武将の鎧がデザインされた『フォーマルバッグ』

武士が身につける鎧や、兜、刀などが、今海外の方に
人気があるようです。そんな甲冑のデザインを
初代龍村平藏は帯地にとりいれ、海外で絶賛を
浴びたのは、昭和13年のことでした。


■フォーマルバッグ 威毛錦(おどしげにしき)グレー
商品詳細はこちら
フォーマルバッグ 威毛錦(おどしげにしき)グレー
鎧の札を糸などで綴ることを「緒通し」の意から
「威(おどし)」といいます。赤や黄色など趣向を
凝らしたデザインは、陣中での武将の存在を
誇示するためのものでした。

フォーマルバッグ 威毛錦(おどしげにしき)グレー
※裏生地:菊もみ
内側にも、初代龍村平藏のこだわりの生地を使用。
紙の芸術品といわれた本阿弥光悦作の「もみ紙」を
ヒントにデザインした文様です。
フォーマルバッグ 威毛錦(おどしげにしき)グレー
「矢をも通さず万難を排す」。武将は陣中で着る甲冑に、
そう願いを込めました。そんな願いのこもった吉祥文を
バックに仕立てました。

時代を超えて今も人気のデザイン「威毛錦」。
海外のお客様へのご贈答品にもおすすめします。

こちらもおススメ! 『セレモニーバッグ 特集』をチェック


◆公式サイト:https://www.tatsumura.co.jp/
◆オンラインショップ:https://www.tatsumura.co.jp/shop-jp/

『夏の茶道具』波のデザイン

梅雨の季節の到来です。雨降るなか、目に入る
美しい花々や木々の新緑に心癒されます。
しっとりと雨の風情を楽しみ、一碗のお茶を
楽しみたいものですね!

紗 数奇屋袋・懐紙入 荒磯文
左:紗 数奇屋袋 荒磯文(ブルー)
右:紗 懐紙入 荒磯文(ブルー)
※波の意匠に鯉踊るデザインです。


■紗 懐紙入 歌集波文(薄グリーン)
商品詳細はこちら
京都・西本願寺に伝わる料紙に描かれた波もようのデザインです。
紗懐紙入 歌集波文(薄グリーン)



■紗 数奇屋袋 荒磯文(ブルー)
商品詳細はこちら
おだやかな波の意匠に鯉をあしらい、静と動の世界を
表現した名物裂のデザインです。
紗 数奇屋袋 荒磯文(ブルー)
こちらもおススメ! 『「紗」のアイテム 特集』をチェック


◆公式サイト:https://www.tatsumura.co.jp/
◆オンラインショップ:https://www.tatsumura.co.jp/shop-jp/

6月の新作袋帯 遊翔文

今回は『【WEB限定】袋帯』の新柄のご案内です。
「気軽に締められる袋帯」をテーマに図案を
デザインしました。

リズミカルな動きの動物もようの帯に、奈良の都で
楽舞装束に使われたというデザインの数寄屋袋を
合わせてみました。

【WEB限定】袋帯 遊翔文(白茶)

左:【WEB限定】袋帯 遊翔文(白茶)
右:数寄屋袋 天平双華文錦(緑)



■【WEB限定】袋帯 遊翔文(白茶)
商品詳細はこちら
【WEB限定】袋帯 遊翔文(白茶)
帯の表情はとてもやわらかな色彩です。雲がたなびき、
小鳥が飛んでいます。おだやかな情景に鹿や犬、獅子が
楽しげに遊んでいる様子です。

お友達との会食や、ちょっとしたお出かけにも
おススメしたい6月の新作袋帯です。

こちらもおススメ! 『【WEB限定】袋帯』の商品一覧をチェック


◆公式サイト:https://www.tatsumura.co.jp/
◆オンラインショップ:https://www.tatsumura.co.jp/shop-jp/

『東京・関東店ショールーム』夏の模様替え

東京・関東店ショールーム」が夏の装いに模様替え致しました。


■「紗」のアイテム
商品一覧はこちら
「紗」のアイテム
涼しげな夏のアイテムをご用意して、お待ちしております。
ピンク、アイボリー、ブルーなどパステル調の淡い色彩で
まとめた夏のアイテムです。

