天平時代の香りを感じて

7月の風物詩『祇園祭』は山鉾の巡行が今年は行われず、やっぱり例年とは違って京都市内もちょっと寂しい、そんな最近ですが、全国各地では少しずつ、いろんなイベントが再開、実施されるようになってきているようですね。

奈良国立博物館では先日7月4日(土)より、『御大典記念 特別展 よみがえる正倉院宝物 ―再現模造にみる天平の技―』が開催されています。正倉院宝物といえば龍村美術織物は切っても切れない関係、ですよね。そこで今回は特別展にも展示されているこの柄を紹介します。

ブックカバー 天平八稜華文錦
ブックカバー 天平八稜華文錦
龍村美術織物で「天平八稜華文錦(てんぴょうはちりょうかもんにしき)」として作っているこの柄の原品は、今回の特別展に模造(復元品)が展示されている「赤地唐花文錦(あかじからはなもんにしき)」です。もともとは仏殿の幡(ばん)に使われていた生地で、鮮やかな色彩と時代を象徴する唐花文様が特徴的な柄です。

東袋 天平八稜華文錦
東袋 天平八稜華文錦
唐花文様といえば、中国から伝わって奈良時代に盛んに用いられた文様なので、正倉院宝物の裂地といえばこのデザイン、と感じる人も多いかもしれませんね。原品「赤地唐花文錦」の唐花文様は、そんな奈良時代の流行のピークを越えた頃に作られたとされていて、自由奔放というよりは、少し硬めの文様となっています。

スマホケース 天平八稜華文錦 iPhone専用
スマホケース 天平八稜華文錦 iPhone専用
地色の“赤”がとても印象的なこの柄ですが、その赤色は古代より朝日の色として尊敬の対象となってきた色でした。現代でも美しい日の出を見ると、晴れやかな気分であったり、厳かな気分になったりしますよね。この気持ちは奈良時代から変わらない日本人の感覚なのかもしれませんね。

半月ポーチ 天平八稜華文錦
半月ポーチ 天平八稜華文錦
美しく格調高い「赤地唐花文錦」を龍村美術織物では、軽くて滑らかな経錦(けいきん)の織り方で「天平八稜華文錦」として仕上げ、様々な商品で皆様にお届けしています。『特別展 よみがえる正倉院宝物』は9月6日までの開催です。ぜひ「天平八稜華文錦」のアイテムを持ってお出かけしてみては如何でしょうか?

「天平八稜華文錦」の商品はこちらからどうぞ!
オンラインショップ:天平八稜華文錦

夏のご挨拶にもお使い下さい!
贈答品にもおすすめ:早雲寺文台裂特集


◆公式サイト:https://www.tatsumura.co.jp/
◆オンラインショップ:https://www.tatsumura.co.jp/shop-jp/

今年の願いは…七夕を前に

あっという間に2020年の前半が終わり、気が付けば7月。年始を除いてほとんどの期間は新型コロナウイルスに翻弄されっぱなしだった、という方は多いかも知れませんね。そんな中、老若男女問わず知っている7月の行事と言えば「七夕」は外せませんよね。今年の願いは、やはり「健康」「病気予防」「病気回復」あたりが多そうですね。

ちなみに、現在の七夕は中国から伝わった伝説に日本古来の風習が結びついたもの、とも言われています。その日本古来の行事とは、棚機女(たなばたつめ)と呼ばれる織物の上手な乙女が機を織り、祖霊に捧げる“棚機(たなばた)“というものであったそうです。七夕に織物が関わっていたなんてなんだか不思議な感じもしますよね。皆さんはご存じでしたでしょうか。

さて、そんな夜空に願いを込める日にふさわしい龍村美術織物の柄と言えば、やはりこの柄をご紹介しない訳にはいきませんよね。

ミニ巾着 玉兎星座文(青)
ミニ巾着 玉兎星座文(青)
星座が輝く星空に、夢や願いを込めて思いを馳せるのは古今東西変わらないのでしょう。この玉兎星座文は月とうさぎの可愛らしさも相まって人気の柄となっています。

