2015年11月01日

9月24日。屋久島旅行2日目。生憎の雨。
宮之浦港から反時計回りに島を一周することにしました。
IMG_20150924_084024

矢筈岳付近の海。荒れています。
IMG_0613

海の向こうに口永良部島が見えました。噴火の際にはここにたくさんのカメラが並んだのでしょう。島民の皆さんは早く戻れると良いですね。
IMG_0632

ウミガメが上陸するという永田いなか浜。雨も止み、やわらかい砂浜が目と足に心地よい場所でした。
IMG_0633

永田川を少し遡り、横河(よっご)渓谷へ。目の前に広がる渓谷と、奥にそびえる宮之浦岳。
IMG_0637

渓谷に下りてみます。
IMG_0642
IMG_0442

IMG_0448

横河渓谷を離れ、島の西側を南に向かって走ります。
ここは夜間通行止めの道。その為か野生が濃く感じます。
車をまったく気にしないヤクシカ。


後姿はサルエルパンツを履いている様でとてもかわいらしい。
IMG_0452

ヤクシマザルもいました。


大川の滝。88mの落差だそうです。
いろんな滝を見てきましたが、この滝は滝つぼまで行けるので、とても大きく感じます。
IMG_20150924_115644
IMG_0456
IMG_20150924_120023

千尋の滝。一枚岩をすべり落ちる落差60mの滝。有名です。
正直なところ、大川の滝を見た後だったので、感動はありませんでした。
写真も垂直が出てません。。。
IMG_0464

屋久杉ランドへやってきました。
想像していたチャラチャラ感は一切なく、立派な屋久杉の森の中を歩く立派な公園です。
IMG_0466

整備された道を歩いていきます。
IMG_20150924_134919

健康的な苔。
IMG_0470

仏陀杉。左上のこぶが、ムンクの叫びあるいはナウシカの巨神兵のように見えました。
IMG_20150924_135951

茂みからガサッという音がしたので振り向くとヤクシマザルがいました。
IMG_0478

んっ、警戒されたかな?
IMG_0474

森の水はとても澄んでいます。
IMG_0483

IMG_0481

立派な川上杉。
道路建設のために切り倒される予定だったのを、川上さんに救われた杉だそうです。道路は川上杉を迂回するように作られていました。今この杉を見られることを、川上さんに感謝。
IMG_20150924_145557

有名な紀元杉。
IMG_20150924_150217

良い肌質です。
IMG_20150924_150729

でも上の方を見ると、折れかかっているのをなんとかワイヤーで支えられていました。賛否両論あると思いますが、自然のままであって欲しいと思いました。
IMG_20150924_151308

宿に戻り2日目終了。
充実した一周でした。
Screenshot_2015-09-24-17-00-35

tbzlivedoor at 01:36コメント(0)トラックバック(0)2015夏 屋久島旅行クルマ 

2015年10月19日

9月23日。4時起きで羽田空港に向かいANAに搭乗。8時半には鹿児島空港に到着。
通勤できるんじゃないかなと錯覚します。
IMG_9liduw

ここから屋久島まではJALで。
4時間ほど時間があったので、近くの嘉例川駅まで歩いてみました。

3kmくらい歩いていくと看板が出てきました。
IMG_20150923_094806

私有地のような林を抜け、
IMG_20150923_095127

嘉例川駅に到着。
ちょうど、駅弁売りの方達がやってきていて賑わっていました。
IMG_x52jn1

寂れた駅舎がとても落ち着く空間です。
IMG_0564

運よく電車も撮影成功。 はやとの風号。
IMG_20150923_102559

IMG_0572

IMG_0579

ここでふと気づきました。
駅員さんの着ているTシャツが、嘉例川駅のイラストであることに!!
IMG_0578

寂れた駅舎とは対照的な勢いのあるデザイン。欲しい。。。

ここで嘉例川駅とはお別れです。
IMG_0583

鹿児島空港に戻り、プロペラ機で屋久島へ。
ジャンボジェットでもプロペラ機でも、離陸時の助走時間は30秒ほどで変わりませんが、小さな機体になるほど背中を押される力が強く感じます。凄く楽しい!

