Profile

多治見の花嫁

May 09, 200914:15“道”
TrackBack(0) 多治見 教会 | 多治見市 キリスト教


 以前、こんな事を聞いた事があります。
道ということば意味は、物を運ぶだけでなく、文化や生き方など形のないモノを運ぶ意味がある。茶道、華道、男の道…。

歌舞伎俳優の坂東三津五郎さんが紫綬褒章を受け、「易しい道より難しい道を選んだ方
がよい、と言い聞かせて、ここまで来た」コメントされていました。

歌舞伎の道を極めるまでには、大変な努力があったでしょうが、賞を受けてもなお、その道には終わりがありません。伝統芸能の道を守る道も大変ですね。

 今の時代は、その道が見えにくい時代のような気がします。自由で何でもありの世の中が、実は何もないような気がします。

それは道を極める事は決して楽な事ではないからです。ダラダラとして気がついたら時間がたっていたなんて事はありませんか…。

私たちの人生の道を極めるためにも、私たちはどうしたら良いでしょうか。

 聖書には「神、その道は完全。主のみことばは純粋。主はすべて彼に身を避ける者の盾。まことに、主のほかにだれが神であろうか。私たちの神を除いて、だれが岩であろうか。この神こそ、私に力を帯びさせて私の道を完全にされる」とあります。(詩篇18:30〜32)

 人は曲がった道、でこぼこ道、坂道、色々な道の最中で自分の道を見失います。

どこに行ったら良いかわからなくなったり、本来の目的を見失ってしまいます。また、自分の道をしっかりと歩んでいる人でも、神様の道にまさる道はありません。

 ですから、イエス様に頼ることこそ、道をまっすぐに歩むことです。

それは、どんな道を私たちが歩んでいたとしても、最良の道へと、永遠の道へと、豊かな道へと導いて下さいます。今週も、イエス様に頼っていきましょう!イエス様は、私たちを導いて下さいます!!期待しましょう!!



5月10日礼拝メッセージ【似た者同士】
ヨハネ7:53〜8:12








5月10日は母の日です。母の日の始まりは教会なんですよ!!是非、母の日にも教会においでください。素晴らしい時間になります。

トラックバックURL