栃木のへこみ修理はおまかせください。

塗装をしないでへこみを直すという究極の技術で修理します。

今回はホンダ S660 のボンネットフードにできたへこみの修理です。

s660 1

1枚のボンネットにへこみが3個あります。同一パネルに複数のへこみがあるときは割引がありますのでご利用ください。

1個目はフード上面
s660 2

s660 3

へこみそのものは小さめサイズですが、鋭いへこみなのでかなり目立ちます。またパネルの上面なのでいやでも目に入るので気になると思います。

へこみの底には傷があります。傷は残ります。がこのていどの傷で塗装してしまうのは車がもったいないです。傷は走っていればつくのであまり深刻に考えないことをお勧めします。


他の2つはフードの側面にあります。

s660 4

赤丸で示したあたりです。

s660 5

専用のボードで見ると線が歪んでいるところがヘコミです。

ここは袋構造になっているのでツールは小さな穴から入れます。

s660 7

ちょうどいいところにあればラッキーですね。ただ、見えるところなので傷を最小限にしないといけません。


修復後です

s660 6

しっかりと線が揃いました。真ん中のでかい歪みは新車時からのものなので問題ありません。

フード上面のへこみは写真撮り忘れました…

s660 8

こちらの穴もノーダメージです!(場合によっては塗装が少し剥げたり、穴のフチが変形することがありますga
デントリペアという作業の特性上、避けられないものです)

お客様にも喜んで頂けました!

大切なお車の修理ご依頼、ありがとうございました!!