是非、「関東店ショールーム」にて手にとってご覧下さいませ。


■【WEB限定】 ハンドバッグ はんなり(白)
商品詳細はこちら
【WEB限定】 ハンドバッグ はんなり(白)
透き通るような、白で統一した「はんなりバッグ」の新作です。
ハンドル部分に牛革を使用し、バッグ本体は人気のデザイン
「葡萄唐草文錦」です。

6月の東京は江戸三大祭りのひとつ「山王祭」も開催され、
都心の祭礼として大いに賑わいます。お着物でのお出かけに、
おひとついかがでしょうか。

こちらもおススメ! 『「紗」のアイテム 特集』をチェック


◆公式サイト:https://www.tatsumura.co.jp/
◆オンラインショップ:https://www.tatsumura.co.jp/shop-jp/

フォーマルバッグ さいわい花菱文

金・銀の糸を贅沢にあしらった花菱もようの裂地。
その裂地を贅沢に使ったバッグのご紹介です。


■フォーマルバッグ さいわい花菱文
商品詳細はこちら
金銀糸のシックな輝きを放つ、魅力あるフォーマルバッグです。
ベースのグレー地とトーンを抑えたデザインが魅力の大人の
女性におすすめしたい一品です。
フォーマルバッグ さいわい花菱文
「菱(ヒシ)」は水生の1年草。夏に水面に白い花を咲かせます。
たくさんもようが連なることから、昔から吉祥文のひとつとして
喜ばれたデザインです。

フォーマルバッグ さいわい花菱文

シックな大人の輝きと上品さを合わせ持つ、この夏の新作バッグです。

フォーマルバッグ さいわい花菱文

上:フォーマルバッグ さいわい花菱文
下:紗 扇子 二重蔓牡丹文(紺)

こちらもおススメ! 『セレモニーバッグ 特集』をチェック


◆公式サイト:https://www.tatsumura.co.jp/
◆オンラインショップ:https://www.tatsumura.co.jp/shop-jp/

竹林に猫がデザインされた両面ミラー

今回ご紹介するのは、竹林に遊ぶ猫がデザインされた
両面ミラーです。只今、奈良・国立博物館にて開催中の
展示会「国宝 春日大社のすべて」に出品されている
国宝の太刀をデザインのヒントに致しました。

両面ミラー 竹林猫繋文錦
左:両面ミラー 竹林猫繋文錦(ローズ)
右:両面ミラー 竹林猫繋文錦(紺)

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
▼奈良国立博物館ホームページ
https://www.narahaku.go.jp/
(創建1250年記念特別展「国宝 春日大社のすべて」が開催中です)
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


■四代龍村平藏作【タペストリー 竹庭錦(ちくていにしき)】
京都・八幡の松花堂にある孟宗竹に感銘を受けた四代龍村平藏が
綴織の技法で織り上げたタペストリーです。瑞々しい青さ、
真っ直ぐに伸びる高潔さが、綴れ織りの技法で巧みに
表現されています。

タペストリー 竹庭錦
※写真はタペストリーの一部です。
こちらは額装されており、「京都・関西店ショールーム」にて
ご覧いただけます。(額装サイズ:約H157×W90cm)

こちらもおススメ! 『両面ミラー』の商品一覧をチェック


◆公式サイト:https://www.tatsumura.co.jp/
◆オンラインショップ:https://www.tatsumura.co.jp/shop-jp/

「間道」の帯

遠い異国の香り漂う、縞ものの織物。
室町時代、南の島々から舶載された織物を“嶋もの”と呼んで
“縞”の字を当てるようになりました。「間道」もそのひとつ。

袋帯 常盤間道
・袋帯 常盤間道
『阿波の本藍、「しじら織」の趣きを縞ものの間道帯に
おきかえ、青味のシャープな印象の帯に仕上げました。』
大名物裂 古帛紗 珠光三爪龍文緞子
『 「松屋肩衝茶入」の仕覆から。』
大名物裂 古帛紗 小花文羅
『見た目も涼しげな「羅」の古帛紗です。』



■袋帯 常盤間道
藍をベースに寒色系の色でまとめ、すっきりとした印象に。

袋帯 常盤間道
※各種、間道の帯は「京都・関西店ショールーム」でご覧いただけます。
(今回掲載の帯以外にも間道の帯をご覧いただけます)