スマホケース 玉兎星座文(紫) iPhone専用
スマホケース 玉兎星座文(紫) iPhone専用
スマートフォンで夜空を撮影する方も最近では少なくありません。星空を思い起こさせるこの柄をスマホケースにすれば、より七夕が身近に感じられるかも?しれませんよ。

古帛紗 玉兎星座文(青)
古帛紗 玉兎星座文(青)
ちょっとした敷物にも好評の古帛紗。夜空の模様を敷物に、というのも面白いですよね。

裂裏名刺入 玉兎星座文(紫)
裂裏名刺入 玉兎星座文(紫)
七夕は織姫と彦星にとって、年に一度の出会いの場でもあります。人と人との出会いの場で用いる名刺入れでも、そんな夜空にちなんだこの柄をお使い頂ければ、ご縁が強くつながるかもしれませんね。

七夕の日の空に、皆さんはどんなお願いをするのでしょうか?今年はぜひ、玉兎星座文をお側に、星空を思い浮かべ、願いを考えてみて下さいね。

夏本番はすぐそこです。
涼やかな“紗”のアイテムのご準備をお忘れなく!

◆公式サイト:https://www.tatsumura.co.jp/
◆オンラインショップ:https://www.tatsumura.co.jp/shop-jp/

かわいいお顔〜いろんな柄のご紹介〜

先日のブログ[⇒2020.6.26配信ブログ]でもご紹介いたしましたが、龍村美術織物にはたくさんの柄の裂地があります。お客さまに向けてご購入品のお届け準備をしている最中も、思わず微笑んでしまうようなお柄がたくさん。本日は茶道をされていない方でも、敷物としてご活用いただける古帛紗でご紹介いたします。どうぞゆるりとご覧くださいませ。

古帛紗 インカ遊猿文
古帛紗 インカ遊猿文

南米ペルーの古代裂を基にデザインされた裂地です。猿文と花卉を配したものと、菱文と太陽を配したものを組み合わせてデザインされています。この愛らしい表情を見て、古代ペルーの人たちのユーモラスなセンスに心をつかまれた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

古帛紗 有栖川馬文(小緑)
古帛紗 有栖川馬文(小緑)

名物裂のひとつ有栖川錦は“鹿”の文様をよくご覧になるかもしれませんが、馬の文様もございます。尻尾をなびかせて軽やかに駆ける馬も、よく見ると愛らしい表情をしております。

古帛紗 波斯の虎(朱)
古帛紗 波斯の虎(朱)

ペルシャ絨毯をモチーフにしたこちらの裂地。独特のパルメット文様と共に描かれた虎は縦縞の模様も細かに表現され、少し開いた口元に愛嬌を感じます。

古帛紗 剪紙瑞鼠娶妻文(ブルーグレー)
古帛紗 剪紙瑞鼠娶妻文(ブルーグレー)

おなじみの、ねずみの嫁入り行列の様子をデザインしたこちらの裂地、旗を持って先導するねずみと駕籠(かご)を担ぐねずみたち。駕籠の中にはちゃんとお嫁さんねずみが乗っているのがみえますね。

さて、今回ご紹介した柄はすべて過去に干支柄として発表されたものです。
龍村美術織物の柄は古代の文様などを基にアレンジを加えたものが多いですが、干支柄は特にユニークで親しみやすいものが多いように思います。干支だからその年が終わると古くなってしまう…とは思わずに、気に入った柄が見つかったらぜひ長くご愛用いただきたいものです。
お手元に届いた際には緻密に表現された柄の、細かなところまで、どうぞじっくりとご堪能くださいね!

季節は夏ですが、龍村美術織物では来年2021年の干支柄の準備を着々と行っております。丑年はどのような新柄が発表されるでしょうか?こちらのブログでは最新の情報をお知らせいたしますので、どうぞ楽しみに!