13時20分、屋久島空港に到着。生憎の雨。
IMG_0597

レンタカーを借り、宮之浦港で、これからどうしようか考えます。
IMG_20150923_142638

特に宿もとっておらず、どこか車を停められる場所で車中泊をするか、キャンプサイトでテントを張ろうと考えていました。

しかしこの雨。
IMG_-c60d8z

あきらめて宿をとり、海岸線をドライブ。
IMG_20150923_164703

IMG_20150923_180253

IMG_20150923_180302

車はワゴンR。運転しやすい車でした。
IMG_20150923_180415

風呂に入り1日目終了。
IMG_20150923_184009

tbzlivedoor at 23:38コメント(0)トラックバック(0)2015夏 屋久島旅行クルマ 

2015年10月08日

かんかん照りの日や、暴風雨の日でも、外の様子がわからないで生きている。会社の門を出ると、今日も地球を体感できなかったか...という寂しい気持ちになることがあります。

風に叩かれ、雨に打たれ、チリチリと日に焼かれたい。

衝動は、特典航空券の入手という形で具体化し、体は屋久島に向かっていました。

tbzlivedoor at 23:34コメント(0)トラックバック(0)クルマ2015夏 屋久島旅行 

2015年09月18日

twitterを覚え、twitterにはまり、twitterにないブログの良さに気づき、そしてまたブログを書こうと思い始めています。

ブログの良さとは、記事の検索性の高さ。
自分を振り返りたい時の備忘録としての優秀さ。

そう感じました。

構想を練って、文章にし、削っては組み替え、ようやくできた文章を投稿する。

久しぶりのこの懐かしい感覚。

わくわくします。

tbzlivedoor at 01:32コメント(0)トラックバック(0)雑記 

2011年04月05日

DAM☆とも CHAGE&ASKA PRIDE


tbzlivedoor at 01:43コメント(0)トラックバック(0)音楽 

2011年02月03日

久々に筆を持っています。

3月に出品する展覧会用作品。
王鐸 擬山園帖第三の冒頭部分。
サイズは二八の1/4。

昨年購入したEOS5Dマーク2でハイビジョン動画撮影してみました。
自分の制作風景を客観的に見たのは初めてなので、かなり新鮮。
中一の書道部合宿で、硯に筆を持って行きすぎだと注意されたのを思い出しました。



tbzlivedoor at 00:16コメント(0)トラックバック(0)書道 

2010年12月19日



tbzlivedoor at 01:10コメント(0)トラックバック(0)書道 

2010年10月21日

●9/19(日) 石垣島旅行5日目

起きたら床がびしょびしょに濡れていたため、フロントにクレーム電話をかけたところ、全室同様の状態で部屋の交換はできないとのこと。

今夜もこんなに湿った床の部屋に泊るのかと思うと、憂鬱になります。

どこから水が入り込んだのかはわかりませんが、こんなことが起こるんですね。

”部屋を広く使うには、ベッドの下に荷物を収納する”というようなアドバイスが書かれたパンフが置いてありましたが、従わず、椅子の上に置いておいて助かりました。



台風が西へ去り、太陽の光のありがたさを感じます。
風はまだ強いものの、外には出られそう。
10:15
ishigaki_0214


ishigaki_0215


新栄公園。
ishigaki_0216


折れて散乱した木の幹が痛々しい感じです。
ishigaki_0217


石垣市役所付近。
ishigaki_0219


街路にも枝葉が散乱していました。
ishigaki_0218


くまのみ・れんたさんでお借りした自転車。
後部の子供用座席がかなり邪魔ですが、歩くより遥かに楽。
11:17
ishigaki_0221


11:44
市街地から西へ5kmちょっと走り、観音崎灯台に来ました。


水が濁ってます。
ishigaki_0222


ishigaki_0224


アダンの実。
ishigaki_0226


土地の雰囲気を味わいながら快適に移動するには、ママチャリは最適な道具だと感じます。ロードレーサーじゃ速すぎるし、車ではなおさら。
気分が良くなってきたので、北上することにしました。

目指すは島一周。
距離すら把握していませんでしたが。。。


スタートから約10km地点。
ラムサール条約湿地の名倉アンパル付近。
12:10
ishigaki_0227


ヒルギ。
ishigaki_0232


後ろの子供用座席が目立つのか、追い越される車からからかうような目で見られます。クラクションを鳴らす方もいらっしゃいました。
そのすべてがレンタカー。
楽しいからやってみれば良いのに。
自分の価値観を超えられない人達に哀れみを覚えました。

