デントリペアでヘコミ修理 トラストデント栃木宇都宮店/那須大田原店

栃木県宇都宮市と大田原市を拠点としてデントリペア (クルマのヘコミ修理)をしています。新車時の最高品質の塗装を残したままヘコミ修理ができるのがデントリペアの最大の利点。さらに料金もリーズナブル。気になるヘコミは板金塗装する前にご相談ください。

スズキ ラパン ドアプレスラインのデントリペア

スズキ ラパンのドアに出来たヘコミのデントリペアです。

P3176876


助手席ドアにヘコミ
P3176877



P3176878

プレスライン上にバシッと一撃。
小さめですが、そこそこ深いのでキレイに直すのは難しいです。
P3176879


ぱっと見は小さいんですよね…
P3176881


P3176883

実際は上下にかなり広がっています。
特にヘコミの上側は盛り上がったりして複雑な形状になっています。

これを出来る限り、フラットにしていきます。

パテも、塗装もしないで、ツール一本でキレイに押し出します。
P3176886


P3176882


修復後

P3176887



P3176899


P3176895


P3176893


P3176888

ツールを巧みに使うことで板金塗装なしにしっかりと仕上げます。

ツールの使い方だけでなく、鉄板の動かし方、どうしたらどこが動くのか、動かなくなったらどうすればよいのか?シンプルな修理法だけに、ごまかしが出来ないので技術者の持っている経験、知識などがとわれる仕事です。

毎回毎回、しっかりと修理を繰り返すことで自身の技術を磨いてきました。

デントリペアだからといって妥協していては技術は上がりません。

当店は技術の証明としてアメリカ合衆国では当たり前となっているライセンスを取得しています。
非常に厳しいチェックをされる試験なので最高難度のライセンスは日本ではまだ10人ほどしか持っていません。
IMG_20180721_0005


大切なお車の修理のご依頼ありがとうございました!!
マスタークラフトマン 小倉がしっかりと修理しました!

BMW F31 リヤドアのヘコミ修理

BMW F31 3シリーズツーリングのリヤドアに出来たヘコミのデントリペアです。
IMG_5930

IMG_5938

ヘコミはリヤドアにあります。

IMG_5940

ちょっと見づらいですかね??

IMG_5941

これだとわかりやすいかと思います。

IMG_5942

小さめのヘコミで3cmほどですね。

トリムをばらして修理します。

修理後
IMG_5944


IMG_5945

IMG_5946

どこにヘコミがあったかはもうわかりません。

大切なお車の修理のご依頼ありがとうございました!!

当店は USAデントリペア認定技術者の最高ランク マスタークラフトマンに合格しています。
まだ日本では10人ほどしか取得した人はいないものです。
宇都宮という地方ではありますが、仕事は本物をご提供しています!


マスタークラフトマン

VW ゴルフGTI テールゲートの長いヘコミ修理

VW GOLF GTIのテールゲートに出きてしまった長いヘコミの修理です。


IMG_6004



IMG_6007


20㎝ほどの長いヘコミでしたが
問題なく修理完了です。

修復後の写真はお客様と雑談しており撮り忘れましたが
仕上がりによろこんで頂けました。

大切なお車の修理のご依頼ありがとうございました!!!



ウォータースポット除去

ボディとガラスに付着したウォータースポットの除去です


塗装面の付着物除去

P7050383


P7050380


大切にしていても、いつの間にかこうなってしまうことも多いです。

コーティングしていても、なります。

ここまでひどくなるまでの時間は、保管、環境、洗車などなどの状況で変わってきます。


P7060396



P7060398

ボンネットだけでなく、ボディ全面がシミだらけでした。

塗装面、除去完了。


次は、ガラス。

P7050386

リヤ席のガラスが酷いです。前席のガラスはウロコはありません。
これは新車から前席のガラスだけは撥水加工がされているからです。
リヤ席は加工されていないのでウロコまみれになります。