夏本番を前に大好評!
涼やかな“紗”の生地を特集中です。


◆公式サイト:https://www.tatsumura.co.jp/
◆オンラインショップ:https://www.tatsumura.co.jp/shop-jp/

こんな柄も龍村です〜いろんな柄のご紹介〜

緊急事態宣言が解除されたので、龍村美術織物でも東京と京都のショールームの営業を再開しているのですが、先日京都のショールームにお越しいただいたお客様とお話していると、「正倉院文様以外にもこんなに柄があるんだ…」というお声を改めてお聞きしました。ブログをご覧の皆様の中にも、やはり龍村美術織物と言えば、正倉院文様、そして名物裂(めいぶつぎれ)、というイメージが強い方も多いかも知れませんね。そこで今回は正倉院文様や名物裂をモチーフにしたものではない柄からおすすめをご紹介します。

ブックカバー 天正カルタ(サックス)
ブックカバー 天正カルタ(サックス)

最初のご紹介は「天正カルタ」。柄名から想像される通り、安土・桃山時代に南蛮貿易によてポルトガルから持ち込まれた当時のカルタの絵札、今でいうトランプのようなもののデザインをモチーフに織物に仕上げた柄です。よーく見ると、トランプのジャック、クイーン、キングのようにも見える人物像も見えますよね。

二折札入 天正カルタ(赤茶)
二折札入 天正カルタ(赤茶)
南蛮貿易とその文化の流入と言えば、現在テレビ放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」の時代が、まさにその時でした。鉄砲をはじめとする様々なモノが海を渡ってやってくる、それらを見た人はどんな顔をしたのでしょうか。この「天正カルタ」の柄を手元に、「麒麟がくる」をご覧頂いたら、より一層、ドラマの時代にのめり込めるかもしれませんよ!

3.5ラクトコイン入 想い出(白)
3.5ラクトコイン入 想い出(白)
次にご紹介は「想い出」。今でこそペイズリー文様と言えば、ヨーロッパでして様式化されたファッションデザインの一つ、として様々なアパレル商品に使われていますが、元々はイランやインドが文様発祥の地であったと言われています。特にインドでは大地に芽吹く神聖な樹木、ナツメヤシの新芽がこの柄の元になったとの説もあるようです。ありふれたペイズリー文様も、原典に忠実にあたる龍村美術織物で仕上げれば、一味違う柄に見えませんか?

がま口コスメポーチ 剪紙瑞鼠娶妻文(白土)
がま口コスメポーチ 剪紙瑞鼠娶妻文(白土)
本日最後にご紹介は「剪紙瑞鼠娶妻文(せんしずいそしゅさいもん)」。昨年発表の新柄で、干支の「子(ねずみ)」の柄として、お手持ちの方も多いかも知れません。でも、「干支」という眼鏡を外して見ても、愛らしいねずみの姿や、ふんわりとした色合いが多くの方に支持されている柄です。

半月ポーチ 剪紙瑞鼠娶妻文(ブルーグレー)
半月ポーチ 剪紙瑞鼠娶妻文(ブルーグレー)
龍村美術織物の柄と言えば、草花の文様以外にも、動物をあしらった文様が多くあります。これは、いろんな織物を復元する上で、古くより伝わる神話、伝承などに動物が描かれていることが多いことがもちろん大きな理由ですが、織物上で描かれる動物たちのいろんな姿が、見た方に暖かい気持ちを届けることが出来る、という点は大きな魅力かもしれません。この剪紙瑞鼠娶妻文は“ねずみ”が妻をめとるという場面がモチーフです。昨今、新型コロナウイルスのせいで結婚式の開催にも大きな影響が出ていると聞きます。せめて、お祝いの御品として、この柄が結婚という幸せの気持ちを、多くの人の心に届けることになればいいな、と思います。

いかがでしたでしょうか。伝統的な正倉院文様、個性あふれる名物裂ももちろん素敵ですが、龍村美術織物では古今東西、様々なデザインを取り入れて皆様へ織物をお届けしています。まだまだたくさんある色、柄。あなただけのお気に入りを見つけてぜひ教えて下さいね。

お祝いの品、返礼の品としても大好評!
ハンカチーフのコーナーもお見逃しなく!

