TCG研のユウです。この度12/17にUnstable キューブドラフト(参加者4人)を行ったのでそのレポートをさせていただきます。

UnstableとはMTGのジョークパックであり、普通の大会で使えない代わりにとっても挑戦的なカードが封入されているパックです。
対戦中にはひたすらサイコロを振ってギャンブルしていたり、隣のプレイヤーから「リスは好きか?」と聞かれたり様々な出来事が起こります。ただしまじめなカードも多いので意外と普通の(?)対戦になったりもします。
Contraption
↑Unstableのからくりメカニズムで使うカードの裏面。日本語訳Verに加工したのでよかったら使ってください

普通のパックドラフトと違うところはレアor神話レアが1枚から2枚に増量、一方他のレアリティはそのままなので1枚多くドラフトすることになります。(各キューブがレア2アンコ3コモン7からくり2の配分)
ついでに<蒸気打ちの親分>が基本土地の枠からではなく普通のレア枠から出るようになります。

人数が少なくレアも多いためそこそこ強いデッキになるはずでしたが、レア枠に微妙なカードが多かったようで売れ残りになっていました。ウルザとかもありましたが出せる手段がありません。

また全体的に低マナクリーチャーが足りてない印象で高マナ帯カードが活躍することも多かったようです。
Urza
↑高マナ帯だけど色拘束が無理

はちゃめちゃなカードが多く登場するこのドラフトで見事優勝したのはパンナコッタイ君でした。パチパチ
優勝賞品としてズンドコ商店の駄菓子詰め合わせが贈られました。他の3人には適当に参加賞として飴が配られました。

以下より優勝者のデッキ紹介となります。

パンナコッタイ-「緑白どうぶつ」
土地 17
8 平地
7 森
2 沼


クリーチャー 16
Old Guard 1白 アーティファクト・クリーチャー
Ground Pounder 1緑 クリーチャー
Curious Killbot 2 アーティファクト・クリーチャー
Curious Killbot 2 アーティファクト・クリーチャー
Ordinary || Pony 2白 宿主・クリーチャー
Masterful Ninja 2黒 クリーチャー
Willing Test Subject 2緑 クリーチャー
Eager || Beaver 2緑 宿主・クリーチャー
Shaggy || Camel 3白 宿主・クリーチャー
Chivalrous Chevalier 4白 アーティファクト・クリーチャー
Aerial Toastmaster 3白白 アーティファクト・クリーチャー
Rules Lawyer 3白白 アーティファクト・クリーチャー
Rules Lawyer 3白白 アーティファクト・クリーチャー
Mother || Kangaroo 4緑 宿主・クリーチャー
Do-It-Yourself Seraph 4白白 アーティファクト・クリーチャー
Mary O'Kill 5(黒/赤) 伝説のクリーチャー

呪文 7
Entirely Normal Armchair (無)
アーティファクト
GO TO JAIL エンチャント
Really Epic Punch 1緑 ソーサリー
Selfie Preservation 1緑 ソーサリー
Ineffable Blessing 1緑 エンチャント
Sacrifice Play 2白 インスタント
Humming-| 3白 拡張

Humming-Ordinary Pony
「緑白どうぶつ」とか言いながらアーティファクト・クリーチャーが半分を占めますが、メインとなるのはどうぶつ達です。特に強かったのがこの<Humming->+<Ordinary Pony>のコンボ。

場のクリーチャーの登場時効果をPonyで使いまわしたかと思えば、Hummingで飛行を得て止められなくなり強化値も+2/+3とかなりでかい。2体以上で攻撃するだけで再びPonyの能力が使えるためぶん回るともう止められません。

Ineffable Blessing DEntirely Normal Armchair
<Ineffable Blessing>はバリエーションが6種類ありますが彼が引いたのは最強の一枚。

2マナエンチャントで銀枠クリーチャーが自分の戦場に出るだけで1ドローできます。もちろんUnstableのみのドラフトなので銀枠クリーチャーしかいません。(厳密には違うけど)
エンチャントなので除去も難しく、出たらずっとアドを取られ続ける爆弾レアと言えるでしょう。

<Entirely Normal Armchair>は自分のターンに隠すことでアタッククリーチャーを破壊することができます。これが土地の下に隠されたりすると気付かないもので他の3人全員が見事に仕込まれてしまいました。
これは素直にパンナコッタイ君のプレイングが上手かったと言えるでしょう。


他にも低コスト帯の<Curious Killbot>を2枚ドラフト出来たり、フィニッシャーの<Do-It-Yourself Seraph>も登場させたり(直後にアーティファクト破壊能力で退場させられた)
全体的にデッキの完成度が高いため優勝したのも不思議ではありませんね。素晴らしい!
<Chivalrous Chevalier>  4白 アーティファクト・クリーチャー ― サイボーグ・騎士 3/3

飛行

騎士的勲爵士が戦場に出たとき、あなたが対戦相手にお世辞を言わないかぎり、あなたがコントロールしているクリーチャー1体をオーナーの手札に戻す。