッキュに弱いポケモンを採用しない
・ミミッキュに強い数少ないポケモンを採用する

これはかなりの縛りプレイになり、ミミッキュにヘイトが溜まるのも頷けてしまいます

しかし概念上で対策を考えた際に、そんなに強いか?と疑問に思います。数字自体が強いわけではない、という意味では対策重要度は最高ランクにはなりえない、ってのが個人的な感覚。自分で使うぶんには激強いと思うけど、相手に使われても嫌とは特に感じない

ミミッキュの考察記事はあとで書いてみるつもりです。意外とそういう考察記事って見当たらない気がする


ここまで書いといてなんですが、"私自身がサイクルの発想が盲点"と言えます。よく知りもしないのに何を書いてるんだお前は、というお叱りを受けても反論はできません。その通りですし


とある構築記事で普段サイクル志向の方が、弱点技を受けるなんてありえないって思ってたけど、対面志向だと弱点保険ギルガルド強い、みたいなことを書いてらしたのは興味深かった

自分はまさに対面志向なので、不利対面で突っ張って仕事できるかを重視してる節があります。それ自体がありえない、っていうのがサイクルの発想なんだとしたら、それは盲点だったと言わざるをえません。感心するポイントがなんだかズレてるかもしれませんが、個人的にはおお!って思ったポイントです

あとは違う人で、ガルミミガッサを使ったら、初手キノガッサは相手の自慢のキノガッサ対策に嵌められて負けて難しい、ってのも個人的には面白いな。こういう概念レベルのシンプルな話、好きです

単体レベルで考えてると、何だこの地雷型は!(怒)とか、事故だ事故、で終わらせかねない話だと思うんですよ、そういうのは。さりげないことだけど、顕著に差が出るポイントなのかな、と思ったりしましたし、見習いたいところです


本筋と話がズレ始めてますけど

少し前に、サブロムQRレンタルでバンバドロ入りのコケコライチュウ積みサイクル構築を使ってみたんですけど、バンバドロがいい具合にレヒレを呼んで削ってくれるのは使いやすいポイントに感じました。裏はギャラ・マンダ・ニトチャカグヤの構築でした

"不利なことを踏まえたうえで、むしろそれを役割に変えられる"

こういう構築って使いやすいな、って個人的には思います。有利対面・不利対面を目先で判断してしまうのは、考え方として奥行きがない。それじゃ面白くないし、面白くないものに興味はありません

その発想で組むから、構築の並びが同じようになっちゃうし、地雷型の探求合戦になってしまうんじゃないでしょうか。というのは一個人としての、環境への不満です

長々書いといて当たり前のことしか言ってない気がしますが、いざ考え始めると忘れちゃう人が案外多いイメージだったので、とりあえず


以上、普段サイクル使わない人の戯れ言でした