キャッシュレス還元、終了まであと数日です!
キャッシュレス還元事業

◆公式サイト:https://www.tatsumura.co.jp/
◆オンラインショップ:https://www.tatsumura.co.jp/shop-jp/

夏のご挨拶

早いもので、2020年も半分が過ぎようとしています。様々なことがあった上半期ですが、周りの方々と助け合いながらこの期間を過ごされた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
当社休業期間中にも、以前と変わらずオンラインショップをご利用くださるお客さまがたくさんいらっしゃいました。どのような状況でも龍村美術織物をお選びくださるお客さまには感謝の気持ちでいっぱいです!

さて、今回のブログではお世話になった方へ何かお礼やご挨拶を…とお考えの方へ、この季節らしいアイテムをご紹介いたします。

紗 テーブルセンター 30x80 双鸞唐草文
紗 テーブルセンター 30x80 双鸞唐草文
こちらは在庫僅少となっている柄の紗のテーブルセンターです。今年のお中元には何を贈ろうか…と迷われている方におすすめです。紗のテーブルセンターは他にも柄やサイズを取り揃えていますのでお相手にあわせてお選びください。⇒こちらから

紗 扇子 二重蔓牡丹文(紺)
紗 扇子 二重蔓牡丹文(紺)
さらに実用的な贈り物としてはこちら。紗の裂地を使用した上品な扇子は普段でも和装の際にも、暑い夏の日のお供として大活躍間違いなしです。この時期ですと、夏生まれの方へお誕生日プレゼントにされるのも素敵ですね。

紗 風呂敷
紗 風呂敷
夏のご挨拶としてお品物を持参されるときには紗の風呂敷に包んで持参されるのはいかがでしょうか。透け感のある清涼な質感が季節を爽やかに演出します。“包む”の役割以外にも“掛ける”“敷く”と多様にお使いください。

絵はがき Aセット (10枚)
絵はがき Aセット (10枚)
お品物を贈るのは仰々しくてちょっと…という方にはお礼の気持ちを言葉で送ってみられるのはいかがでしょうか。こちらは龍村美術織物の帯のデザインの絵はがきです。相手のお好みやイメージを頼りに絵はがきを選んでみるのも愉しいですね。
暑中見舞いやお礼状、ご挨拶など様々な場面で活躍します!

さて、本格的な夏の到来の前に気持ちを一区切りして、2020年後半に挑みましょう。まだまだ心配なことは尽きませんが、より明るい気持ちで過ごせますように。龍村美術織物は“織物”を通して、皆さまの生活を彩るアイテムをご提供いたします。下半期の龍村美術織物オンラインショップ・東西ショールームも引き続きよろしくお願いいたします!

龍村美術織物の帯のデザインを身近なアイテムに
龍村美術織物オリジナルステーショナリーはこちらをチェック

テーブルセンターからバッグまで…
紗のアイテム特集はこちら

キャッシュレス還元事業は6月末まで!オンラインショップだけでなくショールームも対象です!
ショールームはこちら


◆公式サイト:https://www.tatsumura.co.jp/
◆オンラインショップ:https://www.tatsumura.co.jp/shop-jp/

雲の模様に思いを馳せて

全国各地で梅雨入りし、すっきりしない天気が続く今日この頃。京都市内は今日も朝から雨が降り、空を見上げても一面雨雲に覆われていました。気分も沈みがちな季節ですが、せっかくなので今回のブログでは、今まさに空を覆う“雲”が描かれた龍村美術織物の柄について、ご紹介します。

半月ポーチ 山羊花卉文錦(小ローズ)
半月ポーチ 山羊花卉文錦(小ローズ)
龍村美術織物で雲の柄となると、やはり縁起の良い吉祥文様の瑞雲(ずいうん)が中心となります。一つ目にご紹介する「山羊花卉文錦(やぎかきもんにしき)」は、花を中心に山羊と瑞雲が描かれた文様で、正倉院宝物である柄をモチーフにしています。

スマホケース 山羊花卉文錦(ローズ) iPhone専用
スマホケース 山羊花卉文錦(ローズ) iPhone専用
シンメトリー(対称)に構成された柄なので、デザインとしてみても、とってもスマートでおしゃれに感じられる文様です。奈良時代には存在していた柄、ということを思わず忘れてしまうくらいモダンに感じられるから不思議なものです。この柄の雲が浮かぶ空は青空かな、とそんな想像もできる楽しい柄になっています。
★Androidの方はこちら⇒ スマホケース Android他機種専用

