五階民は眠らない

筑波大学公認同好会「筑波大学TCG研究会」のブログです。 部員が持ち込んださまざまなTCGを扱っています。 イベントの予定や結果などを徒然なるままに書き連ねます。 【実績】 D0 全国大会優勝/ プレメモ 全国大会14位/ 遊戯王 足立CS準優勝, 大学対抗戦3位

~連絡先はこちら~
twitter:@tsukubaTCGclub
mail: tsukubatcgclub@gmail.com

日本選手権2017(MTG)

うーけけです。

細々とスタンダードをやっていたので、日本選手権(以下ニッセン)に行ってきました。
正直あまり自信がなかった故、身内五人での楽しい楽しい静岡観光みたいなノリ。

この大会は二日間に渡って行われ、初日はスタンダード4回戦とドラフト3回戦
二日目はドラフト3回戦とスタンダード2回戦の12ラウンドが行われ、その上位8名によってスタンダードの決勝SEが行われるというものでした。


自分のデッキは【Ramunap Red】
聞こえはいいけど赤単アホアグロです。
MOでかなり回していたのでプレイに自信があり、とにかくライフを詰める感じが非常に性に合っていたので選択しました。

構築部分は特に語ることも無く、メインの《熱烈の神、ハゾレト》が4枚だったり《焼夷流》と《削剥》を併用していたり...みたいなのが特徴だったはずなのですが、結局周りも似たようなことを考えていたようでたいして変わらないリストになってしまいました。
まあ、そりゃそうなるよね。

大会前日に静岡県内のホテルにチェックインし、赤単を選択したメンバーとプランの最終確認。
...をしたはずなのですが、直前にリストを入れ替えるのを嫌ってしまい、激押しされた《グレムリン解放》だけサイドにとってさっさと就寝。
後から思えば自分のリストに意固地になっていました。自分の良くないところです。


そして迎えた大会初日!
...の前に、宿泊したホテルの朝食があまりに素晴らしく、感動してしまいました。


ごはん










金目鯛の炊き込みご飯が個人的にベスト!
特産品の桜エビと釜揚げシラスをこれでもか!というくらい盛ってわしゃわしゃかっこむともう、無限に食べられてしまう。
気力を十二分にチャージしてから会場に向かうことができました。

_____________________________________________________________________________________

スタンダードラウンドの戦績は
【緑白ランプ】oxx
【赤単】xoo
【赤単】xoo
【ティムールエネルギー】oo

3-1で通過。
白いランプはやはりきついですね。
《領事の権限》は単純にアドバンテージを損失するカードなので嫌いなのですが、こいつらや【青白コントロール】のようなかみ合うデッキが使ってくると本当に辛い。

赤単ミラーは完全にハゾレトゲーなので本当に心臓に悪かったです。
調整段階で得た「後手でも攻めの姿勢を崩さない」の方針を貫いた分の成果がサイド後に少しでも表れていた...のかなぁ。

ティムールエネルギーは先手後手にかなり影響を受けるマッチアップです。
《アン一門の壊し屋》の強さがダイスの目によってかなり違ってきてしまいます。
幸いこちらが先手でしたので、ぶぉんぶぉんと二回まわして勝つ事が出来ました。

スタンダードラウンドは総じてツキにも恵まれていたと思います。
ドラマチックな《熱烈の神、ハゾレト》の活躍で救われた試合が何本もありました。
対戦相手にとってはたまったものではなかっただろうなと思います。

____________________________________________________________________________________

続くドラフトラウンド。

この環境のドラフトはそこそこ自信がありましたので、極端にドラフトになれたプレイヤーやプロ達と同卓しなければそこそこ勝つであろうという気持ちで臨みました。

jpg large














ピック順は失念してしまいましたが、1-1のパックが弱く、仕方がないのでそのパックに少なかった白のカードである《尽きぬ希望のエイヴン》をピック。
その後も《農場 / 市場》や《オケチラの報復者》などの白いカードを絞り、次のパックでの白の利権を主張しつつ、《抑えがたい渇き》が一周したことで二色目を青にしようかな....と考えていたのですが...

2パック目。
あまりに白いカードが無い。おかしい。

3パック目のアモンケットで焦りながらなんとかカードをかき集めてまあまあな青白飛行が完成。

線が細いのに加えて、思ったようなピックができなかったので組み終わった後はかなり顔面蒼白でした。青白だけに。

ドラフトラウンドの結果
白黒oo
多色oxo
緑多色oo

1戦目の相手が僕の下家だったので、さっそく2パック目の白いカードが枯渇していた理由を知りました。
流した覚えのない《オケチラの報復者》が3枚も入ったデッキでしたので、まあ白やってても文句は言えないかなぁと。
ゲーム自体は、念のためにピックしておいた《ギデオンの敗北》をコンバットトリックに合わせ打ちして勝利。経験値が生きたのかもなーと少しうれしくなった瞬間でした。