13時。床が透明なグラスボートに乗ってマンタを探しに行こうと思い、川平湾までやってきましたが、沖がしけているとのことで欠航でした。

約23km地点。
朝から500mlコーラ1本のみで、少しハンガーノック気味。
川平湾を望む。
13:22
ishigaki_0235


ishigaki_0234


約27km地点の山原橋。
この辺りはアップダウンが激しいのですが、できるだけ前傾姿勢でゆっくりと連続的にペダルに体重を乗せて攻略。
13:35
ishigaki_0236


ishigaki_0237



約32km地点。於茂登トンネル。前日の台風で停電になっているようで、トンネル内に灯りは一切なし。自転車のダイナモライトが点灯せず、トンネルに入って50m位進んだところで危険すぎると判断し、やむなく引き返してきました。
13:58
ishigaki_0239



約47km地点の船越付近。石垣牛でしょうか。結局、旅行中一度も食すことはありませんでした。
15:03
ishigaki_0240


ishigaki_0242


約50km近辺。正確な場所は覚えていませんが、国道390号沿い大野〜星野付近。
車道に追い越し車線が設けられるほどの激坂で、川平付近と同じくらいの斜度だとは思いつつも、初めて降りて押し歩きしてしまいました。
ここから市街地までは25〜30km。
18時までに自転車を返却する必要があります。
残り2時間半。押して歩くと時速5km。
焦りが出てきました。
15:28
ishigaki_0244


ishigaki_0245


60km過ぎ地点から道が平坦になり始めたため、人目を気にせず、前かごをつかむことによるドロップハンドルポジションでスピードアップ。
17:30に返却することができました。

トータルで78km位走ったようです。


ひとりでは入りづらい雰囲気でしたが、朝からジュースとスニッカーズのみだったため意を決して入店。お一人様用のカウンター席があり、一安心。オリオンビールと郷土料理を注文しました。
この店おいしいかも。
ishigaki_0246


そして寝る前にもオリオンビール。
右のシークヮサーソーダは、お取り寄せしたいほどのうまさ。
ishigaki_0247


5日目

飲食費:3000円
レンタサイクル:1500円
----------------------
合計:4,500円


tbzlivedoor at 01:27コメント(0)トラックバック(0)2010夏 石垣島旅行 

2010年10月14日

●9/18(土) 石垣島旅行4日目

8時起床。
ベッセルホテルの朝食は絶品でした。
体にしみわたる味噌汁に、朝ご飯を食べることの幸せを感じました。

いよいよ本日、台風がやってきます。
天気はうす曇りでたまに雨。風強し。
ishigaki_0174


動画もどうぞ。


ベッセルホテルをチェックアウトし、近くの東横インに移動。
東横インは石垣港の最先端に位置するため、台風観察の特等席です。
今日、明日の2泊。
荷物だけ預け、チェックインの時間まで外を散策。

といっても雨風が強まってきているのでどこで時間をつぶそうか迷います。
ishigaki_0175


結局またユーグレナモールに来てしまいました。
昨日見た土産物屋をもう一度くまなく回り、すべての通路を歩きつくしてなお余りあるチェックインまでの時間。

台風が近づいているのでお店の人たちも閉めたがっている様子。
土産物屋では、PUFFYの「渚にまつわるエトセトラ」を沖縄民謡調に歌っている音楽が流れていて、気になって調べたところ「SKA LOVERS」というグループの曲だということがわかりました。
ishigaki_0179


本屋に入り、1時間ほど立ち読み。
「邪馬台国は沖縄だった!」
興味深い説です。

台風に備え、整然と並べられた船。
船同士がぶつかっても傷まないように、タイヤがクッション代わりです。
波に揺られてギッシギッシ音が鳴っていました。
ishigaki_0177


「おいしん坊」にて昼ごはん。ゴーヤチャンプルー定食。
昨日までコンビニご飯だったこともあり、格別でした。
ishigaki_0178


生身の体では危険なほど風が吹いてきたため、ユーグレナモールからタクシーに乗りました。

「与那国島に来たんですけどね。船に乗り遅れちゃいました。」
「行がなくて良がったサー。行っだら閉んじ込められちまうよー」

自分の判断を肯定された気がして、ちょっと元気が出てきました。

14時にロビーに着いたものの、チェックインまでは2時間。
雨にぬれた体がどんどん冷房で冷えてきます。
チューハイを飲んで温まろうとしましたが、逆効果。
眠気に震えが伴ってきたので、フロントに懇願し部屋に入れてもらうことに。
追加料金は、たしか1,050円でした・・・
※正直、”金とるんだ”と思いましたョ。
ishigaki_0180


