こんにちは。筑波大学TCG研究会のシリュウです。

今回は第18回オレたちトレカ部プチCSに行ってきました。

使用したデッキは「召喚真竜」です。

S_6420391843610

S_6420392954571




戦い方は、全ての対戦で後攻をとるプランにしました。理由は、このデッキは後攻から捲る力はあるが、先攻展開があまり強くないということを感じており、ミラーマッチに対しては後攻が有利と判断し、恐竜デッキに対して後攻を与えてしまった場合、相手の動きを妨害しきれず、ワンキルされてしまうことが多かったからです。

自分はこのデッキを使い始めて日が浅いため、大会に参加することでエクストラデッキに必要なものを判断したり、自分の後攻をとって戦うというプランが正しいのかということを判断したいと思いました。

戦績

<予選ラウンド>

1戦目
対【ファーニマル】 ダイス勝ち
1本目 後攻
ワンキルして勝ち

2本目 先攻
ワンキルされて負け

3本目 後攻
虚無空間を開いて勝ち

2戦目
対【壊獣召喚獣】 ダイス負け
1本目 先攻
スケープ・ゴートトークンをプルガトリオで殴って勝ち

2本目 先攻
手札事故により負け

3本目 後攻
壊獣の効果を知らなくて苦戦するもETでライフ削って勝ち

3戦目
いつも調整している身内と当たってしまいました。
対【恐竜竜星真竜皇】 ダイス勝ち
1本目 後攻
相手が事故っていた様子でその間にライフをとって勝ち

2本目 先攻
虚無空間を発動して有利に進めるもライフ計算をミスしてしまい、自分で虚無空間を割ってしまうも何とかマスターPを着地させて勝ち 

4戦目
対【恐竜竜星真竜皇】 ダイス負け
1本目 後攻
Gを投げ、罠を踏み超えて勝ち

2本目 後攻
誘発を投げ、展開を止めて勝ち

予選ラウンドは全勝で決勝トーナメントに進むことができました。

<決勝トーナメント>

ダイスで負けてしまったため、予選ラウンド全勝者3人のうち1人だけシードを逃すことになってしまいました…

1戦目
対【WW魔導召喚真竜】 ダイス負け
1本目 後攻
マスターPが着地されるも、リソース差を広げて勝ち

2本目 後攻
マスターPが着地されるも、それを精神操作で奪って勝ち

2戦目
対【命削り真竜】 ダイス負け
1本目 後攻
スキルドレインをどかして、マスターPをしっかりと着地させて勝ち

2本目 後攻
手札事故により負け

3本目 後攻
相手のプレミもあり、ETでライフリードして勝ち

準決勝
対【恐竜竜星真竜皇】 ダイス負け
1本目 後攻
相手の初手が事故っていた様子だが、ライフを削りきれず、返しにワンキルされて負け

2本目 後攻
強欲で貪欲な壺で捲るのに必要なカード2枚持ってきて勝ち

3本目 後攻
EDとなり、ライフ削ることができなくて負け

3位決定戦
対【恐竜真竜皇】 ダイス負け
1本目 先攻
究極伝導恐獣(アルティメットコンダクターティラノ)を超えられなくて負け

2本目 後攻
エリュシオンで盤面捲って勝ち

3本目 先攻
相手の動きに合わせてしっかりと誘発を当てることができて勝ち

以上のような戦績となり、合計7-1で3位になることができました!

今回は賞品として、ユート&ダーク・レクイエム・エクシーズ・ドラゴンのスリーブを80枚頂きました。

S_6420393814053


今回はプレミを何個かしてしまい、自分のプレイを反省しなければならない点やエクストラデッキの改良点も見つかり、大会を有意義に過ごせたのではないかと思います。また、後攻をとって戦うというプランも悪くないと実感することができました。

今後も大会で良い結果が出せるように頑張りたいと思います。