ミニ巾着 玉兎星座文(青)
古帛紗 玉兎星座文(青)
二つ目に紹介する雲の入った柄のは、「玉兎星座文(ぎょくとせいざもん)」です。この柄はうさぎが描かれた文様としてこれまでご紹介してきたこともあるので、よくご存じの方も多いかも知れませんね。この月とうさぎの周りを彩るのも瑞雲です。

古帛紗 玉兎星座文(青)
20200619-4
紀元前1千年頃に記された中国の書物によると、当時は高貴な人の象徴として太陽と月の形が描かれていたそうです。その月の象徴としてこの文様が使われていて、うさぎはなんと不老不死の仙薬(!)を作っている所なのだそうですよ。こちらの雲が浮かぶ空は、きっと人々が星々や月に願いを込めて見上げる夜空かもしれませんね。

掛額 日の出
掛額 日の出
本日最後に紹介するのは、こちら織物額「日の出」です。今は梅雨時期、夜明けの空でも日の出の様子は中々窺えませんが、うっすらと雲がかかった空に昇る太陽の美しさは絶品です。ヒマラヤ山脈の山群から朝日が昇る様を描いたこの織物は、その美しさをご自宅で味わえる一品です。こんな雲と太陽が直接拝める季節が待ち遠しいですね。

今は外を見てもどんよりとした雨雲ですが、皆様のお手元には縁起の良い明るい雲の文様を揃えてみてはいかがでしょうか?動物や太陽とともに描かれた雲は、きっと皆様の下へ幸運を呼び込んでくれるかも、しれませんね。

一足先に夏を先取り!
涼やかな“紗”のアイテムはこちらで特集中です!

キャッシュレス還元事業は6月末まで!
キャッシュレス還元事業



◆公式サイト:https://www.tatsumura.co.jp/
◆オンラインショップ:https://www.tatsumura.co.jp/shop-jp/

電車内での織物との出会い

新型コロナウイルスによる外出自粛要請がだんだん解除されて、電車に久しぶりに乗る、なんていう方もいらっしゃるかもしれません。何気なく座る電車のシート、座り心地の良し悪しなんてあんまり気にしたこともないかも知れません。でも、もしそのシート生地が「龍村美術織物」製だったとしたら…?

一般座席

本日のブログでは、この度小田急電鉄株式会社様の5000形車輌に採用された、龍村美術織物の座席シート地についてご紹介します。電車のシート地はふわっとした起毛風味のイメージがあると思いますが、これも“モケット”と呼ばれるれっきとした織物なのです。

小田急電鉄株式会社 5000系車輌
(小田急電鉄株式会社 5000形車輌)

小田急電鉄は東京都・神奈川県を中心に運行している鉄道です。ブログをご覧の関東近辺の方の中には、毎日使っているなんていう方も多いのではないでしょうか。特急ロマンスカーなど特徴的なデザインの車輌で、ご存じの方もいらっしゃるかもしれません。

優先座席

今回、小田急電鉄5000形車輌では、暖色系の一般席はもちろん、こちらのブルーの優先席シート地も当社で製造しました。一般席も含め、電車内全体の色合い、雰囲気、空間づくりにもマッチした座席シート地となっています。そしてその座り心地は…ぜひ皆さんご自身でお確かめ頂けたら嬉しいです。龍村美術織物の織物を“堂々と”下敷きに座れる、そんな体験はいかがでしょうか?

龍村美術織物では伝統の帯や小物雑貨、劇場の緞帳などだけでなく、日々の生活に近いこんなものまで作っている、ということが多くの人に知って頂けたらなぁ、と思っています。今回ご紹介した小田急電鉄以外にも、新幹線や各地の電車、地下鉄にも龍村美術織物のシート地が使われています。見た、触れた、座った感想なども、よろしければぜひお寄せ下さいね。

様々な電車で採用された実績はこちらからどうぞ!