ベッセルホテルより部屋はせまいですが、1泊4,980円では妥当なところでしょう。
濡れた体を乾かしたいです。
ishigaki_0182


ここで台風を待ちます。
ishigaki_0184


動画もどうぞ。


雨で外に出られないときには、ビデオオンデマンドに限ります。
500円で全作見放題。
ishigaki_0187


快眠シアター「How To 快眠」。
なんかシュールです。
ishigaki_0188


雨が激しくなってきました。
ishigaki_0186


カルメン・エレクトラのセクシーボディレッスン。
これは腹筋運動。
ishigaki_0189


現在、石垣島の南 約60キロ地点を通過中。
建物そのものが、風に揺れてます。

「ランボー 最後の戦場」を観て、その後「2012」を観ました。

窓ガラスをたたきつける暴風、地面と水平に飛び去っていく雨。
現実の台風のほうがよほどスリリングで、
大自然の脅威を描いた「2012」が、とてもチープに感じます。
途中、3回ほど停電。
ホテルのバックアップ電源で非常灯が点灯するほどの事態でした。
ishigaki_0211


ishigaki_0192


ishigaki_0206


動画もどうぞ。


4日目

飲食費:900円
宿泊料2泊分+1時間早いチェックイン:4,980+4,980+1,050円
----------------------
合計:11,910円


tbzlivedoor at 01:36コメント(0)トラックバック(0)2010夏 石垣島旅行 

2010年10月13日

●9/17(金) 石垣島旅行3日目

朝7時起床。外はうす曇り。
福山海運のウェブサイトを見ると、まだ情報は出てません。

2度寝。そして8時起床。
新着情報がありました。
10時出航の予定を9時出航に繰り上げるとのこと。
そしてチケットは7時20分から8時20分に発売とのこと。。

走れば間に合うけど。。
台風来てるし。。
行って戻れないと困るし。。。

悶々としているうちに8時半になってしまいました。
与那国島に来たのに、与那国島には渡れず、6日も余っている。
当面の目標もなく、ただぼーっとしているだけ。

 -- 写真は心を映し出しますね。この日はひときわクオリティが低いです。。 --

この日の宿はベッセルホテル石垣島。
宿に荷物を預け、街を散策します。
ishigaki_0153


チェックインの時間まで時間をつぶそうと図書館に行ったものの、休館。
緑の網は、台風で飛んできたものがガラスに当たらないようにするバリアのようです。
ishigaki_0152