2戦目の相手は《試練を超えたもの、サムト》をプレイしてきたと思ったら、7ターン目には《王神、ニコル・ボーラス》!
強力レアの連打で流石にひっくり返りましたが、デッキの相性が流石に大きく殴り切り。
ほんとに出てきた強いカードを順番にとっていったみたいなデッキだったので、流れているカードが妙に弱かったのも納得しました。

3戦目は飛行クロックが強くて一本取って、二本目はトリマリで勝ちました。やるせない
ともかく初日は6-1でベスト8の目を残して終えることができました。

____________________________________________________________________________________

相変わらず美味しい!美味しい!と叫びながら朝食を食べて迎えた二日目

この日はドラフトからスタートでした。

周りを見渡すと僕でも知っているスター選手がちらほら見えます。やったるで~と気合を入れて臨んだドラフト。


jpg large














3パック分のピックは一瞬で終わり、目の前に残ったのはゴミの束。何をどんな順番で取ったのか全然覚えていません。
おぼろげな記憶を手繰ると、昨日の結果に引きずられて白いカードに縋ろうとしたことまでで、1-2で《混沌の大口》を隣から渡されてびっくりして記憶が途切れています。

まごうことなきクソデッキ。その運命や如何に。



白黒xx
青赤oo
赤緑t黒oo

望外の2-1!
ありとあらゆる知識を総動員してゴミビートと引けるっしょデカブツコントロールを交互に行っていました。
サイド後は緑多色を得意とする身内の助言に従ったサイドボードを行い、これも非情に良かった。脳みそが二つあるとやっぱり違いますね。


____________________________________________________________________________________

残るスタンダード2戦
ここを二連勝すればオポーネント次第でtop8が見えてきます!


....見えてくるはずだったのですが、なんと初日に提出していたデッキリストに不備があり、ゲームの一本目をゲームロスで落とす形に。そのまま二本目をあっさり落としてSEに上がる夢はあっさりと潰えたのでありました。
締まらない...


【赤黒】xx
【ティムールエネルギー】oo

_____________________________________________________________________________________

結果9-3の全体25 / 620位で大会を終えました。

決勝ラウンドには残れませんでしたが、自身の成長を感じられる結果に満足もしています。でも悔しい~!

遊戯村の片隅に生まれた若者なので、原根選手の優勝を喜びながら家路に着きました。

_____________________________________________________________________________________

大会の反省

・スタンダードのデッキ選択は正しかったか?

正しくなかったと思います。
今回はひたすらツイていたのでこの戦績で済みましたが、【ティムールエネルギー】を選択していればもっと危なげない試合ができたかと思います。
また、自分のプランやカードの採択をうまく言語化して調整メンバーに還元できていなかったのもよくない部分でした。

メタゲームを追う、という行為がやはり下手だなというのを実感します。
資産と時間という制約とうまく付き合いながら、メタゲームを追いかけ続けるうまい方法が欲しいですね。

頑固で自分のデッキを変えたがらないのも悪いところだな~と思っています。自覚はしてるんだけど中々治らないんです。毎回付き合ってくれてる身内には感謝してもしきれないです。


・ドラフトへの取り組みは足りていたか?

練習の質としては5~6割くらいだと思います。ドラフトを練習できるコミュニティがあるという時点で、大多数のプレイヤーと比べて大きなアドバンテージを持っています。
良くなかった点としてはドラフト後のミーティングが足りなかったかな、と。

この環境のドラフトはアーキタイプが【青赤果敢】【白黒ゾンビ】【青黒サイクリング】【青白飛行】【緑多色】etc...とあるのですが、各人が得意なアーキタイプをほかのメンバーに還元できていなかったな。というのを、初日の夜にホテルに戻ってから青黒サイクリングのドラフトテクニックを教えてもらいながら考えていました。


次なる目標はGP静岡です。
それでは、また。

OpCSに行ってきました!

こんにちは。筑波大学TCG研究会のシリュウです。

今回は第18回オレたちトレカ部プチCSに行ってきました。

使用したデッキは「召喚真竜」です。

S_6420391843610

S_6420392954571




戦い方は、全ての対戦で後攻をとるプランにしました。理由は、このデッキは後攻から捲る力はあるが、先攻展開があまり強くないということを感じており、ミラーマッチに対しては後攻が有利と判断し、恐竜デッキに対して後攻を与えてしまった場合、相手の動きを妨害しきれず、ワンキルされてしまうことが多かったからです。

自分はこのデッキを使い始めて日が浅いため、大会に参加することでエクストラデッキに必要なものを判断したり、自分の後攻をとって戦うというプランが正しいのかということを判断したいと思いました。