◆公式サイト:https://www.tatsumura.co.jp/
◆オンラインショップ:https://www.tatsumura.co.jp/shop-jp/

父の日に/新入荷アイテムのお知らせ!

6月21日(日)は父の日です。龍村美術織物オンラインショップでも父の日ギフトとして多くご注文をいただいておりますが、皆さまご準備はお済みでしょうか?
本日は、オンラインショップに新たに掲載した商品の中から男性にもおすすめのアイテムをピックアップしてお知らせいたします。

裂裏名刺入 王侯騎士文
裂裏名刺入 王侯騎士文
まずはこちら、インドのサリーに描かれた騎士人物文に範を得たデザインです。馬好きのお父様へのプレゼントにいかがでしょうか?
内側が裂地のこちらの名刺入は、軽くて薄いものをお探しの方にぴったりです。

ミニ巾着 玉兎星座文(青)
ミニ巾着 玉兎星座文(青)
将棋愛好家のお父様にはミニ巾着がおすすめです。万能なミニ巾着は様々な用途にお使いいただいておりますが、その中でも「将棋の駒袋」としてよくお使いいただいていると伺います。趣味のものを大切に収納して、長く元気に楽しんでもらいたいですね。こちらは愛嬌のある兎の文様です。

紗 信玄袋 遠州七宝(淡ブルー)
紗 信玄袋 遠州七宝(淡ブルー)
和装がお好きなお父様には信玄袋はいかがでしょうか?コロナの影響でしばらくお出かけを慎まれていた方も、この夏に向けての楽しみとなるかもしれません。
その他の「紗の信玄袋」はこちら

さて、いかがでしたでしょうか。
せっかくのプレゼントには、お相手の好みを知ってお贈りできるとよいですね。普段はアニマル柄を持たれないお父様もこういったモチーフを持たれると、あえて外した感じがお洒落です。お父様にピッタリくるプレゼント、見つけてみてくださいね。

父の日ギフトの特集ページはこちら

このほかにも新着アイテムを続々掲載しております。
新着アイテムはこちら

キャッシュレス還元もいよいよ6月末まで・・・カード払いでお得にお求めください。
キャッシュレス還元事業

◆公式サイト:https://www.tatsumura.co.jp/
◆オンラインショップ:https://www.tatsumura.co.jp/shop-jp/

男性にもアリです

以前のブログでもご案内しましたが、どうしても「母の日」と比べるとイマイチ盛り上がりに欠ける「父の日」。でも、素敵なプレゼントを選びながら、自分の欲しいものも探してみる、という視点でショッピングしてみるもの、「父の日」へ向けての楽しみ方の一つとして良いかも知れません。

ということで、今回のブログでは女性にもちろん大人気のあの商品から、男性向けとしてもおすすめの色柄を紹介します。
【WEB限定】ハンカチーフ 葡萄唐草文錦19AW(ブラック)
ハンカチーフ 葡萄唐草文錦19AW(ブラック)
麗しいピンクやイエローももちろん素敵ですが、黒基調の葡萄唐草文錦は引き締まった印象もあって男性のポケットでお持ち頂くのにもピッタリです。
ハンカチーフ 葡萄唐草文錦19AW(ブラック)全体
中心から広がる紫色も華やかなだけでなく、スマートな上品さを感じさせます。元々紫色と言えば、古代の中国や日本で位(くらい)の高さを表す色とされ、皇族やそれに属する者にしか使用を許されなかったといわれている色です。気高くも美しく…毎日お仕事に向かうお父様へ、プレゼントしてみてはいかがでしょうか。

【WEB限定】ハンカチーフ 稜華文錦(イエロー)
ハンカチーフ 稜華文錦(イエロー)
父の日にもおすすめ柄としてもう一点ご紹介は、こちらの稜華文錦です。稜華文錦自体も紺色の定番、正倉院文様として性別問わず元々人気の柄ですよね。
ハンカチーフ 稜華文錦(イエロー)全体
ハンカチーフはどれも花模様が描かれていますが、この稜華文錦で描かれている花は花びら先の鋭角的なデザインが特徴的です。同じ花柄であっても、シャープな印象も与える花柄は、男性の手にもマッチすること間違いありません。地色の黄色も落ち着いた色目になっていますので、派手すぎじゃないかしら?なんていうお悩みもありません。

いかがでしょうか?デザインハンカチは女性向けだけかなぁ、と思っていた方にも、プレゼント選びの視点が増えてくれたら嬉しいですね。もちろん最初にお伝えしたように、プレゼントを選びながら、自分のお気に入りを見つけるのも大歓迎です。今回ご紹介のハンカチの柄にはピンクやブルーを基調にした色もありますので、そちらもぜひ見てみて下さいね!

