【注意】この記事で解説しているコンボは2016年8月29日付のエラッタにより不可能になりました。

どうも、カン蔵です。 


18弾の新フリーカード「陽気な洋館」が配布され始めました。ディンギルとは異なるデュナミス利用カード、ウェイカーが目玉のカード群ですが、どうもその中に変なカードが混ざっていたようです。

弟切草
















ウェイカーレベル7とかなり重たい条件ながら、なんと3枚もの追加展開! いやあ夢が広がります。

・・・広がりすぎました。

B14-107_mB15-092_m

 

















~ひつようなもの~

・ウェイカーLv7
・ゼロオプティマ3
・リソースに「散弾旋蛾サムホークモス」
・手札かリソースに「繚乱の芳魂フィーユ」 
・手札かリソース(フィーユと逆)「静樹の上忍 弟切草」 
・8枚以上のリソース

~やりかた~

1.  なんでもいいので「静樹の上忍 弟切草」を登場させる。

2. 弟切草の登場時効果を解決し、 「フィーユ」「サムホークモス」を登場させる。(3枚目は好きなカード)(リソース5枚)

3. 「サムホークモス」の効果で「弟切草」をリソースに置く。(ついでに除去)(リソース6枚)

4. ターン終了。「弟切草」と「フィーユ」のターン終了時効果2つが誘発するので、「フィーユ」を先に解決し、「弟切草」を入れ替えて登場させる。

5. 登場した「弟切草」の効果が誘発し、前の「弟切草」のリソースに戻す効果と新しい弟切草の効果の2つが誘発した状態になるので、戻す効果を解決する。

6. スクエアに「弟切草」だけ=1の状態に戻る。

2. 「弟切草」の登場時効果を解決し、「フィーユ」と「サムホークモス」と「任意のゼクス」を登場させる。

以上、ループします。 フィーユとサムホークモスは確定ですが、もう1枚のカードが任意なのが特徴で、5コスト以下という条件はあるものの登場時効果を無限に使うことができます。好きなだけカードを引くなり好きなだけリソースを増やすなりして、勝利につなげましょう。要は弟切草を出し入れすればいいので、今後さらに洗練されていく可能性が高いです。自分で使う、使わないは自由ですが、公認大会などでも対策は必須になるでしょう。この手のループコンボに対して何が対策になるかはわかりませんが・・・。

~ちなみに~

補足ですが、このループに条件を達成した「気高き女王ローリエ」などのライフへの直接ダメージ能力を持つカードを挟み、能力を蓄積し、まとめてダメージを与えることでヴォイドブリンガーを回避するという方法は不可能です。なぜなら、このループは総合ルール507.3によりターン終了時効果が発生した後、507.5により新たに発生するターン終了時効果を誘発させるため507.3に戻るという手続きを踏みますが、507.4に優先権前処理の実行を挟むため、507.3に「フィーユ」で入れ替えた「弟切草」が登場して発生させる自動能力と、そこから登場するゼクスの自動能力の解決をすべて終える必要があるからです。

507.3によりフィーユの入れ替え能力、弟切草のリソースに戻す能力が誘発する。

フィーユを解決 弟切草が登場する。

弟切草の能力で登場したゼクスの登場時能力が誘発する。

507.4, 702.2bにより、弟切草のリソースに戻す能力を含めたすべての誘発状態の能力を解決する。

507.5により、新しく登場したフィーユ、弟切草のターン終了時能力が誘発していないため507.3に戻る。