戦績

<予選ラウンド>

1戦目
対【ファーニマル】 ダイス勝ち
1本目 後攻
ワンキルして勝ち

2本目 先攻
ワンキルされて負け

3本目 後攻
虚無空間を開いて勝ち

2戦目
対【壊獣召喚獣】 ダイス負け
1本目 先攻
スケープ・ゴートトークンをプルガトリオで殴って勝ち

2本目 先攻
手札事故により負け

3本目 後攻
壊獣の効果を知らなくて苦戦するもETでライフ削って勝ち

3戦目
いつも調整している身内と当たってしまいました。
対【恐竜竜星真竜皇】 ダイス勝ち
1本目 後攻
相手が事故っていた様子でその間にライフをとって勝ち

2本目 先攻
虚無空間を発動して有利に進めるもライフ計算をミスしてしまい、自分で虚無空間を割ってしまうも何とかマスターPを着地させて勝ち 

4戦目
対【恐竜竜星真竜皇】 ダイス負け
1本目 後攻
Gを投げ、罠を踏み超えて勝ち

2本目 後攻
誘発を投げ、展開を止めて勝ち

予選ラウンドは全勝で決勝トーナメントに進むことができました。

<決勝トーナメント>

ダイスで負けてしまったため、予選ラウンド全勝者3人のうち1人だけシードを逃すことになってしまいました…

1戦目
対【WW魔導召喚真竜】 ダイス負け
1本目 後攻
マスターPが着地されるも、リソース差を広げて勝ち

2本目 後攻
マスターPが着地されるも、それを精神操作で奪って勝ち

2戦目
対【命削り真竜】 ダイス負け
1本目 後攻
スキルドレインをどかして、マスターPをしっかりと着地させて勝ち

2本目 後攻
手札事故により負け

3本目 後攻
相手のプレミもあり、ETでライフリードして勝ち

準決勝
対【恐竜竜星真竜皇】 ダイス負け
1本目 後攻
相手の初手が事故っていた様子だが、ライフを削りきれず、返しにワンキルされて負け

2本目 後攻
強欲で貪欲な壺で捲るのに必要なカード2枚持ってきて勝ち

3本目 後攻
EDとなり、ライフ削ることができなくて負け

3位決定戦
対【恐竜真竜皇】 ダイス負け
1本目 先攻
究極伝導恐獣(アルティメットコンダクターティラノ)を超えられなくて負け

2本目 後攻
エリュシオンで盤面捲って勝ち

3本目 先攻
相手の動きに合わせてしっかりと誘発を当てることができて勝ち

以上のような戦績となり、合計7-1で3位になることができました!

今回は賞品として、ユート&ダーク・レクイエム・エクシーズ・ドラゴンのスリーブを80枚頂きました。

S_6420393814053


今回はプレミを何個かしてしまい、自分のプレイを反省しなければならない点やエクストラデッキの改良点も見つかり、大会を有意義に過ごせたのではないかと思います。また、後攻をとって戦うというプランも悪くないと実感することができました。

今後も大会で良い結果が出せるように頑張りたいと思います。


学校対抗戦 関東エリア予選に行ってきました!

こんにちは。筑波大学TCG研究会のシリュウです。

先日行われた、遊戯王の学校対抗戦の関東エリア予選に行ってきました。

学校対抗戦で自分たちが参加したものは、遊戯王OCGテストと学校対抗デュエルトーナメントです。

(1)遊戯王OCGテスト

遊戯王OCGテストでは、光天使をホーリー・ライトニングといった読み方を答えさせる問題やフレーバーテキストからモンスター名を答えさせる問題、モンスターの種族を答えさせる問題などカードの知識を問う問題が多く出題されていました。

どんな問題が出題されるのかと疑問に思ったため、前日に過去の問題を眺めていたところ、本番でも同じ問題が数問出題されたため、結構多くの問題に答えることができました。そのため、それなりの得点を出せたのではないかとちょっと期待していましたが、実際は50点中の37点であり、上位5校に入ることができず残念でした。

(2)学校対抗デュエルトーナメント

今回の参加したチーム数は16でした。

形式は3人それぞれが40分間でシングル戦を行い(マッチ戦ではない)、勝った人が多い方のチームが勝利というものでした。私たち筑波大学のチーム全員がマッチ戦だと勘違いしていたため、驚きました。(サイド一生懸命考えたんですけど無駄になっちゃいました)

今回私たち筑波大学のチームが使用したデッキは、召喚真竜、召喚魔導真竜、ABCでした。

戦績
1回戦
【対 日本大学】
チーム2-1で勝利

2回戦
【対 東京電機大学】
チーム2-1で勝利

準決勝
【対 明治大学】
チーム2-1で勝利

決勝
【対 東京工業大学】

東京工業大学のチームは昨年のファイナリストということもあり、今大会で対戦した大学の中で唯一シングル戦だということを分かっていたチームでした。(全く関係ない)

チーム2-1で勝利 優勝!