海の総合スーパー「島」。釣具屋さん。
右のつりざおの糸が、左の魚の口に向かって伸びているのに気付きギョッとしました。
。。。
ishigaki_0155


サザンゲートブリッジ。
ishigaki_0156


こっちの方向から、台風が迫ってきています。
ishigaki_0159


マリンアクティビティーを楽しんできた人達でしょうか。
ishigaki_0158


動画もどうぞ。


ひとりで入れる食べ物屋を見つけるのに、4キロ以上歩きまわり、
八重山そばの店「島そば一番地」で昼ごはん。

「飲み物はなんになさる?」
「マンゴージュースで。」

おばさんに不思議そうな顔をされました。

その後ユーグレナモールを散策。
土産物屋をくまなく見てチェックインまでの暇をつぶしました。


ようやくチェックイン。
贅沢な広さ。
ishigaki_0163


足が伸ばせそうでしたが、顎まで湯船につかると膝小僧が湯の外に出るのが残念。
ishigaki_0164


反対側から。
ishigaki_0165


洗濯にいそしんでました。
ishigaki_0167


金スマ「MAXを裏切った女」。
ishigaki_0169


3日目

飲食費:1,500円
宿泊料:7,175円
----------------------
合計:8,675円

tbzlivedoor at 02:42コメント(0)トラックバック(0)2010夏 石垣島旅行 

2010年09月29日

●9/16(木) 石垣島旅行2日目後半

伊原間から北部に入ります。
鍾乳洞が海につながっているというサビチ洞。
駐車場に馬がいました。
ishigaki_0119


中はこうなってます。
ishigaki_0122


鍾乳洞を抜けました。
ishigaki_0124


動画もどうぞ。



ひとり旅だと、食堂に入るのもおっくうになり、一日中ジュースです。
さんぴん茶とうっちん茶(=ウコン汁)がメジャーでした。
ishigaki_0140


石垣島最北端平久保崎灯台に来ました。
昨日のピーナッツパンが効いたのか、お腹がゆるいです。
ishigaki_0132


こんもりした盛り上がりに駆けのぼり、すかさず駆けおりたい。
そんな衝動に駆られます。
ishigaki_0131


なでまわしたい感じの質感。
ishigaki_0130


素晴らしいグラデーション。
ishigaki_0125


帰りにまた伊原間ビーチに立ち寄りました。
海岸はサンゴの死骸だらけです。
しかも大きいです。
ishigaki_0135


ishigaki_0136


冬瓜茶のペットボトル。上海から流れ着いたようです。
ishigaki_0139


動画もどうぞ。


クロネコヤマトの発送所があったので、重い一眼レフカメラを家に送ってしまいました。こんなことは初めてです。
この後は、PowerShotG10(主に静止画用)と、SONY TX7(主に動画用)の2台で行きます。

画質をとるか、機動性をとるか。
家に帰って楽しむか、今楽しむか。
とても考えさせられました。


今日借りた車はこれ。
ホンダライフ。
ishigaki_0145


石垣港の黄昏。
ishigaki_0142


動画もどうぞ。


明日17日はいよいよ与那国島に渡る日。
天気予報を確認すると。。
ん? 雨。。。
ishigaki_0149


この後、大型の台風がすぐそこまで来ていることを知りました。。

石垣島から与那国島までは、福山海運のフェリーよなくにで渡ります。
福山海運のブログをのぞくと明日10時の出航はどうやら微妙。
欠航か出航かは朝8時までにブログでお知らせとありました。

仮に行けたとしても、戻ってこられない可能性がある。
船で戻れなかったとしても飛行機があるが、その飛行機も風で飛ばない可能性がある。

総合的に考えて、与那国島に渡るのは危険。。。

じゃぁ22日までどこで何をするか。
すっかりモチベーションが下がってきてしまいました。

晩御飯。
さすがにこれだけでは厳しく(精神的にも)、
コンビニ弁当とオリオンビールを追加しました。
ishigaki_0148



2日目
レンタカー代:6,195円
ガソリン代:1,634円(10.73L)
サビチ洞:700円
宅急便で一眼レフカメラを家に送る:1,870円
飲食費:1,534円
----------------------
合計:11,933円

tbzlivedoor at 23:01コメント(0)トラックバック(0)2010夏 石垣島旅行 

2010年09月27日

●9/16(木) 石垣島旅行2日目中盤

あの尖った山は、野底マーペーといいます。
飛行機の窓から一際目立っており、これは登らねばと昨日決めたのでした。
標高282メートル。
ishigaki_0085


登山道入り口の看板がありますが、入り口が見つかりません。
まさかね。。
と思いつつ、写真真ん中の茂みに分け入ると、、、
ishigaki_0089


そこが登山道でした。。
ハブが怖いです。
ishigaki_0091


朝の雨で、道が川になっているところもありました。
ishigaki_0113


フワフワと舞う黒いものが視界を横切りました。
コウモリかと思い顔を上げたらクロアゲハでした。
ishigaki_0100


粘土質の赤土と急斜面が、行く手を阻みます。
唯一持った一眼レフ(EOS40D+EF24-105mmL)がとても邪魔に感じます。
PowerShotG10にすべきだったと後悔。
ishigaki_0110


でもPowerShotG10じゃ、ここまでぼかした写真は撮れないんですよね〜。。
そしてLレンズならではの奥行き感のあるボケ味。
ishigaki_0115


Lレンズならではの階調再現。
ishigaki_0111


あまりの急斜面に少し歩を緩めてあたりを見回すと、木の幹にトカゲが。
ishigaki_0098


いたるところにいました。これで隠れているつもりでしょうか。
尻尾が長いですね〜。
この写真はフラッシュを焚いています。
ishigaki_0095


20分ほど登りましたが、このヌルヌルの急斜面で履いていた靴がグリップせず登山を断念。
登ろうと決めた山が登れなかったのは、これが初めてです。。
ishigaki_0108



