東京聖書学院 公式ブログ

今年もよろしくお願い致します!

お問い合わせは、tbs@jhc.or.jpまで。

一宮より(2)

この夏


この夏です


この夏の


 夏期伝道があっという間に終わってしまいました。
 ここまで祈り支えてくださった、母教会、教団、家族、親友、学院の先生、修養生、そしてこの夏お世話になった、キリスト兄弟団一宮教会の方々本当に感謝いたします。
 今年の夏期伝道も今年の夏でしかない、学びと訓練、恵に気づいて帰って来ました。祈り支えられてこそであります。今年の夏もペテロ水の上を歩いたように、私もそのような経験をさせていただきました。
 これから私に必要なことは、自分の事や周りを気にしたり他の事に目を向けるのではなく、先が無いような一歩であったとしても、召してくださった神様から目を離さないことだと気づきました。
 自分にはまるでこの世の終わりかのように物事を大げさに考えてしまい、まるで嵐に巻き込まれているように思っていました。
 でも実はイエス様の方へ進む道のりは嵐ではなく、静けさがあり、穏やかで心地が良くて、イエス様に一緒に乗る舟乗れば、実は嵐なんかちょっともなかった。嵐はただ思い込みの自分の心でした。
勝手に自分の心を乱していたみたいです。そのような事をこの夏気付きました。
 神様から恵に気づかせていただいた証しを言葉にするのは、本当に難しいです。ちゃんと表現できているのか微妙です。自分のことで言い訳にするのではなく、召してくださった神様を疑わず、神様のご計画を信じ従いつつ、常に水の上を歩む経験をこの献身生活を歩み続けささていただきます。
 “イエスはすぐに手を伸ばし、彼をつかんで言われた。
「信仰の薄っすいやっちゃな。なんで疑ったんや。」
そして二人が船に乗り込むと風はやんだ。”
 マタイ14:31-32
ハレルヤ!と主を賛美いたします。
(基督兄弟団大阪教会出身 本科3年 KK記)

東村山キャンパスより(5)

Image (1)


Image-1


ハレルヤ!
本科三年のYNです。

 先日ホーリネス教団主催のユースジャムに参加しました。
 今回はグループリーダーをしたりカウンセリングをしたり、と気合入れていたのですが、直前になって動画配信やカウンセラー手配などをする完全裏方で奉仕することになりました。

 ユースジャム初の全オンラインでやることになったので、その一端を担えたのはとても良い経験になりました。リハを重ね、当日とても良い集会になることができました。

 コロナの前からテーマは「自由」と決まったことに神様の計画を感じます。
 今不自由な生活を強いられている中、中学生から社会人までキリスト者にとっての「自由」について考えるのは素晴らしい時でした。
(JHC横浜教会出身 本科3年YN記)

東京西部より(3)

 ハレルヤ!いつも、お祈りありがとうございます。

 教会の修養会が持たれました。

写真1


 感染症対策対策をしつつ、制限のあるなかでしたが、それぞれ静まったり、語り合ったりする時を持つことができました。

写真2


 神様が恵みを注いでくださっていることを実感しています。
 ブログを読んでくださった皆様にも、神様の恵みが豊かに注がれますように✨

(JHC矢板キリスト教会出身 本科3年 AT記)
記事検索
プロフィール

東京聖書学院

タグクラウド
QRコード
QRコード