今回はでっぱってしまった部分の修理です。

でっぱりはドアにあります。



このような状態
デコ2

デコ3

現状を観察すると…
もとは普通のえくぼ程度のへこみがあったと思われます。

それを市販されているデントリペア用の道具で外側に引っ張り出したものの
出しすぎて、全体が盛り上がった状態。
かつ
もとのヘコミは健在でそのまま盛り上がりの中心に残っている。
かつ
そもそも引っ張る場所が微妙にヘコミ中心からずれている。。。

という状態で、でっぱりの形状は 盛り上がりの山の中心が凹むという形、富士山的な形状をしてます。

〇〇君とかいう名称で販売されているみたいですが
でっぱり君という名前のほうがあってる気がします…


作業内容としては 手直し という形になるので割高になってしまいますので
この手の道具を使うときは覚悟してやりましょう!

今回はさらに、門型のツールをつかったのでしょう、その門の足がついていたところが凹んでいました。作用反作用で考えれば当たり前ですが、意外とみなさん見落としてしまいます。

なので元は普通のえくぼ1個 だったのが いじったことで
でっぱり1個、その左右に2個の合計3個に増殖してしまったことになります。


とりあえず状況は理解したので作業して、

完了です。

デコ4

デコ5

しっかりと修理しました。

ご依頼ありがとうございました!!