どうも、最近はパズドラも大冒険ゆけゆけ(略)も少々飽きてきたT-BORNです。
今更、艦これもなぁ〜って感じだし、もしもしゲーは結構時間泥棒だし、課金の罠が張り巡らされてるのがキツいよなぁ。
と、いうことで、PS4&Vitaちゃんをゲットすべく節約せねば・・・と思案中。
PS4は、あんまイイ話は聞かないけど、とりあえず向こう4〜5年コンシューマー部門ひっぱっていくだろうから、当面自宅警備員をすることが多くなりそうな自分にとっては、ちょっと気になる存在なのです。

さて、そんなどーでもいい脳内会議の内容はそこらへんにほっぽっといて(笑)
今年も参加してきました。吉備路マラソン。
参戦ではないのが、悲しいところ。

正直、前回の備南ロードからここ1ヶ月練習実働ゼロ。
運動と言えば、ソーボーで規律をやったぐらいしか思い浮かばないという体たらく。

でも、ま、今年は大会については参加して、継続することに意義がある。
と勝手に決めた(笑)ので、キニシナイ。

朝は5:30起床。
朝から休みにも関わらず妻が味噌汁とオニギリ、平日は滅多に焼いてくれない鮭を出してくれて朝の補給はバッチシ。アータ、補給しなくても走れるだろうとかいう無粋なツッコミはナシだ。
軽量化にかなり手間取り、戦果も上がらずでチョイ焦ったけど、自走で出発。

これまた久しぶりにセンチュリオン号に跨ったら、なんとケツの痛いことか(汗)。
おまけにオイルが不十分で生坂の上りではチェーンがギコギコ悲鳴を上げる始末。
う〜む、ちょっとほったらかし過ぎたか・・・と反省しつつ、のんびりペースで歩道をキコキコ走る。
こーゆー自転車の乗り方は久しぶりだなぁ。
かつて数年前、トライアスロンを始める前、大きなリュックを背負って吉備路界隈やら児島界隈までのんびりサイクイングしてウロウロしていた事を思い出す。

天気は最高で、無事会場に到着。
前日は終日仕事だったので当日受付を済ませて体育館へ。
・・・ってまだだれもおりませんがな。
誰かおらんかな〜と探していると、チャマドンさんとパン屋旦那を発見。
しばらく談笑していると他のメンバーも続々集結。
皆一様に「太ったなぁ〜」と言う。
ハイ、そーです。10kg近く太りました。だから今回10kmなんですとか何とか言いながら準備をしつつメンバーと談笑。

フルマラソン、ハーフマラソンは9:00スタート
10kmは9:20スタートなのでみんなよりのんびり準備。
トイレも9:00頃行けば空いてるだろう、そう思っていたが、甘かった。
8:50頃行ってもトイレは大渋滞で結局終わったのが9:10。
急いでスタートラインを目指してジョギング。

9:15。なんとかスタートラインに到着。今から最前列のほうは無理なんで45〜55分目標の集団後方に陣取る・・・と、そこに神出鬼没(自分比)!イシイさんがいらっしゃるではないか!
世間話をしているうちにあっというまに号砲!

10kmの部スタート!
・・・も、渋滞でノロノロノロ〜な感じ。
waveTシャツを着ている手前、あんまりガツガツ抜きまくるのもアレなので、ペースが上がりだしてからスムーズに追い抜くことにした。まぁ、この位置に陣取った自分が悪いんだからねぇ。
最初の1kmが5'55と大幅な出遅れ。
あ、ちなみに今回の目標は50分を切ること。設定ペースは4'50〜4'55。
今のところ、体が重いの以外(自業自得)は問題なし。

想定ペースをはみ出した分はちょっとなんとか回収できそうな予感がしてきた。
2km通過4'49/km
3km通過4'54/km
4km通過4'54/km
と折り返しまで至って順調。
キツくないことは無い。めっちゃキツい。でも、ここで脚を緩める選択肢は無い。
ここでペース落とすくらいなら参加しないほうがいい。しんどいのはみんな一緒。自分の今の能力と限界を冷静に考えつつ、ペースを刻む。
途中で会社の同僚や、上司、チームの仲間、妻の友人らにすれ違う、そのたびに声を掛け合いお互いを鼓舞。

5km通過4'50/km
7km通過9'46(4'53,4'53)
8km通過4'56/km

なんとかほぼ想定とおりバッチリピッタリ4'55ペースが刻めてる、
というか、このペースに完璧に脚がハマってる状態。
ホントは残り3kmあたりから4'40までアゲたかったけど、アゲられなかった。
が、ラスト1.2km地点で朝早くからwave応援団の激をもらって再度奮起!
9km通過4'56/km

からの〜、ロングスパートで前にいるランナーをパスしていってゲートを潜ってからは全力!
10kmゴール!
ラストの1km4'23はとまずまず。
流石にゴール後オールアウトまではよー追い込めませんでしたが、何とか手元時計で50分切れたっぽいのでまずは一安心。

完走証を受け取ると、
タイムは49分35秒
で何とかギリギリ目標達成。

ま、低いながらも現状の目標をきっちりクリアできてまずは満足。

ゴール後は妻の友人ら(ふなっしー×2+馬の被り物)と豚汁を食べてから、wave前に陣取りフルマラソンの応援。
森ちゃん、BURUちゃん、リチャードさん、ミッキーさんらの豪華応援団(!?)に加わり応援。
チームメンバーやトライアスロンを通じて知り合った仲間達の戦いを見ていると、
やはりフツフツと胸にこみ上げてくる想いがある。

フルマラソンは見るよりも、やるほうがはるかに楽しい。
その想いが今の自分に存在することが確認できたことが嬉しかった。
応援していたつもりが、逆にランナーのみんなに元気とモチベーションを頂いたような気分だ。

まだ見ぬ次なる目標に向けて、チャリチャリっと帰る帰路の足取りは朝よりも間違いなく軽やかだった。
さ、ぼちぼち頑張るべ!!!