ハンカチーフの特集コーナーはこちら

◆公式サイト:https://www.tatsumura.co.jp/
◆オンラインショップ:https://www.tatsumura.co.jp/shop-jp/

風呂敷を持たれませんか?

緊急事態宣言が解かれ少し経ちましたが、いかがお過ごしでしょうか?
少しずつ外出の機会が増えてきて、久しぶりに買い物に出ると街の様子に変化を感じます。

さて、2020年7月からレジ袋が有料化されますが、これに伴い先行して既に導入されているお店も多いようです。皆さまの中でも身の回りの持ち物に変化があった方がいらっしゃるかもしれませんね。
龍村美術織物本社がある京都市のお隣、亀岡市では全国に先駆けてレジ袋の提供禁止条例が成立しました。これは観光資源である保津川をプラごみから守るための動きです。
社会全体がこれまでの“当たり前”を改め、環境への意識を高めるきっかけになるかもしれませんね。

本日は、龍村美術織物ならではのエコなアイテムのひとつ「風呂敷」のご紹介です。
風呂敷
改まった場所で使用されることの多い風呂敷ですが、最近は様々な用途で使用されます。もうすでに日常的にお使いの方もいらっしゃるかもしれません。

60センチ角は、小さ目のお重や、ちょっとした菓子折り、ワインボトルなども包めるサイズ。
90センチ角は、一升瓶を包んだり、エコバッグを作ったりできるサイズ。テーブルクロスにもご利用いただける大判です。
風呂敷2
紗 風呂敷 紅牙瑞錦(紺)経錦 風呂敷(60cm角) 天平木画奏花錦(緑)
風呂敷は旅行の際には衣類を包んで旅行鞄の中をすっきりと整えたり、普段の収納やお部屋での目隠しに使ったり、一時的な埃除けにも重宝します。
そしてこの度、新しく40センチ角の小さめサイズの小風呂敷のオーダーを開始いたしました。こちらは細々としたものをまとめるポーチのような使い方もおすすめです。

【WEB限定】経錦 風呂敷(40cm角) オーダー品
【WEB限定】経錦 風呂敷(40cm角) オーダー品
バッグの中でばらけたくないもの、擦れが心配で大切に扱いたいもの…変幻自在の風呂敷が役に立ちます。ご覧の画像は御朱印帳を二冊包んでおります。
【WEB限定】経錦 風呂敷(40cm角) オーダー品-2
お買い物に行く予定はなくエコバッグを持ち歩いていない場合にも、このような小風呂敷をバッグに忍ばせておくと安心です。ほんの少しの荷物をまとめたいときにちょうど良いサイズで、普段は手提げバッグの上にかけて中の荷物の目隠しにされておくのも良いですね。まずは一度使ってみると風呂敷の大きな可能性に気づかれるはずです。絹織物の柔らかな手触りと、鮮やかな色柄。ぜひお気に入りの柄でオーダーくださいね。

お好みの柄名がない場合は一度ご相談ください。
お問い合わせはこちら

風呂敷のページはこちら

◆公式サイト:https://www.tatsumura.co.jp/
◆オンラインショップ:https://www.tatsumura.co.jp/shop-jp/
公式サイト
龍村美術織物公式オンラインショップ


龍村美術織物公式Facebook
QRコード
QRコード
ギャラリー
  • 天平時代の香りを感じて
  • 天平時代の香りを感じて
  • 天平時代の香りを感じて
  • 天平時代の香りを感じて
  • 今年の願いは…七夕を前に
  • 今年の願いは…七夕を前に
タグ絞り込み検索
記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