いにしえの高度な技術を「復元」という形で現代に甦らせた
歴代龍村平藏の作品。今回ご紹介する2点は、目にも涼しげな
「羅」と渋い色合いの「緞子」の古帛紗です。
大名物裂 古帛紗
・左:大名物裂 古帛紗 珠光三爪龍文緞子
『「松屋肩衝茶入」の仕覆として有名な錦。
三本の爪をもつ龍と唐草文様のデザインです。』
・右:大名物裂 古帛紗 小花文羅
『まぼろしの織物とされ一時とだえた「羅」。本来の
柿色を、白地に置き換えた爽やかな味わいを
ご鑑賞いただけます。』

こちらもおススメ! 『大名物裂 特集』をチェック


◆公式サイト:https://www.tatsumura.co.jp/
◆オンラインショップ:https://www.tatsumura.co.jp/shop-jp/

パルティアンショット、馬上の王のデザイン

振り向きさまに獣に矢を射る、「パルティアンショット」。
紀元前・中東の「パルティア王国」の狩猟方法を
そう呼んでいました。

奈良、法隆寺夢殿には、獣を狩る王の姿を描いた錦が
残されています。

四天王獅猟紋様錦
※奈良法隆寺蔵「四天王獅猟紋様錦」の現品をもとにした当社の複製品(一部)


■テーブルセンター3号 獅子狩文錦(中赤)
商品詳細はこちら
初代龍村平藏が復元した夢殿の錦「四天王獅猟紋様錦」を
もとにしました。王の雄姿そのままに、迫力あるデザインが
特徴です。海外のご贈答にもおすすめします。

テーブルセンター3号 獅子狩文錦
「獅子狩文錦」の文様は、テーブルセンターを含め、
ほとんどの小物アイテムでご購入いただけます。


シルクロードを通り、海を越えて日本に伝わった美術品を
額装にしました。

掛額 四天王獅猟紋様錦、鴛鴦唐草文錦
・左:掛額 四天王獅猟紋様錦
『パルティアンショットの王の雄姿』 
・右:掛額 鴛鴦唐草文錦
『向い合う鴛鴦を描いた正倉院に伝わる美しい織物』

こちらもおススメ! 『インテリア』の商品一覧をチェック


◆公式サイト:https://www.tatsumura.co.jp/
◆オンラインショップ:https://www.tatsumura.co.jp/shop-jp/

テレビ放映『「和風総本家」今、世界が注目するニッポン』

今回は「テレビ放映」のお知らせです。
top_logo01
さまざまな分野で活躍する職人さんなど、今、外国人達が
注目する意外なニッポンが紹介されます。その中で、当社が
今年お納めした御園座(名古屋市中区栄)の緞帳について
取材を受けたものが、番組内で一部放送される予定です。

【番組名】『和風総本家』今、世界が注目するニッポン
【放送局】テレビ大阪(テレビ東京、テレビ愛知、びわ湖放送等の各系列でも同時放送)
【放送日時】平成30年5月17日(木)19:58 〜 21:48

ご高覧いただけますと幸いです。
※都合上、放映日時・番組内容が変更される場合がありますので、ご了承ください。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
和風総本家』番組ホームページはこちらから
http://www.tv-osaka.co.jp/ip4/wafu/

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


◆公式サイト:https://www.tatsumura.co.jp/
◆オンラインショップ:https://www.tatsumura.co.jp/shop-jp/


清楚で美しい馬を額装に

織物で表現された額に、新しいデザインが増えました。
一服の絵画のような馬の姿。でもこれは、れっきとした
「織物」です。


■掛額 若駒錦
商品詳細はこちら
掛額 若駒錦
中国の陶偶に金の鞍と朱の房で飾られた若駒の姿があります。
若駒の清楚さを、白い背景の明るい色使いで表現しました。

掛額 若駒錦

そこだけ空気が止まったかのように、1頭の若い馬が
佇んでいます。彩り豊かな鞍飾りを付け、主人を
待つかのように、少し微笑みをたたえた表情の馬に
心癒されます。

掛額 若駒錦

額の厚みはわずか2cm。織物の額添は軽いので、
床に置いたインテリアにもおすすめです。

こちらもおススメ! 『掛額』の商品一覧をチェック


◆公式サイト:https://www.tatsumura.co.jp/
◆オンラインショップ:https://www.tatsumura.co.jp/shop-jp/
公式サイト
龍村美術織物公式オンラインショップ


龍村美術織物公式Facebook
RSSリーダー
記事検索
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