マツダ アクセラのリヤフェンダーのヘコミをデントリペアで修理します。

ac1


ac2

ヘコミは右のリヤフェンダーにあります。若干の嫌な予感が…

ac3

サイズは小さいですが、塗装がなくなるくらい強い衝撃を受けていて、鋭いへこみになっています…

ac4

塗装は小さくはがれています。

ac8

写真クリックで拡大できます。

ac9

しっかりと直すにはかなりの技術が必要です。難易度の高いへこみです。

気合が入ります。



その前に裏から押して直すので、内張を外していきます。

ac5

バラします。

バラしましたが、ほとんどふさがれております。どうしろって言うんだい??
ac6

今の車は、ひと昔前の車とはまったく違い、バラしてもこのようにデントリペアツールを差し込むところがほとんどありません。こういう点(自由度が少なくなってきてる)でもデントリペアは難しくなってきております。

ac7

なんとかツールが入ったのでリペアをします。

鋭いヘコミっていうのは、その先端はとがった形状です。その先端を押そうとしても、どうしてもヘコミの斜面にそってツールが滑ってしまいます。押したいところを押すのが難しいのです。


今回の難しいところをあげると

鋭いヘコミ
ツールアクセスが困難
衝撃点の塗装が無い

つまり3重苦ですね。

がんばるしかないです。

修理後
見づらいのでクリックで拡大して見てください。

ac11

近くで見ても

ac10

少し離れて見ても

ac12

正面から見ても問題ありません。

しっかりと修復しました。

一般的には小さいヘコミにしか見えないので簡単だと思われますが、このレベルまで修復するのは非常に難しいです。


ご依頼ありがとうございました!!