ということは、、、
今回、ガラスのウロコ除去をしても、無加工ではまたウロコまみれになります。
なので、除去した後は必ず、撥水剤を塗布します。業務用のものなので
サイドのガラスならワイパーでこすられないので2年以上撥水が持続するうえ、ウロコもほとんど付着しません。

P7050388

P7050389

結構ひどいです。


P7060394


P7060395

除去完了しました。


こういう作業は、できるかぎり早めに対策したほうが費用も安く済むし、車に対するダメージも少なく作業できます。ほっといても悪化するだけです。

ボディの雨シミも同じで、早めに除去したほうが塗装に良いです。
塗装面は、どんどんクリアー塗装が掘れていくので、磨いても消えなくなります。

リヤガラスも同様にひどかったので除去しました。
P7050390

付着物がなくなってツヤツヤです。


今後は雨の日も視界が良くなると思います。

ご依頼ありがとうございました!!

ガラス撥水加工は新車時にやるのをおすすめします。

マツダ アクセラ ドア プレスラインのヘコミ修理

マツダ アクセラ のドア プレスラインに出来たヘコミのデントリペアです。


IMG_5776


ヘコミはリヤドアのプレスライン上に…
IMG_5777



このあたりです
IMG_5778



小さめですが油断できませんね。
IMG_5781


プレスライン上のヘコミは独特の直し方があります。その辺を考慮しながら鋼板をもとの位置にもどしていきます。

修理完了


IMG_5785



IMG_5792



キズは磨いて処理しました。


しっかりと修復しましたのでどこにへこみが
あったかは特定不可能かと思います。

大切なお車の修理のご依頼ありがとうございました!!


当店は USAデントリペア認定技術者 最高ランク 
マスタークラフトマンに合格しています。
クオリティの高いデントリペアをご提供しております。
マスタークラフトマン

スズキ ラパン ボンネットのヘコミ修理

スズキ ラパンのボンネットに出来たヘコミのデントリペアです。

lu1

ボンネット先端付近のRコーナーの角にヘコミ。
lu2

lu3

小さめですが、そこそこクッキリしたへこみなので目立ちます。
ここは車の顔ともいえる場所なので、洗車するたびに気になるかと思います。

lu4


lu5

そこそこ深いです。

この場所は袋構造になっておりますが問題なく修理。

修理後

lu6

どこにあったか本人もわからないので写真の位置がずれてると思います。
キズがないヘコミだと修理後、あまりにもきれいに直るとどこかわからなくなります。
デントリペア、
リペア=修理なので、100%もとに戻るわけではありませんが出来るだけ
キレイに修復しております。
デントリペアの価値はそこにあると思うので。

お客様にも大変喜んで頂けました!
大切なお車の修理のご依頼ありがとうございました!!

lu7

このルーフラック、便利そうでいいなと思い、思わず写真撮ってしまいました。



当店は
USA Vale社デントリペア国際技術者ライセンス 最上級マスタークラフトマンを取得しています。

マスタークラフトマン


ボルボ XC90 ドアのヘコミ修理

ボルボ XC90のドアに出来たヘコミをデントリペアで修理します
IMG_5685


リヤドアの下のほうにヘコミがありました
IMG_5686


わかりづらいですが、赤丸のところにへこみがあります
IMG_5687


こんな感じのヘコミです。
IMG_5689


折れ目がしっかりとはいってるタイプですね。
IMG_5690

IMG_5691


ヘコミの状態をよくみてリペアしていきます。。。

修理後

IMG_5693


IMG_5695

小さいヘコミでしたので、修理後はどこにへこみがあったか、特定するのは難しいです。

しっかりと修理しました。

大切なお車の修理のご依頼ありがとうございました!!