石垣島の北部と南部をつなぐくびれた部分を伊原間(いばるま)といいます。
なんとも美しいビーチでした。
ishigaki_0116


ishigaki_0117


動画もどうぞ。


tbzlivedoor at 00:20コメント(0)トラックバック(0)2010夏 石垣島旅行 

2010年09月26日

●9/16(木) 石垣島旅行2日目前半

今日はレンタカーで島内を時計回りに一周します。
宿から空港近くのニッポンレンタカーまで徒歩。
南国特有のスコールのような雨をかわしながら、1時間弱で到着。
ホンダ ライフのAT車です。
ishigaki_0043


底地ビーチに到着。
海の青さにわくわくします。
ishigaki_0047


いやー。
ishigaki_0051


空が広いですね〜。
ishigaki_0052


カヌー?をやっている人々。
ishigaki_0050


なんてさわやかなんでしょうか。
ishigaki_0053


動画もどうぞ。



こちらは県道79号沿いの別のポイント。
基本的に石垣島のビーチは、すべて珊瑚の死骸です。
だから白いんですね。
ishigaki_0056


それが永い年月の間に圧縮されて固まり岩となる。
その岩が波に浸食されていきます。
ishigaki_0062


こんな洞窟もできます。
ishigaki_0071


かわいらしいヤドカリ。
ishigaki_0059


目を凝らすといたるところにいました。
ishigaki_0058


真ん中にいるかわいらしい生き物が見えますか?
(クリックすると拡大します。)
ishigaki_0078


ヤシガニの大好物アダン。
パイナップルみたいですが木になっているので違います。
ishigaki_0057


tbzlivedoor at 21:29コメント(0)トラックバック(0)2010夏 石垣島旅行 
今回の旅の目的は、日本最西端を踏むこと。
旅程は9/15(水)〜9/22(水)。
最西端は与那国島で、石垣島から渡ることができます。
船だと往復6,580円。飛行機だと往復で2万円を越えます。
はじめから船で行くことに決めていました。
石垣島発は火曜と金曜の週2便。
与那国島発は水曜と土曜の週2便。
9/17(金)に与那国島に渡り、9/18(土)に戻ってくる計画です。
もし18日の船便が欠航の場合、21日までの間に飛行機で戻ってくれば良いと考えていました。

●9/15(水) 石垣島旅行1日目

羽田から那覇へ飛び、那覇から石垣へ飛びます。
今回も航空チケット代金はただ。
ANAクレジットカードで貯めたマイルを20,000マイル使用し、特典航空券での旅です。
ishigaki_0022


石垣空港着。
ishigaki_0029


タクシー代をケチるため、空港から歩きます。
途中何回かバスに抜かされました。乗り方がわからないので歩くことに決定。
暑いのですがからっとしているのですごしやすいですね〜。
それよりも太陽光のまぶしさが厳しいです。
街路樹がケヤキではなくヤシの木というところが新鮮です。
ハイビスカスも当たり前のように咲いていました。
ishigaki_0030


空港との敷地境界。カメラ機材が肩に食い込みます。
飛行機での気圧の変化で耳が良く聞こえないのと、まぶしいのと荷物が重いのですでにヘトヘトです。
ishigaki_0031


空港から市街地に入ってきて最初に気になったお店。
この近くの自動販売機で売っていたシークヮーサージュースは極めて美味でした。関東で見かけないのが残念。
ishigaki_0033


宿に到着。
素泊まり民宿 おり姫の宿。
完全個室。シャワー、トイレは共同。
ishigaki_0151


部屋はベッドとテレビとクーラーのみ。
無線LANが使えるのが便利。
早速、明日のレンタカーを予約。
ishigaki_0035


今夜の夕食。
ピーナッツバターが糸を引いていたのが気になりました。

ishigaki_0036


オリオンビールは飲みやすく美味。
あまり酒は飲めませんが、これは毎日買って飲んでいました。
通販でも取り寄せられるようなので、そのうち買ってしまうかも。
ishigaki_0037