今回の優勝商品は、参加賞と合わせて遊戯王の日でもらえるプレイマット1枚、プロモーションパック7パック、トーナメントパック3パックを3人分でした。

IMG_1373

IMG_1376


学校対抗デュエルトーナメントの関東エリア予選で優勝したため、2月頃に行われるらしい関東エリア代表戦に出場する権利を獲得することができました。エリア代表戦に勝ち残ることで、学校対抗戦FINALに出場する権利を獲得することができるらしいので、次の関東エリア代表戦も優勝目指して頑張りたいと思います!

また、学校対抗戦のエリア予選大会は毎月行われ、優勝した大学は今後行われる予選大会には出場することはできないということはないので、学校対抗戦に興味を持った筑波大学の遊戯王プレイヤーの皆さんも参加してみてはいかがでしょうか?

また、カードゲームで遊びたいという方はいつでも歓迎しておりますので、是非一度筑波大学TCG研究会に遊びに来てください!

7月の活動予定


こんにちは。筑波大学TCG研のシリュウです。

以下の日にちが7月の活動予定日と活動場所になっております。

7月  4日(火) 18:00~21:00 2D402
7月  6日(木) 18:00~21:00 2D106
7月  8日(土) 13:00~21:00 2D305
7月  9日(日) 13:00~21:00 2D305
7月11日(火) 18:00~21:00 2D305
7月13日(木) 18:00~21:00 2D305
7月18日(火) 18:00~21:00 2D305
7月20日(木) 18:00~21:00 2D305
7月22日(土) 13:00~21:00 2D305
7月25日(火) 18:00~21:00 2D305
7月27日(木) 18:00~21:00 2D305

春ABの試験も終わっていると思うので、是非一度遊びに来てください!

BOX争奪戦に行ってきました!

こんにちは。筑波大学TCG研究会のシリュウです。

昨日はファンキー駄菓子屋ズンドコ商店つくばで行われた「遊戯王 COLLECTORS PACK 2017 BOX争奪戦」に参加してきました。

使用したデッキは「WWトリックスター」です。
Image_d0fee9b
(ホログラフィックのカードはオネスト)

Image_0ef6b3a
(ホログラフィックのカードはスターダスト・ドラゴンとブラック・ローズ・ドラゴン)

メインはバーンを意識して、エクストラは使いそうなカードを詰め込みました。

このデッキを使用した理由は、遊戯王が10期に突入したこともあり、そこで新しく登場したテーマを使ってみたいな~といったふわっとした理由です。

今回使用したトリックスターカード
card100051706_1
card100051784_1
card100051781_1
card100051844_1
card100051871_1

戦績
1戦目
対【12真竜】 先攻
1-1
1ターン目にWW-スノウ・ベルによって効果破壊耐性がついたクリスタルウィング・シンクロ・ドラゴンを召喚し、サレンダーされて勝利

1-2
トリックスター・マンジュシカによる戦闘、効果ダメージでライフを削り、最後にクリスタルウィング・シンクロ・ドラゴンによる大ダメージを与えて勝利

2戦目
対【12真竜皇】 先攻
2-1
WW-スノウ・ベルによって効果破壊耐性がついたクリスタルウィング・シンクロ・ドラゴンを中心に、ビートダウンで勝利

2-2
オネストのサポートによる戦闘ダメージ、トリックスター・マンジュシカによる地味なバーンを与え続けるロングゲームとなったが、最後はトリックスター・リリーベルを使いまわし、ダイレクトアタックでライフを削りきって勝利

準決勝
対【12真竜】 先攻
3-1
トリックスター・リンカーネイション+ドロール&ロックバードのコンボによりハンデスに成功するも、自分の手札がWW-スノウ・ベル、WW-グラス・ベル×2という大草原事故と相手のフィールドに既に存在していた真竜挙士ダイナマイトKとドラゴニックDによりアドバンテージの差が広がり敗北

3-2
トリックスター・マンジュシカ、キャンディナの効果によるダメージ蓄積でライフを削り、トリックスター・リンカーネイションの効果でモンスターを特殊召喚し、戦闘ダメージを押し込んで勝利

3-3
手札がトリックスターモンスターだらけのお花畑事故により敗北

以上のような結果となってしまい、準決勝で敗北してしまったため、賞品を入手できず、残念でした…

このデッキで初めて大会に臨み、サイドデッキやエクストラデッキに欲しいカードが見えてきたこともあり、有意義なものになりました。

一緒に大会に向けて調整する仲間、大会に出たいという方を募集中です!遠慮せずにTCG研の活動日に教室までお越しください!また、活動日が都合の悪いという方は、別の日にどこかで集まって遊戯王をすることも可能なので、遠慮せずTCG研のアカウントまでご連絡下さい!
Twitter プロフィール
記事検索
最新コメント