当店は
USA  Vale社 デントリペア国際技術者ライセンス 最上級マスタークラフトマンを取得しています。
マスタークラフトマン

デントリペア失敗例

今回は デントリペア失敗したものを修正します。


車種などは伏せておきます


こういった事が起きているのは事実であり、そのために
デントリペアという良い修理方法が誤解されている面もあるので
こういうのはデントリペアではないですよ。という一例として紹介します

IMG_5665

プレスラインにできたヘコミ。

リペア失敗です。

IMG_5666

こうなります。
事象としては

ブツブツ
上げるべきところが上がってない(上げれてない)
やみくもにヘコミの周囲を押したり、叩いたりしている
面がぐちゃぐちゃ

というのが良く見る失敗例です。

IMG_5667


状況はわかったので修正していきます。


修正後

IMG_5669


IMG_5670


ブツブツもうまくリカバリーしました。
全体的な面の狂いもしっかりと修正しました。


デントリペアはまだまだきちんとできる職人が少ない仕事です。

へこみを裏から押し出すだけと安易に考える人が多いですが、よく考えれば
パテや塗装をしないでへこみを出すというのはとても難しいことだというのがわかります。

材料は、なにも使えないのですから。

深い経験と知識が必要な仕事です。



今回のようなこともあるので

デントリペア依頼の際はよく考えてみることも必要かと思います。
修正は費用も高くなります。
※一目見れば失敗はわかりますので申告されなくても大丈夫です。


当店はUSAデントリペア認定技術者 最上級 マスタークラフトマンに合格しています。

マスタークラフトマン



ニッサン ムラーノ 大きなへこみの修理

日産 ムラーノのボンネットに出来た大きなへこみの修理です。
mr1


mr2

mr3

板金屋さんから見たら こんなの大きくないよ!と言われますが
 デントリペア屋からすると、大きいんです。
ここまでになるとしっかりと修理するには、正確な知識と経験が必要です。

当店はアメリカ合衆国では当たり前となっている
デントリペア技術者試験の最上級 マスタークラフトマンに合格していますので
そのへんは大丈夫かと思います。
マスタークラフトマン
非常に難易度の高い試験であり、まだ日本では10人ほどしか合格していません。


まずはへこみを良く観察して戻す手順を考えます。
mr4

一見、きれいなへこみに見えますが、真上から見るとこのように
ちょっと汚い形のヘコミになっています。

慎重に修復していきます


修復後

mr5


mr6


mr7


mr8


mr9

ほとんどわからないところまで復元しました。

それなりに時間はかかりましたが、新車の塗装をしっかりと残してきれいに仕上げました。

お客様にも喜んで頂けました。
大切なお車の修理の修理のご依頼ありがとうございました!!


USAデントリペア認定技術者 マスタークラフトマン 小倉

6/16 土曜日 休みです

6・16 土曜日 休みになります。


電話は午後であれば出れると思います。


17日 日曜日は 宇都宮店にて営業してます。

よろしくお願い致します。


ディーラー店長さまの声
店長さまからのコメント紹介です
大規模雹(ひょう)害災害時のものです
個人のお店は技術が不安で…という方必見です!!
ディーラー様からのデントリペアに対するコメント
☆もっと施工例が見たい!
トラストデントグループ各代表のブログです
各店舗の施工例もお楽しみください!
TDG-Utsunomiya-ヘコミ修理
ヘコミ修理はお任せ!宇都宮市のデントリペア専門店の写真
TDG-Headquarters
トラストデント本部の写真
TDG-Kamagaya-ヘコミ修理
トラストデント千葉鎌ヶ谷店の写真
TDG-Sakura-ヘコミ修理
トラストデント千葉佐倉店の写真
TDG-Katsushika-ヘコミ修理
トラストデント千葉佐倉店の写真
TDG-Atsugi-ヘコミ修理
トラストデント神奈川厚木店の写http://livedoor.blogimg.jp/tdg_ohtawara-blog/imgs/4/4/44d83dd1.jpg真
TDG-Ami-ヘコミ修理
トラストデント茨城-阿見店の写真
TDG-Okayama-ヘコミ修理
トラストデント岡山店の写真
☆宇都宮店外観&ご案内
国道123号線『平松町交差点』を北に150m行くと当店看板があります。店舗は少し奥まったところにありますのでご注意!宇都宮東郵便局すぐそばです。
デントリペアのトラストデント栃木宇都宮店
店舗の画像クリックで案内ページを開きます
☆宇都宮店MAP
地図羅
ヘコミ修理日記