1日目
宿代:5,600円(2泊分)
飲食費:1,160円
----------------------
合計:6,760円

tbzlivedoor at 20:30コメント(0)トラックバック(0)2010夏 石垣島旅行 

2010年09月15日

行きと帰りの飛行機、直近二日間の宿だけを決め、
石垣島にやってきました。

空港から4キロ。
重い撮影機材を背負いながら1時間半もかかって到着。

1泊2,800円。


565669_1284539228


Image188



tbzlivedoor at 20:40コメント(0)トラックバック(0)2010夏 石垣島旅行 

2010年09月14日

b2ab6985.jpg明日から夏休みです

まだ気持ちの切り替えが出来ていませんが。

機材の準備が楽しいです。


tbzlivedoor at 23:10コメント(0)トラックバック(0)2010夏 石垣島旅行 

2010年08月18日

電車が停まったため大宮から川越まで歩いている途中、北の空に閃光が走りました。

動画撮影用として最近購入したサイバーショットのTX7で、歩きながら撮影。
手ぶれの補正と、スローモーション加工をしました。
(編集ソフトはEDIUS Neo 2 Boosterを使用)






tbzlivedoor at 04:41コメント(0)トラックバック(0)映像雑記 

2010年08月08日

最近日差しが強いですね〜

仕事場がビルの上層階なのですが、ノートパソコンの向こう側に広がる外の風景がまぶしくて、サングラスをかけたくなります。

プールにも行きたいですね。

でもプールに行くには肌が白すぎる。

そこでせめて腕だけでも精悍に見せるため、チャリを乗り回す休日です。
Image109


Image108



tbzlivedoor at 00:43コメント(0)トラックバック(0)雑記自転車 

2010年06月29日

帰宅時、駐車場に車を止めようとしていると、ヘッドライトに照らされて大型の昆虫らしきものがバタバタと動いているのが目に留まりました。

ゴキブリが戦っているのかと思い近づいてみると、なんとカブトムシ。
アスファルトの上で、仰向けにひっくり返って悶えていました。

「このままでは、蟻の餌食になってしまう。」

そう思い救いの手を差し伸べると、強い鉤爪で手に登ってきたので、部屋で記念撮影。
Image310


かばんに付けてみました。
_MG_5660


わさわさと忙しく動き回ります。
IMG_2304


動画も撮ってみました。






ママチャリをバックに。
IMG_2310


夕飯をバックに。
_MG_5666


仁王像をバックに。
_MG_5641


やはり定番は斜め45度から。
_MG_5657


カブトムシの顔ってこうなっているんですね。
_aMG_5660


元写真部っぽく。
IMG_2313


そして飛翔。











3時間ほど撮影し、再び野にリリース。
無事に寿命を全うしてほしいものです。

tbzlivedoor at 23:18コメント(0)トラックバック(0)映像雑記 

2010年06月22日

さっそく通勤で最寄り駅まで3キロ弱を走ったところ、リヤのギヤに不具合が発生しました。

リヤディレーラー無しで15歯のギヤ(一番外側から3番目のギヤ)にチェーンを掛けていたため、走りながらチェーンがどんどん外側のギヤにチェンジしていってしまいます。

リヤディレーラーは、変速だけでなく、変速しない時でもチェーンをあるべき位置に保持しておく役目を果たしているんですね。わかっているつもりでも、身をもって体験すると理解が深まります。

で、一番外側にチェーンが行くとどういうことになるかというと、こうなります。
IMG_2292


これは危険です。
ペダルが重いうえに、ちょっとした振動ですぐにチェーンが外れます。

後ろから見るとこうなってます。
(一番外側(右側)のギヤ(11歯)にチェーンが掛かっています。)
IMG_2295


リヤディレーラーを装着せずに、リヤを15歯に固定するためには、もっとも外側のギヤが15歯になるようにしてあげようと考えました。

カセットスプロケットを外し、スペーサー代わりに13歯を内側にはめます。
その上に、これもスペーサーとして自動車の配線コードを2周。
IMG_2297


その上から残りのカセットスプロケットをはめて固定。
IMG_2298


これで、一番外側のギヤが15歯になりました。
IMG_2299


エクセレント!
IMG_2301


感無量です。
IMG_2300




tbzlivedoor at 00:30コメント(0)トラックバック(0)自転車 
Profile
カテゴリー別アーカイブ
コメント
  • ライブドアブログ